マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
コンプレット
  • コンプレット当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2015年~

コンプレット / Completto の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
1~100が書いてあるだけなのに、2015年発売後、一気に定番に。
  • ハインツ・マイスター(Heinz Meister)作

 1~100までの100枚の木製タイルがあります。これを裏にしてよく混ぜ、各プレーヤーは17枚のタイルを裏のまま受け取って自分の前に1列に並べます。残りは、テーブル中央に裏向きのまま残します。そのあと、各プレーヤーは順番に1枚ずつ残ったタイルを取って表にし、自分の列のどこかに入れます。これを5階ずつ繰り返します。こうして22枚のタイルの列ができます。

 このゲームの目的は、この22枚のタイルに書かれている数字を左から右に向かって昇順に並べることです。したがって、あとから表にして入れるタイルも昇順にする必要があります。

 手番になったらできることは2つのうち1つです。

 中央にあるタイルを1枚取り、表面にして自分の列の裏向きになっているタイルを1枚取りその位置に置きます。裏向きのタイルはそのままテーブル中央に戻します。この時も、見えている数字はすべて昇順に並んでいる必要があります。中央から取ったタイルと入れ替えられる伏せてあるタイルがない場合には、取ったタイルを表のまま中央に戻します。このタイルは、その後他のプレーヤーが中央から取るタイルとすることもできます。なお、表になったタイルを自分の列に置いて、接する隣のタイルと数字が連続している場合には連続手番が行えます。

 手番でもう一つできることは、自分の列の伏せてあるタイル1枚の位置を変えることです。これにより、置ける場所が狭くなったところを広げることもできます。

 なお、このゲームのもう一つの特徴は、1,6,8,9の組み合わせを使った数字は180度回しても意味ある数字となるため、どちらの方向に使ってもよいということです。もちろんいったん列に入れたらその方向の数字となります。

 こうして、22枚全てが表向きの昇順に並んだら勝ちです。

 このゲームでは、表向きになった数字は全員が分かっています。そのため、裏になって残っているタイルはだんだんわかってきます。かけるべき可能性がはっきりしてるのです。

コンプレットに14件の書き込みがあります

314
名に参考にされているルール/インスト
2016年11月13日 21時19分

○どんなゲーム?
・タイルを番号順にそろえるゲーム

○勝利条件
・自分のタイル22枚をすべて表向き(数字の書かれている方)で揃えられたプレイヤーの勝利です。

○準備
・タイルすべてを裏向きにし、よく混ぜます。
・各プレイヤーは自分の前に裏向きで17枚枚のタイルを横に並べます。
・各プレイヤーはさらに5枚を表向きにし、左から数字が大きくなるように並べます。
・表向きの5枚を裏向きの17枚の好きな間に差し込み、合計22枚します。
・残りのタイルは裏向きのまま中央に集めておきます。

○基本のルール
各プレイヤーは2つの行動から1つを選び、他のプレイヤーに
・行動①:タイルを1枚引き、自分の裏向きのタイルと交換します。
 表向きになっているタイルは常に左から数字が大きくなるようにします。
 タイルを交換できなければ、表向きに中央に戻します。
・行動②:裏向きのタイル1枚を抜きだし、自分のタイルの好きな場所に差し込みます。
  
○ゲームを彩るポイント
・行動①で他の人が表向きに戻したタイルを引くこともできます
・タイルの上下はなく、例えば16のタイルを引いた時は91として差し込むことができます。


○ここが面白い!
・タイルをジャラジャラ混ぜて引くだけで楽しい!
・数字の間に数字がすっぽり入る瞬間が快感!

続きを読む
閉じる
290
名に参考にされているレビュー
2018年01月09日 14時40分

8/10

最近のゲームだが、古き良き時代の名作と思ってしまうほど、昔なつかしのシンプルさと戦略と運のバランスを持つゲーム。

1〜100の木製タイルを引いて昇順に並べるだけなのだが、これがこんなに面白くなるなんて!と、初プレイ時、感動したことを覚えている。

アニマルオリンピック(1989年)もプレイしたことがあって、これに似ているという意見もあり、たしかに作者も同じだし、似ているといえば似ているのだが、正直言われるまで気づかなかった。※ちなみにアニマルオリンピックは運ゲーだなぁと感じて、悪くないが、コンプレットよりもいいゲームとは思わなかったのだが。

あと、数字が反転できるという木製タイルというコンポーネントならではのルールと、連番だともう1手番できるという2つのルールが結構重要だと思う。アニマルオリンピックもこの2つがないから、面白いと思わなかったのかも。個人的にはこの2つのルールがいいと思っていて、アニマルオリンピックみたいにカードだと、こんなルールはできないし、ここまでの感動はなかったと思う。

個人的にはほぼ全てのタイルを使う4人プレイを推奨。3人以下だと使うタイルがかなり余って大味になる気がするので、できれば4人がいい。

運が高いという意見もあるが、4人プレイなら、ほぼ全部のタイルを使うので、そこまで運は強くないと思うし、連番が連続で出まくって勝利するというのも連続で続くものではないので、麻雀やバックギャモンのように運で一回のラッキーはあるかもしれないけど、何度も遊ぶなら平均化されるゲームだと思う。

これからも何度も遊びたい傑作数字並べゲーム。

続きを読む
閉じる
263
名に参考にされているレビュー
2016年05月22日 12時50分

後半になるほど、情報のない数字をとっていちかばちかの勝負に出るか、安定策で並び替えるかで性格が出て、会話も楽しめます。
重いゲームの隙間にやったのですが、木のタイルの触り心地もよく、丸みのある数字で和みました。
数字を順に並び替えるだけなので自分と前の人の引き運に勝負は左右されます。前の人が取れないタイルばかり取ると、それをノーリスクでとることができるのでおいしいのです。
プレイ時間も15分ほどでインストも簡単ですし、ボドゲ会の時間調整にいいなと思います。

続きを読む
閉じる
209
名に参考にされているレビュー
2018年12月17日 19時43分

★8(個人的10段階評価)


驚く程シンプルな数字並べでしかないのに、なぜか素晴らしく面白い良作! 


1~100の数字で構成されたコマを、自分の手前に22枚、いち早く昇順で並べた人の勝ち。

基本的にはただそれだけのルールであり、他のボードゲームでもよく聞くものですが、このゲームはいくつかの小さな魅力の積み重ねによって、それだけのゲームを素晴らしくエキサイティングに昇華させています。

個人的にコンプレット独自の魅力だと思う要素は、大きく三点。


・木製コンポーネント

・連番によるボーナス要素

・運と戦略性のバランス


まず木製コンポーネントはそのままですね。木のしっかりとしたコマの質感は、遊んでいて非常に気持ちがいいです。ここはラミィキューブにも通じる部分ですね。互いに「カード」でも成り立つゲーム性なのですが、やはりコマがしっかりしていると、それだけで遊びの奥行きというか没入感が大きく増します。


次に連番ボーナス。コマを取った際にそれが自分の手元でオープンされている数字のどれかと「1違い」で並べられた際、続いてもう一手番やっていいよというルールなのですが。

これが発生するととても気持ち良く、それでいて勝負を大きく変えすぎることもない要素なので、単純なゲームのスパイスとして非常に効いています。


最後に運と戦略性のバランス。まぁ基本的には「運」の割合が大きいゲームではあります。引いてきたコマが上手いこと自分の求める範囲に収まるのを祈るゲームなので。終盤は麻雀のリーチ状態と似た心境ですね。

ただこの「待ち」とする部分は手番消費で変更可能であり、また他者の公開しているナンバーなどを見れば、「どういう数字で待てばアガれる公算が高い」というのが分かるわけで、ここが非常に良く出来ています。


以上の点からとてもいいゲームなのですが、個人的に気になったのは終盤の戦略でしょうか。


このゲーム、他人がとれなかったコマはそのまま数字をオープンにして「誰でもとれる」ものとして置かれてしまうのですが、あと数枚でアガれる状況だと、基本これを待って取るのが非常に効率いいわけで。

となるとその機会を早く得られるという意味でも、自分の一つ前手番の人が数字をぽろっと落としてくれるか否かが重要になってきてしまい、この一番重要な局面に来て運と戦略性のバランスが少し運に傾いてしまう感が多少。


で、そうなると「自分の手番で無茶して下手にアガられたくない」わけで、手番をコマ整理に使い始めてしまい、最終的には勇気を出した人が馬鹿を見る状況になりがちだったり。


ここだけ個人的には少し気になりますが、とはいえ「シンプル」「考える」「盛り上がる」の三拍子揃った本当にいいゲームですので、年末等に家族と遊ぶのにもオススメです! あ、木なので箱が非常に重いのだけは注意です!

続きを読む
閉じる
205
名に参考にされているレビュー
2018年01月07日 20時18分

 小3の息子とプレイした感想です。
 内容は、1から100までの駒を使用して、プレイヤーの手元の駒が左側から昇順に数字を並べて、一番早く全て表に返した人が勝ちとなります。
 各プレイヤーは、裏側(数字の見えていない)にした場にある駒から17枚選んだ後、表(数字の見える)にした5枚の駒を17枚の中に並べて、ゲームの用意は完了です。
 プレイヤーの自分の手番でできることは2つ。①場にある駒を表にして、その数字が自分の並べた駒の中から、裏側(数字の見えていない)の駒を選んで場に返すか、②自分の並べた駒うち、裏側(数字の見えていない)の駒を他の場所の裏側になっている駒と入れ替えるです。これだけのシンプルなルールなのに、このゲームはとても面白いのが凄いです。
 なお、息子と2戦して大体ルールは分かったみたいですが、どこを空けておくかかなり思い切ったギャンブルしてくるので、2勝することになりました(手加減ができなかった…)。
 ただ、本人は相当面白かったらしく、折を見て、また再戦しようと思います。

続きを読む
閉じる
178
名に参考にされているレビュー
2017年02月09日 10時52分

シンプルなコンポーネントで、しっかり考える要素も入っている「やってる感」のあるゲーム。
かと言ってゲーマーズゲームのような深い思考ではなく、運の要素も比較的多いので初心者にもオススメできると思います。
ゲームのルールも簡単、勝敗のつけ方も簡単なので説明するのも簡単です。

22個の駒を1から大きい順に並ぶようにするだけ。

準備は1から100まで書いてある木製の駒を裏返しにして、各プレイヤー(最大4人)が17個の駒を裏返しのまま自分のものにして横一列に並べます。
その後、駒を5個表にして先ほどの17個の駒と一列にします。
5個の駒を入れる場所は左から小さい数字になるように17個の裏返しの駒の間に入れていきます。

各プレイヤーの手番で出来る事は

1.残っている裏返しの駒から1枚表にして自分の裏返しの駒と前後の数字が矛盾なく並ぶように入れ替える。
(□←裏返しの駒、数字が表の駒)
□□⑬□□㉖㉙□・・・
で、⑮を引いてきたら⑬と㉖の間のどちらか□と入れ替えることができる。
㉗を引いてきたら入れることができる場所がないので、表のままにして置いておく。
この時、表になっている駒がある場合はそれを引いてきてもいいので、自分が表にした駒が他のプレイヤーの欲しい駒だった場合はアシスト(手助け)する形になってしまいます。
そして、入れ替えた駒と隣の駒が連番(⑬⑭や㉙㉚など)の場合はもう1回自分の手番になります。

2.自分の裏返しの駒の場所を1個だけ移動できる。
□□⑬□□㉖㉙□・・・
と、なっている状態で
□⑬□□□㉖㉙□・・・
と、入れ替えることができます。裏返しになっている駒の間隔が偏ってきたりしてきたときに使います。
他のプレイヤーが取れなかった駒を入れる場合にも有効です。

これを繰り返して22個の駒が全部並んだ人が勝ちです。

ただし、コンプレットは普通のゲームではあまり見かけないルールが存在します。
「1」「6」「8」「9」が含まれる数字に上下を表す印がありません。
なので「19」は「61」としても使えます。
「68」は「89」、「66」は「99」としても使えるので思わぬところに入れたりもできます。
等間隔で列を作るよりも「逆さま」で使える数字を意識するともっと楽しめます。
*「0」は逆さまにできません。「60」は「09」として使うことは出来ません。


プレイ感は軽いけど、考える要素もあるので気軽に楽しめると思います。
弱点は駒を22個並べるのでプレイスペースがかなり必要なこと。

続きを読む
閉じる
149
名に参考にされているレビュー
2018年04月18日 16時33分

ルールはすぐに覚えられるし、幅広い年齢層で遊べる。

さらに、以外にもエキサイトする繰り返し遊べるゲームです。


初めてこのゲームをやったとき、5人のうち一人は小学生、あとは大学生、社会人3人という組み合わせ。

ルールは経験者に一度教えてもらっただけでプレイ開始!

なのに盛り上がり何度もプレイしました。


たまたま2組に分かれてやったこともあり、チーム戦にするのも面白いかもしれませんね。


家族や友人と、テレビ見ながらのんびりやっても良いかもしれません。

持ち運ぶのにはあまり向いていないので、旅行へ持っていってプレイする感じではないでしょうね。

平らな机が必要です。

続きを読む
閉じる
135
名に参考にされている戦略やコツ
2017年07月14日 23時59分

自分の持ってる札だけでなく、全体の札を見ましょう。

例えば70と80の間を5枚分開けてても、全体を見て71~79が全てでていたら、空けている5枚のスペースには何も入りませんから。

続きを読む
閉じる
130
名に参考にされているレビュー
2017年01月03日 21時51分

ボードゲーム初心者にも説明しやすく、楽しんでもらえるゲームの一つだと思います。

最近イベントでも初心者がいる場合にまず勧める事が多いです。

数字が1から100までで、自分の手札の間に幾つの数字が入るか他の人の手札を見ながら調整したりと、小学生の数字に慣れ親しむにも使えるんじゃないかとも思っています。

夕食後に家族で楽しむコンプレットってのも良いかな。

続きを読む
閉じる
104
名に参考にされているルール/インスト
2018年08月22日 15時57分

ふんわりインスト

かんたんなルール動画作りました。

全体のイメージを把握するために 

インスト前によかったらみてください(ルールの省略あり)

Youtubeリンク↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/9OMPWTsZYkA

よかったら チャンネル登録、コメント、フォローもお願いします。

続きを読む
閉じる
62
名に参考にされているレビュー
2017年07月14日 22時03分

1~100の数字の駒を使ったシンプルなゲームです。
小学生くらいから出来る内容でありながら、大人でも駒をめくる瞬間のドキドキが楽しめます。
割と接戦になりやすいのでそれもいい所だと思います。

続きを読む
閉じる
50
名に参考にされているリプレイ
2017年04月24日 08時31分

hanikinu ゲスト1さんの見落とし見落としで連続手番からのコンプレット!

運よく勝てました!ありがとうございました!

続きを読む
閉じる
39
名に参考にされているリプレイ
2018年05月27日 10時02分

2017/07/03 ディアシュピールにてプレイ。

隣接番号の連続手番でのコンボが3連すると気持いい。

ルール簡単だから子供と一緒でも楽しめる。

続きを読む
閉じる
29
名に参考にされているレビュー
2019年02月10日 23時52分

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,800(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 136興味あり
  • 937経験あり
  • 260お気に入り
  • 431持ってる

チェックした商品