マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ラマ
  • ラマ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

ラマ / LAMA の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
SDJ2019ノミネートのシンプルなカードゲーム!
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

 カードは1~6とラマです。

 6枚ずつ手札を配り、山札から1枚表にして置きこれを捨て札の最初のカードとします。

 手番になったらできることは3つです。

 1.手札を1枚プレイする。プレイできるカードは捨て札の山の一番上のカードと同じか1つ大きな数字カードです。ラマはラマか6の上にプレイできます。ラマの上にはラマか1がプレイできます。つまりラマは6と1の間の数字のような役目です。

 2.カードを山札から1枚引く

 3.ラウンドから抜ける。手札に残ったカードを伏せてラウンドから抜けます。残ったカードがマイナス点です。ラマはマイナス10点です。ただし、数字もラマも同じものは1枚だけマイナスになります。傷を深めないためにラウンドから抜ける手もあります。

 誰か一人が手札を無くすか、すべてのプレーヤーが抜けたらラウンド終了です。マイナス点分のチップを受け取ります。白はマイナス1点、黒はマイナス10点で、いつでも両替できます。

 ゲームは何ラウンドか行いますが、もし手札を無くしてラウンド終えることができたら、マイナスポイントのチップを1枚(たとえ10ポイントの黒でも)ストックに戻すことができます。

 誰か一人がマイナス40ポイント以上になったらゲーム終了です。もちろんマイナス点の少ないプレーヤーの勝ちです。

ラマに7件の書き込みがあります

380
名に参考にされているレビュー
2019年05月03日 16時00分

元気なラマと遊ぶゲームです。ラマー!

カードは1~6とラマ。中央の場に出された数字と同じ数字か+1の数字を1枚プレイします。らまは場が6のときに出せます。らまのあと1に戻ります。

プレイしない場合、カードを1枚ドローするか、降ります。

誰かが最後の1枚をプレイするか、全員が降りるとゲーム終了。残った手札の数字がマイナス点です。


ほんとそれだけなのに、楽しいんですよね。不思議。大きい数字は残るとマイナスも大きいので先に出したいのですが、たとえば場が5のときに5か6を出すかは割と迷います。5を出すと、次回ってきたときに5のままか6の場合は6が出せるので。


さくっと遊べる良ゲーです!

続きを読む
閉じる
282
名に参考にされているレビュー
2019年06月24日 20時54分

今年のゲーム大賞にノミネートされたことで、注目を浴びたクニツィア御大のカードゲーム。

ノミネートされてすぐに独尼に注文したものの、欠品でいつ来ることやら・・・結局、メビウスさんの再販が速かったというオチ。(^^; えぇ、買いましたよ。メビウスさんの再販。

さて、ゲーム的にはすげーシンプルな「手札をなくしたら勝ちよ」カードゲーム。カードの種類は1~6の数字カードとラマカード。自分の出番になったらできることは3つ。

1.場に出ている同値または1つだけ大きいカードをのカードをプレイ。
2.山札からドロー
3.このラウンドから降りる

誰かが手札を使い切ったときか、全員が降りたときに、現在のラウンドは終了します。で、残った手札のカードの数値分がペナルティ。誰かペナルティが40点超えたらゲーム終了。ペナルティの一番少ないプレイヤーが勝利します。

このゲームのミソは「いつ降りる?」。ここです。他のプレイヤーの手札の枚数、ドローの頻度を考えながら、ここで降りたらペナルティは少ない・・などと考えてプレイすることになるでしょう。

なお、手札を使い切ったときはペナルティを軽減できるチャンスもあるので、ペナルティが多いプレイヤーは積極的にドローして余計に大やけどをするとか、しっかり笑いどころあり。

ルールを読んだだけでは「こんなにシンプルでどこがおもしろいの?」と思っちゃうけど実際にプレイしたら、しっかり楽しめる良いゲームです。

インストも3分でできちゃうくらいの軽いゲームなので、いつでもサックリ遊べます。アイスブレークにも使えるし、話題のゲームですので皆さんの食いつきもいいですよ。(^^)v

続きを読む
閉じる
240
名に参考にされているレビュー
2019年06月23日 05時09分

 自宅で、4歳児の息子と2人でプレイした感想です。コロコロ堂で、4人プレイも何度かプレイしています。

 ケルトやバトルライン、ペンギン・パーティー、交易王などをデザインしたライナー・クニツィアによる、UNOに似ていて場に出ている数字カードと同じ数字か1つ上の数字カードを出していき、いち早く手札を無くしていくゲームです。

 なお、2019年のドイツゲーム大賞ノミネート作品です。

 コンポーネントは1から6までの数字カードと、場の数字カードが6のときに出せるラマカードです。ちなみに、ラマの次に進めるカードは「1」となります。なお、各数字カードとラマカードは、各8枚です。

 それと、失点チップが、黒チップは1枚マイナス10点で、白チップは1枚マイナス1点となります。


 プレイヤーの手番にできることは、3つあります。

(1)手札のカードを場に1枚出す

 場のカードに沿って、数字カードかラマカードを1枚出し、UNOと同じ要領でそのカードが場のカードになります。

(2)山札からカードを1枚引く

 場に出せない、または、出したくないときは、山札からカードを1枚引きます。引いた後に、そのカードが場に出せても出せません。

(3)このラウンドを降りる

 他のプレイヤーの手札が少なく上がりそうで、これ以上失点したくないときに「降りる」を選択します。

 これを繰り返して、誰かが手札をなくすか、または、全員が降りた場合に点数を計算します。

 最後に持っている手札があれば、全部失点となります。数字カードはその数字がマイナスに、ラマカードはマイナス10点になります。ただし、手札に同じ種類のカードがあれば、それはその1枚のみの失点となります。

 具体的にいうと、誰かが上がったときに持っていた手札が3が4枚、4が1枚、ラマカードが3枚あった場合の失点は、マイナス3+マイナス4+マイナス10=マイナス17点になります。

 要は、同じ数字カードを何枚持っていても、失点するのはその数字だけとなのです。

 相手の手札数と場に置かれているカードを見て、置ききれないと思ったらサッサと降りて最小の失点とすることが可能なのです。

 そして、プレイヤーのうち、誰かがマイナス40を超えたらゲーム終了となり、最小失点だったプレイヤーの勝利です。

 あと、1つ重要なことがあります。手札を使い切ったプレイヤーは、自分の失点チップ1枚場に返せます。返すチップは、白チップでも黒チップでもどちらでも構いません。


 4歳児と2人でプレイした感想ですが、UNOを遊んでいるので、うちの4歳児でもプレイは普通にできています。

 ただ、どうやれば手札を出し切れるのかと、いつ降りるかを判断するのは少し難しいので、時たまサポートする必要があります。

 それ以外は普通にプレイできているので、彼には充分楽しいようです。

 また、プレイする機会を見つけて、一緒に遊び倒したいと思います。

続きを読む
閉じる
231
名に参考にされているレビュー
2019年07月12日 11時32分

最初に説明書を読んだときは、面白いのかコレと思ったのですが、動かしてみるとアラ不思議、面白いです。

運要素が強いですが降りる判断がキーな気がします。

みんなで同じカードを出していきなり壁ができ、どうすんだコレ・・・となったり

分配が隔たって、君はこの辺りが出せないのかねと煽りながらプレイしたりと

多めの人数でワイワイ言いながら遊ぶのが自分は好みでした。

インストも簡単で、時間や人数調整にも良いので非常に重宝してます。

続きを読む
閉じる
189
名に参考にされているレビュー
2019年05月28日 20時32分

 SdJ候補作。基本は手札をなくしていくゴーアウト系のゲームで、場に出たカードと同じ数字か一個上の数字をひたすら出していく。なければカードを引く。カードは1-6+ラマ。ラマは6の次の数字として出せる。ラマの次はラマか1を出す。何でラマなのかはクニツィアだけしかわからない(多分何でもよかったんだと思う)

 自分の時はほぼ手なりにプレイしていて、何故か引き運がよくて勝ってしまったので、運ゲー感があったんだけども、何度もやると戦略性が見えてくるのかもしれない。途中でこれ以上失点したくないというときにカードを伏せて降りる事も出来るけれども、手札を完全に無くして終われると、失点を1チップ分戻せるのでそこがディレンマかな。得点カードは同じ数字だと一度しか数えないZERO方式で、ZEROをゴーアウトにアレンジしたゲーム、という感じ。正直私的にはパスかな。ZEROの方が圧倒的に面白いでしょ。いや、むしろ、キッズ向けなのかな。

f:id:arugha_satoru:20190526124659j:plain撮影はメビウス&テンデイズブース@ゲムマ2019春

続きを読む
閉じる
120
名に参考にされているルール/インスト
2019年07月03日 08時16分

数字はもう一巡する?しないの?


「L.A.M.A.」をインスト&プレイしました。


ルールを知るのに使って頂けると幸いです!


続きを読む
閉じる
52
名に参考にされているルール/インスト
2019年07月01日 20時56分

ラマの紹介動画になります(^^♪

良ければチャンネル登録お願いします(∩´∀`)∩

この他にもボードゲーム関連の動画をupしています。

↓↓↓↓↓

https://youtu.be/ponhcFlPqSE

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,500(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 44興味あり
  • 206経験あり
  • 47お気に入り
  • 97持ってる

チェックした商品