マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

スタッフブログ

東京都目黒区
【ボードゲームモチーフカクテル紹介】プエルトリコモチーフカクテル
35
回表示されています
投稿日:2020年07月16日 20時34分

前回から大分間が空いてしまいましたが、今回はプエルトリコをモチーフとしたカクテルをご紹介したいと思います。


まず、タイトルでもあるプエルトリコは現在ではアメリカ合衆国自治区ですが
ゲームの舞台となるのはスペイン植民地時代ですね、サトウキビが主要産物の時代ですし。


これを前提に置いたうえでカクテルのコンセプトとしては
"ゲーム中の生産物のニュアンスを出来る限り1杯のカクテルで纏めてみよう"でした。

使用する資源としては

・コーヒー
・トウモロコシ
・タバコ
・サトウキビ
・インディゴ

ですね。

全部纏められればいいのですが、一杯の味と考えた時に要素が多くなりすぎるため。
残念ながら今回は点数の低いトウモロコシと人を選ぶ味になってしまうタバコは除隊して作ることに。


サトウキビのニュアンスはこれはスペイン植民地ということを考えてもラム酒でしょう。
ということでプエルトリコで生産されている非常に有名なラムがありますので、それを使用します。

珈琲部分は悩んだのですが、珈琲リキュールを使用することに。
というか珈琲好きなので色々飲んでるのですが、プエルトリコ産の珈琲って見かけたことがないんですよね…

インディゴは鮮やかな藍色の染料、ということで
バタフライピーのシロップを使用することとしました。酸性のものと混ぜなければ深い藍色です。


そして、これらだけだと甘ったるくて重たく、飲みにくいのもあるので海沿いの爽やかさをイメージしたレモンソーダでアップしよう。

と思っていたのですが、試作段階で何か足りない…となり。
一週間程プエルトリコのことを考えながら過ごすことになりました。

そして含ませたのが、出荷することで点数となる。のイメージです。
生産物を出荷することで初めて勝利点となりますよね?
ならば、海をイメージしたカクテルに後から送り込む。といった形でそれを表現してみようとなりました。

実は後システム的な要素もちょっと匂わせてはみているのですが、凄いささいな表現なので割愛です。


後から珈琲の香ばしさが広がる、甘目のカクテルです。
度数は結構低めで6度程、ゆったりと楽しめる感じですね。


ゲームを楽しみながら味わうのに丁度いい感じかと思います。

是非お試し頂けますと。

GALLERIA6GALLERIA6(2020年07月16日 20時34分)

バックナンバー