マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ブラッド・レイジ
  • ブラッド・レイジ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 60~90分
  • 13歳~
  • 2015年~

ブラッド・レイジ

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
ラグナロクの刻は来たれり! 『名誉ある死』を求め、神話世界を戦い抜け!

 各プレイヤーは強力なヴァイキングの氏族を率いて、他の氏族や神話上の怪物と戦います。終焉を迎える世界で、ヴァイキングの使命はただ一つ。『名誉ある死』を果たすこと!

 使命を全うするため、ヴァイキングは神から与えられる試練を達成し、上陸して略奪を行い、他の氏族と戦います。そうした過程で、あなたのヴァイキングはいとも簡単に壊滅するかもしれませんが、ご心配なく。死んだヴァイキングはヴァルハラに送られた後、いずれ解放されて戻ってきます。

 名誉のために、思う存分暴れまわりましょう!

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 4件

リプレイ
1380名が参考
約4年前

http://shikamanteikoku.g1.xrea.com/blood_rage/age1.htm

続きを見る
閉じる
皇帝
shika_manju
shika_manju
レビュー
780名が参考
2年弱前

まず最初に、これは戦略的なゲームであり、決して「バカゲー」ではありません。

自分も当初は「ブラッドレイジ」という題名、中二病的パッケージイラスト、さらに

箱表にかかれているキャッチコピー「この世の終わりの狂戦士(ベルセルク)たち」に

だまされ、積んだままでいました。


しかしこのゲームはBGGでの評価も高く、海外のレビューでもかなり好意的な意見が多

いです。

Weightも2.9程度ですから、あとでも述べますが中量級の分類となるでしょう。

では重量級偏重といってもいいBGGでなぜ高評価なのか?


さて、このゲームは見ての通り、戦闘を繰り返すことが特徴です。Scytheの

戦闘部分に関して特化させたようなイメージをもちます。アクションポイント制なの

で細かなリソースなどは存在しません。


しかし、戦闘に勝つことがそのままゲームの勝利になるわけではないのです。

戦闘に負けると(使用した)手札は失われないし、死んだユニットも後で復活できる

し、条件次第でユニットが死ぬ(復活する)ことで勝利点が入るし、で、普通ではあり

ません。

また、この戦闘は、ユニットがエリアを占領しようとするときにのみ起きるもので、単

相手のユニットを倒すアクションにしていないところなど、よく考えられていると思

います。


局地的な戦闘の勝敗よりも、より大局的な戦闘の管理がもとめられる・・・

このあたりは日本の伝統的なゲームである将棋にも通じるところがあります。


そして、このゲームのキャッチコピーに「名誉ある死を!」とあります。

自己犠牲により世の中を変えよう、なんて現実ではそうそうできるわけではありません

が、ある意味、この作品はそれがテーマになっているわけです。

バカゲーだなんてとんでもありませんでした!


戦闘ばかりについて記しましたが、実際はマップ上のエリアマジョリティが重要となり

ます。そのうえで手札管理なども行いつつ、勝利点を得るために手を進めていきます。

1手1手の重みは深く、慎重に戦略を組み立てていかなければなりません。


しかしルールは意外とシンプルです。マニュアルも23ページありますが実質重要なの

はその半分程度。内容も前述したような特徴的な部分を除けばオーソドックスなもの

で、結構するすると頭に入ります。


なにしろ大き目の箱の中身は8割方フィギュアで占められているのですから、ルーリン

グは比較的単純なものであることは想像がつきます。



逆に言うと、このフィギュアで価格が上がってしまっているともいえますが、

決してこのゲームはフィギュアありき、ではないことは断言できます。

さすがにBGGの上位にランキングされているだけのことはありました。

ただ人数は多い方が面白いですかね。5人用拡張もでているようですが、4人でもかな

りバトルロイヤル感は堪能できます。


というわけで、最近はあまり話題にならないこのブラッドレイジですが、

自分のように、見た目がバカっぽいので控えているとか、がりがりの単純戦闘ものは

好みじゃないとか、フィギュアなんてあほらしいので興味がないとか、そういう人にも

充分にアピールできるゲームだと感じました。

いやむしろ、そのような方にこそ一度プレイしてもらいたいくらいの良作です!


まあそんな人はこのレビューを見ないでしょうが・・・・・


評価8/10  重さ5/10

続きを見る
閉じる
maro
maro
リプレイ
747名が参考
約2年前

4人対戦で行ったリプレイ動画です。

インストも込みなので、初めてやる人にも参考にどうぞ。



見れない人は下記リンクからどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=yt3SbIKU9Y0 

続きを見る
閉じる
大賢者
water@レンタルボドゲプレイヤー
water@レンタルボドゲプレイヤー
レビュー
388名が参考
10ヶ月前

造形の細かいフィギュアがたっぷり入った戦闘バチバチの陣取りゲームです。

最初は陣取りゲーム要素はおまけ程度のフィギュアゲーだと思って購入したのですが、プレイしてみるとゲーム部分の作り込みがしっかりしており、むしろフィギュア部分がゲームにのめり込むためのフレーバー的位置づけなんだなと思いました。


ゲームは全部で3ラウンドあり毎ラウンド、使用するカードをドラフトによって決めていきます。カードには北欧神話の神々の名前がつけられてありそれぞれ能力の傾向が決められています。またラウンドごとにどんどん効果が派手に強力になっていきます。

生き残った戦士は次のラウンドに持ち越せる上にそのラウンドが終わると使えなくなるエリアが公開されているのでそれを踏まえた戦略が必要になってきます。配置できるエリアがどんどん狭くなっていくため必然的に戦闘は激しくなっていきます。

多発する戦闘ですが、戦闘の勝者に特典があるのはもちろん負けた側にも勝利点が入る要素があるのでわざと負けるために配置したりおこぼれを貰いに他プレイヤーが侵入してきたりなどもあり戦闘がただ勝つことのみじゃないのが面白いと思いました。

戦闘はかなりシンプルでエリア内にあるコマの合計戦闘値+カード1枚分のみで勝敗を決めます。勝った方は使用したカードが消費されるのに対して負けた方は手札に戻ってきます。勝っても負けてもどちら側にもメリットがあるので戦力差ができても最後まで逆転のチャンスがあります。

盤面に並んだたくさんのコマや他のコマより大きな怪物コマなど雰囲気を盛り上げてくれる要素もたくさんあります。フィギュアゲーだからと避けている人にこそ遊んで欲しいゲームだと思いました。

続きを見る
閉じる
大賢者
0710t
0710t
  • 商品価格¥ 11,000(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 114興味あり
  • 185経験あり
  • 47お気に入り
  • 167持ってる

チェックした商品