マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ロレンツォ・イル・マニーフィコ:ルネッサンスの貴族たち(拡張)
  • ロレンツォ・イル・マニーフィコ:ルネッサンスの貴族たち(拡張)当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 12歳~
  • 2017年~

ロレンツォ・イル・マニーフィコ:ルネッサンスの貴族たち(拡張)

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ロレンツォに拡張セットが登場!
  • フラミニア・バラジーニ(Flaminia Brasini)作
  • ヴィルジーニョ・ジーリ(Virginio Gigli)作
  • シモーネ・ルチアーニ(Simone Luciani)作

人気の戦略ゲーム「ロレンツォ・イル・マニーフィコ」に拡張セットが登場しました。

5人プレイ、新たな搭やカード、指導者などにより、より幅広く、奥深いゲームが楽しめるようになります。

※イタリア語版です。
※日本語版含むさまざまな言語版と、カード背面の色味や加工などに若干の差があります。
※一部のタイルシートにズレが目立つ場合があります。
※あらかじめご了承ください。

レビュー 4件

724
名が参考にしたレビュー
 by まつなが

ロレンツォ拡張、遊んでみました。全員ロレンツォ自体は経験者で4人プレイ。結論=楽しい。


新しく増えたのは、

・各プレイヤーが異なる能力を初めから持つ(マルコポーロみたい)
⇛自分が何に特化すれば強いのかがわかるので、はじめから方針を立てやすい

・鍵の絵が書いたチップがもらえて、ランダムで嬉しいことが色々ある(マルコポーロのミニ拡張みたい)
⇛ランダムなので戦略的には動きにくいが、楽しい。

・5つ目の塔があり、緑、青、黃、紫がランダムに出る(新しく街ができるマルコポーロ拡張みたい)
⇛3金払わなくてもよくなることがあり、余裕ができる。そして強いカードが多い。

の主に3つの要素でしょうか。※マルコポーロマルコポーロ言ってますが、批判ではないです。どちらも好き。



他にも、達成カードの種類や信仰心の罰の種類が増えていたり、毎ラウンドどこかの塔のコスト(コストというかワーカーを置くのに必要なダイスの目)が上がったりします。あ、あと5人でも遊べるようになったんだと思います。ピンクのコマ可愛い。


私はピンクで110点で2位でした。

水色のカードを8枚までとれる能力を取り、8枚集めきりました。それで確か40点くらい。あと、達成カードで信仰心低くても罰を受けないってやつを取って、一番上まで行きました。それでまた40点くらい?

みんな全然違う能力で戦っていたのに、みんな100点超えつつトップと4位との差が10点しかないっていうのもなかなかすごいような気がします。


全体的にカツカツ感が減り、ランダムの部分も増えてワクワク感が多くなり、自由になって点数も伸びやすくなった拡張だと思います。ロレンツォ好きな人にとっては、変わらずロレンツォで楽しいですし、1度遊んでつらい思いをした人でも、拡張いれたらより遊びやすいかもしれません。

特に、こういう重めのゲームは最初のラウンド何をすればいいのかわかりにくかったり、どういう方針を立てればよいのかわからなかったりしますが、各プレイヤーに能力が付くことで、迷いが減ります。


そこまで新しい感じはありませんが、良い拡張だと思います!

3年弱前(2018年02月13日 13時54分)
続きを読む
閉じる
564
名が参考にしたルール/インスト
 by さたもと

明確化されていないルールの補足
平文は確定したルール
緑色の箇所は特に明言されていないので、参加者の合意で決めてください。


各家の能力について

 

Aragonesi
Sforza
Gonzaga
 領地カード(緑)を取得した際に、【そのカードに書いてあるダイス目】-1の値で収穫アクションを行う。
 表向きに2枚指導者カードを出しておき、家族タイルのオークションが終わったら、2枚の内から1枚即出す。
 その後の指導者カードのドラフトでは残りの1枚は含めないで行い、終わった後加えて手札とする

 7使用人駒を使ったカード取得はカードのコスト、追加の3金を支払う必要なし。通常の処理から考えると、ボーナス資源はもらえる



特別トークン

カードとダイス0のトークン

追加アクションとして、ダイス0でその色のカードの獲得を行う。

  • ダイス目は使用人コマ・人物カードの効果によって増加させることができる
  • 他に駒があれば3金追加支払い必要
  • 塔のコマ置き場に書いてある取得時のボーナスも獲得できる
  • 5番目の塔でも該当の色カードがあれば取得可能(基本セットのⅡにある人物カードで特定の色のカードが取得できるものも同様)←訂正 デザイナーがカードを獲得できる効果は基本の4本の塔しか獲得できないと回答しました、基本のカードも同様です


斧とダイス目3/歯車とダイス目3

追加アクションとして、領土/建物カード1枚を選んで、カード1枚だけの収穫/生産を行う。

  • ダイス目を使用人コマや、人物カードの効果によって増加させることができる
  • 指定はカードなので、プレイヤーボードについているタイルは選択不可


追加発展カード

Ⅱ 人物カード

Penitente
  説明書に書いてある効果で間違いないですか?1つだけしか条件のない指導者カードには適用されないとか、使用枚数に上限はありませんか?
  間違いないです。1つしか条件のない指導者カードは無条件に何枚でも出すことができるようになります。幸運を!


リンク

家の能力とPenitenteについて

特別トークンについて


3年弱前(2018年02月05日 22時19分)
続きを読む
閉じる
108
名が参考にしたレビュー
 by tiptapto

「5」つの塔を駆使して、われらが一族の名声を高めるのだ!


ロレンツォ・イル・マニーフィコの拡張セットです。

拡張される要素は

・5人目のプレイヤーの拡張

・5つ目の塔(4色全部の追加カードがごった煮で出てくる塔)の追加

・一族(プレイヤー固有能力)の追加と初期資源の競りの追加

・追加資源であるトークン(そのまま使用したりランダムなボーナスが貰える)追加

・新しい指導者の追加

の5種類となっています。


それぞれの追加要素にかなりの影響がありつつも、基本のゲームの形を崩すようなこともなく、
ロレンツォ・イル・マニーフィコが好きなら拡張を入れて後悔することはないんじゃないかとおもいます。


塔の追加により、カードの取り合い部分は少し緩くなるかというところは…なくはないのですが、
5人プレイ以外では代わりに4色の塔の一つが最低値5という重量級へと変化します。(5人プレイでは逆に最大値が6へと調整されます)。
それに、常にすべてのカードが出てくる基本の塔と異なり、出てこないカードが発生することになる為、よりリプレイ性が上昇します。

全体的には少しだけお金の価値が下がり、使用人の価値が上がるような形になったかなとは思います。でもお金を消費する先も増えていますので決して無視できるようになるわけではありません。


また、一族の能力はプレイへの影響力が大きく、各一族ごとに進みやすい方向が変わってきます。
その為、慣れていない人でもプレイの方向性を決めやすくなる…かもしれません。
指導者と同じく、実在したローマ貴族となりますので、知っていればなりきってプレイすることも可能でしょう。

その分間違いなく一族ごとの強弱はありますが、そこを初期資源競りで均すことになっているのが面白い所かなと。初期資源+一族を競り、全員の合意が得られたところでスタートとなるので、あるプレイヤーが3コインのみのスタートなのに対して、別プレイヤーは6コイン4労働者+木・石・2軍事力のスタートとなるようなことがあり、強い一族は競りによって資源を絞られやすくなる、と言えます。(逆に強い一族を絞らないと、大きな差がついてしまう可能性はあります。)


ちょっとだけセッティングの手間とスペースが追加されますが、やったことがある人はもちろん、やったことがない人にも勧められる良拡張だと思います。
トークン用に小さめのきんちゃく袋があると、処理が楽かもしれませんね。

8ヶ月前(2020年03月23日 13時33分)
続きを読む
閉じる
70
名が参考にした戦略やコツ
 by tiptapto

各一族について触ってみましたので、大体の強さやポイントを絞って書いてみようと思います

主観⑩割ですが、初めての際に競りでどこまで競るかの指針にでも



モンテフェルトロ家 強さ:C

《能力》建物(黄)カード取得の際、払った木や石をストックではなく一族タイル上に載せる
    スクロール(恩恵)獲得時、恩恵を得る代わりにタイル上の木と石を回収できる

 建物を立てる・資源を活用する。両方やらなければならない家。お金は帰ってこない…
 通常はスクロール=木+石なので3個以上獲得できるなら上位効果
 建物2つ買うと大体4~5個は戻ってくるが、ある程度生産できないと回らないので注意
 建物は起動させないと魅力が半減するので、起動補助の人物カードは欲しい所。
 木や石をお金や勝利点に変換できる建物をぶん回せるようになると楽しい


マラテスタ家 強さ:B

《能力》軍事力をコストにする事業(紫)カードを取得する際に軍事力を下げずにすむ

 分かりやすい能力。必要軍事を持ってさえいれば事業カードを楽に取っていける
 軍事を下げる必要がない為、領土(緑)を集めつつ事業カードを取得できるようになるのが楽
 序盤に事業を取りすぎると、終盤の高得点のカードに手が届かないこともあったり


メディチ家 強さ:B

《能力》人物(青)カード取得時に特別トークン取得、人物を8人まで獲得でき、
    7/8人の人物がいると、終了時の点数は28/36となる

 恐らく一族では最も有名な家。とにかく人物を雇うことにメリットがある=コインが必要
 コスト軽減の人物や指導者、コインを生む建物や領土は重要。5金の市場スペースは友達
 人物を集めていくとその他のカード集めも楽にはなるが、それだけでは勝利点が先細るので
 他の軸があると強い。なお、8人雇うには少なくとも2Rで2人以上雇う必要がある。


ゴンザーガ家 強さ:C

《能力》ラウンド終了時、使用人7人を消費することで、コスト・条件を無視して4つの塔から
    カードを一枚取得できる。(領土や事業の軍事条件も無視するが、拡張の塔からは不可)

 かなりコストが重いが、発動すれば強烈な能力を持つ家。市場の5使用人は友達となる
 ただし、大抵のカードコストは使用人7人より軽いので、使用人の供給が市場やスクロールだと
 通常取得の方が効率がいいことの方が多い。塔の上部に欲しいカードがある際は便利
 常に使うより、必要なものを狙う方が強いか。軍事をある程度無視できるのは馬鹿にならない
 領地や建物、指導者等で安定的に多数の使用人を得られるようになると途端に化ける


コロンナ家 強さ:A
《能力》同色とはみなされないアクション値3固定の駒を一つ得る

 最強候補の一つ、ワカプレの本作においてデメリットなくワーカーが常に1多いのは非常に強力
 毎ラウンド評議会に通うだけでも1金+スクロールが追加で手に入る計算
 また3固定も嬉しく、ダイス目によっては最大のアクション値を持つなんてことすら起こり得る
 初期資源を絞らないと無双する地力はあるが、方向性を自分で決めないと中途半端になる事も
 追加駒の関係上最終手番を常に担うが、順番を間違えないようには注意


アラゴン王国家 強さ:A

《能力》領土カードを獲得時、そのカードの起動値より1少ない値の収穫アクションを行う
    この収穫にはカードや使用人による補正を与えることはできない

 貴族ではなく王族、だけにか能力は強力。最初の1.2枚は起動値1-3位の領土を意識すると
 見た目以上に収穫の恩恵にあずかれる。それ以上に重要なのが起動値1の個人タイルで何が
 収穫できるか、意識して選びたい。能力に乗らないとはいえ、領土を増やす以上は収穫の補助は
 欲しい所。必要な場面の軍事不足や、取った領土を遊ばせることがないようにすると高効率


エステ家 強さ:A

《能力》手番中いつでも1軍事力を2金に変換できる(逆は不可)

 ほぼお金に困ることがないシンプルで強力な能力の一族。市場スペースの3軍事2金はここに
 とっては8金と同義、評議会でも5金を得られる。ただ、軍事力を貯めるのは不得手なので
 領土の拡大は少し苦手。とはいっても十分4枚程度は獲得可能。お金だけだとジリ貧になる
 可能性があるので他の資源も確保先が欲しい。変換は手番中な為、軍事が勝てそうにない場合、
 最後手番では躊躇せずにお金に換えてしまおう。5軍事で2点分にはなる。


スフォルツァ家 強さ:B

《能力》競りの開始時に指導者カードを2枚公開する。ゲーム開始時に、公開した指導者のうち
     一人を条件を無視してプレイし、もう一人を手札に加える。

 公開される指導者によって大きく価値が変わる一族。うまくいけば指導者6枚を揃えることが
 可能というのは影響力があるが、5枚ものカードの条件達成は簡単ではないことが多い
 条件の無視や減額を行うカードを取れると楽になるが、早めにスクロール化するのもあり。
 プレイ中の影響は地味。スタートダッシュを如何に生かせるかが肝となる。


オルシーニ家 強さ:C

《能力》4色のカードをセットで揃えることで、ボーナスを得る 1セット:指導者を2枚ドロー
    2セット:指導者1枚を無料でプレイ 3セット:10点 4セット:15点

 特化ではなく横並びを推奨する家。その分セットのボーナスは強く、すべて揃えられるなら
 効果はスフォルツァ家よりも高い。といっても、1セットを揃えるのは早くとも2R目、2セット
 も先が長く、即効力のスフォルツァ家とは異なるプレイ感。カード取得カードを上手く使おう。 塔に3金払うことが増えるので、資金の管理はしっかりと。また、セットをただ揃えるだけでは
 なく、それぞれがシナジーを持つような動きができると途端に光ってくる。


デッラ・ロヴェーレ家 強さ:B

《能力》信仰点が5,10,15となった際にボーナスを獲得する。信仰5:各資源1ずつと指導者2枚
    信仰10:各資源1+1金と指導者の無料プレイ 信仰15:勝利点10点  破門時-5勝利点

 教皇家らしく信仰値によってボーナスを得る一族。信仰は大抵上げることになる為、何も考えず
 とも2段階目のボーナスを得るだけなら難しくはない。ただ、指導者のドローや無料プレイは
 序盤程大きな効果がある、序盤での10信仰点や破門されずに信仰15を目指すにはかなり特化
 する必要がある。破門のリスクは高くなっているが、2回目、4Rで破門されても、最終Rに
 15信仰点まで進むのであれば、破門の影響にもよるが結果的に点数が伸びることになることも

8ヶ月前(2020年03月24日 13時58分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,720(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 51興味あり
  • 130経験あり
  • 31お気に入り
  • 107持ってる

チェックした商品