マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
メルカド
  • メルカド当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

メルカド

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
袋引きのあと、必要な色のコインを使って商品を購入!
  • リュディガー・ドーン(Rüdiger Dorn)作

 テーブルに並べられている商品をうまく買って得点を得るゲームです。

 各プレーヤーの袋には、金・銀・茶・緑・黒の5色のチップが各5個入っています。黒は贋金で購入には使えません。

 手番になったら袋からチップを3枚引きます。これをいずれかの商品の自分のサイドに置きます。各商品には購入に必要なコインの色と数が描かれています。必要なコインを配置できたら、このタイルを取りそこに書かれた得点と特典を得ます。そして、購入に使ったコインは、自分のタイルの上に置きます。その商品にコインを置いていたほかのプレーヤーは、そのコインを自分の袋に戻します。なお、そこの2番目に多くのコインを置いていたプレーヤーは印章を受け取ります。これを使うことにより、最初に袋から引くコインの数を2つ増やすことができます。

 受け取れる特典には、印章や特権タイルを受け取ったり、ジョーカーになる白のコインを受け取ったり、邪魔な黒コインを捨てたりできるものがあります。

 また、得点ボードには、追加で得点できたり黒コインを捨てたり受け取ったりするますもあります。ちょうどよい得点を得ることも大切です。

 袋に入っているコインの数は分かっているので、どの商品の獲得を目指すのか、よく考える必要があります。

レビュー 2件

215
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 すごろくや神保町店に行ったら、メルカドを試遊させてくれるということで、店員さんと同僚の3人でプレイしました。

 イスタンブールやカルバ、ルクソールをデザインしたリュディガー・ドーンによる、4種類のコインで高級な調度品や装飾品、香水を購入して、得点トラックを一周したプレイヤーの勝利となるゲームです。

 コインは、金や銀、銅、青、偽金である黒の5種類の駒で、各色5枚ずつ各プレイヤーに渡される黒い布の中に入れます。

 また、他のコンポーネントは、高級品や香水が描かれている商品タイル、得点トラックを進められるなどの効果を持つ特権タイル、使い切りでコインを追加で2枚引ける紋章タイルがあります。

 自分の手番になったら、プレイヤーのできることは、以下の順番で手番を進めます。

(1)特権タイルを使用する。

(2)コインを引くか戻すか

 a)袋からコイン駒を3枚引く。なお、紋章タイルを1枚使用して、追加でコイン駒を2枚引くことも可能。駒を引いた際に黒コインがあれば、偽金なので使用できず、プレイヤータイルの上に置きます。

 b)今まで引いたコイン駒を袋に戻す。

(3)コインを引いたら、商品タイルにコイン駒を配置し、商品タイルの条件を達成したら、商品タイルを購入します。商品タイルに置いていたコインは、プレイヤータイルの上に置きます。

(4)商品タイルを購入したら、得点トラックの自分の駒を指定された数字分進ませます。進ませた先に、アクションを示す絵が描かれているので、その場合は追加で示してあるアクションを行います。

 各プレイヤーは、自分の手番に(1)から(4)を繰り返しますが、商品タイルに複数のプレイヤーがコイン駒を置いていた場合があります。

 その際に、購入したプレイヤーはプレイヤータイルの上にコインを置きますが、2番目に多くコイン駒を置いていたプレイヤーは、紋章タイルを1枚もらった上でコインを袋の中に戻せます。

 しかし、3番目以降のプレイヤーは、コイン駒を袋に戻すだけです。

 ここは、あの商品タイルは要らないけど、紋章タイルが欲しいがためにコイン駒を配置するなど、各プレイヤーの思惑が働くところです。

 あとは、商品タイルの中でも、香水は少し変わった効果が多いのと、高得点のものが多いです。

 プレイした感想は、袋からコイン駒を引くのが一喜一憂して楽しいのと、商品タイルを得たときに特殊効果などで他のプレイヤーに影響を与えたりするなど、結構嫌がらせもできたりして、古き良き時代のドイツゲームを思い出させます。

 また、ドーンのゲームはルールが簡潔で分かりやすいのが特徴で、このゲームもまた理解しやすいと思います。

1年以上前(2018年08月19日 15時59分)
続きを読む
閉じる
197
名が参考にしたレビュー
 by 弥七

裕福な資産家として、立場にふさわしい名品や高級品を所有して名声をあげよう。

ライバルは同等の資産家である他プレイヤー。

規定の名声を得た人がただの金持ちではなく名家となり勝者となります。

各自が持つ袋の中には5色各5枚のコインが詰まっています。

ただし黒色のコインは贋金なので使うことも捨てることもできません。

手番になると袋からランダムでコインを3枚引いて、市場に並べられた高級品に投資を行います。

最も早くそれぞれの商品に定められたコインに合致した色と数を投資したものが高級品の所有権を得て名声を獲得できます。

高級品は名声だけでなく投資合戦を有利に運ぶ特典もついてきます。

邪魔な黒色コインを手元から排除できたり、どんな色のコインの代わりにもなる白コインや特権タイルというものを入手したり、はたまた他人の袋に黒色コインを混ぜたり…。

名声を得るとその分だけ得点ボードのコマを動かしますが、ここにも様々な仕掛けがあるのでやみくもに高い名声の商品だけを狙ってもうまくはいかないでしょう。

そんなときは使うだけで名声を得られる特権タイルがコマの位置調整に役立ちます。

また投資合戦に敗れた人にもチャンスは巡ってきます。

投資したコインは無条件で全て袋のなかに戻ってくる上、他の人に所有権を取られたものの二番目に多くその商品に投資していた人には「印章」が与えられ、これを手番に使うことでコインを5枚一度に引けるようになる。

一方で高級品タイルを手に入れることができたときに使ったコインはそのままでは再使用できない。

袋からコインを引いて高級品に投資するチャンスを一度丸々見送ることでそのコインを袋に戻せます。

様々な特典を得られる高級品の中でも香水の瓶は特殊で、名声が一切入らない上に入手条件が厳しい代わりに得られる特典は破格なものとなります。

とにかく名声を稼いで得点ボードのコマを進めていくのか、香水の特典を得て環境を変えるのか、はたまた市場で力を持つ有力者にコインを積んで力を借りるのか。

一見無駄に思える投資も市場にて信頼を得た証である印章の入手に繋がるので状況を見て不必要なコインの投資も一考の余地あり。

他プレイヤーの投資状況を把握しやすいシステムになっているのでよく市場の動きを見て投資すべし。

そしてきっとこのゲームのプレイ中は皆がこう思う、

「金ならあるんや!(袋の中には)」


初プレイで二人で遊びました。

プレイ可能人数は2~4人ですが、最低3人はいないとこのゲームの面白さは薄れてしまう様に思えました。

二人だと相手の手が読めるし、他プレイヤーに影響のある特典もお互いにしかいかないのでコインの引き運だけの大味なゲームになっちゃいます。

商品の獲得は早くて1手番で遅くとも4手番くらいでできるので、3人以上なら香水などで有利な状況を作るのと他者からの妨害のスピードが釣り合ってもっと慎重に商品の選定をしたり、欲しいのに取れない状況があるんだろうなと感じました。

二人だと商品の入手、特に序盤の香水の入手で二つ分ほど差ができるとちょっと追い付くのは難しかったです。

どうしても相手を止めるのが自分の引きだけにかかってくるので、3人目4人目の商品取りの駆け引きや特典があれば独走に待ったがかかると思います。

投資と書きましたが、単に欲しい商品タイルの横に指定のコインを並べていくだけなので簡単でプレイ時間もルール把握してれば30分くらいでしょう。

上記のルール説明にプラスして商品タイルに描かれた特典アイコンの確認、得点ボードのマスの確認、順位決めの確認くらいですぐにゲームをやれると思います。

次回は4人でやれることがあれば改めての感想を追記したいです。

6ヶ月前(2019年09月25日 18時59分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,200(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 40興味あり
  • 98経験あり
  • 19お気に入り
  • 70持ってる

チェックした商品