マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ヘックメック
  • ヘックメック当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~7人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2005年~

ヘックメック

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
サイコロゲームには、冷静な判断と勢いが必要。
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

 手番には8個のサイコロを振ります。サイコロの目は1~5と虫が描かれた目です。出た目から1種類を選びその目が出ているサイコロを全てとって脇によけます。残ったサイコロを振りなおすことができます。振りなおした後も、出た目から1種類を選びその目が出ているサイコロを脇によけます。ただし、すでに選んでいる目を再度選ぶことはできません。振り直しはサイコロが残っている限り行えますが、すでに選んでしまった目ばかりが出たら手番失敗になります。また、選んだ目の中に虫の目がない場合も手番失敗です。
 振り直しをやめたら、サイコロのポイントを合計します。この時、虫の目は5と同じです。合計ポイントと同じタイルを中央から取ります。合計ポイントと同じタイルが中央になく、ほかのプレーヤーの前にある場合には、そのプレーヤーからとります。中央にも、ほかのプレーヤーの前にもない場合には、中央に残っているタイルのうち、ポイントよりも少ないものが残っていればそれをとります。それもない場合は手番失敗です。タイルが取れる場合には自分の前に置き、その後新たなタイルを取ったらその上に重ねておきます。重ねられた下のタイルはいきなり取られることはなくなります。手番失敗の場合は、自分の前に重ねられているタイルの一番上を中央に戻します。この時、一番ポイントが高いタイルを裏にします。このタイルは誰にも取られることがなくなりました。
 これを繰り返し、はじめ中央に置かれていた21から36までの16枚のタイルが、いずれかのプレーヤーの前に置かれるか伏せられるかしたらゲーム終了です。手元にあるタイルに描かれた虫に数をかぞえ、一番多い人が勝ちです。
 一度選んだ目は再度選べないので、5や虫などの大きい目をいつ選ぶかがポイントになります。また、より高得点を目指すか危険のないところで止めるかも、大きなポイントです。確率に沿った冷静な判断をしたとしても、サイコロは確率に従ってはくれません。でも、運だけでは勝てないのです。

レビュー 11件

244
名に参考にされているルール/インスト
2018年07月16日 22時30分

【勝利条件】

獲得したイモムシタイルに描かれているイモムシの最も多い人が勝ち


【準備】

タイルを順番どおりに全部並べる。ダイスはダイストレイ(ない場合は箱の上を使うと良い)に全部入れる。


【遊び方】

一人ずつ順番に手番を行う。

①全てのサイコロを振る。

②出た目のうち好きな1種類の目を選び全て自分の前に置く。

※1種類しか選択できない。

③残っているサイコロは振り直す。

④出た目のうち好きな1種類の目を選び全て自分の前に置く。

※ただし、前に選んだ事のある目は選べない。

以下、繰り返す。ただし、自分の前にサイコロを全て置くか、

全ての目が出るか、出た目がすでに前にある目の場合は、

止めなければならない。また好きなときに止めても良い。


【タイルの獲得】

出た目の中にイモムシの目があった場合は、サイコロの

目の合計(イモムシは5で数える)以下の最大の数字の

タイルを、場もしくは相手の一番上のタイルから取れる。

取ったタイルは重ねて自分の前に置く。

※相手から取る場合は、合計と同じ数字でなければならない。


【タイルを取れないとき】

出た目の中にイモムシの目がなかった場合や、

サイコロの目の合計以下のタイルがない場合は、

タイルは獲得できません。

さらに場にある一番高い数字のタイルを裏返しにし、

今までに取ったタイルのうち一番上にあるタイルを

場に返します(裏返しのタイルは取れなくなる)。

続きを読む
閉じる
221
名に参考にされている戦略やコツ
2019年02月15日 11時39分

同じ数字を一度しか取れないため最大数である5または虫マークのダイスが多く出たときに取っておくのが最優先。

チャンスを待って次回以降に賭けるならとりあえず3あたり、または保険に虫をとっておくのも良い

1や2を多く取ると損をしてしまいます

続きを読む
閉じる
187
名に参考にされているレビュー
2016年11月15日 20時10分

ライナー・クニツィア先生のゲームということで。このゲーム作家さんの特徴でよく言われるのは「ジレンマ」。もちろん他のほとんどのゲームにもそれは存在しますが、プレイ感にそれがジリジリ出るのがクニツィアテイスト。

ヘックメックもお手軽なプレイ感ながらジレンマ感はしっかりと出ていて、どのダイス目を残すか、いま虫の目を取るべきか、あえて権利を失い低い点のタイルを場に戻し代わりに高得点タイルを場から排除するか(めったにしませんけどね)など、ダイスの運をめぐって程よいジレンマがそこかしこに存在します。
ジレンマ=リスクのある選択の決断、ですね。

ただまあ、そんなゲーマー的なことを考えず、野鳥の気持ちになりきって「虫喰うぞー!」とじゃらじゃらダイスを振りまくる快感に興じるのが、一番楽しいと思います。

お子さまのいる方向けに。
6歳の子と遊んでますが一応遊べました。ウチの場合、どうしても確率を無視してダイスを振りたがってしまうのですが、我慢してとどまるチカラ的なものを鍛えてやるゲームとして活躍してます。パッケージと虫の絵、タイルとダイスの質感は大好きみたいです。

続きを読む
閉じる
184
名に参考にされているレビュー
2017年10月15日 16時05分

ライナー・クニツィアによるダイスゲームです。
サイコロを8個振って、21〜35までのタイルを奪い合い、最終的にタイルに描かれている虫の数が多い方が勝ちです。
ルールは覚えることが少ないけど、クニツィアらしくジレンマはたっぷりあります。
ルールは、他の人がレビューで書いているのでそちらを参照いただくとして、他のプレイヤーが持っているタイルを奪うことが勝敗を分けたりしますので、ダイスの目をどう采配するのかが鍵を握ります。
息子とはまだプレイしていませんが、多分楽しんでプレイしてくれると思います。

続きを読む
閉じる
170
名に参考にされているレビュー
2018年09月04日 08時27分

おススメ度:★★★☆☆


クニツッア(有名なボードゲーム作家)による大名作の一つ。ニワトリのしっぽのようなニワトリシリーズの一つでもあります。


サイコロ8個を振って出た目から1種類選んで、残りは振りなおしてを繰り返して、サイコロがなくなるまで繰り返す。1度選んだことのある目は選べなくなるから、どれをどのタイミングで選ぶかは重要。タイルを取るためには必ずイモムシを取らなくてはならないため、イモムシを出てきたら1コでも取るのかたくさん出るまで狙うかは超重要。また1種類しか選べないため、良い目がたくさん出ていてもどちらを選ぶかは悩ましい。

出た目の合計で21~36までのタイルを取り合って、最後にタイルに描かれているイモムシ(1~4匹)を合計して多い人が勝ち。


基本的にはソロプレイに近く相手との絡みはタイルを奪う事と途中でやめてタイルをあえてタイルを取りにいくくらい。でもなぜか盛り上がります。ダイスゲームなので運要素は高めですが、どのサイコロの目を選ぶかはその人次第。そこでガヤを入れて高めを狙わせて失敗させたり、逆に成功されて痛い目見たりします。

勝つためにはどうするっていうよりも、ゆる~くコミュニケーションゲームの一つとして楽しむのが良いでしょう。時間も30分くらいで確実に終わるように設計されているため、長引かずでも終盤の盛り上がりありで楽しいです。

イモムシというモチーフがイマイチ人気がないのがおしい!でもおもしろいのでやってみて!!!

続きを読む
閉じる
145
名に参考にされているレビュー
2017年01月27日 21時56分

8個のサイコロを振って1つの数字を確定し、残りを振り直すかもう止めるか選択し、合計値以下のタイルを場から獲得するゲームです。


【おすすめポイント】

サイコロを振り続けて「確定させられる数字がない(既に確定した数字しか出なかった)」または「ムシの目を1つも含めることができない」場合はドボンとなり、そのターンはタイルを獲得できないばかりか自分の持っているタイルを1枚場に返さなければなりません。

タイルは大きな数字の方がムシの数が多い(得点が高い)ため、「もっと大きな数字を狙いたい、でもドボンは怖い・・・」というジレンマを生み出し盛り上がります。

なおドボンの場合は場にタイルを返すと同時に場に残っている一番大きな数字のタイルを裏返して除外するため、場にタイルが戻り続けていつまでも終わらないということもありません。

またこのゲームが何より面白いのは、「誰かの持っているタイルの重ねた一番上のタイルとぴったり同じ数字になれば奪ってもよい」というルールです。

これにより最後の最後まで全員に逆転のチャンスがあり、ひとり勝ちしているプレイヤーのタイルを全員で奪いにかかることによって一気に下剋上になることも。

自分の手番以外は他のプレイヤーがサイコロを振るのを見ているだけにはなりますが、奪われるかもしれないというヒヤヒヤ感から自然と他のプレイヤーのサイコロの成り行きに注目しますので退屈もしません。

手番プレイヤーがどうするか悩んでいるときに「こうすれば彼のタイルを奪えるんじゃない?」と横やりを入れてみてもいいのではないでしょうか。


【留意点】

このゲームを友人に勧めて後から感想を聞いたところ「そんなに盛り上がらなかった」と言われ、よくよく聞いてみると、他のプレイヤーからタイルを奪うという行為をほとんどしなかったとのこと。

奪わなければただ淡々と場のタイルを獲得するだけになり、手番以外のプレイヤーもその結果もさほど気にしなくなるため、盛り上がりに欠けてしまいます。

なので、結果的に数字が誰かのタイルと一致したら奪うというよりは、最初から奪うつもりで狙いにいった方が圧倒的に面白くなります。

ただ一方で、終盤にタイルを奪い合う状況になると場のタイルがなくなりにくいため、少し収束性が悪くなる部分もあります。

正直見た目はたいへん地味で見るだけでは面白さが伝わりにくいので、ルール説明をされる方はそういった部分を理解して説明した上で、奪い奪われの攻防をお楽しみください。

続きを読む
閉じる
123
名に参考にされているレビュー
2017年01月28日 15時06分

ダイスを振り目を確定、その数の目を全て取ったあと振るか振らないか。

ただし一度取った目は取ることができない。そして最終的に虫の目がないとバースト。

こうして目の合計数以下のタイルを奪っていくゲームである。そしてなんと!


相手が取ったタイルであってもちょうどの数であれば取ることができる。この奪い合いが熱い。「いやいや、もう一回振って大きいの狙えよ(取られそう)」「だが断わる(略奪)」みたいなノリである。


と思っていたらまた奪い返されたり(笑)


不思議なもので、ダイスの流れと言うのだろか。突如、取れなくなってくるタイミングがある。こうなるとどんどん取られてしまうし、大きな数を一発逆転で狙って、はい、バースト。


神様はサイコロを振らないはずなのだが・・・

続きを読む
閉じる
93
名に参考にされているルール/インスト
2018年09月16日 19時55分

ふんわりインスト

かんたんなルール動画作りました。

全体のイメージを把握するために 

インスト前によかったらみてください(ルールの省略あり)

Youtubeリンク↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/dCgC4Hs2MfY

よかったら チャンネル登録、コメント、フォローもお願いします。

続きを読む
閉じる
91
名に参考にされているレビュー
2016年08月23日 10時02分

サイコロの出た目の合計値のタイルを取っていくゲームです。

基本的に選択肢はサイコロを振るか止めとくかの二択なので、バースト系のゲームです。

8つのサイコロを放り投げ不思議なにおいのするタイルを手元に積み上げてカチャカチャする感覚はたまにやりたくなります。

長いゲームの合間にと思ってやり始めるとプレイ時間が意外に長く、単純で運の要素も強いですがついつい夢中になってしまう不思議なゲームです。

誰とでも遊べますので普段ゲームをしない人と笑いながらタイルを取り合ってゲームの楽しさを伝えることができる良いゲームです。

続きを読む
閉じる
83
名に参考にされているレビュー
2019年09月16日 11時35分

ダイスをぶって、鳥の餌を集める軽いパーティゲーム。

デザイナーは『モダンアート』『ラー』『ハイソサエティ』『ケルト』のライナー・クニツィア。


サイコロ8個を3回ふって、一回ごとにできるだけ多い数字のゾロ目を揃えて大きい数字をだすと、沢山の餌がもらえる。3回ふるが最初に出た数字が例えば5が2つだった場合、次回は5はもうとれないところがミソ。つまり各回違う数字でなおかつ、虫(5点)を必ず一回は出さなければならない。


21から35までの数字が書かれたタイルをサイコロででた数の合計でとっていく。一度とったタイルでも次回タイルがとれないと場に戻さなければならないルールが効いていて中々思うように餌が揃えられない。また、他の人がとった直近のタイルもとることができる。


運の要素が多いのは違いないが、ついているときはドンドン思うように数字がでるが、ついてないときはトンでもない数ばかりでて笑ってしまう。

4人以上でやると盛り上がるのでパーティのときなどにお薦め。

続きを読む
閉じる
57
名に参考にされているレビュー
2016年04月19日 22時39分

22~35までのタイルがある
プレイヤーはダイスをふった合計でタイルを
ゲットでき、最終的に数字の下に書かれた
虫の数が多いプレイヤーが勝利できるんですが
ダイスの振り方が特徴的で
8つのダイスを振り獲得した数字を決めて
同じ数字のダイスを全て取り除き
残ったダイスをまた振り直す
決めて振り直してを繰り返す。
前に出た数字は決められない、虫を必ず
一匹は取らないといけない等のルールがあり
なかなか上手くいかない。
失敗すると多い数のタイルから裏返し
2度と取れなくなる
また他のプレイヤーがゲットしたタイルを
同じ数字が出れば奪い取ることができる。
じっくり時間をかけて楽しめるゲームです。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,000(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 91興味あり
  • 858経験あり
  • 139お気に入り
  • 567持ってる

チェックした商品