マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
グラバー
  • グラバー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 60分前後
  • 2018年~

グラバー / Glover の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
東京ドイツゲーム賞大賞受賞作!幕末の長崎商人となり取引しよう!
  • 赤瀬 よぐ(Yog Akase)作

 プレイヤーは幕末の長崎商人となり、スコットランドから渡来したジャーディン・マセソン商会の貿易商、トマス・ブレイク・グラバーとの取引に乗り出します。グラバーとの取引に用いる様々な商品は、自ら生産したり、彼から借用した各種の施設を活用して手に入れたりするほか、他のプレイヤーとの交渉でも入手できます。ただし、ライバル達が常に誠実であるとは限りませんから、交渉に応じるにあたっては用心が必要です。

 グラバーは、提供した商品の見返りとして、あなたが政府や諸藩に斡旋するための小銃や大砲、艦船をもたらします。ただし、これらの契約にこぎつけるには、商品ばかりではなく彼の信頼を勝ち取ることが不可欠です。そしてその信頼の度合いは、普段の商いにおける誠実さにより上下するのです。

 激動の幕末において、グラバーと共に最も目覚ましい活躍を遂げた商人が、このゲームの勝者となります。

グラバーに6件の書き込みがあります

555
名に参考にされている戦略やコツ
2018年05月13日 22時35分

★グラバー・交渉のコツ

思った鉄則は、「トップと交渉してはいけない」

カタン的な交渉戦術が必要です。

交渉が成立しない場合に発生するのは、建物タイルや人物カードで結構変わるものの、基本は以下の通り。

  • 信頼が1下がる=艦船に手が出しにくくなる&毎ターン1点困難
  • 商品は、自力ではせいぜい3種類2個くらいまでしか集められない
    (ので、5~4種類必要な艦船に手が届かない)


逆に、トップは黒=悪意ある交渉を仕掛ける理由が少ないので、白=善意の交渉ばかりするようになる。すると、信頼MAXをキープされるし、商品は増えていろいろ作りやすいし、もはや勝利まっしぐら。

白交渉でいっぱい商品をもらえても、追い付けないのではないかと思う。


トップが(商品のせいで)艦船が作れない場合、信頼MAXを維持して毎ターン1点を稼ぎたいところ。だが、交渉が成立しない場合は信頼を上げるために資源を払ったり建物を建てたりする必要がある。こんな状況になれば、信頼MAXになることはそれなりの時間or資源が必要。

そうやってトップがもたついている間に、下から艦船をガシガシ突き上げていくスタイルが良いのではないか。


ただ、トップが担当する色の商品がプレイヤーに行き渡らなくなってしまうため、予め多めに交渉GETしておくか、その他の手段を確保しておくこと。安定して生み出せるなら、他との交渉材料にもなるのでお得。

…っていうプレイをしていると、いつしかトップになったと判断されて交渉に乗ってもらえなくなる。というジレンマありw

序盤は目立たずひっそりと、中盤に突き上げたら、そのまま逃げ切る!追い付かれたら負け!なのかな。


このゲーム、交渉が最大の肝で、楽しいからつい交渉をノリノリでやってしまうが、それは敗因につながる。もう一度言おう、「トップと交渉してはいけない」。WIN-LOSEであったとしても。


(お店で遊んでいた皆さんのプレイを見ていて思ったことの雑記。まだ1回目、初期オススメ建物タイル)

(めっちゃ盛り上がったゲームだったので、久しぶりに投稿せずにはいられなかった)

続きを読む
閉じる
535
名に参考にされているレビュー
2018年05月21日 04時24分

3人プレイの感想を。じわじわ面白さが染みでてくる名作だと思います、楽しかったです!

資源を集めて施設を借りて、更に資源を生産して、というゲームなのですが、このゲームの肝は『交渉』と『信頼』です。

他プレイヤーと交渉して様々な種類の商品を集める事が勝利に繋がるのですが、相手より一歩先んじる為には当然相手を出し抜かなければなりません。それを交渉カードで行うのですが、1度相手を出し抜くと『信頼度』が下がってしまい、自分の商いが不自由になるようなシステムになっています。

かといって、信頼度を回復しようとすると相手に得をさせなければならず、その塩梅を一度間違えるとあっと言う間に先を行かれてしまいます。

そして相手も同じようにこちらを出し抜こうとしているので、その交渉に乗るかどうかも非常に悩ましく、裏切られたときの腹立たしさは筆舌に尽くしがたいです(苦笑)


ルールは比較的シンプルで、商いを助けてくれる偉人達のカードや施設のタイル等はゲーム毎に違う種類や組合せで遊べるのでリプレイ性も高く、プレイ時間も軽すぎず重すぎずで、とてもやり易いですね。アートワークも作者さんが担当しているので、拘りが随所に感じられて出色の出来です。

様々な種類の商品を集めないといけず、(自分だけが入手しやすい種類の商品があるので)自然と色々な人と交渉をせざるを得ないので、カタン等の交渉が苦手な人でも、プレイは楽しめるのではないかとも思いました。交渉が好きな人は、そこに騙しの要素が入るので恐らく好物になること間違いなしです。

交渉がある関係上、3人より4人、4人より5人の方が面白そうな気がしましたが、3人や4人の場合は、5人プレイよりラウンドを長くしてバランスをとってあるので、3人でも充分楽しめました。

☆個人的評価☆かなり良い+

続きを読む
閉じる
325
名に参考にされているリプレイ
2018年06月03日 23時34分

2018/05/19 同僚宅での持ち込みボードゲーム会にてプレイ。

4人でプレイ。コンポーネントの美しさに惹かれ購入した。交渉フェイズに心配があったものの、カードがある分だいぶ単純にできた。1ラウンド目に交渉の場に乗れるかどうかで、立ち回りやすさが結構変わると思う。グラバーフェイズでカツカツまで勝利点に変換してしまうと、その後のラウンドで交渉材料となる商品が尽きてしまう。

続きを読む
閉じる
274
名に参考にされているレビュー
2018年12月16日 22時10分

ズルい位良いボードゲーム!2018春ゲムマにて購入!


もちろん大賞受賞も目に入りましたが、私は、グラバー邸の絵に惹かれました。

ズルい位いいボードゲームと言われる所以の一つに、作者の赤瀬よぐさんがコンポーネントの絵自体もご自身で担当されているそうで、長崎のグラバー邸に3度程行ったことがありますが、絵にとても現地の雰囲気がでています。

購入後、箱一杯に入ったコンポーネントにとても満足します。


ボードに乗せるカードの種類によって、ゲームの雰囲気を変更可能で、何度も遊べる作りになっています。

注意点としましては3人以上のゲームとなっていることです。

相手の交渉がどれだけ白(善意)なのか、黒(悪意)なのか...交渉後のカードめくりは、

皆で顔を見合わせてとても、ドキドキします。

3度ほど遊んで、ボドゲ初の初心者にインストをやれる位になりました!

現在のボードゲームがどれだけ面白いか、進化してきたかを確かに伝えられます。

続きを読む
閉じる
210
名に参考にされているレビュー
2019年02月21日 14時08分

4人戦と3人戦。基本セットでプレイ。

勝利点を稼いだり、グラバーさんの設備を借りたりするのにコストを払わなければならないのですが、自分が生産できる商品は最初は1色で、コストを払うためには「違う色を揃えなければならない」ので、必ず交渉して違う色の商品を獲得しなければならない。

交渉はカードによるところもあるのだけど、どこまでが利敵になるのかがすごく難しい。

一度はやってみることをお勧めしたいゲームです。

続きを読む
閉じる
113
名に参考にされているルール/インスト
2018年09月22日 20時29分

ふんわりインスト

かんたんなルール動画作りました。

全体のイメージを把握するために 

インスト前によかったらみてください(ルールの省略あり)

Youtubeリンク↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/6QmhQH9GWQU

よかったら チャンネル登録、コメント、フォローもお願いします。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,860(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 101興味あり
  • 188経験あり
  • 36お気に入り
  • 145持ってる

チェックした商品