マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
メナラ
  • メナラ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 10~60分
  • 8歳~
  • 2018年~

メナラ

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
全員で知恵を出し合って、失われた遺跡を復元しよう! 柱とボードで積み上げる協力型バランスゲーム!
  • オリバー・リッチバーグ(Oliver Richtberg)作

 探検家の君たちはマレーシアの密林奥深くで、人知れず眠りについていた遺跡を発見した。苦難の旅の末発見したその遺跡に、君の心臓は大きく高鳴った。何千年も前に、確かにここにあった壮大な寺院は、いったいどれほどのものだったのだろう。その全容を確かめてみたい! そんな耐え難い衝動に駆られたのは君だけではなかった。そして探検隊のメンバーは、協力してその偉業達成に立ち向かうことにしたのだ。

 この製品は、カードの指示に従ってボード上に柱を立て、階層を積み上げていく協力型のゲームです。あらかじめ決められた階層まで、崩すことなく積み上げることができればプレイヤー全員の勝利となります。ただし、気をつけなければならないのは、「指示カード」に記された指示通りに柱を置かなければいけないということです。指示をクリアできないと、完成に必要な階層の数が増えてしまいます。つまり、それだけ完成が難しくなるということです。

 計画を立てて行動し、積みあがった柱やボードのバランスを見ながら、メナラの空中寺院を完成させましょう!

レビュー 4件

471
名が参考にしたレビュー
 by 村崎神社

【雑感】

 ドイツゲームらしく、コンポーネントの積み木や床タイルが非常に美しい。見た目でわかりやすく小難しいルールも無し、また協力ゲームのため気軽にプレイしやすい。難易度は調整出来るものの標準でも結構難しめ、だからこそクリアしたときの喜びもひとしお。

【運・確率】

 建設計画カードや柱の引き運に左右される局面はあるものの、カード自体が3種類の難易度に分かれているため計画的に進めることが出来ればそこまで重要な要素ではない・・・かも。

【戦略・判断力】

 非常に重要で、どの建設計画カードを引くか、柱や床をどこにどのタイミングでどう置くか、他のプレイヤーのために資材置き場をどうするべきかなど、しっかりした話し合いや判断がクリアへの鍵となる。

【交渉・立ち回り】

 協力ゲームなので特に交渉要素は無いが、床を置く人は結構重要。

【心理戦・ブラフ】

 こちらも協力ゲームのため本項の要素は皆無。

【攻防・戦闘】

 こちらも協力ゲームなので皆無、失敗してもみんなで励まし合おう。

【アート・外見】

 コンポーネントの出来は非常によくゲームの進行に従って立体感も出てくるため、SNS映えする。アクションゲームの宿命でちょっとした机の揺れや傾きの他、袖や名札が当たっただけでも悲劇を生むので、プレイ中は慎重に。

約2年前(2018年06月21日 01時34分)
続きを読む
閉じる
307
名が参考にしたレビュー
 by レモネード

寺院の遺跡をみんなで協力しながら復元するゲーム。


7歳の息子と2人プレイしましたが、

2人でもかなり面白かったです。


バランス系ゲームと安易に考えてたんですけど

バランス系と協力ゲームの融合がこんなに面白いなんて。


各手番にはカードにより指示が出されます。

柱を1本置けだの。

2本置けだの。

たまにちょっと無茶な指示も出ます。


息子の番の時、そんな無茶な指示が出ました。

下に置いた柱を上の段に移すって指示。


何本かの柱で支えて、その上に板を乗っけていくのですが

どーやら、その板が乗ってる柱の1本を抜いて

置かなくちゃならない状況


オレ「これ、抜かなあかんわー」

息子「ほんまや、これー、むりー」

息子「でも、やってみる」

で、無事抜いて、置けた。


おおー、やりおるわ

我が息子、7歳のくせにやりおるわ


バランス系では、たまに、それ無理ちゃうってのを

ファインプレイで置けた時、おおーってみんな感嘆します


それを協力ゲームにしたら、

ファインプレイのうれしさを素直にみんなで共有できます。

そこがいいです。

もちろん、くずれた時の残念感も共有


あと、このゲーム

柱はその柱と同じ色の場所にしか置けません。

最初は置ける場所がいっぱいあるのですが

建築が進むと、ドンドン色と場所が限定されていきます。


で、手持ちの柱は袋から引いてきます。

それだけだと運要素が高すぎるのですが

6本だけ別な所に置いているストックがあり

手番の最初にその柱と自分の柱を好きなだけ交換できるルールがあります。


このため、今の建築状況を見て

どんな柱をどこに建てるのか

何色を残すのか

何色の交換をするのか

色々考えたり、相談出来たりが楽しいです


指示をクリアできなければ

最終的に建てる遺跡の階層が増えます。

これがまた、ドキドキさせてくれて

最後までゲームに緊張感を与えてくれます。


面白いのが、

指示をクリアできず、階層が増えた時のみ

交換用ストックとして脇に置いてる6本の柱全てを

全部、一新できるルール。


これ、ルールを読んだ時は、あんまピンと来なかったんですが

このゲームでは、ものすごーく救世主的なルールで

これのおかげで助かったって場面がありました。


難易度は3段階変化できるのですが

今回、息子と挑戦したのは一番簡単なイージーモード


最初なのでイージーモードでプレイしましたが

結構、いいあんばいの難しさで

なんとかギリギリクリアでした。


やったーってゆう達成感と

2人であーだーこーだ相談しながら

時にはドキドキしながら

30分間のとても楽しい時間を過ごせました。


完成した遺跡がこちら


さー、みんなで遺跡復元、レッツトライ!

11ヶ月前(2019年10月15日 21時30分)
続きを読む
閉じる
260
名が参考にしたレビュー
 by ココルナ

遊び方は他の方が書かれているので、割愛させていただきます。


メナラは協力しながら寺院を再建していくバランスゲームです。


他のバランスゲーム同様、柱や床を乗せるときのハラハラドキドキ感は堪りません。しかし何よりもメナラがおもしろいのは協力ゲームだというところです。みんなで協力して床を積み上げ、相談しながら戦略を練っていく。遊んでいるうちに自然と一体感が生まれてきます。

『その柱もうちょい内側にできる?』

『床は逆の向きがいいかも?』

『次の床が小さいからこっち先に埋める?』

などなど会話も弾んできます。その様はさながら建築士の集まりです。


華やかな見た目と裏腹に難易度は結構高めです。なかなかクリアできないですが、次はこうやってみよう、こうすればクリアできるかな?と思わせる絶妙の難易度です。

小さなお子さんと遊ぶときは難易度の高い赤い建築カードを減らすと遊びやすくて良いかもしれません。

1年以上前(2019年04月22日 09時30分)
続きを読む
閉じる
202
名が参考にしたレビュー
 by 82BG@19秋GM(土日)出展

寺院を復興してるのに呪われます


崩れた寺院を各プレイヤーで協力して建てるバランスゲームです。ただ、建て方の指示が出来ないと、完成させる階層が増えていきます。そうならないように、各プレイヤーの状況を考えるのが大切になっていきます。

 

準備としては、

テーブル真ん中には基礎となる床が3つ置いてあります。他の床はランダムに積まれています。床の特徴としては、裏表が白面と黒面になっていて、どちらの面も所々に色々なマークが付いています。

各プレイヤーは柱を5-8本ランダムに用意します。数はプレイ人数と難易度によります。

キャンプに柱を6本置きます。

柱は5色(赤・青・黄・白・黒)あります。

あとはレベルカードや象形カードを難易度ごとに用意します。

 

手順としては手番制で、以下のようにやります。

1)キャンプと自分の手元の柱を好きなだけ交換を交換できます。

2)象形カード3種(簡単・普通・難しい)のカードのうち、カード1枚公開します。

3)2)で公開したカードの指示に従って、柱を置きます。指示は手元から床に柱を置いていきます。この時、床のマークの色と柱の色が合っていないといけないです。


4)手元で減った柱の数だけランダムに引きます。


そして、次の手番へ移っていきます。


補足としては

・3)である床の柱を全て置いた時、ランダムに積まれた床の1つを取りどっかにおきます。その時に使われた象形カードの色によって白面か黒面かが決まります。その面を上にして2階層以上に置くなら柱が3つ隠れるように乗せます。基礎なら既にある床に2箇所接するように置きます。

・3)で指示に従えない場合、その象形カードをレベルカードに並べます。※勝利条件が厳しくなります。


以上を続けていって、崩れて敗北してゲーム終了か、ゲームが続行できなくなってその時に建物の階層がレベルカードの数以上になっていれば勝利です。




遊んでみた感想としては、達成感が気持ちいい!

ゲーム進行の肝はバランスゲームというより、手元の柱管理が大切になっていきます。象形カードによる無茶振りに対応できるようにキャンプと手元の柱を交換するのですが、ネックは次の手番のプレイヤーのことも考えて交換しないと次の手番で象形カード失敗する可能性があります。その兼ね合いと無茶振り指示のドキドキ感がいいです。

あと、醍醐味はやはり建物が完成していく立体感は見ていて気持ちがいいです。それで勝利する達成感や写真に映えるのもいいです。

ただ、ゲーマーとしては駆け引きのネタがあまりないようには感じました。

ですが初見の興奮は良く出来ていて好きな方は多いと思います。



評価:☆7

1年以上前(2019年03月29日 23時48分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,060(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 86興味あり
  • 239経験あり
  • 43お気に入り
  • 138持ってる

チェックした商品