マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ラマ
  • ラマ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

ラマ

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
SDJ2019ノミネートのシンプルなカードゲーム!
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

 カードは1~6とラマです。

 6枚ずつ手札を配り、山札から1枚表にして置きこれを捨て札の最初のカードとします。

 手番になったらできることは3つです。

 1.手札を1枚プレイする。プレイできるカードは捨て札の山の一番上のカードと同じか1つ大きな数字カードです。ラマはラマか6の上にプレイできます。ラマの上にはラマか1がプレイできます。つまりラマは6と1の間の数字のような役目です。

 2.カードを山札から1枚引く

 3.ラウンドから抜ける。手札に残ったカードを伏せてラウンドから抜けます。残ったカードがマイナス点です。ラマはマイナス10点です。ただし、数字もラマも同じものは1枚だけマイナスになります。傷を深めないためにラウンドから抜ける手もあります。

 誰か一人が手札を無くすか、すべてのプレーヤーが抜けたらラウンド終了です。マイナス点分のチップを受け取ります。白はマイナス1点、黒はマイナス10点で、いつでも両替できます。

 ゲームは何ラウンドか行いますが、もし手札を無くしてラウンド終えることができたら、マイナスポイントのチップを1枚(たとえ10ポイントの黒でも)ストックに戻すことができます。

 誰か一人がマイナス40ポイント以上になったらゲーム終了です。もちろんマイナス点の少ないプレーヤーの勝ちです。

レビュー 17件

456
名に参考にされているレビュー
2019年05月03日 16時00分

元気なラマと遊ぶゲームです。ラマー!

カードは1~6とラマ。中央の場に出された数字と同じ数字か+1の数字を1枚プレイします。らまは場が6のときに出せます。らまのあと1に戻ります。

プレイしない場合、カードを1枚ドローするか、降ります。

誰かが最後の1枚をプレイするか、全員が降りるとゲーム終了。残った手札の数字がマイナス点です。


ほんとそれだけなのに、楽しいんですよね。不思議。大きい数字は残るとマイナスも大きいので先に出したいのですが、たとえば場が5のときに5か6を出すかは割と迷います。5を出すと、次回ってきたときに5のままか6の場合は6が出せるので。


さくっと遊べる良ゲーです!

続きを読む
閉じる
366
名に参考にされているレビュー
2019年06月24日 20時54分

今年のゲーム大賞にノミネートされたことで、注目を浴びたクニツィア御大のカードゲーム。

ノミネートされてすぐに独尼に注文したものの、欠品でいつ来ることやら・・・結局、メビウスさんの再販が速かったというオチ。(^^; えぇ、買いましたよ。メビウスさんの再販。

さて、ゲーム的にはすげーシンプルな「手札をなくしたら勝ちよ」カードゲーム。カードの種類は1~6の数字カードとラマカード。自分の出番になったらできることは3つ。

1.場に出ている同値または1つだけ大きいカードをのカードをプレイ。
2.山札からドロー
3.このラウンドから降りる

誰かが手札を使い切ったときか、全員が降りたときに、現在のラウンドは終了します。で、残った手札のカードの数値分がペナルティ。誰かペナルティが40点超えたらゲーム終了。ペナルティの一番少ないプレイヤーが勝利します。

このゲームのミソは「いつ降りる?」。ここです。他のプレイヤーの手札の枚数、ドローの頻度を考えながら、ここで降りたらペナルティは少ない・・などと考えてプレイすることになるでしょう。

なお、手札を使い切ったときはペナルティを軽減できるチャンスもあるので、ペナルティが多いプレイヤーは積極的にドローして余計に大やけどをするとか、しっかり笑いどころあり。

ルールを読んだだけでは「こんなにシンプルでどこがおもしろいの?」と思っちゃうけど実際にプレイしたら、しっかり楽しめる良いゲームです。

インストも3分でできちゃうくらいの軽いゲームなので、いつでもサックリ遊べます。アイスブレークにも使えるし、話題のゲームですので皆さんの食いつきもいいですよ。(^^)v

続きを読む
閉じる
309
名に参考にされているレビュー
2019年06月23日 05時09分

 自宅で、4歳児の息子と2人でプレイした感想です。コロコロ堂で、4人プレイも何度かプレイしています。

 ケルトやバトルライン、ペンギン・パーティー、交易王などをデザインしたライナー・クニツィアによる、UNOに似ていて場に出ている数字カードと同じ数字か1つ上の数字カードを出していき、いち早く手札を無くしていくゲームです。

 なお、2019年のドイツゲーム大賞ノミネート作品です。

 コンポーネントは1から6までの数字カードと、場の数字カードが6のときに出せるラマカードです。ちなみに、ラマの次に進めるカードは「1」となります。なお、各数字カードとラマカードは、各8枚です。

 それと、失点チップが、黒チップは1枚マイナス10点で、白チップは1枚マイナス1点となります。


 プレイヤーの手番にできることは、3つあります。

(1)手札のカードを場に1枚出す

 場のカードに沿って、数字カードかラマカードを1枚出し、UNOと同じ要領でそのカードが場のカードになります。

(2)山札からカードを1枚引く

 場に出せない、または、出したくないときは、山札からカードを1枚引きます。引いた後に、そのカードが場に出せても出せません。

(3)このラウンドを降りる

 他のプレイヤーの手札が少なく上がりそうで、これ以上失点したくないときに「降りる」を選択します。

 これを繰り返して、誰かが手札をなくすか、または、全員が降りた場合に点数を計算します。

 最後に持っている手札があれば、全部失点となります。数字カードはその数字がマイナスに、ラマカードはマイナス10点になります。ただし、手札に同じ種類のカードがあれば、それはその1枚のみの失点となります。

 具体的にいうと、誰かが上がったときに持っていた手札が3が4枚、4が1枚、ラマカードが3枚あった場合の失点は、マイナス3+マイナス4+マイナス10=マイナス17点になります。

 要は、同じ数字カードを何枚持っていても、失点するのはその数字だけとなのです。

 相手の手札数と場に置かれているカードを見て、置ききれないと思ったらサッサと降りて最小の失点とすることが可能なのです。

 そして、プレイヤーのうち、誰かがマイナス40を超えたらゲーム終了となり、最小失点だったプレイヤーの勝利です。

 あと、1つ重要なことがあります。手札を使い切ったプレイヤーは、自分の失点チップ1枚場に返せます。返すチップは、白チップでも黒チップでもどちらでも構いません。


 4歳児と2人でプレイした感想ですが、UNOを遊んでいるので、うちの4歳児でもプレイは普通にできています。

 ただ、どうやれば手札を出し切れるのかと、いつ降りるかを判断するのは少し難しいので、時たまサポートする必要があります。

 それ以外は普通にプレイできているので、彼には充分楽しいようです。

 また、プレイする機会を見つけて、一緒に遊び倒したいと思います。

続きを読む
閉じる
291
名に参考にされているレビュー
2019年07月12日 11時32分

最初に説明書を読んだときは、面白いのかコレと思ったのですが、動かしてみるとアラ不思議、面白いです。

運要素が強いですが降りる判断がキーな気がします。

みんなで同じカードを出していきなり壁ができ、どうすんだコレ・・・となったり

分配が隔たって、君はこの辺りが出せないのかねと煽りながらプレイしたりと

多めの人数でワイワイ言いながら遊ぶのが自分は好みでした。

インストも簡単で、時間や人数調整にも良いので非常に重宝してます。

続きを読む
閉じる
248
名に参考にされているレビュー
2019年05月28日 20時32分

 SdJ候補作。基本は手札をなくしていくゴーアウト系のゲームで、場に出たカードと同じ数字か一個上の数字をひたすら出していく。なければカードを引く。カードは1-6+ラマ。ラマは6の次の数字として出せる。ラマの次はラマか1を出す。何でラマなのかはクニツィアだけしかわからない(多分何でもよかったんだと思う)

 自分の時はほぼ手なりにプレイしていて、何故か引き運がよくて勝ってしまったので、運ゲー感があったんだけども、何度もやると戦略性が見えてくるのかもしれない。途中でこれ以上失点したくないというときにカードを伏せて降りる事も出来るけれども、手札を完全に無くして終われると、失点を1チップ分戻せるのでそこがディレンマかな。得点カードは同じ数字だと一度しか数えないZERO方式で、ZEROをゴーアウトにアレンジしたゲーム、という感じ。正直私的にはパスかな。ZEROの方が圧倒的に面白いでしょ。いや、むしろ、キッズ向けなのかな。

f:id:arugha_satoru:20190526124659j:plain撮影はメビウス&テンデイズブース@ゲムマ2019春

続きを読む
閉じる
218
名に参考にされているレビュー
2019年08月27日 15時59分

★8(個人的10段階評価) 


ウノを想起させる「なぜか楽しい」カードゲーム

ファミリーカードゲームの新定番たるポテンシャルも秘めた良作


基本的にはよくある、手札を出来るだけ早くなくす系のカードゲームです。

カード構成は1~6の数字が書かれたカードと、ラマカード。これだけ。色の区別もない。


手札の出し方としては、自分の手番が来たら、場に出ている数字と同じ数字か、それより1高い数字のカードを出すだけ。

場札が「2」なら「2か3」が出せますし、場札が「4」なら「5か6」が出せる。

ラマは基本的に「7」のような扱いで、6の次に出せるものですが、ラマの次はまた1が出せます。円環の繋ぎですね。


そんな感じで手札を出したり、出せなかったら山札から引いたりしつつ、どんどんカードを出していき。

そうして一定の終了条件を満たした時点で、手元に残ってしまったカードの数字がそのまま失点となり、マイナス点を食らってしまいます。ラマカードに関しては、マイナス10点。これを繰り返して、マイナス40点に誰かが達したら、ゲーム終了です。


上記したように、基本的なルールはとても簡単です。自分の番が来たら、出せるカードを、出すだけ。


ただし、このゲームには「降りる」という選択肢もあるのがポイントです。出せるカードがなくなった際、手札の構成によっては、変に山札から補充するより、多少の失点をのんでそこで「降りて」しまった方が賢明なこともままあり。


その上で、しかし手札を出し切って上がれると、今度は失点を「返せる」という要素もあるため、どこまでやるのか、やらないのか、というジレンマを十二分に感じることが出来ます。


「失点」やら「降りる」という要素的に少し大人なイメージですが、意外にも子供受けはよく、ちゃんと降りる選択肢も考えて遊べていたのが印象的でした。


更に良くも悪くも「手札運」がそこそこ大きく、だからこそ、ガチガチになりすぎないファミリーゲームとしても機能してくれており。


ルールを聞いただけでは想像がつかなかった程に「楽しい」ゲームでした。数字を出していくだけのゲームに見えて、ラマカードが出てきたタイミング等で意外とわいわい出来るゲームでもあります。


もし「誰でも理解出来て、けれど運ゲー以外の部分もちゃんとある」カードゲームをお探しならば、この「ラマ」は非常にオススメのカードゲームです。

続きを読む
閉じる
196
名に参考にされているレビュー
2019年08月17日 16時12分

[評価]☆7.510段階中10が最高)

[前提条件]

・リプレイ性が高いゲームが好き。

[購入動機]

・軽くできる、かつ意外と奥深くリプレイ性が高いと踏んで。

・インフェルノのような運要素が強いと評判が悪かったので、逆転(チップ返還)とリカバリー(カードの補充)に着目。

[プレイ回数]

1

[感想]

・運要素もありつつ、手軽に出来ます。しかし、その実、自分の被害を抑えるための引き際を相手のカードと顔色を見ながら判断するとことで深みが増します。

・出して行くカードも、自分の出番か来るまでに場の数字がどの程度増加するかを予想して、出すカードを選ぶ必要もありそうです。

・色々書きましたが、そこまで深く考えなくても出来ます。勝負としてはそこで差が出てきますが、軽量ゲーム好きも重ゲーム好きも楽しめる、良ゲームです。

・予想したとおりのゲーム性で非常に楽しめました。重ゲームの口直しに勧めていこうと思います。

続きを読む
閉じる
193
名に参考にされているルール/インスト
2019年07月03日 08時16分

数字はもう一巡する?しないの?


「L.A.M.A.」をインスト&プレイしました。


ルールを知るのに使って頂けると幸いです!


続きを読む
閉じる
192
名に参考にされているレビュー
2019年08月12日 11時02分

お願い!一回やってみて!!はまるから!!


「1.2.3.4.5.6.ラマー!!!!!!!!!!」


非常に単純なルール、しかしながらこの中毒性…。

同じ数字または+1した数字を出すか、カードを引くか、それとも降りるか…。


降りる事で減点を少なくする事もできます。しかし、カードを出し切れば自分の原点チップを1枚かえす事ができます。


ここをどうしていくかが非常に大事であり、悩むところです。


説明だけ聞いてもピンと来なかったり、つまらないと思う人もいると思います。

ただ、一回やってみて!ハマるよこれ!


私のカバンには、あのちょっとイラつくラマが常時おります。

続きを読む
閉じる
151
名に参考にされているリプレイ
2019年07月20日 00時46分

プレイ動画さくせいしまた!4人でプレイしています。手軽なルールの中に潜むジレンマを堪能しました...

動画内ではゲームの内容やインストについても話しています!ゲームの雰囲気やルール知りたい方は是非ご視聴ください。

ドイツ年間ゲーム大賞ノミネートは伊達じゃない!!


verywellボードゲームでは毎週一本以上、ボードゲームのプレイ動画をアップしています。ボードゲームが好きな方や興味ある方、これから始めようという方は是非チャンネル登録してみてください!

チャンネル登録はこちら! ↓↓↓

https://t.co/QLysk5QKcg

続きを読む
閉じる
148
名に参考にされているルール/インスト
2019年08月12日 22時50分


コンポ―ネント

カード 56枚 / チップ 70枚 / ルールブック




ルール説明

  

概要

  • プレイヤーはできる限りカードを場に出し、手札を無くすことを目指す。
  • 1枚でも手元に残るとマイナスポイントを獲得してしまう。
  • いずれかのプレイヤーが一定のマイナスポイントに達したらゲーム終了!

ゲームの準備

  1. すべてのカードをよく混ぜ、各プレイヤーに6枚ずつ配る。残りは山札にする。
  2. 山札の一番上のカードを隣に表向きに置く。
  3. チップを各プレイヤーの手の届くところに置いておく。




ラウンドの流れ

最も若いプレイヤーがスタートプレイヤーとなり、時計回りの順に下記アクションのうち1つを行う。
※2ラウンド目以降は、前ラウンドにて最後の手番を行なったプレイヤーがスタートプレイヤーとなる。

  • カードを1枚プレイする。
  • カードを1枚引く。
  • 降りる。(パス)

いずれかのプレイヤーが手札が全てなくなるか、全てのプレイヤーがパスしたらラウンドの終了。
手札に残っているカードの数値=マイナス点として数え、マイナス点分のチップを受け取る。


※ラマカードは-10点として計算する。

※各カードの数値は各ラウンドにつき1度のみ計算するため、6を2枚持っていても「-6点」としてカウントする。


また、手札をすべて無くすことのできたプレイヤーは所持しているチップを1枚返却することができる。

※返却するチップは黒でも白でもどちらでも良い。


得点計算後、いずれかのプレイヤーが-40点に達した時点でゲーム終了
その時点で最もマイナスポイントの少ないプレイヤーの勝利!



カードを1枚出す

手札からカードを1枚出す。



※公開されている一番上のカードと同数もしくは1つ上の数字のカードのみ出すことができる。

※ラマは6かラマのカードが出ているときのみ使用することができる。

※ラマのカードの上には1もしくはラマのみ置くことができる。


カードを1枚引く

山札からカードを1枚引く。

※山札が尽きたとき・自分以外のプレイヤーがパスした場合、このアクションを行うことはできない。


降りる(パス)

カードをプレイすることができない・山札が尽きて引くことができない場合は、手札のカードを裏向きに置くことでパスすることができる。



ブログではより詳しいルールや感想を載せてますっ!→ルールの詳細

ウシとキリンが実際に戦ってみた様子もあるので、ぜひ見に来てください~!

実際に遊んでみた様子

Twitter (@futariasobi_bg)では記事の更新を最速でお知らせしてます。


サイズ一覧

箱サイズ12cmx9.5cmx2cm
カードサイズ56mmx87mm


スリーブ

ヨドバシカメラにて販売している「ボードゲームサイズ」のスリーブ(縦56mm×横87mm)がおすすめです。

ブリッジジャストサイズ スリーブ 100枚入(1パックで足ります)

税込¥308(※2019年8月現在)

続きを読む
閉じる
138
名に参考にされているレビュー
2019年08月18日 22時38分

2019年ドイツ年間ゲーム大賞最終ノミネート作品。デザイナーは『モダンアート』『ハイソサエティ』『ケルト』のライナー・クニツィア。


1-6とラマカード(7と同じ)のカードをプレイ人数分配って手札をなくす、もしくはやめる(マイナス点になるが)ことができるゴーアウトゲーム。


6人プレイの場合

手札6枚をスタートプレイヤーから順番にだしていく。出し方は例えば3がでていたら次の人は3か4がだせる。6の場合は6かラマカード、ラマカードの場合はラマカードか1がだせる。


とここまでは単純なゲームだが、このゲームは誰かがマイナス40点になった時点で終了で、その時マイナス点のもっとも少ない人が勝ちとなる。


持っている点数の合計がマイナス点だが同じ数字は1回分しかカウントしない。例えば3を4枚もっていもマイナス3にしかならない。 

カードを出せない場合は山札から引かなければならないし、引いたカードを次の番までだせないので、おりてあえてマイナスを少なくする戦略がある。


手札を出しきった場合はコイン(マイナス1,10の2種類)を返すことができる利点があるのでここら辺もジレンマであり、よく考えれたゲームであると思う。

続きを読む
閉じる
137
名に参考にされているレビュー
2019年09月14日 08時49分

4/5点

手札を無くしてく

ゴーアウト系ゲーム。


誰かがマイナス40点超えた時に

最もマイナス点低かった

プレイヤーの勝ち。


手番でやることは

以下のどれか1つ

1

カードを1枚出す

ただし前に出されたカードと

同じ数字もしくは1大きい数字のみ

出せる。

1~6までとラマカードがあり

ラマは実質7のような扱いで

6の次に出せラマの後に1出せる。


2

山札から1枚ドロー

ただし引いたカードが

出せる場合でもすぐには出せない。


3

勝負を降りる


誰かの手札が尽きたら

1ラウンド終了で

残っていた数字が

そのままマイナス点になる。

(ラマはマイナス10点)


ただし同じ数字持っていた場合

1つだけカウントすれば良い。


3 4 4 4 5 5 と持っていた場合

マイナス12点


マイナスチップは1点と10点

あるのだが

手札を無くすことが出来た場合

どちらかのチップを1枚

返却出来る。

(途中で両替もオッケー)


降りるか

失点減らせる可能性に賭けて

ドローするかの選択が

実に悩ましいし

手札無くせた場合に

マイナス10点を返却出来る

可能性もあるため

順位の変動も激しく

実に楽しい。


ボードゲーム初心者から上級者まで

誰でも楽しめる点も良い。


特殊カードいくつか増やした

拡張でも出れば

さらに一味違った面白さが

味わえそうな気も。

続きを読む
閉じる
121
名に参考にされているレビュー
2019年09月14日 20時29分

GOOD!

・シンプルでお手軽!

・運要素強め&選択肢あり&即死(ほぼ)無し、初心者でも安心して遊べます。

・単純なゲームなのになぜか盛り上がります。

BAD!

・ほぼ運まかせで戦術戦略の余地が少ないので、そういうのが好きな人には物足りないかも?

その他

・初心者やパーティゲームが好きな人には超オススメ!沼に引きずり込む第一歩として是非活用していただきたい一品です。

続きを読む
閉じる
104
名に参考にされているレビュー
2019年08月23日 03時15分

『 Lage Alle Minuspunkte Ab! 』

ドイツ語で「全てのマイナスポイントを捨てろ!」という意味で、頭文字をとって、ゲームタイトル「L.A.M.A.」だそうです。


このゲームはカードを出し切ること、マイナスポイントをなるべくすることを目標とします。


まだまだ、カードを出すのか…。

あきらめて降りるのか…。

降りたくても、手元のカードが邪魔で降りられないのか…。

シンプルな中にジレンマもあって、楽しめるゲームです。


シンプルなカードゲームですが、手札に「ラマ」や大きい数字、ばらばらにカードがあったりすると降りられない…となり、ジレンマです。

誰かが手札を出し切ってしまえばゲーム終了になるので、残り1枚のプレイヤーがいる際にカードを出せなければ引くべきかどうか悩んだり。

長くやるゲームというより、ちょっとした息抜きや、待っている間にちょっと気軽に遊ぶ感覚のゲームです。


このゲームのルール説明をブログで紹介しています。

興味がありましたら、ご参照ください。

https://board-game-toyota.hateblo.jp/entry/lama

続きを読む
閉じる
96
名に参考にされているルール/インスト
2019年08月04日 14時41分

ラマ(L.A.M.A) 2019年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート。

なぜラマかというと、"Lege All Minuspunkte Ab.(全てのマイナス点を削除せよ)”

の頭文字をとってL.A.M.Aだそうです。

2人から6人で遊べるお手軽なカードゲーム、3人プレイ時の流れに沿って紹介します。

ご興味がありましたら、下記ブログ記事へお立ち寄りください。

外部リンク:エキサイトブログとなります。

https://boardgamer.exblog.jp/29556307/


続きを読む
閉じる
73
名に参考にされているルール/インスト
2019年07月01日 20時56分

ラマの紹介動画になります(^^♪

良ければチャンネル登録お願いします(∩´∀`)∩

この他にもボードゲーム関連の動画をupしています。

↓↓↓↓↓

https://youtu.be/ponhcFlPqSE

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,500(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 61興味あり
  • 440経験あり
  • 113お気に入り
  • 229持ってる

チェックした商品