マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ティードラゴンソサエティー
  • ティードラゴンソサエティー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30~60分
  • 10歳~
  • 2018年~

ティードラゴンソサエティー

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
絵本から飛び出て来たような、初心者にも分かりやすいデッキビルディングゲーム
  • スティーブ・イリス(Steve Ellis)作
  • テイラー・ティンスリー(Tyler Tinsley)作

 お茶の名前を冠したドラゴンたちのお茶会をテーマとして、四季折々のカードを獲得してデッキを作り、勝利点を得ていくデッキビルディングゲーム。

 毎ターンデッキからカードを1枚ドローして自分の場に置き、場のカードを使って新しいカードを購入するだけのシンプルルール。

 シンプルゆえに、デッキの作り方が重要で、上手くデッキを組むことができれば買い物も効率よく行え、更にデッキが強化されたり、高い勝利点のカードが獲得出来たりします。

 カードはオープンなので、お子様や初心者の方でもカード効果を確認しながら遊べる幅の広い層に遊んでいただけるゲームです。

レビュー 2件

374
名が参考にしたレビュー
 by 82BG@19秋GM(土日)出展

紅茶×ドラゴン×青春=デッキ構築

 

各プレイヤーは自分のドラゴンを育てて、春夏秋冬を通して色々な思い出を集めて最高の1年にしたプレイヤーの勝利です。

 

準備としては

共有の山札から4枚のカードを公開して、メモリーカードという四季表すカード各数枚を用意します。プレイ人数で変わります。

はじめは春のメモリーカードがサプライにあります。

各プレイヤー任意のキャラを選びその初期デッキがあります。手札は0です。

それぞれのカードの内容は、カードから発生する金やそのカードを得るためのコストや効果などが描いてあります

 

手順としては手番制で

山札からカードをめくって、山札の横の場に並べていきます。そのカードに効果があれば発動して、山札の横に並べているカードの金量でサプライにあるカードを買うこともできます。

 

カードを買った場合、それに使った金のカードは捨て札にして、手に入れたカードは場に並べます。

メモリーカードも同じ要領でカードを買うことが出来ます。ですが、少し違うのはこの時に捨て札と山札をシャッフルします。

 

こうして、次の手番に移っていきます。

 

春のメモリーカードが全て買われたら、夏のメモリーカードを並べていき、最後は冬のメモリーカードがなくなってゲーム終了します。

 

自分のカードにある勝利点の高いプレイヤーの勝利です。


 

遊んでみた感想としてはひたすら和む

このゲームの魅力は一番にアートワークの可愛さがきています。ドラゴンというカッコよく強い存在感に、まさかの「子供ドラゴン」と「お茶」から和みと可愛さを掛け合わせたデザインにしかもゲームシステムがまさかのデッキ構築には驚かされました。


カードの内容を見て効果が色々あったため、このデザインに惹かれてゲームを買ったのがゲーム慣れしてない初心者だったらどうする?という不安があったのですが


ゲームシステムは見た目以上に簡単に出来ていて、尚且つゲームテンポが早いです。

「あのカードがほしい」という目的がわかりやすく、それに向かって山札をめくって一喜一憂する展開で盛り上がりの展開もよく出来ています。

ただ、デッキ構築系ゲーム好きな自分としては物足りないです。それと、ゲームに拡張性やサプライの変化もないのでリプレイ性もあまりない感じはありました。


ですが、このゲームの価値は「可愛いウケ」「デッキ構築の楽しさを知るという観点から良いゲームだと思いました。

 

評価:☆7

1年以上前(2019年04月16日 15時19分)
続きを読む
閉じる
41
名が参考にしたルール/インスト
 by PET

英語のファンタジー小説を原作とするカードゲーム”ザティードラゴンソサイエティ(The tea dragon society)”の紹介です。日本以外でドラゴンをこんなにかわいい設定にする事があるのかと驚かされた作品です。


①4種類のドラゴンから1体を選び担当するデッキを受け取ります。

②毎ターンカードを1枚セットしてカード購入のポイントを貯めます。

③ポイントを消費してアイテムカード又はメモリーカードを購入する。

 アイテムカードは自分のデッキを強化しメモリーカードは勝利点となります。(ドミニオンをプレイした事がある方はルールの理解がたやすいゲームです。アイテムカードのコンボが続きます。)

④ゲームターンは春・夏・秋・冬と季節ごとに進みます。

 各季節はメモリーカードがプレイヤ人数と同じ数購入された瞬間に過ぎてしまいます。

⑤冬が終わるとゲーム終了です。

 ゲーム終了時にメモリーカードのポイントとアイテムカードの一部から発生する勝利点を合計して最も多いプレイヤとドラゴンが勝者となります。


普通にルール説明するとこのような感じですが、色眼鏡をかけてルール説明すると下のようになります。

①お気に入りのドラゴンと一緒に1年を過ごします。それぞれのドラゴンには特徴に少し違いがあります。

②ドラゴンの世話をして、ドラゴンとの親密度を貯めます。

③親密度を使用して新たな特技を覚えたり、季節毎の思い出をつくります。

④1年はあっというまに過ぎてしまいます。なるべく多くの思い出をつくりましょう。

⑤冬が終わって1年が過ぎたら、全員で1年の思い出を振り返ります。

 最も濃密な1年を過ごせたプレイヤとドラゴンが最高に幸せなチームです。


ルールとカードは英語ですが、ボードゲーマの通販で購入すれば日本語ルールとカードに貼る日本語シールが付属してきます。ルール自体は小学生でも理解できますのでデッキ構築ゲームの英才教育に良いかもしれません。


ご興味がありましたら、下記ブログ記事へお立ち寄りください。

ゲームの準備からプレイの流れを紹介しています。

外部リンク:エキサイトブログとなります。

https://boardgamer.exblog.jp/29965164/


5ヶ月前(2020年05月03日 19時21分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,800(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 22興味あり
  • 22経験あり
  • 4お気に入り
  • 27持ってる

チェックした商品