マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
新ベルサイユ宮殿 ルートヴィヒの新たな夢
  • 新ベルサイユ宮殿 ルートヴィヒの新たな夢当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 75分前後
  • 13歳~
  • 2017年~

新ベルサイユ宮殿 ルートヴィヒの新たな夢

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
王より賜りし次なる使命は、ベルサイユ宮殿の再現である。さあ、世界で一番の宮殿を造ろう!
  • テッド・アルスパッチ(Ted Alspach)作

 ノイシュヴァンシュタイン城の築城を成し遂げたバイエルン王ルートヴィヒ2世の新たな夢は、かのベルサイユ宮殿の再現であった。豪華な調度品を用意し、白亜の石壁を造り上げ、水をたたえた堀で囲み、白鳥たちが羽を休めるような宮殿を造り上げよう。これぞまさにルートヴィヒ流建築の極み!

 プレイヤーは建築家となり、皆で1つの宮殿を造り上げていきます。様々な部屋タイルを配置し、完成した部屋に応じて報酬を受け取りましょう。それに伴い、宮殿は堀によって囲まれていきます。完全に堀で囲まれ宮殿が完成したとき、建築に最も貢献した建築家が勝利するのです!

レビュー 2件

157
名が参考にしたレビュー
 by 手動人形

『ノイシュバンシュタイン城』の続編であり、「部屋タイルを獲得し、他の部屋と通路が合うように配置。全ての出入り口が塞がったら完成となってボーナスが発動する」までは一致していますが、「全員で一つの宮殿の完成を目指す」が大きな違いとなっております。他にも

  • 部屋タイルが正方形で統一。
  • 勝利点トラックが無くなり、ゲーム終了時にまとめて計算。
  • お金(マルク)ではなく「白鳥」を用いて部屋や特殊能力を発動する。
  • トークンを各部屋に置き、誰が建築したかを明確化。
  • 個人目標カードが全て「王の歓心」に統一され、別個の目標はプレイヤーボードの能力を発動する必要がある。
  • 前作の部屋ボーナスのバランス調整。(強すぎた『手番もう一回』や弱すぎた『タイルを探して山の上に置く』などの廃止が顕著です)


など、ほぼ別のゲームへと仕上がっているのが印象的でした。


特にゲーム内での通貨代わりとなる「白鳥」は各部屋の出入り口の色が合うことで「つなげた側とつなげられた側両方」のプレイヤーが獲得するため、他プレイヤーとのある程度の協力が不可欠となっています。


何よりも、一番目を引くのが上記の写真で見ておわかりのように「宮殿全体をぐるっと囲む堀の水路」の存在。タイルがある程度減っていくと「部屋が完成した手番」に、示された水路が宮殿に張り巡らされていきます。最初は1枚と緩やかなものですが、2枚、4枚、5枚、最終的に6枚と増えていき、あっという間に終局に近づいていきます。

当然、水路で塞がれた出入り口は他の部屋を接続することが出来ないため、その部屋は完成させられません。そのため、中盤以降は他のプレイヤーの部屋を未完成状態にしつつ自分の部屋が完成するような配置が必要になっていきます。

宮殿自体が堀で囲まれたり、全ての部屋を使い切ったらゲーム終了。

  • 部屋の完成ボーナス
  • 王の歓心の条件を満たす
  • 獲得した白鳥

で勝利点を計算します。

本作、前作にはなかった「個人ボード」が特徴的でした。これによって自分がどのタイプの部屋を建築していたかが分かるようになるだけではなく、

  • 白鳥の支払いが必要な部屋タイルの獲得が軽減される
  • 水路をコントロールできる
  • 最終的な勝利点が10増える

といった特殊能力の発動スロットも兼ねています。それだけではなく、個人目標カードの代わりとして追加の王の歓心を設置することも出来るのです。

4人で1プレイ2時間程度と長めのゲームではありますが、宮殿ができあがったときの達成感はひとしお。高得点を目指す、写真映えを狙う、他プレイヤーを邪魔していくなど、様々なプレイスタイルが楽しめる重量級のタイルプレースメントでした。

7ヶ月前(2020年01月13日 12時07分)
続きを読む
閉じる
144
名が参考にしたレビュー
 by ボドゲを楽しむ会

前作は個人個人でタイルを獲得し、自分の城を作る喜び+オークションという競りゲー要素、売りての値段決めジレンマ要素 が有りました。


これを排除しかなりカルカソンヌ的タイル配置ゲームに寄りました。デザインは美しく、最後に完成した城について意見を言い合うのは楽しいですね。


追記 代わりに個人のタイル管理ボードでコスト軽減や水流操作、勝利点増加など戦術要素が有りとても魅力的です。

個人的には超優秀な常在型タイルに対して王の感心勝利点10ってのをいかに振り分けるかが肝かと。

これタイル配置系で一番面白いのでは..?とも思えてきました。ただ得点計算がかなり大変です。

7ヶ月前(2020年01月23日 07時40分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,050(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 23興味あり
  • 45経験あり
  • 8お気に入り
  • 44持ってる

チェックした商品