マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
キーフロウ
  • キーフロウ当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 45~75分
  • 14歳~
  • 2018年~

キーフロウ / Key Flow の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
2018エッセンで発表された、キーシリーズ新作!
  • セバスチャン・ブリーズデイル(Sebastian Bleasdale)作
  • リチャード・ブリーズ(Richard Breese)作
  • イアン・ヴィンセント(Ian Vincent)作

 大河、キーフロウは新たなるキーランドを流れ、建設や交易のための物資を積んだ船が行き交いしている。河岸には建物が立ち並び、船が桟橋に舫われ、家畜たちが牧場の草を食んでいる ――

 プレイヤーは、この河に沿って生活共同体を作り上げ、労働者(おなじみの“キープル”)を自らの建物や他のプレイヤーの建物に送り込み、労働に従事させせ、経済的な発展と繁栄を目指すことになります。

 『キーフロウ』は名作『キーフラワー』に着想を得た、ドラフトとカードドリヴンのゲームです。ゲームの流れは速く、4 ラウンド(四季節)のプレイで、プレイヤーは自分の村を開発し、建物や動物、キープル、資源など様々な手段で得点を得ることになります。

 各季節(ラウンド)にプレイヤーにはカードが配られ、その中から 1 枚を選んで取り、残りを左のプレイヤー(または右のプレイヤー......季節により方向は違います)に渡すことを、取るカードがなくなるまで続けます。そして、冬の最後に得点を計算します。点数は村カードから様々な手段で得られたり、建物をアップグレードしたり、金を集めたりすることで得られます。

 建物の建設や動物たち、キープルとワーカープレイスメントの要素を残しつつ、カードドラフトのゲームとしてデザインされた、エッセン発表のキーシリーズ新作です!

キーフロウに2件の書き込みがあります

180
名に参考にされているレビュー
2018年12月08日 22時58分

[動画あり] 


YouTube 「Jin's ボードゲームチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UC_GBmG4nf3yUkaLWfvqj86g

チャンネル登録お願いします。


Twitter @jins_h

https://twitter.com/Jins_h

続きを読む
閉じる
171
名に参考にされているレビュー
2019年01月27日 21時32分

ゲーム名称:キーフロウ (Key Flow) 2018年  BGG7.6 

デザイナー:セバスチャン・ブリーズデイル(Sebastian Bleasdale)
デザイナー:リチャード・ブリーズ(Richard Breese)
デザイナー:イアン・ヴィンセント(Ian Vincent)


キーシリーズの新作。

カードを配置して自分の村や農場を拡大し、資源を輸送することでアップグレードさせ、村を発展させていく。

キーフラワーから競りの要素を取り除き、ドラフトによってやり取りをしていく。
ということで、基本エンジンはドラフト。

春夏秋冬4つの季節それぞれのカードでドラフトしていくが、一番初めに冬のカードが数枚配られ、ある程度の方針を決めてからプレイすることができる。
その冬カードもゲーム初めに1枚選ぶのではなく、冬まで持っておけて、その計画の具合でゲームはじめに配られた冬カードから1枚選ぶことができる。

何の方向性も無くドラフトしていくより自分が計画を実行できているかの進捗がわかるため、毎回の舵取りを行いやすいのがとても良い印象。

ドラフトゲームはカードの知識の有無が出るものだけど「このカードを主軸に組み立てよう」という計画ができると、どれが点数になるのかわからないより、はるかにカードの選択もしやすくなる。
やはりカードの知識はあった方がいいのはもちろんだけど、暗闇の中手探りをするより初プレイ時の感触は格段にいいはず。



そしてもう一つの特徴は、キープルカードを両隣の相手プレイヤーの建物において利用する事もできる。
しかしキープル自体も得点化される可能性があるため悩ましい。しかし、自分にはない物があると使いたくなるよね。
キープルの配置制限などもあるのだけど、ここでは割愛するが、
相手の建物を使えることで選択肢は格段に広がるし、使わせる事も大事になる。


キープルには動物も描かれており、キープルにあわせて描かれた動物も得点になる可能性がある。

先ほどから得点化される可能性。可能性。と言っているけど、建物のアップグレードや特定の場所に貯蔵した資源などで得られる点数等以外は、
カードによる得点を取らなければ得点化することはない。

たとえ、牛を何枚持っていても、牛を得点化するカードをプレイできなければ得点にならない。
ここがキーフロウのもう一つの面白いところであり、難しいところ。

ドラフトゲームなので思うように行かないことも多々あり、冬に近づくにつれてカードの選択が悩ましくなってくる。

とはいえ、悩んでもインストなし60分(あり90分)程度で終わるという超軽げー枠。
基本的に1枚選んで全員同時プレイ。ドラフトして1枚選んで同時プレイ。を4季節繰り返すだけなので、本当にサクサク進むし、
同時プレイなので人数によってプレイ時間がかさまないのも◎


世間的な評価は、自分の周りではキーフラワーのプレイ経験をある人を含めてとても好評。
ただネットを見てみると、キーフラワーが本当に好きな人の評価はかなり低い様子。

自分はキーフラワーをプレイしたことがないので比較は出来ないのですが、充分面白かったです。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 8,208(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 24興味あり
  • 57経験あり
  • 11お気に入り
  • 35持ってる

チェックした商品