マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
フランチャイズ
  • フランチャイズ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 60分前後
  • 12歳~
  • 2018年~

フランチャイズ / Franchise の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
アメリカでフランチャイズチェーンを展開しよう!名作のリメイクです。
  • クリストヴァルト・コンラート(Christwart Conrad)作

 全米にフランチャイズチェーンを展開するゲームです。

 各プレーヤーは、コーヒ、カーディーラー、ハンバーガー、クリーニング、ホテルのいずれかのチェーンストアーの社長となり全米に店を展開します。

 各プレーヤーは最初に小さな町にある1号店とわずかな資金で始めます。

 手番には、既に店がある町または都市からつながっている隣の町または都市に新しい店舗を出します。つながりは道路で示されており、近い場所に安いコストで新店を出せますが、長距離をつないでいる高速道路タイプでつながっている都市に支店を出すには高いコストがかかります。

 そのあと、既に都市に店舗を持っている場合には、その都市仕事に1つ追加で店を出すことができます。そして、その都市に建設可能な店舗数の過半数を得ることができたら、得点を得ます。また、建設可能な店舗数を満たしても得点計算があります。

 実は、手番の最初に収入を得ますが、収入はすでに店舗を開設している都市にある、建設可能な空きスペースによって金額が変わります。つまり、同じ都市に多くの店を出すとその都市からの収入が減るのです。

 また、全米がいくつかのエリアに分かれており、いずれかのエリアにすべての店が出店したら、エリアの得点計算もあります。

 なお、このゲームは1999年Goldsieber社から発売されたPfeffersacke(豪商/ペファザッケ/胡椒商人)のリメイクです。

フランチャイズに3件の書き込みがあります

324
名に参考にされているレビュー
2019年03月18日 15時23分

世界最強の縮小再生産ゲーム!


プレイヤーはそれぞれフランチャイズのオーナーとなって、

自分のフランチャイズ店をアメリカ全土に広めるべく、奮闘します。

都市、町にそれぞれ自分のフランチャイズを出店もしくは市場拡張することができますが、

すでに人がいる町は通過することができません。


エリア(州)内の都市計算が終わり、町の計算まで完了すると、

そのエリアをどれだけ牛耳ったかによって勝利点が得られます。


このゲームの最大のポイントは、

都市のマジョリティを取ることが勝利点に繋がるのに、

都市にフランチャイズを建設すると収入が減っていってしまいます。

(出店してるのに!)

書くと理不尽なシステムに見えますが、

遠くでマジョリティを取るために、敢えて相手プレイヤーと癒着したり、

敢えて収入に目を瞑って先行逃げ切りでエリアを牛耳ってしまうなど、

相手の行動によって勝ち筋はいろいろ変化していきます。


なぜハンバーガーショップとクリーニング店が競合するの?

等、バックストーリーを考えると疑問は無限大ですが、

そこを補って余りある面白さがこのゲームにはあるのです。

続きを読む
閉じる
193
名に参考にされているレビュー
2019年06月30日 11時51分

一言インプレ
「これは経済ゲーではない。焼き畑農業的エリアマジョリティ!」


感想

小さな町からスタートしてアメリカ全土に自分の店舗を展開していくぜ!というのがパッケージから伝わってきて一目ぼれ。即ポチり。自分は経済を題材にしたゲームは好みなんです。(好みなだけで上手ではない)

ゲームがやってきて、なかなか遊ぶ機会がなかったのですが、やっと先日遊ぶ機会がありました。というわけで、そのファーストインスピレーションです。

洗濯、ホテル、ハンバーガー、ホテル、自動車整備、コーヒーショップの異業種によるフランチャイズ事業の拡大競争をテーマにしたゲーム・・・とパッケージから想像していました。でも、考えてみれば、自動車整備と洗濯屋の事業がバッティングするか?この辺からモヤモヤします。

まぁ、フランチャイズ事業に興味がある情報弱者を食い物にしていくゲームだということで納得しましょう。(酷い)

通常、ゲームは前半から後半に向かっていくに従い、ゲームの動きはダイナミックに拡大して行くのが通常です。ですが、このゲームは中盤を過ぎたら資金が枯渇していき展開がショボクなっていくのが特徴。

都市に店舗を展開すると、それに応じて収入があるのですが、同一都市内に店舗が多くなると収入が減っていきます。他のプレイヤー同士の競争で店舗が増えて収入が減るのは理解できますが、自分の店舗を同一都市に複数展開するとこれもやっぱり減っちゃう。なんで?(^^;

で、都市の清算をするとき、都市内1位プレイヤーの店舗は強制的に1個しか残らないのに、他のプレイヤーの店舗はそのまま残りますので、エリア内競争では都市内1位を取ったプレイヤーが不利になる理不尽。(^^;

また、エリア清算時にエリアタイルを盤上のトラックに配置して、トラック上で決められた得点を得るのですが、その得点を得るのはエリア1位プレイヤーではなく、エリア清算のトリガーを引いた手番プレイヤーが得ます。んん?(^^;

おまけにエリアトラックに書かれた得点は2~4点とあるのですが、その順番はランダムじゃね?という配置。

なんか、経済ゲームと思い込んで遊ぶと「なんでそーなる?」がたびたび起こるので、ゲームのテーマとルールに乖離をを感じちゃうのです。

なので、ルール自体は量も難易度も大した事のに、インスト時にプレイヤーに理解をしてもらうのに苦労します。ある意味インスト力が試されるかも!?


最後に

個人の感想としては、拠点を繋ぎながらアメリカ全土を縦横無尽に店舗を拡大していくのは見ていて楽しいですし、次回プレイ時の攻略方法を考えるのも楽しいです。ですので、自分はリプレイをしたいゲームと思いますが、先に述べたテーマとルールの乖離が気になります。

エリアを制圧し、その間に貯蓄した資金で次のエリアの制圧に向かう。俺は過去を振り返らないぜ!彼らが通った後にはぺんぺん草も生えない戦場になるだけ・・・あ、ある意味フランチャイズ事業に通じているかも!?(悪意ありあり)

というわけで、これは「経済ゲーム」ではなく「焼き畑農業的エリアマジョリティ」と思って遊ぶのがよろしいか思います!(余計にイミフ?)

続きを読む
閉じる
98
名に参考にされているルール/インスト
2019年07月09日 12時03分

90年代アメリカを舞台にマイブランドを各地域で拡大展開!


「フランチャイズ」をインストしました。


ルールを知るのに使って頂けると幸いです!



続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,800(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 59興味あり
  • 125経験あり
  • 32お気に入り
  • 66持ってる

チェックした商品