マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
おろかな牛
  • おろかな牛当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 15~25分
  • 8歳~
  • 2018年~

おろかな牛

メーカー・卸元:kleeblatt

残り1点
送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
カードの出し方による特殊能力を使いながら他のプレイヤーにマイナス点を押しつけあうシンプルなカードゲーム

カードの出し方による特殊能力を使いながら他のプレイヤーにマイナス点を押しつけあうシンプルなカードゲーム

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 11件

リプレイ
353名が参考
2年以上前

7周年のデザートスプーンさん水曜ボードゲーム会でプレイ

経験者は僕1人、あと2人は初プレイ

基本的には手札をなくすゲームなんだけど、3人プレイは苦しい、病気の動物がすぐ回ってくるから、防御のカードを、準備しつつ、隙を見て手札処理だ

1ラウンド、2ラウンドでリードを奪って、3ラウンドは、上家の牛欠乏のお陰でなんとか逃げ切り勝利

ま、経験者1人だからね

なんか、出せないカードとかがないので、病気の動物をぐるぐる回すだけでもけっこう楽しいので、ボードゲーム初心者にも遊びやすいゲームだと思う。

洗練されたダイナマイトナースといった感じだなあ

うん、面白かったうん、面白かった

続きを見る
閉じる
大賢者
てら@kotaronopapa
てら@kotaronopapa
レビュー
327名が参考
2年弱前

巷で面白いと噂を聞いて

友人2人と3人でプレイしました。

久しぶりの大人だけのプレイです。


ルールを読んだ段階では、

まー、こんなもんだろうと軽いトランプをやる感じでしたが


いざ遊んでみたら、あーた

これ、スゲーわ、めちゃめちゃ面白いわ

さすが、噂通り、いや噂以上かもしれません。


あんまボードゲームをしない友人が2人とも

速攻で、ネット予約してその場で購入しちゃいました。

こんなん初めて。


とにかく、めちゃめちゃドキドキする。

賞品とか、かけてないのに。

ゲームでこんなドキドキしたん久しぶりです。


やればやるほど、面白くて

友人1人は、これ、朝まで出来るわ、って言ったくらいです。


3人でこんだけ面白かったら

もっと大人数だともっと面白いのかなー。

それとも3人やからこそスンゲー面白いのかなー。

その辺はちょっとわかりません。


ルールは簡単で、


いや、もう簡単なルール説明しても意味がない。

これはやらな面白さがわかんないと思います。


相手が何のカードを持っていて

どのタイミングで、自分の何のカードをプレイするのか

すごい悩みます。


例えてゆーなら

麻雀で、自分以外全員がリーチで

2つの捨て牌候補があってどっち捨てるか

ドキドキしながら選ぶ、あのしびれる感覚。

あれを何度も味わえました。


カード運もあるんだろうけど

それを全く感じさせない序盤からジレンマの嵐


ここで、このカード出せば

相手にマイナス点を押しつけられるが

ひょっとしたら、自分にそれが返ってくるかもしれない恐怖感。


だったら、もうちょっと待って、こっちのカードを出すか?

いや、それなら手遅れになるかもとゆう不安感。


あえて、ここはマイナス点を取ってでも

先にあがって、次のラウンドに賭けるかとゆう期待感。


単純なルールなのに

これほどとわとゆう衝撃を受けました


ゲームの長さの3ラウンドもちょーど程よくて

これいじょうやったら、ドキドキしすぎて

逆にしんどいかもしれません。


だからこそ、クセになり

何度もプレイして、やめ時がわかんない

そんなゲームでした。


簡単だけど、みんなが熱くなれるゲームをお探しの方は、

ぜひとも、この面白さを体感してみて。

続きを見る
閉じる
レモネード
レモネード
レビュー
273名が参考
2年弱前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

愚かな牛は、カードを毎回1枚か2枚出していき、その効果を活用しながら、いち早く手札を無くすとともに、マイナス点を受け取らないようにしていく面白いカードゲームです!
要らない仔カードが目の前にきてしまうときの「やめてくれ~」の感じと、それをさっさと隣に渡していくときの一安心が楽しいです。絵柄もなんとなくほのぼのします。
かなり運の要素も感じるパーティーゲーム的な内容なので、そういったノリで楽しめないと合わないと思います・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶3pt.≪★★★≫


愚かな牛の簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
269名が参考
2年以上前

愚かな動物が徘徊してくる

 

各プレイヤーは手札を使ってマイナス点を持った動物を左へ流していくゲームになります。

左へ流すにあたって手札をどのように使うか、あるいは手札が消費できるようにプレイしていくのかが悩ましいゲームになります。3ラウンド経て最もマイナス点(動物)を受け取っていないプレイヤーの勝利です。

 

準備としては

テーブル真ん中に愚かな動物(羊・豚・馬・牛)がいます。

各プレイヤーは9枚の手札があります。カードは4種類(羊・豚・馬・牛)しかありません。

余ったカードは山札になります。

 

進行としては手番制で

3つのうちどれかを行って、次の手番に移ります。

A)カード1枚を捨て札にする。捨てたカードによって効果があります。

羊…何もない

豚…次の手番のプレイヤーは、山札か捨て札の一番上から1枚引く

馬…各プレイヤー左隣にカード1枚渡す

牛…山札からカードを1枚引く

B)同じカードをペアで捨て札にする。

その動物が手元にあるプレイヤーはそのカードを左隣のプレイヤーに渡します。

誰も手元にないなら次のプレイヤーの手元にその動物をおきます。

ここで置かれている動物カードはマイナス点的な存在で終了時にあるとそのマイナス点を受けることになります。

C)山札か捨て札の一番上にあるカードを引く。

 

これらを行って、手札がなくなったプレイヤーが現れてラウンド終了になります。

この時に手札を最も多く持つプレイヤーは-4を受けて、次のプレイヤーは-2点を受けます。

そして、手元にいる動物はマイナス点で(羊・豚・馬・牛)の順に大きくなっています

 

といった内容を3ラウンド行って最も点数を受けていないプレイヤーの勝利です。

 

 

遊んでみた感想としては、爆弾が回る緊張感が程よい!

どのタイミングで動物を横に流していくのか、あるいは手札を減らしていくのかという考えがあるのですが、それらが嚙み合っていい時もあれば悪い場面もあります。というのもペアでカードを減らすことが効率の良い手札の減らし方なのですが、それによって自分の手元に動物が近づいてきます。あるいは、右隣のプレイヤーがその動物を動かす展開がなければ来ない可能性があるという緊張感がくすぐったいです。

あと手札が減ってくると豚や馬を使われて邪魔が入るのは一興です。そういう邪魔があるのに不毛な争いにならないバランスには感心しました。

 

ただ、しいて思うことは初見ルールを聞いた段階で豚・馬・牛の単体の効果は直感的に覚えにくいことです。2ラウンド目からは慣れてわかりますがもう少し親切だったらより良かったです。

 

ですが、このゲームでしたら手軽で気軽に広げて3-6人まで遊べる、万人受けしやすそうなルールで、しばらく自分の持ち歩きゲームとして重宝してもいいと思いました。

 

評価:☆8

続きを見る
閉じる
82BG@19秋GM(土日)出展
82BG@19秋GM(土日)出展
レビュー
265名が参考
1年以上前

運要素が強い印象だからと、友人の評価は低めでした。ん~、それでもやっぱり私は結構好きかも!


とはいえ、やり込みたいわけじゃなくてw

時々、プレイしたくなる感じ!


■気に入ってる点

・自分の好きなカードを出せる!

よくありがちな〈場に出ているカードと同じカードを出さなければならない縛り〉が、全く無い。


・爆弾のような存在の「要らない仔カード」が、思いの外よく回る!

もう爆弾は回ってこない、きっと上がれる!って望みは、わりと裏切られる(笑)

故に、とてもよく盛り上がる。


・手札が流動的

自分の初期手札が悪くても〈山札, 捨て札, 隣へ渡す札〉により、挽回の余地あり。


逆に手札が悪くなることもあるけれど、そのインタラクションの強さが醍醐味に思える。


・カードの絵柄に心を動かされる!

このゲームは3ラウンド制。

「要らない仔カード」の絵柄が、ラウンドごとで微妙に異なる。

3ラウンド目で使用する「ヒツジ」がめっっっちゃ可愛い


このカードを引き取ると、マイナス点になってしまうけれど、、私はこのヒツジさんを放っておけません!笑


■(人によっては)イマイチな点

皆さん口々に言われてるように、カードの効果が見た目でわかりにくい点ですね。


サマリーを作るか、個人で制作してる方に貰うか、ホワイトボードにサッと書いて対処。


システムも少し独特だから、一度流れを見せてから本番に移るのが良いかと。


自分ではどうにもできない、他者次第な性質があるゲームを、受け入れ難い人には微妙かもしれません。

続きを見る
閉じる
仙人
モフラ
モフラ
レビュー
157名が参考
4ヶ月前

●家族で遊ぶために購入したゲームシリーズ。

4種類の動物のカードだけでゲームをします。テキストもなくて、カードには動物の絵だけ!動物ごとに特殊効果はありますが、簡単なのですぐに覚えられます。

時限爆弾をとなりの人に渡していって、タイマーが0になった時に爆弾をもっていたら失点を食らうようなゲームです!時計回りに爆弾を渡していくんですが、回り回って自分のところで爆発するのが面白いゲーム!

だれか1人が9枚の手札を出し切ったら1ゲームが終了し、そのときに手札の残りの枚数が多いと失点を食らいます!

やることはカードを1枚出すか、同じ種類の動物を2枚出すか、パスするだけ。簡単!

1枚出すときは動物ごとに効果があって、山札から1枚引くとか、隣の人に一枚渡すとか。これも簡単!

カードの種類は羊、ぶた、馬、牛の4種類です。それとは別に失点カードが用意されていて、これも動物ごとに4枚あります。それが、うすよごれてボロボロになった羊、ぶた、馬、牛のカードが1枚ずつ。正確には3ラウンドのゲームなので、3枚ずつ。

このゲームのミソは、なんと言っても同じ種類の動物2枚出し!2枚出すと、出された種類の、うすよごれた動物の失点カードが左隣の人に渡されます。例えば羊を2枚出したなら、自分の左にいる人が、きたない羊のカードを受け取ります。これが失点カードです。そして時限爆弾です!

なので、羊のカードを2枚出すことで、はじめて羊の失点カードが出現します。羊のカードを2枚出さない限り、羊の失点カードは出てきません。

羊の失点カードを受け取ってしまった人はどうすればよいかと言うと、自分の手番で羊を2枚出すと、自分の左の人に渡されます。

このゲームのおもしろいところは、自分が羊を2枚出さなくても、誰かが羊を2枚出したら失点カードが左へ、時計回りに移動していくところです!

誰かが手札を出し切ったときに失点カードをもっていたら、それこそ失点になります。そういう事があるので、きたない動物の失点カードは早く隣に渡したいわけです。

汚い羊を受けとった時に、自分も羊を2枚出して汚い羊を左へ移動させ、またその汚い羊を受けとった人が、羊を2枚出して汚い羊を左へ移動させ、周りめぐって自分に返って来ることがよく起こるんですね。これを楽しむゲームなんです!

カードの種類が4種類しかないのと、途中で特殊効果による手札の補充があるので、同じ動物がそろいやすくなっています。なので、2枚出しをしやすい環境が整っています。

そして、4種類の動物がいますので、1ラウンドに最大4枚の失点カードが出現します。それをみんなで、時計回りにぐるぐる回していくんです。それが面白いから無駄に動物を回したくなります!同時に4つの時限爆弾が出現して、最後までもっていたら爆発します!

誰か一人が手札を全部出したら、そのとき手札の残り枚数の多い1位と2位が失点。手元に残っている薄汚れた動物も失点です。動物の種類によって失点の点数もちがいますし、ラウンドが進むごとに失点の数も大きくなっていきます。

勝ち負けよりも、牛をみんなで何周まわせるかチャレンジしたいゲームです!けっこう盛り上がります!

続きを見る
閉じる
大吉さん
大吉さん
レビュー
102名が参考
5ヶ月前

要らない動物達を押し付け合うとっても分かりやすいゲーム。基本的には同じ絵柄2枚を出すことで動物を回していくことになりますが、1枚出すと動物によって異なる効果が発生。複雑過ぎず、シンプル過ぎないルールが個人的には気に入ってます。

他の人が2枚カードを出すことで自分のとこにあった動物が動くこともあるので感謝の言葉が交わされたり、処理したはずの動物がぐるぐる回ってまた自分に戻ってきて爆笑したり…楽しい要素がいっぱいです。

何より、ラウンドが進むにつれてどんどん汚れていく動物達のイラストが、何だかかわいそうで反対に愛おしくなります。個人的には、最初はかわいい羊のイラストが、最後はとっても悲しい姿になるのがツボです。

あまり深く考えずにワイワイ楽しめるお手軽ゲームとしてお勧めです!

続きを見る
閉じる
大賢者
tomato
tomato
レビュー
68名が参考
17日前

4/5点


動物(マイナス点)を

押し付け合うゲーム。


同じ動物カード

2枚出すことで

押し付けることが出来

1枚出しの場合

それぞれの特殊効果

発動。


誰かの手札が

無くなった時点で

自分の場に

置かれていた

動物がマイナス点に。


3ラウンド行うが

それぞれの動物の

マイナス点も

段々上がっていくため

1ラウンド目で失敗しても

逆転は充分可能。


初見だと特殊効果が

若干ややこしいが

1回プレイすれば

大体把握出来るかな。


短時間で

盛り上がれるし

なかなか良い。

続きを見る
閉じる
ワタル@ボドゲ
ワタル@ボドゲ
ルール/インスト
55名が参考
約1年前

5分でわかる!

「おろかな牛」のインスト動画です。

続きを見る
閉じる
国王
まひろ
まひろ
リプレイ
47名が参考
11ヶ月前

プレイ時のスコアとして参考にして下さい。

減点方式になります。

続きを見る
閉じる
勇者
acca
acca
戦略やコツ
44名が参考
2年弱前

他の人の手札枚数の残りを見ながら、2枚出しして、いらないカードを隣の人に渡すタイミングを計るのがポイントかと思います。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • 商品価格¥ 1,980(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 114興味あり
  • 823経験あり
  • 177お気に入り
  • 439持ってる

チェックした商品