マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
クワンチャイ・モリヤ版 ザ・ゲーム
  • クワンチャイ・モリヤ版 ザ・ゲーム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2015年~

クワンチャイ・モリヤ版 ザ・ゲーム

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ドイツ年間ゲーム大賞を獲得した「ザ・ゲーム」にポップなイラストの新バージョンが登場!
  • シュテフェン・ベンドルフ(Steffen Benndorf)作

 大人気カードゲーム「ザ・ゲーム」シリーズに、ポップでスタイリッシュな装いの仲間が加わりました!

 いまあなたが手にしているのは紛れもなく「ザ・ゲーム」です。

 ルールにしたがい、みんなで協力して手札をなくしていきましょう。

 ゲームの手軽さ、悩ましさに、あなたも友人も放っておけないことでしょう。

 このとても中毒性の高い協力ゲームを、思う存分楽しんでください!

 さぁ、箱を開けて!準備はいいですか?

レビュー 3件

384
名が参考にしたレビュー
 by まつなが

クワンチャイ・モリヤ版 ザ・ゲームをいただいたので遊んでみました!!

ザ・ゲームは悪魔を封印しよう!というテーマでしたが、このクワンチャイ・モリヤ版はストーリーはなく、ただただ手元が華やかで楽しくなります。


箱に書いてある「クワンチャイ・モリヤ」さんというイラストレーターさんですが、最近いろんなボードゲームのイラストを担当されていて、日本人にも好まれやすいタイプの絵です。ビビッドな感じなポップさで、幾何学的な丸みが可愛い感じがあります。ピンクが可愛い。最近だとゴミ箱パンダやKodamaを担当されたようです。1枚説明が入っていました。


ザ・ゲームのゲーム部分は、違いは特にありません。オーソドックスな、いちばん基本のザ・ゲームです。4つの置き場があり、2つは100から降順、2つは1から昇順。ちょうど10違いのカードを持っていると、遡って置くことができる。ぜーんぶ置ききったら、完全勝利!


もともとのザ・ゲームは、協力ゲームでシンプルなのが良さで誰でも遊べるゲームなのですが、悪魔を封印するというテーマでおどろおどろしい見た目をしていたために、遊べるシーンが限られてしまうのがやや残念でした。このバージョンなら、普段ゲームをしない人にも問題なく出せます!

10ごとに絵が違っていて、可愛すぎないところもいいですねー。アートな感じの可愛さ。


ひさびさにザ・ゲームを遊んでみました。2人で遊んだところ、なかなか勘を取り戻せず、山札はなくなったもののその後すぐに出せなくなり、敗北。。全体で13枚残しだったので、もうちょっとでした。。


いろんなバージョンのザ・ゲームが出ているので、好みやシーンに合わせて選べるのがいいですね。ゲーム自体は誰でも遊びやすい協力ゲームなので、もしまだ遊んでいない方がいたら、クワンチャイ・モリヤ版も試してみてください!

約1年前(2019年08月27日 15時54分)
続きを読む
閉じる
179
名が参考にしたレビュー
 by エヌオー

「ザ・ゲーム」自体は、ボードゲームを始めたときから気になっていたのですが、あのドクロパッケージがなかなか購買意欲をそそりませんでした。

ここへ来て、なかなかオシャレな感じの「ザ・ゲーム」が発売されたので、思い切って購入しました。

(ドクロ版「ザ・ゲーム」にあった、悪魔を退治する~というストーリーは関係なくなったようです)

システムとしては、プレイヤー全員でカードをすべて出し切ることを目的とした協力ゲームです。

昇順のスペース2か所と降順のスペース2か所があり、手札カードは2~99の数字が書かれたカードが配られ、手番で少なくとも2枚は、出されているカードの昇順or降順で手札を出さなければなりません。(カードを出した後は出した分だけ山札から補充)。

特別ルールとしては、昇順の場合は出されているカード-10、降順の場合は出されているカード+10は出してもOKです。

相談は具体的な数字や次の自分の手を言わなければ、OKのようです。(このあたり、何ともあいまい)

実際プレイしてみると、このカードを出していいのか、出さないほうがいいのかが非常に悩ましい。例えば、3と5のカードを一度に出したいが、他の人が4を持っているかもしれないし~。等ですね。この時、3を出して5を出さずに我慢した後、6、とかを出されると、確実に眉毛が引くつきます笑。

また、昇順スペースで50→40→30と出せたときは、思わずドヤ顔になりますし、数字を大きく飛ばしてしまうカードしか出せなかった時は、非常に申し訳なくなるし、喜怒哀楽が大きく揺さぶられるゲームですね。

手札山札をすべて出し切れたら完全勝利、9枚以下残ってたら一応勝利、10枚以上残っていると、敗北らしいです。

まだ完全勝利にたどりついたことはありません。

私の妻お気に入りのゲームです。

約1年前(2019年09月24日 13時04分)
続きを読む
閉じる
93
名が参考にしたレビュー
 by たいらぁ

デザインを一新しファミリーでも安心して遊べるイラストになりました。


ゲーム内容はオリジナルのザ・ゲームと全く同一のはずですが、ザ・ゲーム第2版として流通している品と比べ、拡張要素のオンファイアが入っていないためイラストがどうでもいい方はオリジナル第2版を買った方がお得かと思います。

こちらを選ぶ理由はデザインですね、これなら小さい子とでも安心して遊べます。

但し、子供向けのザ・ゲームとしては『THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ』というタイトルがあるらしく、そちらがもっと子供向けに(特殊能力とかあって)アレンジされているようですね。


6ヶ月前(2020年04月10日 16時56分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,980(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 20興味あり
  • 43経験あり
  • 12お気に入り
  • 66持ってる

チェックした商品