マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ソレニア
  • ソレニア当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 30~45分
  • 10歳~
  • 2018年~

ソレニア / Solenia の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ソレニアの住人たちはあなたの力を必要としています!
  • セバスチャン・デュジャルダン(Sebastien Dujardin)作

 数千年に渡って、このちっぽけな惑星ソレニアは昼夜の周期を失っています——北半球は永遠の暗闇に包まれており、南半球は絶えることのない日光を浴びています。

 あなたの任務は、両半球の住民たちへと必需品を届けるために世界中を旅するという、先祖代々の名誉ある仕事を遂行することです。昼の人々が希少な石材と水を欲しがっている一方で、夜の人々は生き延びるために木材と小麦を切に必要としています。効率的に行動して競争相手をしのぎ、ゲーム終了までに最も多くのゴールドスターを集めましょう!

 「ソレニア」は全16ラウンドをプレイし、各ラウンド中、各プレイヤーが手札から1枚のカードをゲームボード上の空いているスペースにプレイします。 次のいずれかのスペースへカードをプレイできます:

 ・浮遊生産島:そのスペースに対応している種類の資源を、プレイしたカードの値に等しい数だけ獲得できるスペース。

 ・浮遊都市:プレイしたカードの値に等しい数(0~2枚)のゴールドスターを獲得できるスペース。

 カードは、プレイエリアの中央にある飛行船、またはすでにプレイしている他のカードに隣接してプレイしなければなりません。 誰かが「0」のカードをプレイすると、飛行船は1スペース進んだ後、ターンの最後に後端のボードタイルを取り除き、そのボードタイル上にある各カードのパワーを解決し、ゲームボードの反対側に裏返して置きます(昼は夜に、夜は昼になります)。

 プレイヤー全員が16枚のカードすべてをプレイするとゲームは終了。 最も多くのゴールドスターを獲得したプレイヤーが勝者です! ソロゲームや、冬モード、改良タイルを使ったバリアントも用意しています。進行に従いゲームボードが変化していくモジュラーボードと、手札の使いどころが決めての、昨年秋のエッセンで発表された話題の新作です。

ソレニアに3件の書き込みがあります

402
名に参考にされているルール/インスト
2018年09月15日 05時07分

エッセン2018の新作ゲーム「ソラリア」

英語ルールを読んだので、ざっくりとルール解説。

プレイ人数:1-4人。プレイ時間30-45分。「デウス」の作者が作ったボードゲームです。


YouTube 「Jin's ボードゲームチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UC_GBmG4nf3yUkaLWfvqj86g 

チャンネル登録お願いします。


Twitter @jins_h

https://twitter.com/Jins_h



続きを読む
閉じる
371
名に参考にされているレビュー
2019年01月23日 18時05分

昼夜のサイクルを失った惑星「ソレニア」の中で資源を配達するゲームです。

片方はずっと昼で、片方はずっと夜。それゆえ産出できる資源にも偏りがあり欲しがっている資源もそれぞれで異なります。そこで私たちプレーヤーはそれぞれで欲しがっている資源を配達して点数を稼ぎましょう、というものです。

手番では、3枚の手札の中から1枚を使ってボード上に配置します。配置の際には、飛行船がいるマスに隣接したマスか、すでに配置した自分のカードに隣接するマスにしか置けません。使ったカードと配置した場所によってその時の効果の処理が異なります。

手番では必ず1枚カードを使い、全員が16回手番を行ってカードを全部使い終わったらゲーム終了です。一番点数が高かった人が勝ちです。

真ん中に穴の開いたカードや、くの字みたいなボードといったコンポーネントが特徴的です。それらを使った、世界観を踏まえたゲームの流れやルールはとても面白くて大好きです。1ゲームが重すぎないのも気に入っています。

詳しくはこちらに書いていますので、参考にしてみてください。

http://bodoge-note.com/game_detail/solenia/

続きを読む
閉じる
361
名に参考にされているレビュー
2019年03月04日 19時01分

昼と夜に分かれてしまった世界を飛び回れ!

 

昼夜の周期を失った惑星で、昼に手に入る資源を夜の国に運び、夜の国で手に入る資源を昼に運び勝利点を得ていきます!

 

※以下、細かいルール説明は省きます。

 

準備としては

特殊な形をしたボード5枚を連結します。絵に会うように合うようにします。そして、気球船を真ん中に置きます。ボードには資源や国が描いてあります。

目的タイル昼と夜をそれぞれ3枚表にします。

各プレイヤーは個人ボードとカード16枚を手元に置きます。カードは特徴的で真ん中に穴が空いています。角には0〜2の数字と下には効果が描いてあります。

 カードは3枚手札残り山札です。


目的としては

カードを使い切るまでに、どれだけ良い配達を行なったかで勝負します。

 

進行としては手番制で

手番に手札1枚を気球船の周りか自分のカードが置いてある周りにカードを置きます。既に置かれているとカードは置けません。

置いて処理してカードが3枚になるように引いて、次の手番に移ります。


カードの処理は2種類あります。

・資源が生産している箇所だと、その内容の資源をカードの数字分得ます。

・☆の箇所だと数字分の勝利点を得て、目的タイルに描いてある資源を払って、そのタイルを得ることができます。個人ボードに置いて、さらに恩恵を得れます。ただ、タイルに支払わないのにカードを置くことは出来ないです。


そして、置いたカードが「0」の場合、気球船が1マス前進して、1番後ろのボードが裏返って先頭に移ります。この時にそのボードに乗っていたカードの効果が色々発動します。



そういった展開をしていって、全員が16枚のカードを使い切って終了します。

達成したタイルの点数や、昼夜の目的タイル沢山組み合わせがあるとボーナスが発生します。



遊んでみた感想としては、展開とフレーバーがベストマッチ!

まずゲームの概要から素敵な世界観だとは思ったのですが、ゲーム展開もボードがコンベアーのように動き気球船が進み、そして気球船の周りや後ろにカードが置いてかれていく一連の流れも見ていて気持ちいいです。

その中で、あの場所にカードを置きたいけど届かない、資源がない、夜のタイルばっかり集まるなどの上手くいかないもどかしさがくすぐったく面白いです。そして、ゲーマー向けの選択ルールもよく出来ていました。

ただ、しいて思うとこがあるなら意外と次の手番の邪魔が容易にできるので、右隣のプレイヤーの性格によっては1位になれないと察してしまう瞬間はあります。


ですが、それもまた逆にワイワイと楽しめてかつ16枚プレイするだけの収束性ら素敵だと思いました。


評価:☆8

続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,048(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 28興味あり
  • 59経験あり
  • 14お気に入り
  • 36持ってる

チェックした商品