マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ストーンエイジ
  • ストーンエイジ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 60~90分
  • 10歳~
  • 2008年~

ストーンエイジ / Stone Age の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
文明をもたない原始人の苦しみがよくわかります。
  • ベルント・ブルンホファー(Bernd Brunnhofer)作

 各プレーヤーは、ひとつずつの家族を持つ原始人です。家族全体の協力で豊かな生活を勝ち取ってゆくことが目的となります。

 ゲーム開始時には、各プレーヤーは5人家族です。前半のフェイズでは、この家族をゲームボードに配置します。食料を獲得するには草原に、木を獲得するには森に、そのほか山や川に泥、石、金などを求めて配置します。これらの場所に配置した家族は後半のフェイズでどれだけのものを獲得したか判定されます。それは、配置した人数分のサイコロを振り、食料はダイス目の合計2に対して1獲得できます。木は3に対して1、泥は4対1、石は5対1、金は6対1の割合です。そのほか村のかなにも配置する場所があります。農地の開墾なら、今後ラウンドごとに確実に食料が1個獲得できるようになります。道具作りにいそしめば、振ったダイス目を調整して、より多くの物を獲得できるチャンスが増えます。また、二人の家族を小屋に配置すれば、次のラウンドから家族が一人増えます。そのほか家の建設やカードの獲得にも配置できます。これらの場所は、該当する資材を使うことにより家やカードが獲得できるのです。これらが最終的な勝利ポイントを生み出します。そしてラウンドの最後には、家族の人数分の食料を消費します。このとき食料が不足していると、ほかの資材や得点で補てんする必要があります。

 家族を増やしたり、開墾による食料の安定的な確保を行い、ほかの資材を十分に獲得すれば高得点になる家やカードをとれるようになります。

 それぞれの配置場所には、定員があるためどこにどの順番で配置するかは、非常に重要な問題です。他のプレーヤーが置きそうな場所は先に確保する必要があるかもしれません。また、手に入りづらい資材の獲得方法も考慮する必要があります。

 資材の獲得数は、ダイス目によるため運の要素もありますが、しっかりした計画と戦略が必要なゲームになっています。3人または二人でプレイする場合でも、家族を配置できる場所に制限が強くかかるため、緊迫したゲームを楽しめるようになっています。

ストーンエイジに5件の書き込みがあります

229
名に参考にされているレビュー
2017年08月04日 09時26分

さすがにドイツゲーム賞作品。バランスは完璧です。

テーマとシステムが見事に噛み合っていて、どの人(コマ)をどこに配置して何をさせるか?だけを考えていきます。

いわゆるワーカープレイスメントと呼ばれるシステムなのですが、これほどそれが似合うテーマも少ないでしょうね。

何せ原始時代。

全ては「人力」なのですよ!

食料確保のため狩りに出たり
森へ木材を調達に行ったり
畑仕事に出たり

行動がそれぞれ、とても分かりやすいので、初心者への説明がしやすかったです。

狩猟→農耕→文明
という発展段階が、特別なルール無しに自然に再現されています。

さすがは原始時代だけあって、通貨の概念が存在しないのもすごいと思います。

ちなみにこのゲーム、ダイスカップが付いてくるのですが、なんとなんと!皮製なのです!さすが原始時代。

ここまでこだわってくれるなら、もはや何の文句もありません。

ぜひまたチャレンジしたいです!

続きを読む
閉じる
171
名に参考にされているレビュー
2017年05月23日 19時04分

石器時代をテーマとしたワーカープレイスメント。ボード一面が石器時代でプレイ前からワクワクします。

プレイヤーが一族の長となって、食料確保、資源発掘、狩り、子供を産むなどして一族を発展させていくゲーム。

集めた資源で家を建てることやカードを集めることで点数を稼いで点数の多い人が勝ちとなります。

重ゲーのジャンルに入るけど複雑じゃないので初めての人でも入りやすいゲームです。

続きを読む
閉じる
150
名に参考にされているレビュー
2016年09月10日 22時24分

☆3.3くらい。きらいじゃないけど物足りない。

ひとことでいうと、ダイスを使うアグリコラ。
自分のワーカーに飯を食わせながら、とにかくダイスを振って資源を獲得するゲーム。ダイス運がなければワーカーを増やしても意味ないこともしばしば。多くのダイスゲー同様、期待値って何?と思わせる。

重ゲーの雰囲気あるけど、1ワーカー1アクションではないから結構さくさく進む。初プレイでもインスト15分、プレイ時間60分くらいでやれるので軽い印象。

アグリコラとかル・アーブルみたいな飯ゲーをやったことない人が最初にやる分にはいいと思う。
運ゲーなんだけどね。

続きを読む
閉じる
140
名に参考にされているレビュー
2018年12月07日 10時02分

ワーカーをがんがん増やして、畑もばんばん増やして、道具もどんどん作る。
あとは、人海戦術で各資源をがっさりいただく。
溜め込んだ資源を気前よく放出して、家を建てたり文明を発展させたりすることで勝利点を得ていきます。

狩猟から農耕中心へ移行していくことで食料を安定供給できるようになり、人口を増やせるようになると共に、食料調達から解放された労働力で多くの資源を確保できるようになっていく。
過渡期の時代はこういうかんじだったのかもと想像させる、テーマとシステムがうまくマッチしたゲームです。

すごくマッチしているがゆえに、最も勝利点が高い建物が純金製の家だったりするところで、逆に妙なキモチにさせられたりもします。

ワーカー数 = 振れるダイスの数なので、1 つのアクションにワーカーをたくさん割りあてることで、資源を安定して得られるようになっています。
例えば狩場ではダイス目の合計÷ 2 コの食料が得られ、川ではダイス目の合計÷ 6 コの金が得られます。
つまりダイスを 1 コだけ振った場合、食料なら 1/6 の確率で何も得られず、金なら 5/6 の確率で何も得られません。
確実に収穫したいなら狩場には 2 コ、川には 6 コのワーカーを置く必要があるということです。
期待値でいえば狩場なら 1 コ、川なら 2 コで充分ということになりますが、その場合には少なくとも平均以上のダイス運があることに賭けることになります。

ダイスを振るので一見すると運ゲーのようにも見えますが、累積で考えるとあまりにもたくさん振ることになるので、実際には確率に支配される戦略的なゲームです。
個々の瞬間では期待から外れた出目もあるでしょうが、全体としては期待値と最小 / 最大値だけ意識していれば大きく外すことはまずありません。
振るダイスの数を増やせば増やすほど出目が平均化されて期待値に近づき、予測しやすくなるわけですので、できるだけ早く、たくさんワーカーを増やすことが大事になってきます。
ワーカーを増やせばそれだけたくさんの食料を消費することになるのと、食料獲得からワーカーを解放すればするほど、他のことで使えるワーカーを増やせることになるので、畑を作ることも同様に大事です。
道具は、出目に単純にプラスできる数値です。これは期待値、最小 / 最大値をそのまま底上げできるので、かなり強いです。

そういうわけで、戦略の中心は畑やワーカー、道具の確保と資源獲得や建設、文明の獲得とのバランスになります。
どこまでリソースを増やし、どのへんからどのくらい勝利点の獲得に注力していくのか。

安定と発展のバランスをどのようにとれば、最も部族を繁栄させられるのか。
最初たったの 5 人からはじまった部族が、どんどん人口が増えて畑も拡大し、家を建てて文明も発展していく様子が楽しいゲームです。

続きを読む
閉じる
121
名に参考にされているレビュー
2017年05月23日 07時17分

石器時代の生活を満喫するゲーム!
一族を率いて、狩りして食糧を集めては、木や石を集めて建物を作り、
メンバーを増やしていって、もっとも発展した一族となった人の勝利です

プレイ時間は「カタン」よりもずっと短く感じるハズですし、
ルールや勝ち筋もすぐにつかみやすいゲームです。
ゲームのシステムは、「重ゲー」でよく見られるものになっているので、
重ゲーの入門用としてオススメです。

村の発展のキモ、資源集めがダイスによるため、
「運ゲーだよ」なんて言われることも多いですが
逆からいうと、初心者だって経験者に勝ちうるゲーム
ということでもあります。
重ゲーぽいシステムでカジュアルに遊べるゲームってなかなかないので、
その点でとっても貴重です。

ぜひ「昨日のあいつらは仕事のできないやつらだったんだ!」
なんていいながら、ダイスを振ってお仕事を満喫してほしいです。


それから、ゲームを立てるほう、
インストする側になりたいなと思ってる人
は、
ぜひ触ってみてほしいかも。
重ゲーのメカニックの伝え方の練習になると思います。
このゲームをインストして、みんなが楽しんでくれたら、
きっと重いゲームのインストだってできるようになるはずです!

続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,800(税込)日本語マニュアル付き残り1点
会員のマイボードゲーム情報
  • 115興味あり
  • 362経験あり
  • 83お気に入り
  • 182持ってる

チェックした商品