マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
カラフルトレジャー
  • カラフルトレジャー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20~30分
  • 6歳~
  • 2019年~

カラフルトレジャー

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
運以外に、記憶力と推理力が試されます世界のワンダーズセットコレクション
  • ポキ・チェン(Poki Chen)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

ゲーム紹介:
私達はトレジャーハンター!世界各地にあるワンダー(奇観)を訪ねて、そこにある宝を探し出す。各ワンダーカードに書かれた色は、そのワンダーに埋蔵された宝石のヒントになります。このゲームは運以外に、記憶力と推理力が試されます。呪い(ドクロ)をうまく避けて、ワンダーキングになりましょう。
ゲーム準備:
1. 50枚のワンダーカードをシャッフルし、裏側を上に向いたままで、5x10の状態で並びましょう。
2. ダイヤ―トークンとリワードカードをワンダーカードの横に置きます。
3. 各プレイヤーにヘルプカードを1枚ずつ配ります。
4. 最近当たりくじを引いた人、もしくは金を拾った人からスタートします。

ゲーム開始:
ゲームは時計回りで始まります、自分のターンになると下記のアクションを実行してください。
1. フィールドからカードを2枚同時にめくります。
2. (自由選択アクション)3枚目のカードをめくります。

公開されたカードによって、判定結果が違います:
1.ドクロカードを公開してしまった場合:
ドクロカードを全部取り、他に公開されたカードは直ちに裏向きに戻します。
もし1枚以上ド クロカードを取ってしまった場合、2枚目から1枚つき1回『強奪』
する事ができるように なります。
『強奪』:他のプレイヤーのカード、もしくはダイヤトークンを奪う事ができます。
2.ドクロカード以外のみの場合:
公開されたカードの中に1種類(色)を選び、その種類のカードを全部受け取り、他の
カードを全部裏向きに戻します。
ダイヤカードを選んだ場合は同時に同数のダイヤトークンを受け取ります。
獲得したカードは表向きのまま自分の手前に置きます。
上記の行動全部終わりましたら時計回りで次のプレイヤーに回します。

ゲーム終了:
ダイヤトークン、もしくはドクロカードがなくなった時点、ゲーム終了になります。
得点:
1. ダイヤカード:1ポイント
2. ダイヤトークン:2ポイント
3. 宝石は同じ色の枚数でポイント計算

枚数
1
2
3
4
5
6

ポイント
1
3
5
8
12
16

4. レインボー:5色の宝石を集めたら4ポイント、4色の宝石を集めたら2ポイント

5. 冒険家:ワンダーカードの種類によって順位が決まります、
1位:7ポイント 2位:4ポイント 3位:2ポイント
もし同順位の人が居れば、獲得したポイントが均等に分けます。
例:ポッキ、フィレクスとワンさんが3人同時1位になった場合。
全員が(7+4+2)/3 = 4ポイントを獲得します。(2位と3位がポイント獲得できなくなる)
6. 呪いの王:ドクロカードが一番多く獲得した人が8ポイント獲得、同数が居る場合は
均等に分けます。

ポイントが一番高い人はワンダーキングになります。
 
簡易版ルール(子供向け)「プレイ年齢:6+」
1.アクションにめくれるカードが最大2枚まで、そして同時ではなくなり、1枚ずつめくります。
2.リワードカードは使用しません。
3.ドクロカードが1枚めくった時:めくったカード2枚とも戻します。
4.ドクロカードが2枚めくった時:この2枚のドクロカードをゲームから除外し、他のプレイヤーに対して『強奪』を実行します。
5.ドクロカードがない時:宝石、もしくはダイヤカードを受け取ります。
宝石を受け取る場合:1種類(色)を選び、その種類のカードを全部受け取ります。
ダイヤカードを受け取る場合:同数のダイヤトークンを同時に受け取ります。

ゲムマ2019春TBD予約紹介

レビュー 1件

50
名が参考にしたレビュー
 by 都落ち

神経衰弱の要領でカードを取り合いますが、カードの裏面が表のヒントになっている点がポイント。

全50枚のカードは、たくさん集めると得点が高い赤・黄・緑・青・紫の宝石カード各6枚計30枚と、より得点が大きいダイヤモンドカード10枚、0点のドクロカード10枚で構成されています。裏面には世界各地にある10カ所の名所マークが描かれていて、5枚ずつあります。

名所1カ所につきカードは5枚で、中身はダイヤ1枚、ドクロ1枚、宝石3枚です。そして裏面に使われている色も3色。実は裏面の色が中身の宝石カードの色と対応しているのです。たとえば、ピサの斜塔(青・紫・赤)のカードの中身はダイヤ・ドクロ・青・紫・赤になっています。ほかのカードも同様に裏面が中身と対応しているため、神経衰弱風でありながらめくったときに出る絵柄の可能性を考えながらプレイすることになります。

カードをめくり、絵柄(色)が揃えばカードを獲得、揃わなければ元に戻す。その繰り返しでゲームは進みます。めくられたカードを覚えていくのはもちろんのこと、取ったカードは相手に見える形で手元に置かれるため、ゲームが進むにつれて中身を予想するための情報も増えていきます。狙いのカードがめくれる確率を考えているうちに、めくられたカードの位置を忘れてしまうこともしばしば。見た目以上に歯ごたえのあるゲームです。

また、ドクロカードの存在がゲームをおもしろくしています。ドクロは0点のカードですが、ドクロを2回以上取ると「強奪」ができます。ゲーム全体の得点方法は

  • ダイヤカード:1点/枚
  • ダイヤトークン:2点/枚
  • 宝石:たくさん集めると高得点
  • レインボー:5(4)種類の宝石を集めると4(2)点
  • 冒険家:集めたカードの名所の種類で順位によって得点
  • 呪いの王:ドクロカードをもっとも多く獲得した人に8点

となっていて、基本的には点数の高いダイヤトークンを強奪する場面が多いですが、相手の「冒険家」を阻止したり、ドクロカードを奪って「呪いの王」を狙ったりした方が良いこともあります。状況によっては、あえてドクロカードを引きにいく選択も出てきます。駆け引きも十分に楽しめるでしょう。

ゲーム全体は1戦あたり30分程度と短い部類です。覚えるのが苦手であっても、裏面や取ったカードから予想ができるため、全くカードを取れないということはまずありません。絵柄もかわいいですし、子どもと遊ぶにもおすすめです。


そのほかの内容物。ルールは日本語と英語に完全対応。

難点
1.カード同士がくっつきやすい
光沢仕様のためか、紙質のためか、カード同士がペタペタとしていて、くっつきやすいです。そのため、シャッフルが少し難しいです。カードスリーブの使用をおすすめします。カードは約57×87 mmでトレーディングカードゲーム用のスリーブが適用可能です。

2.場所を取る
ゲーム開始時、場札として50枚のカードを並べるので約50×70 cmのスペース、さらに取ったカードを置く場所も考えるとそれなりに広いスペースが必要になります。

3.ダイヤトークンが安っぽい
ゲーム内でやり取りするダイヤトークンですが、おそらくブレスレットなどで使用する大型ビーズで、少し安っぽく感じます(写真では見にくいですが、先端に穴があります)。ダイヤトークン

7ヶ月前(2019年12月10日 03時39分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,650(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 2興味あり
  • 1経験あり
  • 1お気に入り
  • 6持ってる

チェックした商品