マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
パリ:光の都
  • パリ:光の都当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

パリ:光の都

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
街灯のともされたパリの街を舞台にした美しい二人用ゲーム
  • ホセ・アントニオ・アバスカル・アチェボ(Jose Antonio Abascal Acebo)作

プレイヤーは、進行の違う前半と後半を通し、パリの町並みをボード上に作り上げ、より高い点数を獲得することを目指します。

まず、街のベースとなる敷石タイルの配置や、最終的な得点源となる建物タイルを獲得する前半戦を行います。
敷石タイルは、自分の色、相手の色、中立の色、街灯のマスに分かれており、後半で得点を獲得するために建物タイルを置くことができるのは自分の色か中立の色に限られているため、後半を見据えて、タイルを配置する必要があります。
もしくは、建物タイルの獲得です。
建物タイルは、メインの得点源として最重要なため、配置のしやすい建物や戦略的に重要と思われる建物は積極的に獲得していくべきですが、建物タイルを獲得した手番では、敷石タイルは配置できないため、手番ごとにどちらを行うかは悩ましいものがあります。

ボード上に敷石タイルがすべて配置されたら、後半戦です。
敷石タイルによって作られたボード上のマス目に、建物タイルを配置していきます。
街灯に接するように配置された建物タイルが得点となるため、どちらのプレイヤーも建物タイルを配置できる中立の色のマスをどう押さえていくかが鍵となるでしょう。
敷石タイルの配置と獲得した建物タイルが後半戦のベースとなるため、前半のプレイが重要なのはいうまでもありませんが、後半戦では、用意された特殊アクションを実行することが出来るため、その選択とタイミングによっては戦況を一変させることができるかもしれないのです。また、特殊アクションの一部は、特別なボーナス点をもたらすため、基本的な配置だけでなく、そのボーナスを見据えた建物やタイル配置が勝敗をわけるかもしれません。

とてもシンプルで遊びやすいゲームですが、前半と後半の連動しつつも異なるプレイ感覚、前半における手番ごとの選択の悩ましさ、後半の緊張感など、ゲームを通して、ゲーム好きも唸らせる内容になっています。
後半で使うことの出来る特別アクションは、数多く用意されており、一回のゲームではすべて登場するわけではないため、リプレイ性も高くなっています。

美しい色使いの油絵調のアートワークや、特殊アクションのカードはパリの一場面を切り取った絵はがきになっているなど、抜群の雰囲気も魅力となっています。

レビュー 4件

243
名が参考にしたレビュー
 by Mitto

2人専用 パリの街に石畳を敷いておしゃれな街並みを!!  好み度:★★★★


自分の土地に建物を建てていき、それにより得た点数を競うゲームです。

第1フェーズでは、石畳の配置と建物の確保

第2フェーズでは、確保した建物の配置と特殊アクションの使用があり

お互いしたい事や出来る事が目に見えている為1手先2手先を読み合う、

おしゃれなコンポーネントとは裏腹に戦略性の問われるゲームです。


2人用のゲーム『パッチワーク』とは違い2人で一つのボードに配置していくので、その分邪魔し邪魔されが強いのでまた違って面白いです♪


気になる点は箱自体にタイル配置する為、箱としての収納力が低くコンポーネントをちゃんと並べないと閉まりにくい点と、12枚のアクションカードがポストカード調ですごくおしゃれだけど効果が説明書にしか書いてないので最初は困る点がありますね。

10ヶ月前(2019年11月21日 16時17分)
続きを読む
閉じる
238
名が参考にしたレビュー
 by Boardgamefan

前半と後半でフェイズが分かれていて、前半は「どの場所に建物を建てるか」「得点源となる街路灯をいかに確保するか」を考えながら、自分の建設スペースを確保しながら建物パーツを集めていきます。

後半フェイズは、前半で確保した建設スペースと建物パーツを実際に配置していくのですが、相手に先に建物を配置されたり、思った通りに置けなかった時に使う「アクションポストカード」があり、使い方によっては相手の妨害かつ自分に有利に進める手ができたり、得点倍増、細かい点稼ぎなどもできるます。

前半フェイズの街路灯と建設スペース確保がやはり重要にはなりますが、後半フェイズでも逆転することも全然不可のではないので、最後まで気が抜けないボードゲームになってると思います。


実際の遊び方記事も公開しているので良ければ見て下さい。

https://dij.storeinfo.jp/posts/7035570

12ヶ月前(2019年09月29日 20時07分)
続きを読む
閉じる
104
名が参考にしたルール/インスト
 by Mitto

【ストーリー】

舞台は1889年、元々ガス街路灯で【光の都】と有名だったパリですがこの年の万博博覧会で電気による公衆照明を用いて世界中に感動と畏敬の念を与えました。
あなたはこの町の最重要人物の一人となり、自分の建物が出来るだけ多くの明かりに照らされるようにします。この町の新たな明かりの驚異と美しさで人々を驚かせましょう!


【ゲームの目的】

このゲームは、お互い敷石タイルと建物タイルを配置していき最終的に多くの得点を稼ぐのが目的のゲームです。


【ゲームの進行】

ゲームの進行は、自分の土地と建物を確保する第1フェーズと確保した建物を建てたり特殊な効果を行ったりする第2フェーズに分かれています。


第1フェーズの手番でできることは、自分の1枚の確認済の敷石タイルを町に敷くか共有の建物タイルをリザーブ(手元に確保)するかの2つで

敷石タイルは1枚4エリアで構成されていて自分の色のエリア相手の色のエリア、共有エリアの3色の敷石と街路灯のエリアが描かれています。第2フェーズで建てる建物は基本的に自分の色のエリアと共有エリアの上にしか建てることができません。

リザーブした建物は残ってしまうとマイナス点になるので第2フェーズで建てれるギリギリの分をリザーブするといいでしょう


第2フェーズでは、リザーブしていた建物を自分の色のエリアに配置するかトークンを使いアクションカードを使用するかの2つがあります。

お互いのトークンがなくなりかつ建物を建てられなくなった時点でゲームは終了し、得点計算に移ります。


【得点計算】

得点計算についてはアクションカードによる追加点はありますが大まかなものは3つです。①街路灯に縦横に隣接している自分の建物は、建物の大きさ×隣接している街路灯の得点 ②自分の建物同士が一番多くつながっているグループの合計マス分×1点 ③確保したが配置できなかった建物1つにつき-3点です。アクションによってはペナルティーが無くなる効果もあります。

すべての点数を合計して得点が高かった人がこのゲームの勝者です。

10ヶ月前(2019年11月21日 16時34分)
続きを読む
閉じる
76
名が参考にしたリプレイ
 by Anno

Annoと夫で遊びました。

二人とも初めて遊ぶので、ルールブックとにらめっこしながらです。アクションポストカードは、ルールブック最後に載っている、最初の数ゲームで推奨されているものにしました。

このゲームは二つのフェイズに分かれており、第一フェイズは手札タイルの配置および建物ピースの獲得、第二フェイズは獲得した建物の配置およびアクションポストカードの使用です。建物を配置できるのは、自分の色(青または橙)および中立色(紫)です。置ききれなかった建物ピースはマイナス点になります。街路灯に照らされた建物の大きさと、繋がっている建物群の大きさで勝敗が決まります。


第一フェイズ、Annoは手札のタイル配置によってできる自分のスペースと建物の形とを考えながら、置けそうな建物ピースを獲得していきました。

夫は、大胆に建物ピースをたくさん獲得しました。


第二フェイズ、Annoはアクションポストカードの「地下鉄の入り口」(街路灯のあるスペースにも建物を置ける)及び「シャルティエ」(相手の色のスペースを一つ中立色にできる)を使って建物を置ききり、アクションポストカード「植物園」(自分の色のスペースにサイズ2の建物として置ける)、「セーヌ川の露天古本屋」(自分の色に接している建物の一辺に置くことでサイズを1大きくできる)でできるだけ建物のサイズを大きくすることにしました。

夫はアクションポストカード「サクレ・クール寺院」(ゲーム終了時、置ききれなかった建物ピースのマイナス点が0になる)で置ききれない建物ピースの失点をカバーしながら「街路灯」(自分の色のスペースに置き、建物を照らす)と「画家」(ゲーム終了時、画家コマのあるエリアの街路灯1つごとに2点プラスされる)で点数を伸ばそうとしました。

結果、Anno26点、夫45点で夫の勝利でした。

Annoは手持ちの建物ピースを置ききることに重きを置きすぎたのが敗因の一つではないかと思いました。

コンポーネントは非常に美しいのですが、内容はかなりシビアなパズルゲームでした。

所要時間も短いので、近いうちに今度は夫に勝つつもりで遊びたいと思います。

5ヶ月前(2020年05月04日 20時27分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,860(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 60興味あり
  • 124経験あり
  • 21お気に入り
  • 95持ってる

チェックした商品