マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ビザンツ
  • ビザンツ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 45~55分
  • 8歳~
  • 2008年~

ビザンツ

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
忘れ難い、心地良い、悩ましさ
  • エマヌエーレ・オルネッラ(Emanuele Ornella)作

 2008 年にドイツで出版されていたオークションのカードゲームです。ライナー・クニツィアが多くの競りゲームを発表し脚光を浴びたのが 1990 年代であったことを考えると、このゲームは出版時点で既にボードゲームの大きな潮流からは外れている作品でした。しかしながら、本作が最小限のルールの中で実現した新たなゲーム内容は、「時代を超える価値」を感じさせるに十分な、悩ましい魅力に満ちています。

 ゲームに登場する主要な用具は、商品の種類(色)と数値が記された商品カードだけです。各プレイヤーはラウンド開始時に4枚を手札として持ちます。これをお金のように用い、市場に出る商品カードのセットを競り落とすのですが、各自ラウンドにつき1回しか競り落とすチャンスがありません。1回競り落としたプレイヤーはそのラウンドの競りから抜けるため、後に行く程落札はし易くなりますが、一方後に行く程「競りに掛けられるカード枚数」が減っていきます。「現在競りに掛けられているセットが自分にとってどの程度の価値を持つか」「次を待ったらより良いカードをよりお得に落札できるか」という、損得勘定がきわめて重要なのです。競りに使ったカードは市場に支払います。

 加えて落札の際、購入したカードのうち1枚を手数料として市場に支払わねばなりません。

 順にラウンドから抜けていき、全員が落札を終えたらラウンドを終了するのですが、ラウンドの終わりに、全員の支払いにより市場に貯まったカードを、プレイヤーに分配します。この分配においては、「そのラウンドの競りで、より後で落札したプレイヤー」が先に、望む色のカードの分配を受けることができます。この要素もまた、「いつ落札するか」の判断を悩ましくします。手札に同じ色のカードを3枚揃えたら得点化でき、その際は「3枚の内最も数値の高い1枚」の数値分の点が入るため、カードの消費と獲得にひたすら苦心することになります。欧風ゲーム特有の「心地良い悩ましさ」を存分に味わいたい人にとっては最適の短時間ゲームです。

レビュー 2件

226
名が参考にしたレビュー
 by 有我悟(あるがさとる)@トゥルトゥルトゥルネー

 競りゲーながらプレイ感はさくさくでとても遊びやすいゲームです。日本語版が出るまでは絶版? で高値で取引されていたと聞いたので、既にそれなりに定評のあるゲームのようですね。

 パッケージにも出てくるおっさんがうさんくさいのが難ですが、美少女よりおっさんが好きなボードゲーマー的には特に困ることも何もありません。というかマジでこのおっさん、うさんくさいにもほどがあるだろ……しかもめちゃくちゃ有能です。何せワイルドカード扱いの上に、おっさんのみで集めれば5点! 最大得点です。ただしおっさんは競りに使えません。0点だからです。残念!

 競ったカードを3枚一組で得点にするのですが、セットで使うカードのうち1枚だけを得点にして他を捨てるので、高い数字のカードは一枚あればいい。また、手札の上限を超えると廃棄処理が発生するので(セットが作れるならセットを作ってよい)沢山カードを取ったら取った時点で綺麗にセットが作れるように集めたいですね。また、あんまりセットを作りすぎると、競りに使えるカードがなくなってしまいます。

 競りは1ラウンド当たりプレイヤー人数-1回行われます。最初の競りを落とすと沢山カードがもらえるのですが、最後まで競り落とせなかったプレイヤーは、競りをしなくても自動的にタダでカードがもらえます。(枚数は少ないですが)競り落とせなかったプレイヤーから、競ったカードが少ない順に、場に残ったカード(競りに使ったカードと、競ったカードから一枚を税金的に場に出しておく)を色毎にまとめて一列もらえる(電力会社方式!)ので、最初の場のカードが微妙なら、必ずしも慌てて競っていく必要はありません。勿論手数は力という考えもあるので、手札があんまりよくないならガンガン取っていくのも次につなげるにはいいかも……みたいなことを考えながらテキトーに競っていきましょう! 手札がなくて欲しいカードが競れなくても、最後には好きなカードがもらえますから立て直しもラクラク! 最後まで胸熱展開が楽しめます。

 初心者でも問題なく遊べる、ストレスレスな作りのゲームです。初心者を競りゲーの世界に導く導入としていかがでしょうか? ニューゲームズオーダーさんから日本語版も出たし、この機会に是非是非。日本語版のカードはマット加工ですべすべしてキモチイイですよ! でもおっさんはうさんくさい。

2年以上前(2018年04月20日 21時01分)
続きを読む
閉じる
64
名が参考にしたルール/インスト
 by ボードゲームで遊べる駄菓子屋


約1年前(2019年07月08日 00時00分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,200(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 24興味あり
  • 214経験あり
  • 33お気に入り
  • 160持ってる

チェックした商品