マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
もっとホイップを!
  • もっとホイップを!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2008年~

もっとホイップを!

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
甘い、甘くない、ゲーム。
  • ジェフリー・アラーズ(Jeffrey D. Allers)作

丸いケーキの上手な分け方を知っていますか?
それは、最後に取る人が切り分けることです。
その人は、取り分が少しでもお得になるよう平等に分けようとするでしょう。

「もっとホイップを!」は、そんな話に関係したゲームです。
11個のケーキを人数分のブロックに分けます。
順にほしいブロックを取りますが、切った人が取るのは最後です。
狙っているケーキが残るようにみんなの気持ちを考えて切り分けましょう。

レビュー 17件

464
名が参考にした戦略やコツ
 by だかさん

個人的な戦略ですが、基本的に全体の状況把握が非常に重要だと思います。


11点、10点、9点あたりのピースは非常に重要で、相手より多めの枚数を確保する事で非常に有利になります。同枚数持っていたとしても、点数が入るので常に他メンバーの枚数を意識しながらすると良いかと思います。しかしながら、全てをキープするのは困難かと思いますので、11~8位の点のピース2種類くらいに絞るといいと思います。

同点数の物を2ピース以上相手より持っていれば、安心です。

妨害も兼ねて、そのピースを先に選んで食べてしまうも良いでしょう。


いかに相手のキープ枚数以上にキープしながら、食べすすめるか、ここに尽きます。

1年以上前(2019年02月24日 10時19分)
続きを読む
閉じる
437
名が参考にしたレビュー
 by すあま

★7(個人的10段階評価)


見た目に反してガチ目な内容のマジョリティ争い! そしてビジュアルの良さは特筆もの!


親が全11ピースからなるケーキをプレイ人数分切り分け、隣の人から順番に獲得していくという流れを5回繰り返して終わり。ただそれだけのゲームです。


ケーキのピースにはそれぞれの得点(=カード枚数)が記されており、ゲーム終了時に一番そのケーキを持っていた人が点数獲得。基本的にはこれだけです。


ただ、タイトルにもある通りこのゲーム独自の「ホイップ」という要素がありまして。実は獲得したケーキのピースには「食べる」という選択肢もありまして、これをすると、裏返しになって得点計算時にマジョリティ争いで貢献しない代わりに、そこに記載されているホイップの数だけ、単純に得点が貰えるという要素です。


これがあるので、明らかに取っても無駄そうなピース(他人が既に過半数獲得しているようなもの等)を取らされても、完全な無駄ではなく得点化出来るため、「このピースは食べずに持って置くべきか否か」という判断も迫られます。ここがミソ。下手にマジョリティ争いで頑張りすぎるぐらいなら、最初から食べてしまった方が遙かに得点効率良かったなんてことが、ザラにあります。


ルール的には、やはりガチガチのアブストラクト。勿論ピースの出てくる順番等にランダム性はあるのですが、基本的には損得計算が全てのゲームであり、見た目に反してパーティ感は一切ありません。なのでそこを期待しちゃうと、多少肩すかしになってしまうかな。


それでもこの見た目、そして円形に並べて切り分ける美しさは他にないもの。


数字に頭を悩ませるのが好きな方、そしてこのコンポーネントに魅力を感じる方にオススメしたいゲームです。


所有欲は凄まじく満たされます。

1年以上前(2018年12月14日 21時02分)
続きを読む
閉じる
435
名が参考にしたレビュー
 by ももんが

評価:4(もっと何かを・・・)


このゲームは、間違いなく良ゲーなのです。

頭では理解できるのですが、心がついていかない。


ケーキの分配に悩むことはあるのですが、なんとなく正解は決まっていて

作業感を私は感じちゃうのですよね。

もちろん、食べる食べないの選択もあるので、多少は戦略もあって、

一緒にプレイする人が食べる派か残す派かで、やっぱり切り分けに気を遣うのもわかるのですが。

どうも、物足りないのですよね。

現時点だと自分がやるより他人がやるのを見てるのが楽しいゲームなのかも。


もっとホイップを!会みたいなのをひらいて延々やると楽しさが沸いてくるのかしら?


ピザ版のほうが大味だと思いますが、いっそあれくらい運よりにふっきれてくれる方が好みです。

・・・と、思ってレビューを見たが5人プレイじゃないと真価が、わからんのかも。

1年以上前(2018年11月28日 01時36分)
続きを読む
閉じる
379
名が参考にしたレビュー
 by 白州

7/10

見た目がオシャレなケーキ切り分けゲーム。

ポップな見た目とは裏腹に結構なガチゲーで、11枚のケーキタイルを親は切り分けなければならず、選ぶのは最後という、よくあるケーキジレンマを見事に再現したタイルゲーム。

また、ケーキをとった後、すぐに食べるか、とっておくかを選ぶことができ、すぐに食べると1〜3点の得点が入るが、とっておいて、ゲームの最後に最多数をとると数自分(3〜11)の得点が入るという感じ。

また数字の数だけタイルがあるため、高得点を狙うには、それなりに競合も多くなるので、どこを狙っていくかはかなり重要。

ケーキ自体はめくって初めてわかるため、そこの運が結構強いことはあるが、プレイヤー全員がしっかり考えないとゲームが崩壊してしまうので、その点でいえば、シビアなゲーム。

ただ、全員がしっかり考えてやれば、ヒリヒリとした感覚を得られ、短時間で濃厚な時間を味わうことができる。

今となっては若干レアになってしまい、入手が難しくなってしまったが、「ニューヨークスライスピザ」でリメイクされているので、入手のしやすさでいえば、そちらが良い。

ただし、見た目のオシャレさ、箱の小ささ、無駄のないシンプルなルール(ピザでは、ちょくちょく追加ルールが入ったりする)、同点で得点が消えるシビアさ(ピザは同点でも点が入る)など、こっちの方がファンは多い印象。

その総合点として、個人的にはこの評価。結構ガチ目な短時間ゲームをしたい人にオススメ。

2年以上前(2018年02月23日 03時36分)
続きを読む
閉じる
376
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 コロコロ堂で、5人でプレイした感想です。

 汽車は進むよのジェフリー・アラーズがデザインした、見た目は美しいケーキを切り分けるゲームに見えますが、ガチガチのマジョリティ争いをするアブストラクトです。

 ゲームマーケット2018年秋で、ニューゲームズオーダーさんから新装版が出て、これからはお求めやすくなると思います。

 ルールは、ニューゲームズオーダーさんのHPhttp://www.newgamesorder.jp/games/pieceofcake-1で公開されていますので、ご確認ください。

 プレイした感想としては、自分の手番の際にケーキをどう5つにカットするのか非常に悩ましく、しかも自分は最後にケーキを取るので、5つとも微妙に得する形にしないと自分だけが損をするというデザインが秀逸だと感じました。

 また、見た目も麗しく、ゲームをしていてケーキを食べたくなるのはご愛敬です。自宅でも3歳児が、このゲームのケーキタイルを見ながらウットリしていますので、末永く遊べるゲームだと思います。 

1年以上前(2018年11月29日 08時20分)
続きを読む
閉じる
355
名が参考にしたルール/インスト
 by Akasha

⑴ ケーキのカードを混ぜて、裏向きで11枚ずつ重ねて5セット作ります。

⑵ 1セットをカードの順番を変えずに並べます。

⑶ 手番の人(Aさん)がケーキを好きなように人数分に分けます。

(4-1) 次の手番の人(Bさん)が分かれたケーキから好きなものを取ります。

(4-2) 取ったケーキをそれぞれ『食べる』か『とっておく』か決めます。

 『食べる』ケーキのホイップの数が得点になります。

 『とっておく』ゲーム終了時にその種類のケーキを一番多く持っているプレイヤーのみが、ケーキに書かれた数字が得点になります。2位以降の得点は無し。

『食べる』『とっておく』が決まったら4-1に戻ります。

⑹ ケーキが無くなったら、次の手番の人(Bさん)がケーキを分けます。 ⑶に戻る

⑺ 5セット分繰り返してケーキが無くなったら得点を数えて順位確定です。

1年以上前(2018年11月27日 13時14分)
続きを読む
閉じる
312
名が参考にしたレビュー
 by Bluebear

合宿の夜に遊べるようにと試しに持ち込んだところ、たちまち歓声に包まれる結果となりました。

ルール説明は5分もあれば十分。

ケーキを切り分ける、という一見単純な作業が、ここまで高度な戦略を要するゲームになるとは!
日本人には絶対デザインできない優秀なセンスを痛感します。

何とサイコロやコマすら使わないばかりか、ケーキタイルには絵と一つの数字しかない。日本語版なんて全く必要ないです。

11枚のケーキタイルを丸く並べてホールケーキを作り、これを人数分に切り分ける、というテーマです。

そう、11枚だから、絶対に均等にならないのです。

そして、切り分けた本人は選べない、というジレンマ。

このアイデアだけで勝負してるところがすごいです。

結局、その夜は3時間くらいかけて10ゲーム以上やりました。
いまだにグループ内では人気です。

ファンシーな見かけで判断せず、ぜひたくさんの人に体験して欲しいです。

絶対オススメです☆

唯一の難点は、タイルなので、どう見てもケーキに見えず、みんな同じことを言います。

「これピザ?」

(^◇^;)

3年弱前(2017年08月10日 16時16分)
続きを読む
閉じる
284
名が参考にしたレビュー
 by shun

10段階中9

圧倒的なまでの初心者キラーゲーム。

全くボードゲームを知らない方にまず何を出すかという議論がよくありますが、私はこの「もっとホイップを!」と「ハゲタカのえじき(バッティング楽しい)」「それってアリ!?(サイコロ楽しい)」の3つをいつも推してます。

以下、「もっとホイップを!」の良い点悪い点を列挙していきます。

<プラス点>

ルールが単純明快。11枚を人数で割りましょう。ただし割った人が最後に取ります。このルールとあとは点数の付け方(マジョリティとホイップ得点)のみ。

20分程度と短時間で終われる。サクッとできるので、初心者でも「もう一回!!」と言いやすいボリューム感。やればやるだけコツが掴める。

悩みどころも十分にある。あの人はこれを狙うだろうしこれを残してしまっていいのか、自分が取りたいのと相手が取りたいのを見比べてうんうん唸れる。ボドゲの楽しさの1つであるこの「うんうん唸れる」を短時間で味わえる!!

2人から5人まで幅広く対応。どの人数でも同じように盛り上がれる。

見た目がお洒落でかつコンパクト。持ち運びも楽で鞄に忍ばせておくことも可能。

<マイナス点>

正直あまりない。

あえて言えば、運要素は強め。シャッフル次第である点は否めない。ただこれも含めてのゲーム性なのであまりマイナスではないとおもう。

あとガチの人が入ると全ての情報がオープンなのでゲーム性が変わる。ガチゲーなのかパティーゲーなのかは参加者をみて臨機応変に。


3歳、6歳児とプレー。3歳児は初ボドゲ。

いつでも一番始めに取れるようにする、食べるタイミングは教えてあげるでプレー可能に。

ケーキをたくさん集めるという分かりやすさ、カラフルな色合いによるキャッチャーさから3歳でも楽しめました。

できるかなと思ってやらせたらすごく楽しんでもらえてよかった、よかった。

終わった後、皆んなでホールケーキ作りに励みむした!!

おしまい

6ヶ月前(2019年12月06日 13時12分)
続きを読む
閉じる
250
名が参考にしたレビュー
 by ボドゲ好きのてんちゃん

甘いようで甘くない、ホールケーキの陣取りゲーム。枚数が違う8種類のケーキを混ぜ混ぜにして

ホールケーキにします。(細かいルールは省きます)それを人数分にケーキを切り分けし、人数分にわかれたケーキを各自が順番にとります。このケーキの切り分けが難しい!ケーキを切り分ける人は、なんと一番最後に残ったケーキをとるので、自分に得になるようにケーキの配分をウンウン考えなければいけません。

また、ケーキの上にはそれぞれホイップクリームが1~3個書かれています。

自分の手番では、場に分けられたケーキを選択し

①食べるか②食べずにとっておくかを、各ケーキごとに考えます。

もし、ケーキを食べた場合、ケーキを裏側にして、食べた分のホイップが点数になります。

ケーキを食べない場合、各ケーキには数字が記載されているのですが、その数字が点数になります。

ただし、ケーキに記載されている数字は各ケーキの枚数の数字です。たとえば、マロンケーキの場合、3枚しかないため、ケーキの上には3と記載されています。

そして、一番多くマロンケーキを食べずにとっておいた人のみ点数になります。

もしAさんがマロンを2枚、Bさんが1枚マロンケーキをとっておいた場合、

Aさんにしか点数が入りません。

そのため、周りのケーキ保有数などを見ながら、ケーキを食べるのかとっておくのかも考えるゲームとなります。

一度プレイすると、何度でもプレイしたくなる、可愛くてクセになる女子受け最高のゲームです♪


11ヶ月前(2019年06月28日 15時30分)
続きを読む
閉じる
216
名が参考にしたレビュー
 by なとりうむ

様々な種類のケーキでひとつのホールケーキになっているものを人数分自由に切り分け、
選んだものを食べたり残したりして一番得点の高い人の勝ち。というゲーム。

得点計算は以下の2種類
食べる:ケーキの上のホイップの数が得点になる
残す:ゲームの終了時、各種それぞれ最も多く残しているプレイヤーがその種類に応じた得点を得る

このゲームのポイントは切り分けた人は一番最後にしか取れない。
つまり選ぶことができない。ということ。
あからさまに有利なピースを作ってしまうと、当然それはとられてしまう。
種類によって得点が異なるため分け方に大変悩む。

また、切り分ける対象となるホールケーキの構成はランダムなため偏りが発生し思わぬ展開になることも。

運要素が強く見えがちだか、実は結構戦略性の高いゲーム。

デザインがよく、とても美味しそうなのでお茶をしながら遊ぶと楽しい。
今では、手に入りづらいと思うので同じデザイナーの新作「New York Slice」を購入することをオススメする。

「New York Slice」の情報は↓
https://bodoge.hoobby.net/games/new-york-slice

約3年前(2017年05月30日 22時26分)
続きを読む
閉じる
212
名が参考にしたレビュー
 by mitinotimonasuti

・ホールケーキを切り分けるor切り分けられたケーキから1つを選ぶ

・選んだケーキのどれを食べてどれを持ち帰るかを決める

この2つを毎ラウンド繰り返す、選択のゲームです。


日本語版(リメイク)での違いですが、簡単にまとめると以下のとおりです。

・箱が小さくなった

・価格が安くなった

・ルール整備

    『後から食べる』選択肢の撤廃

    『5』と『9』のホイップの個数変更

    スタートプレイヤーのためのオプションルール追加

(ルール整備についてはデザイナー本人に確認をとって行われています。)


変更内容について詳しくは、リメイク出版者のホームページをご覧ください。

http://www.b2fgames.com/article.php?story=20181026210124706

9ヶ月前(2019年09月04日 15時04分)
続きを読む
閉じる
197
名が参考にしたレビュー
 by だかさん

かわいらしいアートワーク。初めての人でもとっつきやすいデザイン。

しかし、内容は運だけでは絶対に勝てない、戦略性の非常に高いゲームです。


ケーキを取っておいて、後で高得点を目指すか、それとも食べてしまって、即得点にするか。

まわりの状況を加味しつつ、その時点での判断をどのようにするかが非常に面白い。

シンプルながらに何度でも楽しめます。


残念ながら、運の要素はありません。


絵もかわいいし、ルールもシンプル。ボードゲームの入口としても申し分ないです。

ただ、初心者同士でワイワイやるにはいいですが、ガチの人が入ると途端に勝てなくなると思われます。

そこは要注意です。

1年以上前(2019年02月11日 14時30分)
続きを読む
閉じる
196
名が参考にしたレビュー
 by kaname

個人的おすすめ度★★★★★(5段階)


シャッフル後、ホールケーキ状に配置したケーキタイルを切り分け→選択する作業を行い、5ラウンドかけて点数を獲得していくゲームです。


説明書も大変わかりやすいので、未プレイ者でもすぐにプレイできます。今回はレビューを書く上で必要な箇所のみ記載します。(不要な方は⭐︎まで飛ばしてください)

-----

各ラウンドごとに親プレイヤー(切り分ける係)を用意します。11枚のケーキタイルの切り分け方は「参加者の人数に合わせる」以外は自由です。親プレイヤーに委ねられます。切り分けが終わると親プレイヤーの隣から順に分配したケーキを選んでいきます(親プレイヤーがケーキを受け取るのは最後になります)


ケーキををもらうと「食べる」「とっておく」のどちらかを行います。「食べる」を選ぶとケーキの上にのっているホイップクリームは即時得点となります。「とっておく」をしたカードは5ラウンド終了時、最多枚数そのケーキを持っていたプレイヤーに得点として加算されます。ケーキは全部で8種類あるので、同じケーキを自分より多い枚数集めたプレイヤーがいると得点ならない場合もあります。

-----

⭐︎

自分が親プレイヤーの時は切り分け方、参加者プレイヤーの時はどのケーキを選ぶか・分配されたケーキを扱うか勝負のカギを握ります。


やること自体は難しくないのに、ヒトによって切り分け方をはじめとした戦略がそれぞれ異なるので何度やっても面白いゲームだと思います。


ゲーム自体は2-5人と人数に自由が利くこと、30分程度できることから、他のゲーム前の肩慣らしや、ちょっとした息抜きに選びやすいです。また、イラストが大変きれいなので女性からの好感度が特に高いゲームという印象です。


アートワーク、先にも書いた通り説明のしやすさからボドゲ初心者の方にもオススメしやすい作品です。ぜひ遊んでみてください。

3ヶ月前(2020年03月03日 17時08分)
続きを読む
閉じる
122
名が参考にしたレビュー
 by ななゆか

なんといっても見た目の可愛さ

おいしそうなケーキのイラストで女の子受けがとてもいいです。

切り分けが確定するまでの参加者の反応がとても面白い(笑)


ルール説明も簡単で、多少の駆け引き要素もあり、

ボドゲ初心者さんと遊ぶときには、このゲームを肩慣らしも兼ねて

プレイすることが多いです。

6ヶ月前(2019年12月11日 09時36分)
続きを読む
閉じる
78
名が参考にしたレビュー
 by 山田

コンパクトな箱と可愛い見た目がすごく良いです。

やることはケーキを選ぶorケーキを分けるだけなので、ボドゲ初心者の方も簡単に参加出来ます。


他力本願な部分が多くて私はすこし苦手というか…。もちろんどのケーキを食べるかとか、どのケーキを取るかみたいな戦略は立てられるけど。

それと長考ゲーマーには厳しいゲームですね…汗。いくらでも迷い続けることは出来るのですが、迷っている間他のプレイヤーは何も出来ず、ダウンタイムが長くなる。


ゲームシステムはすごく良いと思うし、ゲーム会とかだと結構盛り上がるから、面白いことは間違いないんだけどね。

29日前(2020年05月04日 16時48分)
続きを読む
閉じる
72
名が参考にしたレビュー
 by らおしー

ルールはシンプル!

親がケーキを切り分けて、親以外から順番に取っていくを5回繰り返すだけ!!

コンポーネントも美味しそうなケーキで見栄えもいいし、すごく親しみやすそう!


そんなに甘くないのがこのゲーム。

取ったケーキは種類毎にチャンピオンにならないと得点はもらえず、

切り分けた人間は取るのが余り物になるというルールが、かなりのジレンマを生み出します。


その種類の枚数でチャンピオンにならなければ取ったケーキは食べられず、

廃棄しなければならないのです。

救済(?)として獲得したケーキを手元に残さずその場で食べてしまえば、

枚数争いにカウントできなくなる代わりに、ホイップの数だけ点数がもらえます。

枚数が競っている時に諦めてホイップを食べるか、0か100かで勝負を続行するのかが更なるジレンマ。

 ※ある意味救済になっていない


プレイ時間30minほどで、何回でもプレイできる魅力があるこのゲーム。

あなたも段々とケーキが食べたくなってくるかも。

約2ヶ月前(2020年04月16日 18時00分)
続きを読む
閉じる
67
名が参考にしたレビュー
 by せいじゅ

子供向け☆★☆大人向け

  簡単☆★☆複雑

 気軽に☆★☆じっくり

 賑やか☆★☆黙々と

 和やか☆★☆殺伐

のんびり☆★☆せかせか

皆一緒に☆★☆各々で


どうすると一番(点数的に)美味しくなるかを考えて、切り分けたり取ったり食べたりするゲーム。

見た目は最高、ゲーム内容も簡単すぎず難しすぎず、初めてのボドゲにも良いと思います!


オリジナル版と日本語版があり、現在市場に出回っているのは日本語版。違いとしては、

・箱のサイズ

・価格

・デザイン

オリジナル版はドイツ語というのもあり、日本ではあまり見ない?印象のケーキもあって、こちらはこちらで楽しいです😁あと箱が大きくて、ケーキの箱みたいで楽しい

一般的にはもう販売されてなさそうですが、見掛ける機会があればぜひ。

約1ヶ月前(2020年05月03日 08時03分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,980(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 215興味あり
  • 1264経験あり
  • 263お気に入り
  • 849持ってる

チェックした商品