マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ハピエストタウン
  • ハピエストタウン当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2018年~

ハピエストタウン

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
建物を立てて、最高にしあわせな街を作ろう!
  • 佐藤 敏樹(Toshiki Sato)作
  • 佐藤 愛瑠(Airu Sato)作

あなたは市長となって、建物を立ててお金を稼ぎ、稼いだお金でまた建物を建てて、自分の街を発展させてください。

街のしあわせは「人口✕幸福度」で決まります。

最高にしあわせな街を作る市長は誰でしょうか。

レビュー 8件

544
名が参考にしたレビュー
 by 白州

6/10

ゲームマーケット賞2017で見事大賞に輝いた「8ビットモックアップ」のデザイナーのゲームマーケット2018春の新作。

内容は、とてつもなくシンプルにまとまった街づくりカードゲーム。

ゲーマー向けにいえば、建築だけをやる「サンファン」みたいなゲーム。

元々、デザイナーの子供さん向けにつくられたゲームのようで、登場する建物はその子供達が建てたい建物で構成されているみたい。

また、ルールには大人向けと子供向けの両方が掲載されており、ボードゲームファンにも楽しめて、カジュアル層や子供と遊ぶファミリー層にもしっかり配慮しているところが素晴らしい。

カードもコンパクトで可愛らしく、また、お金となるチップはかなり豪華でこれだけでもかなりワクワクさせてくれる。

内容は本当にシンプルで、手番には「お金が入る」➜「場のカードを交換する」➜「建物をお金を払って1枚建てる」の繰り返し。

お金は建物によって、毎手番生み出してくれる利益があり、建物を建てるには、お金が必要なのだが、それだけでは勝てず、「人口」と「幸福度」の2つを高めなければならない。

もちろん、この「人口」と「幸福度」が高い建物もあるので、それを建てればいいのだが、だいたいそのような建物はお金を生み出さないので、いつ得点を上げる方に切り替えるかが悩みどころ。

建物を誰かが10個建てたら終了で、「人口×幸福度」が勝利点となる。
※ちなみに子供ルールだと、「人口+幸福度」という簡単ルールになっている。

他にも早いものがちでとれるインフラカードがあったり、手番の最初に最大3枚捨てて、場札を入れ替えて購入できたり(カードの裏には価格が3段階で書いてあって、ある程度、価格は推測できるのも見通しがよくて良い)するところもいい。

ただ、ゲーマーには、初プレイ時は楽しめるであろうものの、めくり運やカードの展開の少なさで、やりこみ要素があるかと言われると微妙な気はする。もしかしたら、あるかもしれないけど、今のところはそう思わなかったかな。

まぁ、ゲーマー向けではないのは、ルール的にも見た目的にも明らかなので、それはそれでいいと思う。ちなみに自分はまぁ、どちらかといえばゲーマーなので、いい面はいろいろあうと思うものの、さすがに刺激がちょっと足りないので、ゲームだけみれば評価は5かな。

だが、ルールに無駄がなく、イラストも可愛く、コンポーネントもよく、カジュアル層にはバッチリなカードゲームであり、そういう意味での評価を加えると、+1の評価となるので、ボードゲームを全く知らない友人や家族と気軽に遊ぶゲームとしていいんじゃないでしょうか。

約2年前(2018年05月08日 23時39分)
続きを読む
閉じる
347
名が参考にしたレビュー
 by Ellis

街に建物を建設し、より『しあわせ』な高い街を作るゲーム。

『しあわせ』は街の『人口×幸福度』で求められ、建物を建設することで人口や幸福度が高まります。

他にも、お金を増やしてくれる建物もあります。効果の高い建物ほど、建設に必要なお金が多いので、お金もしっかりと増やさなくてはいけません。


建物を10件建てると点数計算に入ってしまうので、この10件で「人口」「幸福度」「お金」をマネジメントする必要があります。

手軽に遊べるゲームですが、このマネジメントが程よく頭を使う要素になっています。


プレイ自体は難しくないので、ボードゲーム好きから女性、子供まで楽しめるゲームだと思います。

カードもコンパクトで可愛らしく、沢山並んだ際の箱庭感も魅力的です。

「ボードゲームは初めて」という方にもオススメしやすい、バランスの取れたゲームだと思います。

約2年前(2018年05月07日 07時46分)
続きを読む
閉じる
317
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 自宅で、小4と3歳児の息子の3人でプレイした感想です。

 8ビットモックアップやダイスエイジ:ザ・ハントをデザインした、佐藤敏樹さんとその娘の愛瑠さんによる、プレイヤーは市長となって幸せな街づくりをテーマにした拡大再生産型のカードゲームです。

 ゲームマーケット2018春に発売され、現在はレシピシリーズで有名なホッパーが販売しています。

 ルールはルール欄を見るか、下記URLに置いてあるマニュアルをご確認ください。

https://toshikis227.blog.so-net.ne.jp/happiest_town


 3人でプレイした感想は、序盤ではいかにお金を稼ぐ施設を建てて、中盤~後半はハートと人の数が多い施設を建てるかの勝負になると思います。

 まだ、子どもたちと数回しかプレイしていませんが、もう数回プレイすると勝ち筋が見えてくるかなぁという気がします。

 ただ、他の方々のレビューにもあるとおり、このゲームの対象はあくまでも子どもなのであまり気になるところではありません。

 まさしく、ハピエストタウンにするために、各プレイヤーは知恵を絞りながらプレイし、楽しんでプレイできているかという視点でゲームを振り返ると、息子2人はとても楽しんでプレイしていました。

 特に、小4の息子は得点も気にしつつ、何やら自分の街をこうしたいという理想を追いながらプレイしていました。

 このゲームは、子どもたちが遊べるゲームとして、レシピから街コロまでの移行するまでの中間に位置するものになるのではないかと思います。


 1回のプレイに掛かる時間も短いですし、子どもとのプレイでヘビーローテーションになるのではないかと期待しています。

1年以上前(2018年12月23日 10時51分)
続きを読む
閉じる
281
名が参考にしたレビュー
 by hiro

街を作って点数を競うゲームです

発売直後にタイトルやパッケージは知っていたのですが、同時期に雰囲気が似たゲームが何作か出ててそのままスルーしていました

その頃の自分を殴ってあげたいです

10歳の息子と何度か対戦してみました、ルールも簡単で「お金で建物を買う」「建物によっては収入が増える」「人数と♡マークを掛けた数字が点数」といった感じです

1戦目はルールブックを読みながらなんとなく遊んでいました、結果息子が勝ちましたがお互いあまり釈然としない感じで「ん?おもろい?これ」「わからん」「もっぺんやってみよ」とうことで2戦目へ

2戦目は「収入」「人数」「幸福度(♡マーク)」のバランスを考えながらしてみました、単純に「人数×♡」なので80~100点程度を目途に街を作っていきます
息子は収入を増やして、後半に点数の高い建物を建てる作戦のようでしたが、80点と50点で私が勝ちました

お互いにゲームの流れを確認しながら「序盤パスして貯めたお金で高い建物を買ったほうがいいのでは、、」という結果になりそれから3戦、4戦、、、と重ねていくうちに「どのタイミングでパスするか」「どの建物がコスパがいいか」というのが分かってきて楽しくなってきました

インフラカードのルールも絶妙で「条件がそろったら勝手についてくる(独自解釈)」なので、効果の薄いインフラカードを避けたり、8軒建てている状態で一気にゲーム終了に持ち込む事も出来ますし、建物の中には最初不要なカードに思えても多人数戦で活きてくるカードもあります

ルールがシンプルすぎて拡張を出すのが難しいかもしれませんが、それでもインフラカードの種類が増えたりするとゲームに変化が出てきていいかもしれません、息子も「インフラカードもっと欲しい」と言っていました

又、「自分の手番時に場に出ているカードの入れ替えが出来る」というルールがあるので先手後手にあまり差が出ないのもいいと思います(宝石の煌き等は先手有利、、、というより後手が確実に不利です)

カードのデザインもアイコンだけ(一部「即時」などの記載はありますが)なのでインストも簡単でした

他プレイヤーとの直接のやりとりが薄いのですがギスギスしなくていいので楽しく遊べると思います


「しょっぱなイグルー安定やね、、、ってイグルーってなん?(息子)」「ベ…ベルベットルームにおる老人や(震え声)」


■カードサイズ 44mm×63mm(TCGハーフサイズ):86枚


個人的評価:7.8/10


コレだけ楽しめて2000円切るとか実質タダなのでは、、、

1年以上前(2019年04月08日 13時54分)
続きを読む
閉じる
258
名が参考にしたレビュー
 by zeeetto

自分は主に子どもを含めた家族でプレイするファミリーゲーマーです。その視点から評価しますと、ほぼ満点といえる数少ないゲームです。

ゲーム内容は既に投稿されているとおりで割愛させていただきますが、子供含めたファミリーで遊ぶ視点から非常に評価できることが多く、感動しました。

まずコンポーネントについて。カードが小さく、かつ扱いやすい。カードの種類は多いですが、プレイ準備で全て置いてもすごくコンパクトに収まります。さらに、カードはすべてラミネート済みで、子供が多少手荒に扱っても全く気を使う必要がありません。これは本当に嬉しい。手軽に始めようという気になります。

ルールもシンプルで、15分程度でサクッと終わる割にやりごたえも感じます。子供がもう一回!って言いたくなる絶妙なプレイ時間です。その上で、頭を使っている実感はあるのにカードの引きという運要素が絡むせいか差がつきにくく、普通に子どもに大人が負けたりもして、大人も子供もある程度同じ土俵で戦えます。それは子供側でも感じるようで、大人にちゃんと勝てているのが嬉しいみたいです。

勝利点の数え方もとてもわかりやすいです。二種類を集めていって最後に掛け算するだけなので、勝つためにやることがとてもシンプル。ボーナス獲得的な特殊カードの獲得についても条件がわかりやすく、6歳児でも間違うことなく、戦略的にそれ取りに行ってます。コストと自分の勝利点の状況によりどのカードを取りに行くのが有効なのか、それを普通に6歳が判断して遊べるようなゲームって、なかなか無くないですか?? それだけでもすごいと思います。子どもにも、良い頭の刺激を与えられていると思います。

あとですね、プレイ感が二人でも三人でも四人でも変わらないんですよ、このゲー厶。プレイヤー同士の絡みがないからか、特殊な準備やルールなしでどの人数でも全く違和感なくプレイできる。これ割と重要ですよね。人数によって面白さが変わっちゃうゲームも多いですから。その点、このゲームは2人しかできなくても4人揃っても全く同じ面白さです。絡みがないというと淡白な印象かもしれませんが、そのおかげか足の引っ張り合い要素がなくて、そのほうがファミリーゲームとしては良かったりするんですよね。

街づくりというテーマだけでも子供ウケが良く、さらに内容的にも申し分ない。おまけにコンポーネントが扱いやすい。その上、コンパクトに収まる。 しかも2000円しないなんて。なんてお得なんだと。

まだ子供が小さいうちの家では、取り敢えずやるか的な鉄板のゲームになってます。同環境のファミリーゲーマーは、本当におすすめのゲームですよ。

約1年前(2019年06月01日 07時18分)
続きを読む
閉じる
235
名が参考にしたレビュー
 by 花ryo

かわいいアートデザインに一目惚れ。子供もよろこぶテーマ性に即購入。勝利条件がより幸せな街をつくることだなんて!平和すぎる!プレイの感想はルールもわかりやすいのでほんとに子供とのプレイがおすすめ。小賢しくお金を儲けようとする大人はなぜだか勝てません。適当にやってる子供にも勝てませんでした。う~む深い。プレイ時間も長くないので子供も飽きずにできるし、負けて泣く子供もいませんでした。あ、でも銀行やりたいってゲーム始まる前に泣いたのいたなー。コンポーネントも小さいので街コロよりも場所をとらないので考えてあるなーと感心しました。なによりかわいいは正義、おすすめ。

約2年前(2018年06月11日 07時31分)
続きを読む
閉じる
230
名が参考にしたルール/インスト
 by ネクロス

お金を元に勝利点の高い町を作りましょう。

勝利点は「人口」×「幸福度」で決まります。


自分の所に建てられる建物は全部で10種、低コストなものばかりでは勝てません。上手く資金源を作り、ミドルコストやハイコストな建物を立てていきましょう。


初期条件はコンビニ(マイターン開始時に+1資金)と2資金。最初のターンは3金で買い物ができます。

資金が補充されたら場に出ているカードはローコスト(1~3金)3枚。その中から買う、場に出てるカードをすべて破棄してローミドルハイで組み合わせて場に出してから買う、(直前のプレイヤーの購入で)減ったカードを補充して買う、なにも買わないの中から選択。

以下繰り返しで誰かが10建物を建てたら一週しておしまい。勝利点を計算します。


強力な建物として「インフラ」があり、特定個数の建物が建つと自動的に建築されます。


これにより、どんなインフラがほしいかを考えながら建てることになります。

約2年前(2018年05月05日 20時57分)
続きを読む
閉じる
98
名が参考にしたレビュー
 by ボドゲ好きのてんちゃん

小さなお子さん(当店の最年少は今のところ年長さん)から、年配のおじいちゃん、おばあちゃんまで

一緒に遊べるシンプルなルールと、集中力を切らさない適度なプレイ時間(30分以内で終わります)が

良いです。家族層に特におすすめです。ルールは割愛しますが、勝利条件が人口×幸福度というところがとても素敵です。カードも子どもたちが持ちやすいサイズ。自分で取捨選択・決断しなければいけない部分が多々あり、子どもたちにとっては勉強になる要素がふんだんに盛り込まれていると思います。

約1年前(2019年06月09日 10時47分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,760(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 65興味あり
  • 277経験あり
  • 43お気に入り
  • 221持ってる

チェックした商品