マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
おばけキャッチ 2
  • おばけキャッチ 2当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~8人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2012年~

おばけキャッチ 2 / Geistesblitz 2.0 の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
おばけキャッチと混ぜて遊ぶと混乱マックス!
  • ジャック・ゼメ(Jacques Zeimet)作

 おばけキャッチの姉妹品です。また、おばけキャッチと両方一緒にして遊ぶこともできます。このゲーム単体で遊ぶこともできます。

 テーブルの上に5つの品を置きます。「白いオバケ」「緑のカエル」「赤いタオル」「青いブラシ」「グレーのバスタブ」です。カードをよく混ぜて裏向きの山を作り、一枚表にして、そのカードに対応するものを早くつかんだ人がこのカードを受け取ります。対応するものには2種類の物があります。もし、色と形があったものが描かれていたらそれをつかみます。描かれている2つの物がどちらも色が違った場合、それら2つの物でなくなおかつその色の物でないものをつかみます。ここまでは、おばけキャッチと同じです。たとえばカードに「赤いオバケ」と「緑のブラシ」が描かれていたら、赤くなく、オバケでなく、緑でなく、ブラシでないものなのでグレーのバスタブをつかみます。

 バリエーションルールも似ています。バリエーションルールでは、めくられたカードにカエルが描かれていたら、対応するものをつかんではいけません。その名前をコールするのです。ただし、このセットの場合もう少し複雑です。色と形が同じものが描かれていない場合は、対応するものを日本度でコールしますが、色と形があっているものをコールする場合は、ドイツ語でコールします。(ゲームのついでにドイツ語を覚えましょう)

 そのほかにもプレーヤーを混乱させるバリエーションが用意されています。

 また、おばけキャッチと合わせて遊ぶ場合は、もっと混乱が用意されています。カード対応するものが色と形を合わせて描かれている場合、そのものをつかんだリコールしてはいけません。同色のカードと別のセットの物が対応するものになるのです。

 頭をパンクさせたい人は2つ合わせて、すべてのバリエーションを加えて遊んでください。

おばけキャッチ 2に4件の書き込みがあります

219
名に参考にされているレビュー
2018年03月22日 21時06分

ルールは普通のおばけキャッチと同じ。

今回は布製のアイテムがあり、それが若干取りづらい。そこも含めて面白いのだけど。

これ単品でも楽しめるけど、オススメは1と混ぜて遊ぶこと。全10アイテム。もうパニック間違いなし。


普通のおばけキャッチにはもう飽きたよという人にやってほしい。

続きを読む
閉じる
207
名に参考にされているレビュー
2017年12月24日 16時00分

基本的には通常のおばけキャッチと一緒です。

単体で遊んでも安定して面白いし盛り上がりますが、本領発揮は2つを組み合わせたプレイです!

通常なら「赤いイス」があれば「赤イス」を取りましたが、組み合わせている場合は「赤いマット」を取らなければいけません。

要するにそのまままさにを取る場合は、反対のバージョンの同色の物を取る必要があります!

さらに「マットが出た場合はその色のものを取る」や「本が出た場合は取らずに口で言う」等のヴァリアントを加えることができます。

あのみんながフリーズする感じや、凄くスローで取っていたりするのがとても面白いです!

初代おばけキャッチが好きな人は是非買って組み合わせて遊んで欲しいです!

続きを読む
閉じる
173
名に参考にされているレビュー
2018年07月14日 22時54分

 小4と3歳児の息子の3人で、プレイした感想です。

 前作同様、ジャック・ゼメがデザイン、カブリエラ・シルヴェイラがアートワークなので、前作から概ね違いはありません。

 テーマはオバケの入浴で、青の駒はブラシ、赤の駒はタオル、灰色の駒はお風呂、白の駒はおばけ、緑の駒はカエルとなっています。

 プレイ方法は前作と変わらず、山札からカードを1枚めくり、カードに描かれた絵の状況から合っている駒を、早い者勝ちで手にしたプレイヤーがカードを受け取ります。

 山札が無くなったときに、カードを一番多く集めたプレイヤーが勝利します。

 ここまでは通常どおりですが、バリアントルールとして、前作と今作を混ぜる遊び方がお勧めです。

 まず、前作と今作のカードを30ずつ抜き出し、駒を全10個並べます。そして、山札からカードを1枚めくります。

 具体的には、前作のカードで答えが灰色のネズミだった場合には、今作の灰色のお風呂の駒を取る必要があります。

 もし、今作のカードがめくられたらその逆で、赤のタオルが答えの場合は、赤の椅子を取ることになります。

 これは異次元の難しさで、頭を相当悩ませます。3歳児には、流石に無理だったことは言うまでありません。

 小4の息子と頭を悩ませながらプレイしましたが、今回は年の功で私が勝利しました。

 前作を遊び倒した人は、ぜひこのバリアントルールで遊んでみて欲しいと思います。

 なお、このゲーム中は、写真を撮ることは至難ですね。

続きを読む
閉じる
146
名に参考にされているレビュー
2018年11月12日 00時03分

前回おばけキャッチのレビューをしましたがルール的には全く一緒です

今回はコマの種類が変わり「布」が入ってます

布です、布

遊び方としてはおばけキャッチ(無印)とおばけキャッチ2を足して遊ぶ事も出来ますが、まだそのルールで遊んだ事は無いので、その際はまたレビューを追記しようと思います

布の持ちにくさと色の見分けにくさ(白と灰色)があるので難易度的には気持ち高くなりますが、遊びにくくなるほどではないです。ですが個人的には初めておばけキャッチを購入する場合は無印をおすすめします

無印の時も思ったのですが、コマ(木製)の塗装が綺麗で手触りもとても良いです


「バスタブに布を隠すな、布を」


■カードサイズ 59mm×91mm(ユーロサイズ):60枚


個人的評価:6.5/10

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,800(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 39興味あり
  • 161経験あり
  • 19お気に入り
  • 136持ってる

チェックした商品