マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
八十日間世界一周
  • 八十日間世界一周当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 50~70分
  • 10歳~
  • 2017年~

八十日間世界一周

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ドイツ年間ゲーム対象受賞作をベースに、冒険小説仕立てになりました
  • ミヒャエル・リーネック(Michael Rieneck)作

 小説の「八十日間世界一周」をテーマにしたボードゲームです。
 1979年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した、ウサギとハリネズミのルールをもとに作られているため、楽しさは折り紙付きです!

レビュー 2件

720
名に参考にされているレビュー
2017年10月13日 12時15分

1979年の栄えあるドイツゲーム大賞第1回受賞作『ウサギとハリネズミ』のリメイクだそうで、この受賞作にハズレは無いと信じて、さっそく購入。

テーマは、ジュール・ヴェルヌの古典「八十日間世界一周」に変わり、童話的雰囲気は、ワールドワイドな冒険譚になりました。(昔すぎて、もう小説の内容が思い出せないボンクラですが)

6人まで対応できるのも大きな魅力!(我々のメンバーは、多いと7〜8人になってしまい、稼働ゲームに困る事しばしば)

ま、とりあえずインスト。

みんなボンクラなので誰もヴェルヌを思い出せず、テーマについてはビミョーな顔つき。また、ボードとルールが一見して安直なすごろく風なのも不安をあおり、「 これホントに大賞作?」と心配顔。

とりあえずゲームスタート!

で、思った。
このゲーム、一筋縄では無い!

確かにすごろくではあるけれど、サイコロ振ってその数だけ進めるのではなく、進む数は『自分が決める』のである!

こんなルールは初めて見た。

運任せ…ではない!
だからボードゲームでありがちな「分からないからとりあえずダイス」ができないというこの状況!
(O_O)

もちろんたくさん進むには、すごいお金がかかる。したがって前半は、所持金を稼ぐことに意識を向ける必要がある訳です。

正直言って、みんなどのくらい進んでいいものやら加減が分からず、ダンゴになって手探りで進行。

しかし、お金で進むので、結局はお金が足りなくなるから、お金を稼げるマスに先を争って殺到する事になるのです。

ところが各マスにはいろんな効果があるのですが、ひとマス一人しか入れないので、次第に楽しくえげつないマス目争いが発生することに!

これが理解できた頃から、盛り上がる盛り上がる!(^◇^;)

なんせ、次の自分の出番開始時に、順位が何番目によって、お金がもらえたりもらえなかったりするので、他のプレイヤーの進み具合を予測する必要があるのです。

さらに、各プレイヤーは、ロンドンで起きた強盗事件の容疑がかかっている設定で、ゴールまでに3枚の醜聞カードを『警察署』に立ち寄る事で、1枚ずつ晴らさなければなりません。

ところが警察署は5箇所しか無いんですよ。お分かりですね。(^◇^;)

これらの仕掛けによって、このゲームはソロプレイ感が全然ないのがすごいです。
常に他のプレイヤーの位置と所持金を気にしておかないと勝てません。

実は、我々も初めてのプレイだったので、中盤までは、全員が必死にお金を稼ぐ事に全力を傾けていて、何となくレースの目的を見失っておりました。ゲーマーの性ですな。(笑)

ところが、あるプレイヤーの一人が、溜まったお金を消費して、一気に大きく前進して、みんな一気に気づいた展開。
「ヤバい、お金足りない!」
「ちょっと!そこ邪魔だから!」
「ああっ警察署取られた!」
「あいつお金相当貯めてるからマズいんじゃないか⁉︎」
「うお〜〜出遅れた〜〜!」
…という感じです。

ほとんど運の要素なく、ガチのすごろくなので、ぼんやりしていると絶対勝てない、絶妙なバランス。

うん、これかなり面白いぞ!

ゲーム大賞も納得でした。

ちなみに、唯一運任せなのが、パスパルティーという従者の協力を仰ぐマス目。ここだけイベントカードを引くのですが、助けてもらったり、余計な事をされたりで、良いスパイスになってます。

ここにはイベントだけでなく、数枚の強力な『協力者』が含まれており、この取り合いも盛り上がりますよ。(これの所持状況によっても、マス目計画がガラッと変わるのです)

ちょっとイベントカードを引くと、複数枚を比較して読み上げるのがもたつく感じなので、最近流行りのアイコンで判断もできるようになっているともう少し進行が楽かな?と思いましたが、手紙形式なので、慣れればこれはこれで雰囲気はあるので好みの問題かと。

とにかく、
斬新な感覚のすごろくレース。
メンバー絶賛だったので、オススメします!

続きを読む
閉じる
154
名に参考にされているレビュー
2018年03月01日 00時10分

金で進むコマ数を買うすごろく


80マスあるが、金貯めれば30マスまで進める


ゴールはほぼ無一文でないとできない(警察に強盗の嫌疑がかけられ続けている設定)


警察の嫌疑を晴らすアクションをゴールまでに3回こなさねばならない条件付き


進み具合が後ろなほど金が貯まりやすいので先行逃げ切りはムズい




初めてプレイした時、みんな金貯めるんだろうと踏んで、先行逃げ切りにチャレンジ

しかし案の定金が尽きて大して進めなくなって負ける



財布の管理と他者の行動の予測のバランスが絶妙で奥が深かった


続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,280(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 61興味あり
  • 151経験あり
  • 10お気に入り
  • 73持ってる

チェックした商品