マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
リチュアル
  • リチュアル当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 15~30分
  • 8歳~
  • 2018年~

リチュアル

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
読み合いが熱い、囚人のジレンマベースのだれでも簡単に楽しめるカジュアルゲーム!
  • 鈴木 陽太(Yota Suzuki)作
  • 押切 隼 (Hayato Oshikiri)作

相手の心を読み、他プレイヤーを裏切り少数派を目指せ!
「暗黒の儀式」を成功させ、古き神々を復活させるのだ!

このゲームは手札のカードを1枚ずつ出すことで儀式を進めます。
プレイヤー全員が同じ呪文を出せば、全員ポイントを得ることができるのです。
しかし、この暗黒の儀式では他のプレイヤーと違う呪文を出し、それが少数派であれば高得点を狙えます。
他のプレイヤーがどんな呪文を出すか心を覗き、適切な呪文を詠唱しましょう。

レビュー 4件

402
名が参考にしたルール/インスト
 by TacticalGamesJP

プレイヤーは手札の『詠唱カード』を1枚ずつ出すことで儀式を進めます。
全員が『祭壇』にある呪文と同じ種類の呪文を手札から出した場合、全員が『詠唱ポイント』を得ることが出来るのです。しかし、この暗黒の儀式では他のプレイヤーを出し抜く邪悪な行いをしなくてはなりません。他の術者を出し抜く事で『古き神々』は褒美を与えます。その為にはあえて皆と違う呪文を詠唱するのです。皆と違った呪文を詠唱し、それが少数派であった場合にはより優位にゲームを進める事が出来るのです。他のプレイヤーがどんな呪文を詠唱するのか心を覗き、適切な呪文を詠唱しましょう。



【ゲームの目的と終了】

■ゲームの目的

ゲーム終了時に貢献ポイントを最も多く所持しているプレイヤーの勝利です。儀式の各ラウンドで手札のカードを出して詠唱ポイントを取得します。取得した詠唱ポイントの順位や条件によって儀式が終了した時に貢献ポイントを取得できます。


■ゲームの終了

5ラウンドからなる『儀式』を3回行うとゲームは終了し、最終的に貢献ポイントを最も多く所持しているプレイヤーの勝利です。



【システム概要】

■このゲームは3回行われる儀式に最も貢献した人が勝利する。

儀式に貢献する為には5回のラウンドで詠唱ポイントを取得しなくてはなりません。詠唱ポイントは詠唱カードの三角形の記号の中に書かれています。



■ラウンドでする事は1枚手札を出すだけ。

プレイヤーは親から時計回りの順番で祭壇の上にある呪文を見て、その色と同じか違う色の呪文を祭壇に向けて手札から裏向きで出します。この時、祭壇に向けて出した方の色の呪文が唱えられた事になります。

※この時他のプレイヤーが出したカード裏の数字の意味を読み取る事がこのゲームを制するカギとなるでしょう。


■唱えられた呪文の種類によって詠唱結果を処理する。

全員が出したカードをいっせいに表にして、下記の4つの結果から合うものを適用します。


※3人でゲームを行った場合の例



「順調」

全員が祭壇と同じ呪文を詠唱した場合、出した呪文の中に書かれた詠唱ポイントを全員が得る事が出来る。


※3人でゲームを行った場合の例



しかし、だれかが裏切った場合は結果が違ってくる。



「邪悪な行い」

裏切ったプレイヤーが少数派であったなら裏切ったプレイヤーのみが詠唱ポイントを取得できる。


※3人でゲームを行った場合の例



「狂気の渦」

裏切ったプレイヤーが多数派ならば裏切ったプレイヤーは狂気マーカーを受け取らなくてはならない。狂気マーカーは出した詠唱ポイントをマイナス点にしてしまう。そして、祭壇と同じ呪文を詠唱したプレイヤーは詠唱ポイントを取得する。(1回の儀式の間にマイナスポイントが5点以上になってしまった場合そのプレイヤーは儀式から脱落してしまう。)

※3人でゲームを行った場合の例



「無意識なる一致」

全員が祭壇にない呪文を詠唱しなおかつ、その呪文の種類が全員同じだった場合全員が詠唱ポイントを得る事が出来る。


※3人でゲームを行った場合の例



■儀式が終了した時、貢献ポイントを得る。

5ラウンドが終了した場合、もしくはプレイヤーの誰かが10点ちょうど詠唱ポイントを取得した場合、儀式は終了する。



「熟達した詠唱」

誰かが10点ちょうど詠唱ポイントを取得した場合は、10点ちょうど取得したプレイヤーと、その時点で次に多く詠唱ポイントを取得したプレイヤーが貢献ポイントを取得できる。


「優秀な術者」

5回のラウンドが終了して儀式が終わった場合には、詠唱ポイントを最も多く取得しているプレイヤーとその次に多く取得しているプレイヤーが貢献ポイントを取得する。


【コンポーネントの種類】

■詠唱カード

カードの上下に2つの呪文が記されており、1~5の『詠唱ポイント』と、呪文の種類『赤・緑・黄』の3色が記されています。


■祭壇

ラウンドのはじめに呪文マーカーを祭壇に置き、置かれた呪文がこのラウンドで詠唱すべき呪文となります。


■呪文マーカー

ラウンド中にプレイヤーが唱えるべき呪文の種類。『赤・緑・黄』の3色で表されます。15枚あり、各ラウンドに1枚ずつ表になり3回の儀式を通じて最終的に全てのマーカーが表になります。


■狂気マーカー

条件を満たして詠唱に失敗した場合に受け取るマーカー。狂気マーカーを受け取った場合その、ラウンドで出した詠唱カードの唱えた呪文の詠唱ポイントをマイナス点として計算される。1回の儀式の間にマイナス点を累計5点以上取得したプレイヤーは発狂状態となり儀式から脱落してします。


■貢献マーカー

儀式の終了時に条件を満たすともらえるマーカー

2年弱前(2018年09月18日 22時59分)
続きを読む
閉じる
286
名が参考にしたリプレイ
 by TacticalGamesJP

今回は北越谷のゲームスペースZEST様とのコラボ体験会にて

ゲームマーケット2018秋の新作『リチュアル』を体験していただきました。  


私も交え4人でゲームを行いました。インストを終えてゲームスタートです。 

※詳しいルールはルール/インストページをご確認ください。


1回目の儀式

ゲームは祭壇に置かれた色と前のプレイヤーが出した数字を参考に自分の手札から詠唱カードを出して進行していきます。  結果を覚えてしまえば手札から1枚出すだけのルールなので、はじめはさくさくと出していく参加者の皆様。

写真は、祭壇(中央のマーカー)の色が赤で、3人が祭壇に有る色と同じ色を祭壇に向けて出し1人が違う色を祭壇に向けて出し裏切ります。その為、黄色を祭壇に向けて出したプレイヤーのみが、そのカードの祭壇に向いている方に書かれたポイント4点を取得!という状況。


この一人勝ちに味を覚え、この後裏切りが頻発。気軽に何人かが祭壇と違う色を出してしまい多数派になってしまうと、出したカードのポイントが狂気マーカーによってマイナス点となってしまいます。マイナス点が5点以上で儀式から脱落してしまう為、狂気マーカーを受け取ると祭壇にあるマーカーの色と違う色のカードを出すことが難しくなる状況に陥ります。次第に状況を理解し、一筋縄ではいかない「むむむ・・・これは!」という雰囲気に。つまり、祭壇と違う色を出す裏切り時が非常に重要なのです。


2回目の儀式


『リチュアル』のカードは『同じ組み合わせの数字のカードに対して、同じ色の組み合わせが無い』為、自分が持っているカードや、既に使われたカードと同じ数字の組み合わせの場合は照らし合わせることで、消去方で出されている色を推測することができます。なので、出す際も注意が必要です。1回目の儀式の皆様のプレイスタイルや手札と場に出されたカードを見て出されたカードの呪文の色を推測していきます。推測通りの結果だったときは爽快です。私もこの方法でしっかりポイントを獲得していきます・・・。しかし、他プレイヤーの皆様を上記を念頭において、手を読みながらカードを出していきます。

写真は、私の2回目までの結果。ポイントを取れた場合は表向きで置き、祭壇に向いている上の数字がポイントとして取得している状態です。合計5点!



3回目の儀式

ラウンドも終盤に差し掛かり狂気マーカーを持つプレイヤーが増えてきました(私もその1人)。 はじめは様々な詠唱結果になっていたのですが、脱落のリスクを恐れて祭壇と同じ色を出すプレイヤーが増えていきます。  そうです。れこそがチャンスなのです。脱落のリスクをあえてとる事でこの状況で少数派になることができるはずなのです! 


リスクをとり、チャンスにかける状況最高です!満を持して祭壇と違う色で勝負。4人中私だけが違う色という理想的な結果となり、何とか制作者の意地を示す事が出来ました!しかし、残念ながら3回の儀式が終了し、ゲームを終えてみると私と1位の参加者様とは2回目の儀式までの差を埋められず2位という結果。

 

『リチュアル』は小箱ながら沢山のマーカーが入っています。


カードを出すだけのシンプルなルールの影に絡み合った読み合いが有るゲームとなっております。


古き神々復活の儀式。ぜひ体験してみてください。

2年弱前(2018年10月29日 19時09分)
続きを読む
閉じる
139
名が参考にしたレビュー
 by YON

メンバーを選ぶべきゲームです…。


「呪文を正しく唱える」か「唱えない」か。

少数派になると得点できます。


手札の都合もありますが、

「正しいことをできるのにしない」ことを躊躇してしまう人が多いときは、このゲームはしないほうがいいと思います。


ゲームのシステムは面白いけど、どうしても「いい行い」と「悪い行い」の印象の差があるので、人を出し抜くことに痛みを伴わない人が勝つ印象…。

きっと人を出し抜くことが好きなメンバーばっかりだったら楽しめると思います。

メンバーの性格を考えるだけで、どっちをすれば少数派になるか読めるようであれば、おすすめできません。


「髑髏と薔薇」は手札を出し切れば、必ず髑髏が入るのは仕方ないので、罪悪感はないんですが。


ゲームのシステムは面白いのになぁ…。

1年以上前(2019年04月07日 20時11分)
続きを読む
閉じる
125
名が参考にした戦略やコツ
 by TacticalGamesJP

『リチュアル』で勝者となるには相手が詠唱する呪文を予想することが必要不可欠だ。ポイントは2つ。


■1つ目は既に取得している点数やこのラウンドで祭壇に向けて出した点数をもとに手を読む事

出されたカードの点数と、既に得点している点数を見てみると相手のプレイヤーの手が読めてくるはずだ。このゲームはマイナス点が5点以上で脱落し、ポイント10点を取得する事で早上がりで勝利となる。相手が既にマイナス3点を取得している時に、出されたカードが3点の場合、果たして脱落のリスクを負ってまで異なる色を選ぶだろうか……?

例:相手プレイヤーが4ラウンド目で詠唱ポイント3を祭壇に向けて唱えた時



■2つ目は相手の性格をもとに手を読む事

次のラウンドで出す手は相手のプレイスタイル、カードを出す順番などを頼りにある程度予想することができる。手堅いプレイヤーならば、大きなマイナスを避けるために大きい点数で異なる色を選ぶことは少ないだろう。しかし、大胆なプレイヤーならどうでしょう?詠唱を重ねるうちに傾向が見えてくる。

例:3ラウンドが終わった段階での各プレイヤーの取得しているポイント



これらのを基準に相手を読む事で、勝利に近づく事が出来るだろう!しかし、油断してはならない。君が深淵を覗くとき、深淵もまた君を覗いているのだから。

2年弱前(2018年10月15日 20時00分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,200(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 32興味あり
  • 58経験あり
  • 6お気に入り
  • 56持ってる

チェックした商品