マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
オブスクリオ
  • オブスクリオ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~8人
  • 40分前後
  • 10歳~
  • 2019年~

オブスクリオ

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
君たちは知っていた。なぜこの図書館が放棄されたのかを・・・・・・
  • ラトリエ(L'Atelier)作

 よく来た、盗人ども...... よもや我が図書館からおめおめと、我が偉大なる魔法の書を持ち出し、何事もないと考えてはおるまいな?

 おまえたちには高い代償を支払ってもらうぞ!代償なしにはここからは一歩も出ることはまかりならん!我が図書館から出るには、それぞれの部屋にかけられた幻影魔法を解呪しなくてはならん。

 無論、おまえたち魔法使いどもの粗末な魔法の書は少しは助けになるだろう。しかし、その自信のおかげで、お前たち仲間の内に隠した不和を見つけられないでいるのだ。おまえたちのうち一人は我が呪文の支配下にある。そしてたった数人の仲間の結束を内側から突き崩さんとしているのだ。まぁ、もう少ししたらお前たちの間の信頼や結束はほころび、敗れ去るであろうな......。

 「オブスクリオ」は2~8人用の非対称協力型の連想ゲームです。

 プレイヤーの一人は“魔法の書”となり、魔法使いのチームを脱出させるべく、正しい扉はどれなのかを指し示し、部屋から部屋へと導かなくてはなりません(これらはイラストの描かれたカードで表します)。

 のこりのプレイヤーである“魔法使い”たちは魔法の書が指示したイメージから、正しいカードを協力して選ぶことになります。

 しかし、“裏切者”が仲間の中には潜んでいるのです! 裏切者は魔法使いたちがカードを選ぶとき、イラストの解釈を混乱させ、誤った扉へと導こうとします。邪悪な魔術師の支配する図書館から脱出するため、幻の扉を避け、正しい路を探し当てるのです! ただし、信用できるものはあなた以外には誰もいません......

レビュー 5件

282
名が参考にしたレビュー
 by 鈴鹿

ミステリウムに似ている…と同卓した方がしきりに言っていました。(私は未プレイなのでわかりません)

ゲームマスター役1人とプレイヤー数人に分かれて行う協力ゲームです。ただし、プレイヤー側には1人裏切り者がいます。


ゲームマスターは喋ってはダメで、2枚のイラストをヒントに用い、正解のイラストの特徴を表現します。

(例 正解のイラスト: 緑の蛇がいるイラスト

ヒントイラスト1 イラスト中の緑のものに矢印を置く

ヒントイラスト2 イラスト中の紐状の長いものに矢印を置く

ゲームマスターの意図:緑で長いもの…気づいてくれ!!)

裏切り者はヒントを先にこっそり盗み見て、勘違いし得るダミーイラストを2枚まで選ぶことができます。

最後にダミーイラストをランダムに5枚追加し、正解の1枚をゲームマスターのヒントを元に探し出す、というゲームです。

イラストはディクシット風というか、なんとも言えない味のある風変わりな絵が多く、イラスト目当てでも楽しめるゲームでした。

11ヶ月前(2019年11月04日 02時14分)
続きを読む
閉じる
262
名が参考にしたレビュー
 by モフラ

ルールは簡単!でも脱出は困難な印象!

協力系や、イラストから連想する系が好きな人にオススメです☆


【良いなと思った点】

①議論は約1分の時間制限があるからダレなくて良い。急いで脱出してる感がある☆


②皆が目を閉じて、裏切り者が行動するとき。立ったり座ったり余計な動きをさせないことで、裏切り者が誰か勘づかれないように作られている!


裏切り者は、8枚から0~2枚のイラストを選ぶ。そのイラストはフォルダに入っていて、1~8までの番号が割り振られている。

遠くからでも見えるように作られているため、選んだイラストの番号を、指で合図するだけで済む!


③抽象的なイラストだけど、繊細なヒントを与えることができる

正解を知る人(「魔法の書」のポジション)には、ヒント用のイラストへ、マーカーを任意で配置して、正解のイラストを皆に連想してもらう務めがある。


ヒント用のイラストは、小さな本の、見開き両ページに差し入れて使用する。

マーカーは、絵の一部分だけを示せるよう涙の形をしている。しかも!磁石でできているからトークンがズレない

だからイラストを近くで見たい要望があったら、安心して渡し合える♪


【個人的にイマイチだった点】

①協力ゲーだから、集団のために個の主張を抑える、あるいは説き伏せる力が必要な点。私は個人戦の方が好きなので、お気に入りならず。


②裏切り者のフォルダ(イラストの細かい部分)を席の一番遠く(3~4席分くらい離れた所)から注視するのは、流石に厳しかった。


③やることは簡単。裏を返せば単調。

でも毎ラウンド、罠トークンを袋から引いて、様々な困難に遭遇するようスパイスが効いていたり。裏切り者の告発フェイズがあり、飽きさせない工夫が散りばめられてる☆


【類似ゲームと比較】

個人間で勝敗が決まるものが好きで、自分の独創性を発揮したいなら「ディクシット」の方が面白く感じるはず!


個人に課題が与えられて、多少の責任感を背負いつつ皆で協力したいなら「ミステリウム」の方が楽しめそう!


【その他の感想】

魔法使いの人は、チームであることを皆が意識し調整できれば脱出できそうな気がします。


裏切り者の人は、積極的な妨害行為より正体がバレないことを最優先して振る舞うことが大事だと感じました。


※裏切り者と疑われると、後の告発タイムで最初に告発されてしまい、皆にダメージを与えられなくなります。他の人に疑いの目を向けることができれば、ダメージを多く与えることができます。

具体的には、誤告発1人につき結束トークン(全体のライフのようなもの)を2づつ失わせることができます。皆の脱出よりも早く、このトークンを尽きさせれば裏切り者の勝利。

11ヶ月前(2019年11月15日 09時29分)
続きを読む
閉じる
169
名が参考にしたレビュー
 by カシスオレンジとスクリュードライバー♂

2人でプレイした感想です。2人プレイの場合はゲームマスター(出題者)と魔法使い1人(解答者)しかいないので純粋な協力型ゲームになります。ゲームマスターが正しいイラストに対するヒントを他のイラストから教えるのですが言葉を話すことができないので、どのように伝えるのかが悩ましいです。関連性の見出せないイラストを引いてしまうとかなりツライです。

正しいイラスト以外に5枚のダミーイラストが登場するので、ゲームマスターのヒントが意図せずそちらのイラストに一致してしまう場合もあるので考察、感性はある程度必要かもしれません。(当てずっぽうでも6分の1で当たります)

ラウンドではイラストを見えにくくしたり、ヒントに対する制約を設けたりする罠が発動するのでそれらの要素も厄介です。

レベルが初級、中級、上級とあり、それぞれイラストを間違えられる回数が違います。

ライフ(公式名称は結束トークン)が2人プレイ初級では12個あり、解答は1ターンに2回同時に行いそれぞれメイン解答、サブ解答といった感じに答えます。どちらか一方でも正解していればOKで、イラストをラウンド毎に交換しながら6回正答できればクリア。ただし、メインで誤答した場合はライフ2つ、サブで誤答した場合はライフ1つ失います。(メインで正答してもサブが誤答の場合は当然ライフを1つ失います)

(メインサブどちらも誤答ならライフが3つ減ります)

メインサブどちらも同じイラストを選び正答すればライフは減りませんが(誤答の場合は当然ライフが3つ減ります)、多少ライフを減らしても2つ答えることにより正答率は上がるので自信がなければ2つ答える方がいいでしょう。

初級で何度かプレイして、クリア率5割くらいだったので難易度はそこそこだと思います。

5ヶ月前(2020年05月10日 13時00分)
続きを読む
閉じる
68
名が参考にした戦略やコツ
 by モフラ

【あなたが魔法使い(脱出を目指す側)なら】

基本的に、全員が同じイラストを選ばないよう気をつけてください(全員一致しないといけない場面なら仕方ない)。


魔法の書(正解を知るポジションの人)が、ヒントのイラストに置いたマーカーは、その時点で最良かもしれません。


ですが裏切り者は、そのヒントを見てから行動することができます。正解に近いイラストを8枚の中から選ぶことができるのです。


もし、その8枚の中に、ヒントで示したイメージとピッタリなイラストがあったとしたら??


そう。下手したら全員が不正解。先へ進むことが出来なくなってしまうかもしれません!


どんなにヒントにピッタリなイラストが出ていたとしても、分散させリスク対策をした方が、良いものと思われます。


~捕捉~

全員で、ライフ(HPのようなもの)を共有します。ゲーム開始時、結束トークンと呼ばれるものが場へ積まれます。MAXで30枚。恐らくプレイ人数ごとに枚数は異なる。


正解のイラストを選べなかった人だけが、そのトークンを1つ受けとることになります。つまり、不正解した人の数だけ、全体の結束力(ライフ)が下がります。


脱出する前に、結束トークンが場から無くなったら裏切り者の勝ちです。


6回正解のイラストを選べば脱出できるゲームです。ですので、魔法の書を除いたプレイヤー人数 × ラウンド数の計算をして、結束トークンが余るようならば、余力があるということです。


【あなたが裏切り者(脱出を妨害する者)なら】

①裏切り者が閲覧できる、イラストが8枚入ったフォルダの中身を少し記憶すると良いかも(今回選ばなかったイラストは、次回もフォルダに残ります)。持ち時間の自由度を上げる目的。


不正解し過ぎないように気をつけてください。大抵の場合、不正解を続けると疑われてしまいます(慣れてくれば深読みするようになりますが)。そうすると告発されやすくなり非常に不利です。


特に初心者の方とプレイするときは不正解のイラストを選び続けないよう、正解のイラストを当てに行った方が良いと思います。

11ヶ月前(2019年11月15日 09時29分)
続きを読む
閉じる
66
名が参考にしたルール/インスト
 by カシスオレンジとスクリュードライバー♂

まず、魔法の書役のプレイヤー(以下GM)とその他のプレイヤーを決めます。慣れているプレイヤーがGMをするとよいでしょう。

GM以外のプレイヤーが3人以上いる場合は人数分の正義カードと裏切り者カードを用意してプレイヤーに配ります。もちろんそのカードは自分だけが確認し、他の人に見せてはいけません。

セットアップとしてGMが山札から8枚めくりバインダーに差し込んでおきます。これらは裏切り者がダミーに選ぶイラストになります。

プレイ人数や難易度によって決められた数の結束トークン(通称ライフ、つまり誤答できる回数)を配置します。

そしてGMが山札から1枚めくり、それが正解の扉になります。さらに、山札から2枚めくり魔法の書にセットします。この2枚のイラストを使い、GMは2つまで使用可能なマーカー(矢印マグネット)を使い正解の扉に関連するヒントを示して他のプレイヤー達に魔法の書を渡します。

正解の扉を見ながらマーカーを置いてもかまいませんが、正解の扉をプレイヤーに見せることは当然禁止です。

そして、全員に目を閉じてもらい「裏切り者の方は目を開けてください」といい、バインダーの8枚のイラストを見せて「ダミーに選ぶイラストを教えてください」といいます。ダミーは2枚まで選べます。裏切り者がダミーを選び終えたら「裏切り者の方は目を閉じてください」、「みなさん、目を開けてください」と言います。イラストが6枚になるように正解のイラスト+ダミーイラストに加えます。

そしてそれらのイラストをシャッフルして全て公開し相談タイムになります。GM以外の全員でヒントを参考にしながら正解の扉を考えます。

全員が扉を選び終えたら、GMは正解の扉を発表します。

誤答したプレイヤーは結束トークンを1つ手元に置きます。

1人でも正解の扉を選んでいればプレイヤー全員が次の部屋に進めます。

以上を繰り返し、結束トークンが無くなる前に6回正解の扉を選び魔法の図書館から脱出できれば裏切り者以外のプレイヤーの勝ち(GMも含みます)、結束トークンが無くなってしまったら裏切り者の単独勝利になります。


結束トークンが一定数無くなると裏切り者の告発タイムが発生したり、

イラストやヒントに対する制限が設けられたりする罠もありますがこちらでは省略させていただきます。

相談タイムには制限があり、時間がかかりすぎると次の部屋で罠の数が多くなったりします。


説明を見るとめんどうそうですが、実際にプレイするとけっこうわかりやすいです。


2人プレイ、3人プレイでは裏切り者はいません。そちらのルールや罠の種類などは実際の説明書をお読みください。

4ヶ月前(2020年06月09日 15時59分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,600(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 108興味あり
  • 145経験あり
  • 26お気に入り
  • 79持ってる

チェックした商品