マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
さんマニア
  • さんマニア当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 10~20分
  • 8歳~
  • 2016年~

さんマニア

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
パズルゲームのような連鎖で病みつき!
  • ジャネット・クナイゼル(Janet Kneisel)作

 カードを使い切るタイプのゲームです。4色で1~8のカードが各3枚ずつあります。これをすべてのプレーヤーに均等に配り切ります。配られたカードや山にしておくだけで見ることはできません。このほかにグレーの台札カード(1~8各1枚)を数字の順番にテーブルに並べます。

 プレーヤーは自分の山札から手札として5枚取ります。自分の番になったら、この手札をできるだけプレイし、最後に手札が5枚になるように補充して手番を終えます。

 カードは台札と同じ数字カードをその台札の列に置きます。プレイするカードは直接または間接に台札とつながっている必要があります。左右に隣接するカードは必ず同色です。間に空白部分があればその先は違う色でもかまいません。縦に隣接するカードは同色でも異色でもかまいません。すでにプレイされているカードと全く接することなく台札とだけ接する位置にプレイする場合は、連続する2枚以上のカードでなければなりません。

 横に3枚以上のカードを連続するように配置した場合は、そのたびに直ちに1枚自分の山札から補充できます。このカードもこの手番でプレイすることができます。縦に3色のカードを並べた場合(3枚ではなく3色。また連続している必要もない)は、同様に山札から1枚補充することができ、そのあとでただちにこの列のカードをすべてとって捨て札にします。この時に台札から直接または間接に接していないカードがあったらこれも捨て札とします。

 また、横に3枚以上、縦に3色並べた場合は必ずしも自分の山札から補充しなくてもかまいません。その手番で手札をすべてなくすことができた場合は、自分の山札から2枚を他のプレーヤーに渡すことができるのです。

 こうして、自分の山札と手札をすべてなくすことができたプレーヤーが勝ちになります。

 カードをプレイする順番をよく考える必要があります。縦に3色並ぶとその瞬間にその列のカードがなくなるので、それらのカードの横に配置しようと思っていたカードが出せなくなる場合場あります。またカードがなくなることによりプレイできるカードが出てくることもあります。

レビュー 4件

155
名に参考にされているレビュー
2017年02月10日 11時13分

ビジュエルド(Bejeweled)に端を発し、今や有象無象の類似ゲームが乱発されるマッチ3というジャンル。このゲームはそんなスマホアプリ的なゲームなのです。

 

---さんマニア---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:20分
評価:☆☆☆☆



メビウス便で頒布された際に、「面白い!」と各所で噂になったゲーム。その後一般流通しましたので、価格も安いし買ってみました。
ラベンスバーガーのカードゲームなので、いつもの空気がたっぷり入った箱(アブルクセン・クーハンデル等のサイズ)かと思いきや、なんか見たことのないサイズの箱。ラベンス新小箱サイズとでもいうべきか。でもアミーゴ箱と同じサイズではないので収納場所に困った。



中身はカードだけで、4色1~8のカードが入っている。同じカードが3枚存在するので、枚数は4×8×3 = 96枚 と、台札用の8枚を加えて104枚。なんだ、アミーゴ箱に入るじゃん!

まず台札の1~8を順番に並べる。



次にすべてのカードを混ぜ、各プレイヤーに均等に配る。このゲームは、この配られた各自の山札を早くなくすのが目的。

個々の山札から5枚を手札にしたら、順番に以下のルールに従ってカードをいくらでも出せます。



・何もないところにカードを出す際は、2枚以上セットで出す。
・すでにあるカードにつなげる際は、1枚でOK
・縦方向には同じ数字を、横方向には同じ色をつなげる。



この条件に合わないところにはカードを出せないので、もう出せなくなったら手札を5枚になるように補充して次の人へ

もし一枚も出せない状態だったら、手札から1枚を捨て札にして一枚補充します。手札は常に5枚です。



カードを出した結果、横に3枚以上 or  縦に3色以上のセットを作れたら・・・

山札から、任意でカードを一枚補充して、そのまま手番を続けることが出来ます。なぜ任意か?というのは後述。



また、【縦】に3色以上のセットを作ると、そのカードセットは捨て札になります。



この結果、台札からつながっていないカードも一緒に捨て札に。パズルボブル(マジカルドロップ)みたいな感じ。

-----------



こうしてカードを出し続けた結果、手札の5枚を全て出せたら、誰かの山札に自分の山札から2枚を載せることができます。

つまり、3枚セットを作った時に、このままいけば手札出し切れる! と思ったら補充しない方がいいんですね。

逆に補充して新たに出せるカードを引いた結果、全部出し切れたり。この辺「エイッ!」と気合を入れて引くと面白いです。

-------------

手軽なマッチ3パズルのようなプレイ感。連鎖的にカードが捨て札になると爽快感もあり、非常に「現代的な」カードゲームだなぁという感じ。

カードを出す順番によって、手札を出し切れたり、できなかったりするので、ダウンタイムが少々長いのだけがネックですが、そこまで気になりません。ディズニーツムツムとか、あの辺がお好きなら一度プレイを。

続きを読む
閉じる
129
名に参考にされているレビュー
2018年01月22日 09時24分

 このゲームは対象人数が1人〜4人なため、ソロプレイができるカードゲームということで購入してみました。
 内容は、1〜8までの台紙カードの下に、赤色・紫色・緑色・黄色の1〜8までの数字カード(各色3枚ずつ)を並べていき、プレイヤーは自分の山札と手札をいち早くなくせば勝利となります。
 何のゲームシステムに似ているかと言われれば、パズルボブルに似ているというのが一番説明しやすいかも知れません。少しややこしいところもありますが、概ね間違いありません。
 ソロプレイの場合、対戦相手のEgonさんと、数字カードを半分に分けて、それぞれを山札とします。その後、プレイヤーは、自分の山札から5枚引いて手札とし、場に数字カードを出せるだけ出します。
 そのとき、極力手札を全部出し切ることが肝心です。出し切れると、相手の山札の上に、自分の山札からカードを2枚送れるのです。
 相手のEgonさんは、かなり早くカードを無くせるので、自分の手札をなくす回数を増やさないと多分勝てません。ちなみに、私は4戦して1勝3敗です。しかも、その1勝の勝因は、手札を3回なくすプレイをできたからに違いありません。
 なお、下の写真は、その1勝をしたときのものですが、Egonさんの残りの山札は6枚でした。しかし、このゲームバランスは、かなり上手くできていると感心しきりです。
 あとは、早く複数人によるプレイを楽しみたいものです。

続きを読む
閉じる
101
名に参考にされているレビュー
2018年07月03日 13時56分

 ジュエル何とかとかキャンディクラッシュ何とかとか(伏せてない)をカードゲームで表現したゲームという前評判が気になっていて、プレイさせていただきました。

 感想としては、手札運が強すぎて全然連鎖できないうちに終わってしまい、ゲームの気持ちよさ、快感、キモである「連鎖による手札の放出」がほぼ起こらずに終わってしまいました。3回やったけどうーん……。

 カードを出す順番が重要と言うことですが、そもそも引き運要素が強すぎて、その割にルールが直感的でないため、初心者にもあんまり勧められないと感じました。NfM。

続きを読む
閉じる
67
名に参考にされているレビュー
2019年03月18日 07時40分

手札運がかなり影響するので、常に切り札をドローできる運命力と覚悟が必要。それが真のさんマニアン。

ずっとオレのターン状態になってバシバシカードを出せるとチョー気持ちいい。

アライグマはふっくらしてるくらいが一番かわいい。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,500(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 27興味あり
  • 217経験あり
  • 47お気に入り
  • 148持ってる

チェックした商品