マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
シャドウズ アムステルダム
  • シャドウズ アムステルダム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~8人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

シャドウズ アムステルダム

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
諜報員から届いた手がかりを追い、事件を解決せよ!

 舞台は現代のアムステルダムです。この町である犯罪が発生しましたが、警察の捜査は暗礁に乗り上げており、匿名の依頼人があなたの探偵社に捜査を依頼しています。しかし、あなたのライバルたちも同じく捜査を行っているため、無駄にできる時間はありません。

 あなたの諜報員は、あなたの探偵に画像を送って情報を伝え、町のさまざまな場所へと導きます。各画像には、それを理解できる者にのみ伝わる場所情報が含まれています。あなたは警察を避けながら、そのメッセージをライバルたちより早く解読しなければなりません! 町を捜索して3つの手がかりの断片を発見し、他チームより早く依頼人に届けて報酬を受け取り——そしてゲームに勝利しましょう!

 「シャドウズ-アムステルダム」は探偵社同士のリアルタイム同時プレイ競争ゲームです。プレイヤーはチーム内での情報伝達のために、機密情報を含んでいるイラストを使います。プレイヤーは2つのチームに分かれ、それぞれチーム内で諜報員と探偵の役割に就きます。各チームの諜報員は自チームの探偵にイラストカードを使ってヒントを与え、探偵は諜報員がくれたヒントを理解して、ゲームボード上の目的地点へ移動し、相手チームよりも先に手がかりの断片を入手し、依頼人のいるスペースへその手がかりを届けなければなりません。

 ゲームは、2ラウンド先取したチームの勝利。同時アクションのカードイラストによるコミュニケーションが楽しいパーティゲームです。また、得点にチャレンジする2~3人ゲームのバリアントも入っています。

レビュー 3件

レビュー
513名が参考
約2年前

手がかりを求めてアムステルダムを走り回れ

 

2チームに分かれて、より早く3つの手がかりを集めて依頼人の場所へ行けば勝ちといったゲームになります。ただ、それらを手に入れるにはある場所にいく必要があって、答えを知っているリーダーから渡される場所の画像をヒントにして探さなくてはいけないです。

(『コードネーム』のヒントの与えかたが『場所の』というようになった感じです)

 

準備として

2チームに分かれて今回の答えを知っているリーダーを決めます。

今回のマップを作ります。マップは沢山の場所の画像が集結したような状態です。

マップの中央に各チームのコマが置かれます。

リーダーそれぞれが見る答えはそのマップの中でどこに手がかりがあるのかと警察が居る位置がわかります。そして、リーダーがメンバーに指示を与えるための場所の画像カードを10枚公開します。

 

ゲームの進行としては

フェイズ2つを交互に行います。

 

諜報員フェイズ…リーダーが探偵に場所の絵を公開されている10枚から!~2枚渡します。そしたら10枚になるように補充です。※勿論、止まってほしい場所に関連する絵がいいでしょう。

各リーダーがメンバーにカードを渡したら次のフェイズに移行します。

 

探偵フェイズ…リーダーから渡された絵をヒントにしてコマを進めます。ちなみに1枚渡されたらコマを1マスだけ進めて、2枚なら2マス進めないといけません。

止まったコマの位置でリーダーから「手がかり」「何もない」「警察」の指示があります。

2つのコマが移動し終わったら諜報員フェイズに戻ります。

 

「警察」に3回止まると敗北します。ですが、先に「手がかり」を3ヶ所見つけて「依頼主」という場所にたどり着いたチームの勝利になります。


遊んでみた感想としては意思疎通した達成感にキレがある。

リーダーやってみてわかるのですが見た目以上にメンバーに伝えるための絵がないです

そしてカードを受けとったメンバーが「わからない」とは言いますが何とか当ててくれます。

この一連の進行に無茶振りが多いのですがギリギリ意思疎通できている感覚はゲーマーの心をくすぐられました

それとゲームシステムにリアルタイム要素があってリーダーが早くカード選びをして、メンバーに考える時間を与えて、相手のコマより早くマスに到着する展開があります。実際に遊んでみた方にしか伝えきれないのですが、リアルタイムアクションという程に忙しくないのにチーム対抗でより競争している気持ちにさせるのは面白かったです

ただ、しいて思うところはマップの端とかに★●■のオブジェを置いて、答えを見やすいようにしてくれたら尚良かったです。あとマップの面をもう2枚程ほしい。

ですが、準備するためのコンポーネントや所々のルールや仕様は色々なアイディアが詰まった素晴らしいゲームだと思いました。

 

評価☆9

続きを見る
閉じる
82BG@19秋GM(土日)出展
82BG@19秋GM(土日)出展
レビュー
435名が参考
約2年前

2チームに分かれて、相手チームより早く3つのチェックポイントを回り、ゴールへ向かうリアルタイムレースゲーム。
チームの諜報員探偵と会話できず、イラストのみで行き先を支持する。

コードネーム×ミステリウム にリアルタイム要素を加えたようなゲーム。
プレイ時間が短めであること、限られたイラストカードしか使えないことから、コードネームと比べてカジュアルにできる。
終わったあとの反省会も楽しい。

イラストやコマが可愛いのも素敵。

続きを見る
閉じる
皇帝
あけち
あけち
レビュー
106名が参考
約1ヶ月前

諜報員から情報をもらい、仲間の探偵と相談しながら手がかりを見つけるチーム戦ゲーム。探偵は、あっちだろ、こっちだろと諜報員の意図をくむ楽しさがあります。

諜報員1人と探偵最大3人のチーム構成で、2チームに分かれます。諜報員は、手がかりや警察がいる場所を知っていて、手がかりのある場所へ探偵を誘導します。探偵は、諜報員から渡された情報をもとに手がかりの場所へと移動します。先に3つの手がかりを獲得したチームが勝利します。ただし、警察に3回見つかると負けです。

同時進行のため、諜報員も探偵もゆっくり考えている暇はありません。また、諜報員の情報は、カードの絵のみです。諜報員と探偵は話すことができません。探偵は、情報と町との共通点を見つけ、諜報員の意図をくみ取らなければなりません。

絵だけで意図を組むので、探偵同士で意図のくみ違いが発生し、あっちだろ、こっちだろと話し合って進めていくのが楽しいゲームです。なので、探偵が複数人になる人数(6人以上)でプレイすることをオススメします。

続きを見る
閉じる
皇帝
たまちょく
たまちょく
  • ¥ 3,960(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 48興味あり
  • 136経験あり
  • 20お気に入り
  • 80持ってる

チェックした商品