マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

開催イベント

大阪府箕面市

2018年7月7日 土曜日 21時00分~

【7月7日】第12回定例会 6ニムト、他【初心者・持込ゲーム歓迎】
61
回表示されています
投稿日:2018年06月03日 03時42分

どうも、そろそろ覚えてくれていますか?
ゲームマスター、ミスターKです。

さて、いきなりですが、みなさん7月7日は何の日かご存知ですか?

そう、七夕ですね。

七夕は別名「笹の節供」「星祭り」といわれる七夕は、江戸時代に五節供の一つに定められ、今でも広く親しまれています。
七夕の由来は、皆さんもご存知の織姫・彦星の星物語から始まります。
天の川の西岸に織姫という姫君が住んでいました。織姫は機織りの名手で、美しい布を織り上げては父親である天帝を大変喜ばせておりました。そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、二人はめでたく夫婦になりました。
ところが、結婚してからというもの、二人は仕事もせずに仲睦まじくするばかり。これに怒った天帝が、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。こうして二人は、天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度の逢瀬をするようになったのです。

織姫・彦星の星物語について語り終わった所でいつもの行きましょう。

そんなことよりボードゲームやりたい。

では、そろそろ本題の7月の定例会で遊ぶゲームを紹介いたします。

今回のゲームは七夕ということで、牛飼いである彦星にちなんで、ノロマな牛を押し付けあう6ニムトです。

ルールはこちらに分かり易いインストが投稿されています。

参加人数や参加者のリクエストによっては内容を変更させて頂きますので、あらかじめご了承ください。

また、その他ゲームのリクエストや持ち込んでいただいたゲームがあれば、出来る限り応えたいと思います。

どのゲームも実際に遊びながらルールを説明しますので、初心者さんも安心してご参加ください。

近日開催予定のイベント

終了したイベント