マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
ボーナンザ
  • ボーナンザ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 1997年~

ボーナンザ

メーカー・卸元:メビウスゲームズ

送料安!コンパクト便対象?
日本語マニュアル付き
やさしい気持ちになれる交渉ゲーム

 注意してください。配られたカードを勝手に並び替えてはいけません。
 豆を畑にまいて(マメが描かれたカードを並べて)育て(同じマメのカードをたくさん並べて)収穫して(その種のマメカード全てを取って、一部をお金に換えて捨てる)儲けるゲームです。このゲームの特徴として、配られたカードの順番を変えてはいけません。そして、手番の最初に自分の畑にマメカードを並べるときには、手札の一番手前にあるカードしか使えません。また、自分の畑は通常2つしかなく、それぞれの畑には同じマメカードしか置けません。したがって2種類のマメカードしか扱えないのです。手番の最初には必ず1枚のマメカードは置かなければなりません。もし、自分の畑にある2種類以外のマメカードを置かなければならない場合には、既に畑にあるマメを一種類収穫しなければなりません。マメカードは、たくさん集まるほど効率よくお金になります。
 そのあとやマフだからカードを2枚めくって、それと手札を、他のプレーヤーの手札と交渉によって交換することができます。このときは、手札のどの位置にあるカードでも交渉によって交換することができます。したがって、邪魔なカードは、できれば誰かに引き取ってほしいくらいです。無償であげることもできます。しかし、自分にとって邪魔なカードでも他のヒトにとっては必要なカードかもしれません。無償で贈与するより少しでも有利な交換条件を考えてください。相手も邪魔で困っているかもしれません。
 なお、交渉によって得たカードは手札に戻すことはできません。必ず自分の畑に置いてください。したがって引き取るカードには細心の注意が必要です。不要なカードは他のマメの成長を妨げます。
 交渉ゲームでありながら、決してどろどろした雰囲気にはなりません。やさしい気持ちで交渉を行えます。そんな中でも抜け目の無い交渉を行ったヒトが勝ちます。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 26件

ルール/インスト
421名が参考
3年以上前


続きを見る
閉じる
国王
フクハナ
フクハナ
レビュー
348名が参考
3年以上前

皆に言われているように、交渉ゲーム。お金も土地も全てがカード。否が応でも交渉しなければならないが、話し合いの内容はだいぶソフトな感じになるので、交渉が苦手な人でもできると思う。


他人を蹴落としたりはせず、あくまで協力してお金をかせぐ。自分の目的ははっきりしてるからやることは分かりやすい。手札の入れ替え禁止など、細かいルールはたくさんあるから最初は説明に時間を使うけど、覚えてしまえばサクサクできる。


また、良くも悪くも初心者向け、だと思う。

色んなゲームをやりだすと「ボーナンザやろう!」とはならないかな~。交渉したいならもっと深いものを求めそう。ただ、ボドゲ初心者の方の「ボーナンザやりたい!」という声がけっこうあったりするので、決して悪くないゲームで、たまにやると確かに面白い。豆のキャラクターは似たり寄ったりであんまり魅力ないかな。加えて農場の土っぽい地味な色合いがデザインにもテーマにもあるので、個人的にはもっとカラフルでハキハキしたテーマのほうが良かったかも。


爆発的に盛り上がるタイプのゲームではないけど、ピリピリもせず、和気あいあい・ほのぼのとした雰囲気を楽しめる(そういう点では豆を植えて売って稼ぐっていう農夫? っていうコンセプトはぴったりかも)。

ゲーム終了は山札を何回かリシャッフルした後なので、やや終わりは見えにくい。豆カードの裏はそのままお金で保持しておくので、カードの総数はだんだん減ってゆく。交渉のおかげで、自分の思うように配置できなくてイライラするってことはない。

がっつり勝負じゃなく、コミュニケーションや会話を楽しむなら良いゲームじゃないだろーか。

続きを見る
閉じる
国王
フクハナ
フクハナ
レビュー
316名が参考
約1年前

ベスト・オブ・コスパのいいボードゲーム。

千円でこんなに一生遊べるゲームはこれしかないと思う。スペースもほぼ必要としてないので花見でも友人宅でもどこでも持っていける。

3つ目の畑を買うか否かだけど、4人でやると全員買うのはちょっと過剰な感じがする。

ターンごとに全てのカードを植えることが理想。並びが重要で、不要なカードは全て人に押し付けるとだいたいうまくいく。仲のいい友達と性格の悪さを見せつけながらやるとめちゃくちゃ楽しい。

続きを見る
閉じる
皇帝
めー
めー
戦略やコツ
305名が参考
約3年前

ボーナンザは交渉ゲームですが、いくつかコツもあります。思いつく限りで書いてみます。


1 手札は多い方が有利

交渉には材料が多い方が行いやすいです。だから手札がない状況は不利になります。ゲーム中に獲得出来る手札の数はどのプレイヤーもほぼ同じなので、損をしない交渉が求められます。

基本的にはカードを渡すなら、何かはもらうように心がける。「6豆あげるから、10豆2枚ちょうだい」

もらえる時には、極力渡さない。「20豆もらってあげようか」

などの交渉を持ちかけてみるといいです。


2 他の人と被らないように植える。

他の人と同じ豆は植えると交渉のライバルとなるため、出来るだけ自分1人しか植えてないという状況を作る事が大事です。


3 売られた豆をある程度覚えておく。

お金に換金された豆は数が減っていますが、揃えなければいけない枚数は変わらないため2周目、3週目では価値が下がります。何が換金されたかは覚えておいた方がいいです。


4 3枚目の畑は買わない

これは、好みの問題も多いのと、プレイ人数にもよりますが、人数が多ければ他の人と被りやすくなるため、交渉が不利になります。畑の分儲けをあげないと作った価値はありません。

2つの畑でやりくりできるのがベストだと思います。

どうしても買うなら序盤で買わないと元が取れないので、気をつけてください。


5 交渉はwin-winが基本。

1とは矛盾するように思うかもしれませんが、交渉をすればするほど得するゲームです。3人からのゲームなので、交渉すれば交渉しなかった人を出し抜けます。それだけで有利になります。

出来るだけ交渉相手には、損したと思わせない取引を繰り返し、交渉を多くすることが大事です。


自分なりの思うことを書きました。参考になれば幸いです。

続きを見る
閉じる
国王
はだしん
はだしん
ルール/インスト
293名が参考
1年以上前

1997年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品”ボーナンザ”の紹介です。

どこにでも持ち運べる小箱カードゲームながら本格的な交渉ゲームを楽しむことができます。


自分の前に2列の畑を持ち、8種類の豆の中から2種類の豆を多く並べて収穫することで収入を得ます。

このゲームの特殊なルールは手札の順番を変更してはならず、自分の手番では一番手前から順番に豆を出さなければならない事です。これにより出したくない豆を出して少ない収入しか得られない場合もあります。

このような事態を避けるために交渉が許されています。自分の手札も交渉材料となり、自分に不要な豆カードを相手に引き取ってもらいつつ自分に有利な豆カードを受け取る交渉力が重要です。


交渉ゲームが苦手な方にはオススメできませんが、ボードゲームの歴史を変えた作品の1つです。機会があればぜひ遊んでいただきたいと思います。


ご興味がありましたら、下記ブログ記事へお立ち寄りください。

ゲームの準備からプレイの流れを紹介しています。

外部リンク:エキサイトブログとなります。

https://boardgamer.exblog.jp/29981796/

続きを見る
閉じる
国王
PET
PET
レビュー
289名が参考
3年以上前

自分の畑に豆を植えて、売れる数になったら売却してコインを稼ぐ「栽培」&「交渉」ゲーム。

このゲームの面白い点は『手札の並びを変えてはいけない』という点です。手札をシャッフルするクセのある方はカード立てを使うといいでしょう。

つまり、畑に植えられる豆カードは常に手札の右端から。新たに手に入れた豆カードは手札の左端に持つようにする、ということです。

これにより、育てたくない豆を強制的に植える羽目になったりします。

そうならないようにする要素が「交渉」です。

「交渉」により手札の豆カードを相手にあげたり交換したりできるのです。

相手がよっぽど植えたくない豆カードを詰まらせていると、自分にとってメリットになる豆カードが無料で貰えたりします! 最終的に一番コインを持っているプレイヤーの勝ちになります。

その場面場面で、「今どの豆を育てるのが効率がいいのか」を考えるのが楽しいゲームです。

「カタン」の交渉が好きだとより楽しめるかも知れません。

おすすめです!

続きを見る
閉じる
国王
Itsuki
Itsuki
レビュー
287名が参考
5年弱前

毎ターンほぼ必ず交渉が行われるカードゲームです。ソリティアにはならず、周りと話し合いながらゲームが進んでいきます。その交渉も少し不思議で、「次引いたらちょうだいよ!」「これ、タダであげます」「さっき貰ったからこれどうぞ」という他のゲームでは聞かないフレーズが溢れます。説明書には「交渉の際、将来にわたった約束をしてもよいが、それは守る義務はない」とも書いてあります。交渉が多く、他プレイヤーと関わる事が多いため、カードゲームの中でも、かなり充実感が味わえます。

目の前に豆カードが何枚も植わっていくのは面白く、自分だけが美味しい交渉が続く時はホクホクした嬉しさがあります。「交渉」のジャンルを持っていない人は是非、まずはこれから。

続きを見る
閉じる
国王
tamu
tamu
レビュー
283名が参考
約3年前

手札の豆を畑に植えてお金を稼ぐゲーム。

ただし、カードは並べ替えてはいけないため、手前からしか植えられません。

同じ豆はまとめてあるほど価値が高いので、出来るだけそろえて売りたい。しかし上記のルールでなかなか上手くはいきません。

そこで行うのが交渉です。

「この手前にある豆を引き取ってくれませんか?」

「引き取ってもいいけど、他にも10豆とかない?」

などのやりとりをすることで、いらないカードを渡し、欲しいカードを集めて行くゲーム。

農作業がテーマだけど、かなりあこぎな取引が繰り広げられる交渉ゲームです。

基本的には、交渉相手を出し抜く交渉ではなく、協力関係で交渉をいろんな人とするのが得策かと。

4人でやっていたとしたら、交渉相手とwin-winの関係を作れば、他の2人に差がつけられます。

そういう交渉を繰り返すのがコツかと。

好き嫌いは出るゲームですが、個人的にはかなり好きなゲームです。

続きを見る
閉じる
国王
はだしん
はだしん
レビュー
274名が参考
4年以上前

3人でプレイ(2畑スタート)

いい人だけでプレイしたせいか、あまり他人のターラーを気にせず自分の畑の面倒を見るために全員が不利とも思える交渉条件で交渉してしまうため、14ターラーとかでも負けてしまったりするのだけど、8ターラーで勝つよりは14ターラーで負けた方がみんな幸せなんじゃないかと思ったり。

なんで、こんなことになるかというと育てた豆は必ず買っていただけるという安心感があるからで、供給過多にはならないのが問題なのか。

と言う事で、需要パラメーターを作って1度目の収穫は全額で買い取るけど2度目は半額で、3度目以降はタダ同然の買取価格でとかやればもしかしたらもう少し対戦ぽくなるかもしれないと思った次第。

続きを見る
閉じる
国王
初心者GM
初心者GM
レビュー
259名が参考
約2年前

8種類の豆の交渉ゲーム。

ルールがわかればシンプルなのですが、理解するまで大人から子供まで少し戸惑う、けれどとっても

とっても面白いカードゲームです。使うのはカードのみ!


カードには8種類の色とりどりな豆があります。

それぞれ、豆の種類によってカードの枚数も違います。

カードにはそれぞれ、この豆が何枚あるのか、記載されています。


また、このカードの面白いところは

手札にあるカードを動かしてはいけません。

最初、5枚ずつ、カードを配られるのですが、配られたらカードをそのまま持ち

入れ替えることができません。


さぁ、ゲームスタートです。

自分の手番でやることが、とても多いのでこんがらないようにしてください。


まず、手札の一番上から1枚、もしくは2枚豆カードを出して畑にうえます。

畑カードはないので、自分の場に1枚、もしくは2枚カードをだすと思ってください。

1枚は必ず出さなければいけません。2枚目は任意です。

ただし、自分の畑は2つしかありません。つまり最大2種類しか植えることができません。

(3つ目の畑を3コインで購入することはできます。コインは畑に植えた豆を刈り取り販売することで発生します)

2枚、同じ種類の豆を持っている場合、一つの畑に重ねて植えることができます。


次に、山札から2枚カードを場に表にだします。

そのカードを、自分が欲しければ畑に植えることができます。

ただし、場に出たカードは絶対に手札にいれることはできません。

もし、自分の畑が満杯で、場のカードを植えることが出来ない場合は

2つの選択肢があります。

今、植えている自分の畑を刈り取って、場のカードをもらって畑に植え替えるか

他の人と(参加者全員)と交渉して場のカードをもらう、自分の欲しいカードと交換することができます。

ただし、交渉して得たカードも、必ず畑に植えなければいけません。


山札からひいた2枚のカードの処理が終わったら、次に

自分の手札が必ず5枚になるように、山札から不足分の枚数をひき

必ず、自分のカードの最後、一番後ろにいれて、手札の順番を変えないようにしてください。


様々な種類の豆畑を耕作して、多くの収入を得るカードを使ったボードゲームです。


最後に、豆を収穫してコイン(ボーナンザではターラーという通貨名です)にかえる方法ですが、

これは、自分の手番だけでなく、誰の手番のときでも、いつでも畑から刈り取ってコインに変更できます。

ポイントは、豆の種類と、枚数によって得られるコイン数が変更します。

例えば、20枚ある豆だと、枚数が多いので4枚で1コインにしかなりませんが、全体の中で8枚しかない豆だと

2枚で1コインなど。


周りと交渉しながら、どのタイミングで豆を刈り取るのか、そのタイミングを考えるのが

面白いゲームです。

続きを見る
閉じる
国王
ボドゲ好きのてんちゃん
ボドゲ好きのてんちゃん
レビュー
239名が参考
5年弱前

 8種類の豆(種類ごとに価値や枚数が異なる)が登場するが1つの畑に植えられる豆は1種類だけなのに畑は2ヶ所(ゲーム中3ヶ所に増やせる)しかない。手番には必ず1~数枚の豆を植えないといけないが手札の順番を変えられないためにせっかく育てた畑を処分して植えることになる。それだけだと窮屈に感じるルールですが、それらは全てお互いが「交渉・交換をする」ように仕向けられています。手番にはまず1~2枚の豆を植えなければならず、その後2枚の豆が山札から場にさらされて交換材料となるのですが、引き取り手がない或いはその豆と交換して得た豆は植えなければなりません。植えなければならない豆が不都合な場合、「できれば自分の益になるような豆と交換したい」→「タダでも良いから引き取って欲しい」→「この豆をオマケで付けるからお願い!誰かもらってくれー!!」となります。手札の順番を見て計画を立てて不要な豆は積極的に交換材料にしてはき出しておく必要があります。お互いがそういう状況なので活発に交渉・交換が発生します。うまく最大まで豆畑が育つと嬉しいです。

 ルールが独特ですし、面白さを口で説明するのが難しいですが、ボードゲーム初級者に是非おすすめしたいゲームです。交渉に抵抗のある者も交渉せずにはいられないルール構造が素敵です。勝ち負けを競うハズなのですが何故かお互い協力的に和やかな交渉がなされ、勝ち負けの意識が薄いゲーム展開になることが多くて、そこらへんは好き嫌いがでるかもしれません。交渉がしやすいゲームですが、それ故に淡泊な交渉になりすぎる時があります。お互い利益のある交換は即決しやすいのですが、頼まれての時ぐらいは「もう少し色をつけてくれんかなぁ」ぐらいのもう一押しをイヤらしくない程度に加えてみてください(イヤらしくやっても良い)。

 他のゲームでは得られない軽快で頻繁な交渉が楽しめるお気に入りのゲームです。

続きを見る
閉じる
国王
Pino
Pino
リプレイ
237名が参考
2年以上前

こうすけがいつも通りどんどん要らないカードを渡してくれる。

ママも負けじと高速回転。

ウチのボナンザはあまあまだ。

手札を回すのは正しいプレイなんだろうけど、もうちょっと悩んで欲しいよなあ。

面白いゲームだけど、何回かプレイしないと面白さがわからないゲームでもある気がしていて、特にボードゲーム初心者には勧めにくい

続きを見る
閉じる
国王
てら@kotaronopapa
てら@kotaronopapa
レビュー
226名が参考
5年以上前

 このゲームの説明を見たとき、非常に不自由なゲームと感じると思います。「手番の最初に必ず植えなければならない」「手札の順番を入れ替えてはいけない」「1枚の方を刈り取ってはいけない」このゲームには他のゲームには無い特殊なルールが多く存在するのです。
 また、手札から出すことが出来るのは毎手番1枚か2枚ですが、その後補充するのは必ず3枚ですから手札は溜まっていく一方です。これらのルールは一点の方向へデザインされています。

「交渉をしなさい」

 どんなプレイヤーでも交渉しなくてはなりません。引っ込み思案だろうが損得の計算が苦手だろうが、運だけでは絶対にルール通り処理する事が出来ないのです。
 
 と書くと非常に殺伐としたゲームの印象ですが、実際には競争しているにもかかわらず争っているという感覚があまり感じられない稀有なゲームです。交渉事は基本的にはお互いの得になるようにしないと成立しにくいですし、しばしば一方的なプレゼントさえ発生します。他のプレイヤー全員と交渉し、自分が少し不利になるようなカード交換をいっぱい行ったプレイヤーが勝ったりするゲームでもあります。
 
他のプレイヤーを攻撃したり、出し抜いたり、騙したりするゲームも面白いのですが、そういったゲームが苦手な方や、ちょっと毛色の違うゲームを探している方にお勧めです。

続きを見る
閉じる
国王
kaiwajushin
kaiwajushin
レビュー
208名が参考
1年以上前

シンプルなアイデアで斬新なゲームに!交渉ゲームの大傑作。楽しく豆を育てよう!


【ざっくり解説】

 「アグリコラ」「パッチワーク」などで一躍時の人となったローゼンベルクのカードゲーム。

 同一種類のマメを集めて育てるゲームで、交渉を通じて要らないマメを処理し、必要な豆に交換していく必要があります。

 交渉ゲームとしても友好的かつプレイヤー同士にやや無理やりにでも、交渉させようとしていくシステムになっており、こちらの方もなかなか代替え性がない面白さではないでしょうか?


【長所】

 このゲームの何よりも凄いことは、手札を並べ替えることを禁止して生まれたゲーム性だと思います。この発想力の素晴らしさは思わず脱帽です。

 次に交渉システムでしょう。友好的に「あげる、くれる」の取引をして気楽に楽しむこともできます。ゲーマー同士、お互いにどれだけ利益になるのかとシビアにソロバンを弾くような取引も可能です。メンツ次第でゲームの持つ顔が変わる側面があることです交渉を通じて会話が弾みやすいのも長所の1つだと思います。

 そしてやはり唯一無二の手札並び替え禁止ルールですね。これはボードゲーム好きなら一度は体験しておきたいゲームシステムの1つだと思います。


【短所】

 タイブレーク(同点時の優劣を決める)ルールがないこと。加えて同点がしばしば発生することですね。これについては公式で何か取り決めがあっても良かったと思います。最新ルールにはタイブレークが存在します。メビウス訳で遊んでいる人は要注意です。

 また手札並び替え禁止というルールは初回プレイの人に厳密に守ってもらうのが構造上、難しいルールです。つい交渉の相談の時に、まだ成立していないのに手札から抜いてしまうこともしばしば。なかなかないルールなだけに、慣れるまでついうっかりが結構あり得ます。


【個人的な評価】

 間違いなく傑作です。シンプルなルール、唯一無二のゲーム性。常に悩ましい交渉。これだけそろって名作でないことはなかなかないでしょう(笑)。30~50回ぐらいは遊んでいると思います。

 個人的には少しゲーム慣れした人に楽しんでもらう時に重宝しています。交渉ゲームであるのにも関わらず、3人でも十分面白いのも良いですね。


【余談】

 独自タイブレークルールを僕は採用して遊んでいます。よろしければ採用してやってください。

 1.手番数が少なかった人が勝利

  終了時の都合で手番数で損をするプレイヤーが何人か出ることがあります。

  手番数が少ない人ほど同点の場合、得点効率が良かったと言っていいと思います。

 2.それでもタイの場合は残り手札枚数が多い人

  単純に手札の残り枚数が多い方が、得点効率が良かったといっていいと思います。


【詳細レビュー】

当サイトにて本作の詳細レビューを公開しております。このゲームのルールと魅力を、専門用語をできるだけ使わず、たくさんの写真付きで分かりやすく解説しております。是非ご覧ください!

『ボーナンザ』詳細レビュー

続きを見る
閉じる
たまご
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
レビュー
182名が参考
4年以上前

ソフトな交渉ゲームです。
配られた手札の順番を並べ替えられないのが大きな特徴です。
基本的にはWin-Winな交渉をするので、交渉って難しそう、そういうのはやった事がないと言う人でも比較的やり易い内容になっています。
初めての交渉ゲームに是非。

続きを見る
閉じる
国王
あまとう
あまとう
レビュー
174名が参考
9ヶ月前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

ボーナンザは、手札の順番を入れ替えらず、1つの畑には1種類の豆しか植えられない制約があるなかで、豆をなるべくたくさんにしてから売るようにカードをマネジメントしていく面白いボードゲーム(カードゲーム)です!
豆カードを同じ種類集めなければならず、必ず人との交換や人へのプレゼントが発生します。なので、必然的にそういう行動が起こり、なんとなく優しい気持ちになります(笑)

豆カードの巡り、その結果植えた豆カードが他の人と被ってしまうというように、コントロールできない運要素に左右されてしまう感はあります・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶1pt.≪★★≫


ボーナンザの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
たまご
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
174名が参考
5年以上前

不思議な交渉ゲームです。
各自、2つしかない畑に豆を植えるのですが、手札を引いた順番にしか使えないというルールのため、3種類目の豆を植えなければならないとき、どちらかの畑の豆を収穫するか捨てなければなりません。

そこで、他の人と交渉し、いらない豆を引き取ってもらうのです。
取引した豆はお互いに必ず植えなければならないため、交渉は双方にとって利のある形がほとんどです。
そのため、交渉ゲームでありながら、まるで協力ゲームのように終始和やかな雰囲気でプレイが可能です。
とはいえ勝ち負けはあるので、そこまで単純にはいきませんが。。。

協力なのか、対戦なのか一風変わったゲームには間違いありませんが、殺伐とせず、場所を選ばずにプレイ可能ですので、ボードゲームの入門者やちょっと変わったゲームお探しの方にお勧めです。

続きを見る
閉じる
国王
Uty
Uty
レビュー
128名が参考
4年弱前

交渉ゲームです。「自分が得をすること」が最優先ですが、1対1で有利に取引をする必要はありません。不利な取引をしても、多くの人と取引をすることで、最終的にトータルで勝つ。そういうコミュニケーションゲームです。

続きを見る
閉じる
貴族
たばしる
たばしる
レビュー
126名が参考
2年弱前

自分の畑に豆を植え効率よく収穫して、多くの収入を得られるよう目指すゲームです。


他のプレイヤーと交渉して欲しい豆を手に入れたり、時には豆を他プレイヤーにあげることも必要になってきます。他人の邪魔など(交渉を断ったりするなど)だけの一人よがりでは決して勝てないゲームです。


大人同士でも十分楽しめるほどの、よく考えられた仕掛けが含まれているゲームです。


子どもと遊ぶケースでは、脳の育った子は効率と交渉を非常によく考えて仕掛けてきますので、そんな姿を見ると大いに子どもの成長を感じられ、とてもうれしくなります。

続きを見る
閉じる
国王
Bande ボードゲーム会
Bande ボードゲーム会
レビュー
123名が参考
約5年前

カードに書かれたコインマークは、そのカードを何枚植えた(集めた)かによって、貰えるコインの枚数が変わります。勝利条件は、一番コインを集めたプレイヤーが勝利。

カードは自分で引いて配置(植える)以外にも、他のプレイヤーとの交渉により、カードをもらえたり。ただし、配置には手札の右側から出す必要があり、植えることができない場合、破棄することに。植えるという感覚と、交渉によりカードをプレイする楽しさが、いい感じです。

交渉ゲームの練習のような、でもうまくできたゲームなので、何度も楽しめるゲームです。

続きを見る
閉じる
国王
きぬりす
きぬりす
レビュー
101名が参考
1年以上前

カタンなどと同様、交渉がキーになってくるゲーム。

トークンに換えることのできるカードの数は限られており、また畑に植えることのできるカードの種類も限られているため、どうすればトークンが多く手に入れられるか、交渉相手がほしがっているカードの種類を見ながら、交渉の妥協点を探っていく。

カタンには銀行や港などの交換システムがあるが、ボーナンザにはないため、交渉の出来が勝敗を決めるといっても過言ではない。

続きを見る
閉じる
国王
まさ
まさ
ルール/インスト
67名が参考
11ヶ月前

ゲームの目的

 畑で栽培した豆を売ってお金を稼ぐ

勝利条件

 最も所持金の多いプレイヤー

終了条件

 3回目の山札がなくなったら直ちにゲーム終了
 ※表にする2枚のカードが足りない場合、1枚だけ表にする

準備

 各プレイヤーは豆畑を2つ持っているものとする

 各プレイヤーにカードを5枚配る

 手札の並び替えは禁止されている

 常に一番手前のカードからプレイし、新しい手札は一番最後に加える

ゲームの流れ

 1.豆カードをプレイする

  手札1枚を豆畑に出す

  更に手札1枚を任意で豆畑に出すことができる

  1つの豆畑には常に1種類の豆しかプレイすることができない

  豆を売ると豆価格表のお金を獲得できる

  獲得できるお金と同じ枚数のカードを裏返し、

  お金の面を上にして自分の前に置く

  それ以外のカードはそのまま山札の横に捨てる

  畑の豆は全部まとめて売却しなければならない

  1枚のカードしか置かれていない畑の豆は売ることができない

  ただし、全ての畑に1枚ずつ置かれている場合、

  捨て札とするカードを自由に選ぶことができる

 2.交換と贈与

  山札から2枚引き表向きに置く

  これらのカードと手札を交換と贈与ができる

  全てのプレイヤーは手番プレイヤーに対してのみ、交換と贈与ができる

  手札の交換カードは交換が決まって時点で手札から抜く

  交換したカードは手札の中には入れず表向きに置く

  これらのカードを再び交換に使うことはできない

 3.豆をまく

  [交換と贈与]で獲得した全ての豆カードをそれぞれ自分の畑に置く

 4.豆カードを引く

  1枚ずつ3枚のカードを山札から引いて手札に加える

フリーアクション

 いつでも自分の畑の豆を売ることができる

 ゲーム中に1回限り3つめの豆畑を3金で買うことができる

続きを見る
閉じる
国王
TJ
TJ
リプレイ
52名が参考
約1年前

やたらMAXまで植えまくっていた回。出目が良かったせいで交渉しないで生きてしまった。無念。

続きを見る
閉じる
皇帝
めー
めー
リプレイ
47名が参考
1年以上前

結構大差かと思ったけど、いつも僅差で終わるのは不思議。

慣れた相手同士だと交渉がかえって淡白になり易い気が。

続きを見る
閉じる
国王
こけし
こけし
戦略やコツ
38名が参考
9ヶ月前

交渉と贈与の際に、自分の手札の順を関係なく整理できるので、このタイミングを生かして、自分の前に蒔いた種の回収が早くできるようにするのがポイントです。

続きを見る
閉じる
たまご
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
戦略やコツ
31名が参考
1年以上前

手札がすぐに詰まるゲームなので畑の稼働率を意識するのが良いだろう。

続きを見る
閉じる
国王
カフカ
カフカ
  • 商品価格¥ 1,500(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 312興味あり
  • 1657経験あり
  • 364お気に入り
  • 1217持ってる

チェックした商品