マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
スピンデレラ(クモのシンデレラ)
  • スピンデレラ(クモのシンデレラ)当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20分前後
  • 6歳~
  • 2015年~

スピンデレラ(クモのシンデレラ)

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
立体コンポーネントは一見の価値あり!
  • ロベルト・フラガ(Roberto Fraga)作

2015年年間子供ゲーム大賞受賞
 サイコロを振って、自分のコマ(アリ)をすべて反対側のゴール地点に進めることが目的です。
 自分の番になったら緑・茶・白の3個のサイコロを同時に振ります。緑の目がアリだったら茶色のサイコロの目の数ちょうど、自分のアリを1個進めます。既にほかのアリがいるマスに止まった場合は、その上に置きます。他のアリが上に乗っているアリを進める場合は一緒に進みます。
 緑のサイコロの目がクモだったら、上の階にいるクモを白いサイコロの目の数だけ移動させます。クモは3つで1組になっており、上の2つのクモを近づけると下のクモが下がります。離せば上がるのです。下のクモは上の片方のクモの真下にいます。下のクモには磁石がついており、アリのコマは磁石に着くので、アリの上にクモが下りてくるとアリが1匹クモにつかまってしまいます。もし、クモをうまく操作して他のプレーヤーのアリを捕まえることができたら、自分のアリを茶色のサイコロの目と同じだけ進めることができます。捕まったアリはスタート地点に戻されます。
 緑のサイコロの目が葉っぱだった場合には、切り株をアリが1つまたは2つあるマスに移動させます。切り株の下になったアリが絶対捕まることはありませんが移動することもできなくなります。また、切り株の上にいるアリは、上との距離が短いため捕まりやすいです。
 うまくクモを操作させてありを捕まえられたときは爽快です。

レビュー 3件

234
名に参考にされているレビュー
2016年12月03日 23時35分

箱に衝立を差し込み、2階建てのボードで遊ぶ非常に珍しいボードゲームです。地上はプレイヤーのアリが進み、木の上にはアリを食おうとするクモが。

子供へのX'masプレゼント候補だったのでリトルケイブでプレイしてきました。

(インストしてくれたお兄さん、ありがとうございました)

立体であることは、見た目のインパクトではなく、システムとって必要なもので、よくこんな仕組みを思い付くなあ。と思いました。

写真下のコマはアリです。衝立の裏に隠れてますが、青プレイヤーと黄色プレイヤーと赤プレイヤーがいます。緑プレイヤーも入れると最大4人でのプレイも可能。

地上のアリ

スゴロク形式で進めていきます。3匹全部を最後までたどり着かせるのが目的です。

ぶら下がってるクモ

ゲーム中アリを食べにきます。アリとクモには強力磁石が埋まっていて、近づくとアリがクモの方に吸い寄せられます。食べられたアリは、スタート地点へと戻っていきます。

クモの動かし方が息子には少し難しかったようです。3歳からキャプテンリノやストーンエイジジュニアを遊んできたので、簡単なリソースマネジメントはプレイ可能なのですが…

クモの動く原理

直感的ではないので、さすがに3歳児にはまだ無理でした笑 

こんな感じの仕組みになっています。3匹のクモに繋がっているヒモを見てください。

クモを動かす際は、上の2匹を動かすのでします。上の2匹が近づけば、ぶら下がってるクモが下に垂れていきます。つまり地面を這っているアリに近づくことができます。

上の2匹が離れれば離れるほど、ぶら下がってるクモは天井に向かいます。至ってシンプルな『道具』という感じの仕掛けです。

アリを捕食するクモという世界観に繋げたのは面白いですね。ちなみにエッセンSPIELでキッズ部門の賞を取っている作品です。

しかしこの原理が3歳児にはまだ難しかった…。゚(゚´Д`゚)゚。  10分くらい?遊んで匙を投げられてしまった汗

クリスマスプレゼントの本命の1つだったのですが、5歳くらいになったら十分遊べるようになりそうな感覚です。

もう少し賢くなってきたら、改めて遊ばせてみようと思います。

続きを読む
閉じる
127
名に参考にされているレビュー
2017年04月17日 10時24分

クレーンゲームのような操作性が楽しいゲームです。盤上ではアリがレース。クモは遊んでいます。プレイヤーはアリかクモ、またはその両方をサイコロの出目に従って動かすことができます。

クモには磁石が仕込まれていて、盤上でレースをしているアリを捕まえ、ふりだしに戻すことができます。ウミガメの島のように、アリはほかのアリの上に乗って一緒に移動したりもできますが、高さが高い分クモに捕まる確率が高くなります。

このゲームは一人がゴールをしたら終わるのがいいと思います。最後までプレイしようとするといたちごっことなり、かなり長引きます。

続きを読む
閉じる
72
名に参考にされているレビュー
2016年10月01日 14時44分

自分の色の蟻コマを3つ、ゴールに行けば勝利。ただし、上から糸で吊られた3兄妹のクモが自コマを狙ってきます。クモを動かすと、糸で繋がったクモが上下左右に移動。それにより、コマをキャッチ(磁石でひっつく)。するとスタート地点に戻されます。邪魔したり、捕まえたりと、キッズ大賞の素敵なゲームです。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,500(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 50興味あり
  • 142経験あり
  • 9お気に入り
  • 53持ってる

チェックした商品