マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
カードライン:恐竜編
  • カードライン:恐竜編当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~8人
  • 15分前後
  • 7歳~
  • 2014年~

カードライン:恐竜編

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
古代生物たちの大きさや重さを予想して、正しく順番に並べてみよう!
  • フレデリック・アンリ(Frederic Henry)作

 『ディプロドクスは、明らかにティラノサウルスよりは重そうなんだけど、ブラキオサウルスと比べたらどうだろう? 僕は、その 3 体よりもステゴザウルスの方が軽いと思うんだけど、ケナガマンモスと比べたらどうだろう?

 これは難しい問題だ。スミロドンだったら大体の重さがわかるので、こっちを先に置こう。次のゲームは、大きさで勝負しようと思う。多分こっちの方が簡単だと思うけど......』

 このゲームを遊んでいると、自分の手札のカードを出すときにこんな疑問がしばしばわいてくるでしょう。一番先に自分の手札のカードすべてを正しい位置に出せればゲームの勝者です!

 「カードライン」は、動物雑学カードゲームで、好評発売中の歴史雑学カードゲーム「タイムライン」と同じシステムを採用しています。「カードライン:恐竜編」は、恐竜をはじめとする様々な古代生物たちのカード 110 枚が入っています。各カードにはその生物の特性(大きさ、重さ)が記されています。その時のルールで決めた特性(大きさ、重さのいずれか)の順に正しく並べていくのがこのゲームの目的です。遊び方は簡単で、楽しみながら古代生物の知識も身につく、子供から大人までエキサイティングにプレイできるカードゲームです。

 ※「カードライン:動物編」と合わせてプレイ可能です。

レビュー 2件

214
名が参考にしたレビュー
 by くずてつ

カードライン:動物編に続いて、こちらの恐竜編をプレイできましたのでレビューしたいと思います


大人3人で集まっている時に手軽なゲーム内のといわれ、このゲームをチョイス。私以外は動物編やタイムラインシリーズも未経験

恐竜好きは私だけ。他2名はジュラシックパークシリーズは見たことあるってくらいの知識


結果、普通に楽しめました


何の知識がなくても心配もいらない普通にクイズゲームとして盛り上がれました

私もかなり恐竜好きではあると思っていましたが知らない古生物が出てくる出てくるw

もちろん知ってる恐竜が出ればテンションもあがります!!


一つ残念なところは古生物ということで解明されていない部分もあるからでしょうが、体重が「-」の古生物が5種類いて、体長のゲームをやった後に続けて体重でゲームをしようとしたときに体重「-」の古生物を抜かなければならないこと(ルールにそう記載があります)

抜くために古生物のデータ側を確認するので、どうしても答えが見えてしまうことです


ここはなんとかデータのわかっている古生物をあと5種類入れてほしかった、本当にここだけが残念です


名前メモしておいて、その名前の古生物を抜けばいいじゃんって手もありますが、それはそれでなんかね~って感じです


大人から子供まで動物編と同じくクイズゲームや図鑑などとして楽しめるんじゃないでしょうか!

1年以上前(2018年08月04日 20時44分)
続きを読む
閉じる
150
名が参考にしたレビュー
 by レモネード

クイズ系のゲームで、とっても簡単な割には楽しく盛り上がれるカードライン。

それに実は恐竜編があるのを知って、どーしても欲しかったのですが

どーやら、5月に日本語版が出るみたいで、祝、おめでとー!


でも、どーしても早く欲しくて、しょーがないので

フランス語版(重さや大きさの単位が日本と同じ)を外国から取り寄せ

名前の部分を日本語化しました。


変に細かいことが気になる性格なもんで、

日本語化には、ちゃんとスキャンして、フォトショップで修正して

コンポーネントに違和感なくシールを作りまして、

まー、やり方さえわかれば誰にでもできる、

自慢にもならない、ただ面倒くさいだけの作業で大嫌いなんですが、

5歳の息子が恐竜好きなんで、ただ一緒にやりたい一心でがんばりました。


日本語版でるの知ってるのに、しかも出たら買うのに

ワザワザ日本語化、バカです。

オレ、バカです。


で、恐竜編のほうですが、動物編と変わりなく楽しめました。


基本は体長と体重だけなんで、動物編よりはモードが1つ少ないです。


でも、この恐竜編は恐竜だけでなく他の古代生物も入っていて、

家族3人でやってると、

へー、こんなやつがいたんだとか

こいつムカデみたいやけど、めちゃくでかいやんとか

こいつプテラノドンみたいな形やから、大きさこのへんちゃう?

いや、もっとでかいかもしれんで、

逆やー、めっちゃちっさいやんとか

動物編以上に会話が盛り上がりました。


息子は今、恐竜にものすごくハマっているので

有名な恐竜なら重さとか、体長とか、めちゃ知っています。

5歳なのに、すでに僕の知識が追いつかないです。

好きなもんの吸収力は子どもはすごいです。

だから、このゲーム、めちゃくちゃ強いのです。

そして、このゲームをすごく気に入っていて

最近はずっと要望します。


終った後も、絵をみて大きさとか、

いつの時代に生きていたのか(裏に書いてあります)

肉食なのか植物食なのかをずっと眺めています。


男の子は恐竜が好きなんだなー

てか、こんな奴に絶対に勝てん!

2年弱前(2018年04月19日 22時48分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,420(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 13興味あり
  • 54経験あり
  • 9お気に入り
  • 50持ってる

チェックした商品