マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
シンガポールの商人
  • シンガポールの商人当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~4人
  • 90分前後
  • 12歳~
  • 2011年~

シンガポールの商人 / Singapore の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
まっとうな商売にいそしむのか、非合法な商品に手を出して一か八かの大儲けを狙うのか?
  • ペール・ジルフェスター(Peer Sylvester)作

『シンガポールの商人』は大航海時代のシンガポールを舞台としたボードゲームである。プレイヤーはシンガポールの発展に貢献することを条件に土地を与えられた商人となり、そこにさまざまな施設を建築していく。そして、それらの施設を利用して数々の品物を売買しながら、誰がもっともシンガポールの発展に貢献できたかを競い合うのである。まっとうな商売にいそしむのか、非合法な商品に手を出して一か八かの大儲けを狙うのか、といった選択が悩ましくも楽しい一作だ。

シンガポールの商人に4件の書き込みがあります

187
名に参考にされているレビュー
2018年03月31日 20時59分

それほど評判を目にしないので、半信半疑で本日チャレンジ。結論から言うと、ものすごく楽しかった!

みんな大英帝国時代も、ラッフルズ卿も知らん奴ばっかりだったけど、そんな知識は無くても、アクションコンボを考える、比較的簡単なワーカープレイスメントとして、充分な盛り上がりを見せてくれました。

(お陰で後から駆けつけた女性メンバーも加えて、本当は違うゲームをやるはずが、そのまま再戦となりました(笑)。

基本的な展開は、各自が様々な効果を持つタイルを都市周辺に配置して、それらを道路マーカーでつなげていきます。

ところが配置場所によってコストが違い、何とその配置場所は『ラッフルズ卿』を名乗れる先頭プレイヤーが強制的に指定を行います。

場所が決まったら、人数+1枚のタイルを公開して、先頭プレイヤーから配置していくのです。

このタイルの効果と配置場所が、その後の展開を大きく左右するので、テキトーに置くと後で絶対困ります。

ここまでがターンの前半で、勝負はここから。

自分の子分コマを最大3歩まで歩かせて、それぞれのタイルの効果を発動させていきます。

もともと居たタイルも発動出来るので、4種類の中から選んで最大で連続3アクションもできます。

みんなタイルの配置を見比べながら、このコンボを真剣に考えるわけです。

これがこのゲームの悩みどころであり、楽しい部分!

他のプレイヤーが置いたタイルでも全然オッケー。(ただし、他人が配置したタイルを発動させると、そいつに1勝利点を与えてしまいます。あまり大した事はないけれど、チリも積もれば…ってやつですね。)

このタイルアクションが楽しいのは、どんどん街が広がっていくので、どんどん選択肢が増えていくだけでなく、タイルの効果も「I」「Ⅱ」「Ⅲ」とグレードアップしてゆくうちに、どんどん効果が強力になっていくので、前半戦の地味な展開が、後半怒濤のスーパーアクションに化けてゆく拡大感。

ここで見事なスーパーコンボを決めて見せると、勝敗関係なく爽快です!

「ここでレンガを2つもらって、こっちで3ポンドもらって、それをさらにここで全部勝利点に変えます!」

「おおお~!」

「じゃあ私は…」

「その前に君のタイルを使ったから2勝利点ね!」

「ええっしまった!!ラッフルズ卿の権利が~っ!」

そうです、このゲーム、何と絶大な権力を持つラッフルズ卿の効果は、『最下位』のプレイヤーが得るのです。

これがけっこうジレンマで、点数で他人を抜くと、ラッフルズ卿の権限を奪われ、かといってラッフルズ卿をやりたくてわざと最下位を狙っても、あまりやり過ぎると挽回できなくなってしまいます。(前述したように、ゲーム後半戦になるほどタイルの効果が莫大になるので、かなりの大量得点で一気に挽回!なんてことも不可能ではないのがミソなんですねー)

その他に、アヘンなどの闇商売タイルとか、それにまつわる警察の手入れ、などがありますが、バランスをひっくり返すほど悪辣でもなく、良いバランスに仕上げてあり、ここでも色々と選択肢に悩みます。(ハイリスクな闇商売に手を出すかどうか、という話ですね。一発逆転を狙って溜め込んだところに「手入れ」を食らうと、ちょっとキツイけど。笑)

私個人は未プレイなのですが、友人の一人は「拡大してゆく『イスタンブール』みたい。」と評しておりました。(彼はこっちの方がお気に入りだそうです。)

コンボ好きな人は、ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。きっと満足できると思いますよ!

続きを読む
閉じる
178
名に参考にされているレビュー
2017年11月28日 23時11分

シンガポールで1番の商人になる為に、お茶や織物などを手に入れるのですが手に入れる為には自分もしくは他のプレイヤーのタイル上で効果を使用しなければなりません。
他のプレイヤーのタイルで恩恵を受けなければ前に進めず、しかし恩恵を得るとそのタイルの所有者プレイヤーに得点が入るのでこのジレンマが面白い!

毎ターン、得点が一番低いプレイヤーがラッフル卿となって最下位のプレイヤーでも逆転が狙えるようになってます。
むしろ、ラッフルズ卿がゲームの舵取りを取るような感じになるのであえて最下位をキープして最後にどんでん返しを狙う戦略もアリ!


コツコツ稼いでいれば勝てるかというとそうでもなく、一か八かの稼ぎの方がウマイという場面も多いのでその駆け引きが魅力です。

続きを読む
閉じる
108
名に参考にされている戦略やコツ
2017年11月28日 23時18分

アヘンに手を出すか出さないかで大きくプレイングが変わります。

アヘンは利率がとても良いのですが、危険が常に伴うので他プレイヤーの様子を見ながら扱わないと損害の方が大きくなり大きく勝利から遠ざかる事も。


全く手を出さない場合は地道に稼ぐ事になるのでずっと先頭を走れないと分かった場合は方針転換も視野に入れないと難しい場面も出てきます。


その場合はラッフルズ卿から提示されたタイルをよく吟味して戦略を組まないと、他プレイヤーのアヘン売買の魅力に負けてしまうかもしれません...

計画力、先を読む力、方針転換の柔軟性の3つで勝負しましょう!

続きを読む
閉じる
75
名に参考にされているルール/インスト
2018年10月12日 18時42分

【スタート準備】  

①建物タイル(Ⅰ)を上から人数分とり、並べる。

②ラッフルズプレイヤーの右隣から反時計回りに、1枚ずつ選び、初期建物に隣接するように配置し、その区画の建設コストを支払うこと。またその土地につながるように街路マーカーを配置すること。 (注:斜めは隣接と見なさない。)

【プレイ手順】

1 ラッフルズ卿プレイヤーの決定

 この時点で、最も勝利点の少ないプレイヤーがラッフルズとなる。同点なら、マーカーが下にあるものが優先。

 注意:このゲームはラッフルズプレイヤーがかなり有利となっています。各商品とお金を、勝利点(支配力)に大きく変換できる第Ⅲ期まで、勝利点を抑えるプレイが有効ですが、抑えすぎると挽回ができません…

2 建物の公開

 このラウンドで建設可能な建物タイルを、「プレイヤー人数+1」枚になるまでオープンする。

3 区画の割り当て

 ラッフルズプレイヤーは、各勢力の「区画マーカー」を1枚ずつ受け取り、各勢力が建設をする区画を指定する。

 指定できるのは、すでに建物がある区画に隣接するもののみ。(斜めは禁止)

■4 プレイヤーアクション

ラッフルズプレイヤーから時計回りに、次のアクションを実行する。

①建物の建設(強制)

 公開されている建物タイルから1枚を選び、指定されている区画に配置する。このとき区画に指定されている建設コストを支払うこと。

 また、そのタイルにつながる街路マーカーを1つ無料で配置できる。(斜め不可)

※建設費用が足りないときは、勝利ポイントを減点し、1点につき2£を受け取る。

※非合法(黒枠)建物を建設した場合は、ただちに強制捜査チップを1枚ひくこと。

※最後手番のプレイヤーは、残りの2枚の建物が気に入らなければ、1£支払って山タイルから1枚ひいても良い。(未使用の建物2枚は、どちらか1枚を除外すること。)

②労働者の移動と建物の効果(任意)

 自分の「労働者コマ」を3歩まで移動させて、対象の建物の効果を3つまで得ることができる。(移動前のタイルでも良い)※最初のタイルも含め最大4種のタイルを使えることに注意。

※労働者は、街路マーカー沿いにしか移動できない。

※他者の労働者コマは、移動&効果に影響しない。

※途中で任意に、街路マーカーを設置できるが、1本につき1£かかる。

※1つの建物タイルの効果を複数使うことはできない。

※他の勢力の建物も自由に利用できるが、相手のプレイヤーは「1勝利点」を得ること

※労働者コマを、ボード上に登場させるときは「1歩」としてカウントすること。

■5 ラウンド終了

 建設されずに残った建物タイルには「廃屋マーカー」を置く。このときすでに廃屋が置かれているタイルがあれば、除外する。

【その他のルール】

●シンガポール警察の強制捜査

 非合法建物を建設した、あるいは使用したプレイヤーは、その時点で強制捜査チップを袋から1枚引かなくてはならない。

 ■黒チップ…強制捜査なし。黒チップはプレイヤーの手元に保管。

 □白チップ…強制捜査開始!!

 アヘン駒と黒チップの合計数を公開し、最も多いプレイヤーが対象(同数者全員)

効果 ①この合計数だけ罰金(不足時は1勝利点=2£に換算)

   ②対象者はすべての黒チップを袋に戻す。

   ③対象者はアヘンの半分(切上げ)を没収。ストックに戻す。

●ついたての使用

 基本的に、すべてのプレイヤーは、商品や現金を隠すためについたてを使用して良い。(強制捜査時のアヘン駒は、強制公開)

勝利点マーカー

 勝利点が「封緘(ふうかん)マーク」に到達するたびに、プレイヤーは5£を受け取る。     

(※ただし、減点で点数が戻った後、再びマークを通過しても収入なし。マーカーを裏にして識別すること。)


【ゲームの終了】

ラウンド開始時に「プレイヤー数+1」の建物が公開できない時点で終了。

   最も勝利点の多い者が勝者となり、シンガポールの経済支配者となる。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,320(税込)日本語マニュアル付き残り1点
会員のマイボードゲーム情報
  • 10興味あり
  • 17経験あり
  • 3お気に入り
  • 26持ってる

チェックした商品