マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
もっとホイップを!
  • もっとホイップを!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2008年~

もっとホイップを! / ...aber bitte mit Sahne / Piece o' Cake の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
甘い、甘くない、ゲーム。
  • ジェフリー・アラーズ(Jeffrey D. Allers)作

丸いケーキの上手な分け方を知っていますか?
それは、最後に取る人が切り分けることです。
その人は、取り分が少しでもお得になるよう平等に分けようとするでしょう。

「もっとホイップを!」は、そんな話に関係したゲームです。
11個のケーキを人数分のブロックに分けます。
順にほしいブロックを取りますが、切った人が取るのは最後です。
狙っているケーキが残るようにみんなの気持ちを考えて切り分けましょう。

もっとホイップを!に9件の書き込みがあります

384
名に参考にされているレビュー
2018年12月14日 21時02分

★7(個人的10段階評価)


見た目に反してガチ目な内容のマジョリティ争い! そしてビジュアルの良さは特筆もの!


親が全11ピースからなるケーキをプレイ人数分切り分け、隣の人から順番に獲得していくという流れを5回繰り返して終わり。ただそれだけのゲームです。


ケーキのピースにはそれぞれの得点(=カード枚数)が記されており、ゲーム終了時に一番そのケーキを持っていた人が点数獲得。基本的にはこれだけです。


ただ、タイトルにもある通りこのゲーム独自の「ホイップ」という要素がありまして。実は獲得したケーキのピースには「食べる」という選択肢もありまして、これをすると、裏返しになって得点計算時にマジョリティ争いで貢献しない代わりに、そこに記載されているホイップの数だけ、単純に得点が貰えるという要素です。


これがあるので、明らかに取っても無駄そうなピース(他人が既に過半数獲得しているようなもの等)を取らされても、完全な無駄ではなく得点化出来るため、「このピースは食べずに持って置くべきか否か」という判断も迫られます。ここがミソ。下手にマジョリティ争いで頑張りすぎるぐらいなら、最初から食べてしまった方が遙かに得点効率良かったなんてことが、ザラにあります。


ルール的には、やはりガチガチのアブストラクト。勿論ピースの出てくる順番等にランダム性はあるのですが、基本的には損得計算が全てのゲームであり、見た目に反してパーティ感は一切ありません。なのでそこを期待しちゃうと、多少肩すかしになってしまうかな。


それでもこの見た目、そして円形に並べて切り分ける美しさは他にないもの。


数字に頭を悩ませるのが好きな方、そしてこのコンポーネントに魅力を感じる方にオススメしたいゲームです。


所有欲は凄まじく満たされます。

続きを読む
閉じる
374
名に参考にされているレビュー
2018年11月28日 01時36分

評価:4(もっと何かを・・・)


このゲームは、間違いなく良ゲーなのです。

頭では理解できるのですが、心がついていかない。


ケーキの分配に悩むことはあるのですが、なんとなく正解は決まっていて

作業感を私は感じちゃうのですよね。

もちろん、食べる食べないの選択もあるので、多少は戦略もあって、

一緒にプレイする人が食べる派か残す派かで、やっぱり切り分けに気を遣うのもわかるのですが。

どうも、物足りないのですよね。

現時点だと自分がやるより他人がやるのを見てるのが楽しいゲームなのかも。


もっとホイップを!会みたいなのをひらいて延々やると楽しさが沸いてくるのかしら?


ピザ版のほうが大味だと思いますが、いっそあれくらい運よりにふっきれてくれる方が好みです。

・・・と、思ってレビューを見たが5人プレイじゃないと真価が、わからんのかも。

続きを読む
閉じる
335
名に参考にされているレビュー
2018年11月29日 08時20分

 コロコロ堂で、5人でプレイした感想です。

 汽車は進むよのジェフリー・アラーズがデザインした、見た目は美しいケーキを切り分けるゲームに見えますが、ガチガチのマジョリティ争いをするアブストラクトです。

 ゲームマーケット2018年秋で、ニューゲームズオーダーさんから新装版が出て、これからはお求めやすくなると思います。

 ルールは、ニューゲームズオーダーさんのHPhttp://www.newgamesorder.jp/games/pieceofcake-1で公開されていますので、ご確認ください。

 プレイした感想としては、自分の手番の際にケーキをどう5つにカットするのか非常に悩ましく、しかも自分は最後にケーキを取るので、5つとも微妙に得する形にしないと自分だけが損をするというデザインが秀逸だと感じました。

 また、見た目も麗しく、ゲームをしていてケーキを食べたくなるのはご愛敬です。自宅でも3歳児が、このゲームのケーキタイルを見ながらウットリしていますので、末永く遊べるゲームだと思います。 

続きを読む
閉じる
330
名に参考にされているレビュー
2018年02月23日 03時36分

7/10

見た目がオシャレなケーキ切り分けゲーム。

ポップな見た目とは裏腹に結構なガチゲーで、11枚のケーキタイルを親は切り分けなければならず、選ぶのは最後という、よくあるケーキジレンマを見事に再現したタイルゲーム。

また、ケーキをとった後、すぐに食べるか、とっておくかを選ぶことができ、すぐに食べると1〜3点の得点が入るが、とっておいて、ゲームの最後に最多数をとると数自分(3〜11)の得点が入るという感じ。

また数字の数だけタイルがあるため、高得点を狙うには、それなりに競合も多くなるので、どこを狙っていくかはかなり重要。

ケーキ自体はめくって初めてわかるため、そこの運が結構強いことはあるが、プレイヤー全員がしっかり考えないとゲームが崩壊してしまうので、その点でいえば、シビアなゲーム。

ただ、全員がしっかり考えてやれば、ヒリヒリとした感覚を得られ、短時間で濃厚な時間を味わうことができる。

今となっては若干レアになってしまい、入手が難しくなってしまったが、「ニューヨークスライスピザ」でリメイクされているので、入手のしやすさでいえば、そちらが良い。

ただし、見た目のオシャレさ、箱の小ささ、無駄のないシンプルなルール(ピザでは、ちょくちょく追加ルールが入ったりする)、同点で得点が消えるシビアさ(ピザは同点でも点が入る)など、こっちの方がファンは多い印象。

その総合点として、個人的にはこの評価。結構ガチ目な短時間ゲームをしたい人にオススメ。

続きを読む
閉じる
295
名に参考にされている戦略やコツ
2019年02月24日 10時19分

個人的な戦略ですが、基本的に全体の状況把握が非常に重要だと思います。


11点、10点、9点あたりのピースは非常に重要で、相手より多めの枚数を確保する事で非常に有利になります。同枚数持っていたとしても、点数が入るので常に他メンバーの枚数を意識しながらすると良いかと思います。しかしながら、全てをキープするのは困難かと思いますので、11~8位の点のピース2種類くらいに絞るといいと思います。

同点数の物を2ピース以上相手より持っていれば、安心です。

妨害も兼ねて、そのピースを先に選んで食べてしまうも良いでしょう。


いかに相手のキープ枚数以上にキープしながら、食べすすめるか、ここに尽きます。

続きを読む
閉じる
282
名に参考にされているレビュー
2017年08月10日 16時16分

合宿の夜に遊べるようにと試しに持ち込んだところ、たちまち歓声に包まれる結果となりました。

ルール説明は5分もあれば十分。

ケーキを切り分ける、という一見単純な作業が、ここまで高度な戦略を要するゲームになるとは!
日本人には絶対デザインできない優秀なセンスを痛感します。

何とサイコロやコマすら使わないばかりか、ケーキタイルには絵と一つの数字しかない。日本語版なんて全く必要ないです。

11枚のケーキタイルを丸く並べてホールケーキを作り、これを人数分に切り分ける、というテーマです。

そう、11枚だから、絶対に均等にならないのです。

そして、切り分けた本人は選べない、というジレンマ。

このアイデアだけで勝負してるところがすごいです。

結局、その夜は3時間くらいかけて10ゲーム以上やりました。
いまだにグループ内では人気です。

ファンシーな見かけで判断せず、ぜひたくさんの人に体験して欲しいです。

絶対オススメです☆

唯一の難点は、タイルなので、どう見てもケーキに見えず、みんな同じことを言います。

「これピザ?」

(^◇^;)

続きを読む
閉じる
264
名に参考にされているルール/インスト
2018年11月27日 13時14分

⑴ ケーキのカードを混ぜて、裏向きで11枚ずつ重ねて5セット作ります。

⑵ 1セットをカードの順番を変えずに並べます。

⑶ 手番の人(Aさん)がケーキを好きなように人数分に分けます。

(4-1) 次の手番の人(Bさん)が分かれたケーキから好きなものを取ります。

(4-2) 取ったケーキをそれぞれ『食べる』か『とっておく』か決めます。

 『食べる』ケーキのホイップの数が得点になります。

 『とっておく』ゲーム終了時にその種類のケーキを一番多く持っているプレイヤーのみが、ケーキに書かれた数字が得点になります。2位以降の得点は無し。

『食べる』『とっておく』が決まったら4-1に戻ります。

⑹ ケーキが無くなったら、次の手番の人(Bさん)がケーキを分けます。 ⑶に戻る

⑺ 5セット分繰り返してケーキが無くなったら得点を数えて順位確定です。

続きを読む
閉じる
192
名に参考にされているレビュー
2017年05月30日 22時26分

様々な種類のケーキでひとつのホールケーキになっているものを人数分自由に切り分け、
選んだものを食べたり残したりして一番得点の高い人の勝ち。というゲーム。

得点計算は以下の2種類
食べる:ケーキの上のホイップの数が得点になる
残す:ゲームの終了時、各種それぞれ最も多く残しているプレイヤーがその種類に応じた得点を得る

このゲームのポイントは切り分けた人は一番最後にしか取れない。
つまり選ぶことができない。ということ。
あからさまに有利なピースを作ってしまうと、当然それはとられてしまう。
種類によって得点が異なるため分け方に大変悩む。

また、切り分ける対象となるホールケーキの構成はランダムなため偏りが発生し思わぬ展開になることも。

運要素が強く見えがちだか、実は結構戦略性の高いゲーム。

デザインがよく、とても美味しそうなのでお茶をしながら遊ぶと楽しい。
今では、手に入りづらいと思うので同じデザイナーの新作「New York Slice」を購入することをオススメする。

「New York Slice」の情報は↓
https://bodoge.hoobby.net/games/new-york-slice

続きを読む
閉じる
176
名に参考にされているレビュー
2019年02月11日 14時30分

かわいらしいアートワーク。初めての人でもとっつきやすいデザイン。

しかし、内容は運だけでは絶対に勝てない、戦略性の非常に高いゲームです。


ケーキを取っておいて、後で高得点を目指すか、それとも食べてしまって、即得点にするか。

まわりの状況を加味しつつ、その時点での判断をどのようにするかが非常に面白い。

シンプルながらに何度でも楽しめます。


残念ながら、運の要素はありません。


絵もかわいいし、ルールもシンプル。ボードゲームの入口としても申し分ないです。

ただ、初心者同士でワイワイやるにはいいですが、ガチの人が入ると途端に勝てなくなると思われます。

そこは要注意です。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,000(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 108興味あり
  • 731経験あり
  • 147お気に入り
  • 497持ってる

チェックした商品