マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
ストーンエイジ:ジュニア
  • ストーンエイジ:ジュニア当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 15分前後
  • 5歳~
  • 2016年~

ストーンエイジ:ジュニア

メーカー・卸元:メビウスゲームズ

日本語マニュアル付き
名作ストーンエイジ、ジュニアでも遊びたい!

 「ストーンエイジ」の子供向け版です。
 手番には、ゲームボード周辺に置かれた14枚の「森タイル」のうち伏せられた1枚を表にします。
 表にしたものがサイコロの目だった場合には、その数自分のコマを時計回りに進めます。マスの目が描かれたものなら、そのマスまで進めます。表になった森タイルは、とりあえず表のままにしておきます。
 進んだ先が資材の目だったらそこにある資材を1つ獲得します。右下の交換のマスなら、任意の数1:1の割合で手持ちとそこにある資材を交換できます。中央村のマスなら、小屋の建設が可能になります。表になっている3つの小屋に書かれている資材があれば、それをゲームボードに戻してそこ小屋を取り、自分のボードに置きます。また、表になっている森タイルすべて裏返し、任意の2枚のタイルの位置を交換します。
 こうして、3軒の小屋を一番早く建設できたプレーヤーの勝ちです。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 7件

レビュー
565名が参考
4年以上前

親的にとても都合の良い完成度の高いボードゲーム。3歳~5歳の教育おもちゃと考えると、神がかったバランスだと思います。というわけで子を持つ親向けのレビューとなります。

大人同士がガチでやるゲームとしては非常に退屈です。子供とやるからすごく楽しいボードゲームです。もうこれはぽっくりゲーム大賞 キンダー部門 最優秀賞です。

流れはざっくり、自分の村に掘っ立て小屋を3つ建てたら優勝するというゲームです。

・見た目の良さで子供を釘付けにできる
・勝つためにはそれなりにちゃんと記憶して計画建てる必要がある
・小さい子も真面目にやれば大人にもそこそこ勝てる

覚えたり考えたりすることで1位になり、子供に達成感が生まれるので、このボードゲームには大事なことがいっぱい詰まってる感じがします。勝てることを経験して、負けることで悔しさを感じてもらったり。

基本ゲームルール(細かい部分は割愛)

資源獲得
・ボード上の各マスには壺や魚などの資源が転がっています。
・マスに止まることでその資源を一個獲得します。

マス移動
・マスの移動方法はボードの外周にあるタイルをめくるだけです。
・タイルは「4進む」というすごろくだったり「魚まで移動」というシンプルなもの。
・一度めくったタイルはそのまま表向きのままにしておく。
・どのタイルが何なのかを覚えておく。

小屋を建てる
・スタートマスに止まると手持ちの資源で小屋を建てることができます。
・小屋を建てたらめくったタイルを全部裏に戻します。
・スタートマスに止まった人が1枚だけタイルを入れ替えます。

子供でも頑張れば有利に戦える記憶型すごろくです。そして4歳児くらいでも付いてこれるシンプルな建設要素があります。記憶力的な意味でいけば子供のほうがちゃんと覚えてることも多いため、出し抜かれることがしばしば。我が子が相手なので、そういうことされると成長を感じることができてすごく嬉しくなります(笑)

逆に、大人はすぐ自分のアクションを計画するので「覚える必要のないタイルを覚えない」という戦法をとりがちです。しかし子供がトリッキーな行動を行うので、計画が簡単に乱れて「えっ…そのタイルめくるのか。うーん。じゃあ…そうだな…魚…。あれ、魚どこだっけw」みたいな感じになります。

大人がガチプレイしない限り、普通に結構いい勝負になります。うちの息子は3歳から普通にストーンエイジジュニアをプレイできています。

楽しいゲームで挫折感を味わったうちの息子

お父さんお母さん相手に健闘して善戦して、息子が勝ったときは本当に大喜び。子供にすごく良い影響がありそうです。これは本当に買ってよかった。

順調にボードゲーム英才教育が進んでいるので、、いつか家族でアンドールの伝説をやろうとおもいます。

続きを見る
閉じる
ぽっくり
ぽっくり
リプレイ
281名が参考
約5年前

家族でストーンエイジジュニアをプレイ。しゅうママとーちゃん。初リプレイなのでちょっと気合を入れて撮影もしてみる。決めポーズをとったところで、、とりあえず初期位置に移動 

「きょうはお魚さん集めるんだ!」とご機嫌な息子。…息子よ、これは魚を集めるゲームではないぞ。まぁ今日は帰宅後に超絶グズグズだったので、テンションが上がってなにより。

このボドゲは白熱バトルをするというよりは、ちょっぴりタイルを記憶するのと、記憶したタイルで資源を集めて小屋を建てるという、子供にほどよいリソースマネジメント。我が家のボ育て教育のエースなのだ。

と我が家の紹介はそんなもんにしといて、手番は息子からスタート。とりあえず一番手前のタイルをめくって6を出す。緑のコマをトントントン…と進めてほんとに魚をゲット。「やったー!!!おさかなぁぁ!」

(…喜んでるけど、いま建てられる小屋に魚は全く必要ないぞ!)

ラウンドはちょっと進む。うーん、みんなツボがほしい。ツボのタイルがどこにあるか分からない。

ぐるりと回って何故か資源交換のマスに一家集結(笑)なんかほのぼのしてます。息子もキバを捨ててまで魚を回収しなかったようです。うーむ良かった(いろいろな意味で)。

最初に小屋のマスに止まったのはしゅう

(回りに置かれた緑色のタイルでスゴロクをするボードゲームです。小屋のマスに止まると、場に公開されている小屋に書かれた資源をボードに戻し、その小屋を自分の村に建てることができます。小屋が買えても買えなくても、緑色のタイルを全て裏返しにしてリセット。ついでに小屋マスに止まった人が、任意の2枚を入れ替えます。誰かが3つの小屋を建てたらその時点で終了。)

今回はおもったより早く止まってしまったのでまだ資源不足。タイルをひっくり返し、2枚を入れ替えてママの番。

あら、キバが枯れた  。さすがに3歳時相手にガチでやってもしょうがないですが、ママととーちゃんはちょっとガチで妨害しあったり効率を考えて行動しています。そこに加えて息子には接待プレイ。なかなか難しい縛りゲーです。

とーちゃんは犬をツモる。犬(我が家ではワンワン)はジョーカーなのでとても便利。

ただ、場に2枚しかないうえに、犬が枯れてる状態で誰かが犬タイルに止まると、持ってる人から奪えるという大人げない仕様がある 大人同士はこの犬の強奪合戦が一番楽しいんじゃないだろうか。

まだ木の実(紫のリンゴ)が出てないけど、そろそろ全種類のタイルがめくれてきた。ここらへんからは記憶力の勝負となってくる。

場は少し進み、ママが一発目の小屋を建てる。コスパの良いキバ2本の小屋を建てたようだ。これを皮切りにみんなボンボン小屋を建て始める。一気にゲーム終盤へと進む。

ママが相変わらず2,3手ほどリードしている状態。なかなか厳しい。どうも「早く食器を洗ってお風呂に入りたい。だから早く終わらす!」ということだったらしい。

勝負を諦めつつある息子の背中。

スティッチ(トミカ)で遊び始める。子供って地面スレスレに目線おとして臨場感を味わいますよね。まぁそれはそれとして、おい諦めんなよ!  


そして勝負決す  

勝者はママでした。

このゲームは後半になればなるほど巻き返しがきつくなる。大人がこういう評価するのもあれだけど、THE先手&先行有利ゲーなのだ。

ただ、ジョーカーになる「犬マス」と、めくられたタイルをリセットして小屋を建てる権利が得られる「小屋マス」の位置を把握しておくだけで、(タイルリセットで仕切り直し&先手というか最初の手番が変わるので)小さい子供も互角まではいかなくとも最後2,3手差の勝負まで詰め寄ることができる

なので接待プレイとはいっても多少サポートするくらいでよい。大人と小さい子供が一緒に遊んで、割りと良い勝負な感じになるのはありがたい 

せっかくなので2位決定戦まで勝負を継続してみる。勝負の途中「いえーーーい!キバ3つ!」とはしゃぐ息子。すごい喜んでます。

息子が持っているキバは2つなのと、キバ要らないというツッコミはしないでおく。我が家は、自分の判断&自分が選択したということであれば、効率が悪くても全力で肯定してあげるという教育です。

というわけで大人気なくとーちゃんが2位の座をGETしました。息子は特に気にすることもなく自分の緑のコマを「わーい、パシャパシャ、きもちぃー!」と新しい遊びを始める。おままごとっぽいのが好きな子です。

キャプテンリノで鍛えたバランス力も。

「どうやったら勝てたかな」みたいな考察はまだまだできそうにありませんね(笑)

続きを見る
閉じる
ぽっくり
ぽっくり
レビュー
259名が参考
4年以上前

自分の手番にタイルをめくって自分のコマを移動し、それぞれのマスでリソースをもらいます。スタート地点に戻ったらそのリソースで家タイルを購入し、早く3つの家を建てた人の勝ち。

そう書くとキッズゲームとしては複雑そうに思えますが、驚くべきことにこれでルールのほとんど全部です。

これだけ簡単なゲームに仕上げながら、「それぞれの場所でリソースを獲得し家タイルを購入して得点する」、というオリジナルのストーン・エイジのゲーム骨子を残しているのもすごい。キッズゲームの名手トイブナーの面目です。

本格的なゲームの導入用に、というのももちろんですが、そんなことを考えなくてもきちんと子供が楽しめるゲームとして成立しています。ベースがメモリーゲームなので小さな子供と大人で勝負できるのもいいですね。

続きを見る
閉じる
仙人
sokuri3510
sokuri3510
レビュー
155名が参考
7ヶ月前

石器時代を舞台に魚や木の実などを集めて小屋を建てるゲーム。小さな子どもでも気軽に遊べます。

小屋3棟を最初に建てたプレーヤが勝者。

ボードは、すごろくようになっていて手番になったら、移動タイルをめくりコマを進めます。資材があるマスに止まれば、資材を獲得でき、必要な資材がある状態で村に止まれば、小屋を建てることができます。小屋を建てたときの資材は、所定のマスに戻されます。

移動タイルは、ボードを囲むように裏向きに配置されます。徐々に移動タイルの内容があきらかになるので、内容と配置場所を覚えれば、好きなマスに進むことができます!ただし、誰かが村に移動するたびに、表向きになったタイルは裏向きにされ、任意の2枚を入れ替えられてしまいます。

資材には、魚や木の実などがありますが、一番重宝するのが犬!必要な資材を1つ減らすことができます!ただ2匹しかいません。さらに奪われることがあるので、犬の争奪戦が楽しめます。

内容物が可愛くルールも簡単で子どもが気軽にできるゲームなので、子どもと遊ぶのにおススメです。

続きを見る
閉じる
勇者
たまちょく
たまちょく
レビュー
143名が参考
12ヶ月前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

ストーンエイジ:ジュニアは、タイルの位置をなんとくなく記憶しつつ、商品を集め、小屋をいち早く建設することを目指す面白いボードゲームです!

小さなお子様でも、商品を集めるということが分かり易いので一緒に楽しむことが出来ます。また、木製の立体的な駒が可愛いので、それだけでもワクワクします。

ゲームとしては、お子様用ゲームの域を越えていないので、大人同士では物足りないかと思います・・・


好き度(Like)
 ▶2pt.≪★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶2pt.≪★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶5pt.≪★★★★★≫


ストーンエイジ:ジュニアの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
94名が参考
約2ヶ月前

4歳の子供の誕生日に買ったゲームです。

元々ストーンエイジのファンではございませんが(1回だけプレーした経験がある)、このゲームの見た目が良くて子供が欲しがっていたので買ってみました。数回プレーした後の感想は「中身より外見」というゲームだと感じましたので、下記にてその気持ちを説明します。

先ずは「自分の子にこのゲームが難しいかな」と悩んでいる方がいるかと思いますので、安心して下さい。ルールが非常にシンプルで、ゲームも短い(15分程)ため、箱の記載通りに5歳の子供向けのゲームとなります。

自宅では4歳と6歳の子供達と3人で遊びましたが、6歳の子供には既に簡単すぎました。

自分のターンにゲームの周りにある「森のトークン」をひっくり返して、自分の駒を示された場所に動かせるだけで、その場にある材料をゲットします。

そして「ヴィレッジ」のトークンを見つけたら、今まで集めた材料で1つの小屋を作る事ができます。その後、全ての森のトークンをもう一度裏にひっくり返してから2個のトークンの位置を交代するのです。ということでメモリーの様なゲームですね。3つの小屋を作ったプレイヤーが勝ちです。

しかし、問題は「ヴィレッジ」のトークンを1回だけ見つければ各プレイヤーが直ぐにそのトークンを選びますので、皆が順番に小屋を作るだけのゲームになってしまいす。材料が十分足りていますし、何でも集めても何とか1つの小屋を作れますので、「材料の選択」であるゲームのシンプルな戦略の様子が薄くなってしまいます。ですので、1つの小屋を最初に作ったプレイヤーが基本的に勝利します。このような問題を解決するには「ハウス・ルール」を作成しても良いかと思いますが。

一方、ゲームのコンポネンツがとても綺麗で、説明書もストーエイジ時代の子供達の生活のお話になっていますので、見た目がとても良くて子供たちが遊びたがります。

結論としては数回だけプレーしましたが、ゲームがシンプルの為、数年間で遊べないゲームだと思います。初めてのボードゲームや3-4歳の子供達へのお土産としては良い選択だと思いますが、5-6歳で既にボードゲームで遊んでいる子供達には簡単過ぎて、直ぐに飽きそうです。

個人評価:★★☆☆☆


続きを見る
閉じる
勇者
Christopher Coutinho
Christopher Coutinho
戦略やコツ
50名が参考
12ヶ月前

集めたい資源のタイルを記憶してそれをめくるゲームなので、基本的には記憶力勝負です。小さなお子さまと遊ぶのに最適なので、そのような遊び方がベストかと思います!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • 商品価格¥ 4,200(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 74興味あり
  • 103経験あり
  • 14お気に入り
  • 73持ってる

チェックした商品