マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
京都
  • 京都当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2013年~

京都

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
クニツィアによる、京都のボードゲーム
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

 メビウスゲームズ20周年を記念してReiner Knizia氏が作ったゲームです。
 手番には、タイルを1枚配置して得点を得ます。 各タイルには京都の庭を形成する池・コケ・紅葉・砂利の4つの要素のうち3または4つが描かれています。配置したタイルとすでに配置されているタイルと同じ要素がつながった場合、連続する既に置かれているその要素を含むタイル枚数が得点となります。それぞれの要素で得点計算されます。したがって1~4つの要素の得点が同時に取れることもあります。また、各プレーヤーは、ボーナスポイントを得る要素が決まっています。その要素の得点は2倍得られます。
 シンプルで分かりやすく手軽に遊べます。

レビュー 3件

198
名に参考にされているレビュー
2018年10月21日 16時40分

 3歳児がお昼寝中に、ソロプレイした感想です。

 ライナー・クニツィア教授が、メビウス・ゲームズ20周年記念でデザインした、1枚のタイルに池、紅葉、苔、砂利の4種類の絵が描かれていて、それを組み合わせることで得点を重ねていくゲームです。

 ルールは、https://m.youtube.com/watch?v=2oJ7FWT6ZUg&feature=youtu.beでご確認ください。

 なお、ソロプレイのルールはマニュアルに記載があり、得点が倍加される4種類の職人は適用されず、5×5の形にタイルを並べていくことが義務づけられています。

 3回プレイした感想ですが、タイルを並べて得点を重ねていくことは、結構面白かったです。

 ただし、毎回タイルを並べる度に得点を重ねていくので、得点ボードは必要不可欠だと思います。

 私は、今回ノートに手書きで得点を計算しましたが、次回はカルカソンヌの得点ボードを活用しようと思います。

 なお、3回プレイして、101点、113点、96点でしたが、高い得点なのかどうかはよく分かりません。

 ただ、またプレイしたいと思わせるゲームなのは間違いなく、さすがはクニツィア!とセンスの光るゲームだと思いました。

 追記…2018年11月3日、147点まで点数を獲得できました。クニツィアらしく、やり込む毎に面白くなってきますよ。

続きを読む
閉じる
177
名に参考にされているレビュー
2018年12月01日 23時18分

ルールには「責任者を一人決めて、その人が得点をメモしていってください」的なことが書いてあるけれど、ここはやっぱり得点チップをやり取りした方がわかりやすい。別のゲームから借りてくるなりなんなりして、合計で7~800点くらいのチップを準備しておくと安心です。麻雀の点棒を2桁デノミ(100点→1点)して使うとか。


さて、このゲーム、自分の点数ばかりを気にしていると他者に大量得点されてしまいやすくなる。ある程度、相手を妨害することも考えながら自分の得意分野の庭を広げていくゲームです。

「ここにタイルを置いたら、池が8タイルつながって、私は池が得意な庭師なので、8×2で16点獲得。それから…」

「それもう池というより川じゃねーか。鴨川だろそれ」

ってなことにならないよう、ある程度のところで相手の進路をふさぐようなタイル配置を考えておくべきでしょう。もちろん、自分の得意な庭を広げつつ、ですよ。

続きを読む
閉じる
134
名に参考にされているルール/インスト
2017年02月12日 10時19分

【プレイ人数】

1~4人

【コンポ―ネント】

庭タイル 48枚

スタートタイル 1枚

プレイヤータイル 池・紅葉・苔・砂利 4枚


【準備】

・48枚のタイルをよく混ぜ、いくつかの山にしておきます。

・各プレイヤーはスタートタイルを1枚取ります。このタイルが、プレイヤーの得意分野になります。

・適当に順番を決めます。


【ルール】

① 手番のプレイヤーは、庭タイルを1枚取り、テーブルの上に表にして置きます。このとき、既に置かれているタイルと辺がぴったりくっついていないといけません。辺が半分だけ重なるような置き方はできません。


【得点計算・勝敗】

タイルを置いたら、得点計算を行います。

得点は分野ごとに行います。

置いたタイルと、既に置かれていたタイルが同じ分野の絵柄で接していたら1ポイントになります。この分野が連続して他のタイルに繋がっている場合には、タイル1枚につき1ポイントになります。

プレイヤーの得意分野では、得点が2倍になります。


【1人用】

得意分野はありません。

5×5のエリアすべてにタイルを置いたら終了です。

高得点を目指します。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,800(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 31興味あり
  • 111経験あり
  • 3お気に入り
  • 83持ってる

チェックした商品