マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
マイラミー 111
  • マイラミー 111当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2017年~

マイラミー 111

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
得点の書かれた手札をうまく拾って捨てて、数字順に並び替え
  • ステファン・ベンドルフ(Steffen Benndorf)作

 カードは、2~111の110枚です。

 カードはよく混ぜて各プレーヤーに12枚ずつ配ります。配られたカードは手札として持ちますが、順番を変えてはいけません。ゲームの目的が、これら12枚のカードを昇順または降順に並べることだからです。

 手札のほかに、カードを3枚裏にしてテーブルに置きます。

 手番になったら、テーブルの上のカードを1枚とり、手札のいずれかの場所に入れ、入れた場所の左右隣のどちらかのカードを表にしてテーブルの上に置きます。カードを取る場合は、表になっているカードでも裏になっているカードでも構いません。ただし、テーブルに置かれているカード3枚がすべて表向きに置かれている場合は、まず、これら3枚を捨て札にし、伏せたカード3枚と交換することができます。

 これを繰り返し、誰かが12枚すべてのカードを昇順または降順に並べることができたらゲーム終了です。それぞれのカードには1~4つのピエロが描かれています。ゲームを終わらせたプレーヤーは手札の12枚に描かれているピエロの数に5ポイントのボーナスを加えた得点を得ます。それ以外のプレーヤーは、昇順または降順が連続している一番高得点を得られる場所1カ所を得点とします。

 非常に単純なルールのゲームです。早く完成させるだけでは多くの得点を得ることはできません。ピエロが4つ描かれた赤いカードや3つ描かれた紫のカードをいかに有効利用できるかです。

レビュー 5件

166
名が参考にしたレビュー
 by フクハナ
細かいルールについては、『ルール』の項を参照。



受け取った手札の順番を入れ変えてはいけなくて、手札と場札を交換していち早く手札の並びを端から昇順か降順にしていくという、概要はそれだけのゲーム。


ただし、手札と場札の交換条件がちょっと変わっているので、単純に1枚取ると勝利に1枚分だけ近づく、という単純なものではない。
3枚ある場札から取るのはどこを選んでもいいが、これと交換できるのは、差し込んだカードの左右どちらか。このシステムにより、効率よく進めるコツというのがちょっと分かりにくいが、それをうまく探し出すのも醍醐味。


例えば、手札に49と51が並んで持っていて場札に50があると、50はすごく良いカードに思えるけど、これを取って49と51の間に入れても、49➡50➡51となり、49か51をすぐ捨てなくてはならないので結局50は悪いカードということになる。この不思議な感覚は面白い。


手札が全てそろったプレイヤーが上がって1ラウンドが終了するけど、得点はカードに描かれたピエロの数であり、負けたプレイヤーもゼロ点ではなくけっこう点をもらえたりするので、場合によっては負けたプレイヤーの方が高くなる可能性もある(限りなく低いけど)。
なので、無理やり上がりを目指さずにピエロが多いカードを集めるのもいいかな? でも上がったときにもらえるボーナス点はデカいけど。


取り立てて悪い点というのはないと思うけど、やはり最初の引き運はある。理論的には、配られたときにいきなり上がっている手もあれば、ひどい内容の場合もあるが、その差をフォローするルールは無いのは気になる。
また、これはごくささいなことだけど、並び変え不可で10枚以上を常に持っているのは手が疲れたりカードが痛んだりしそうなので、カードスタンドがあればうれしい。


また、カードデザインはダサい。カードには数字とピエロの頭の数(による色分け)しか描いてないし、裏面は銀色だし、配色はサイケデリックというか、変てこ。特殊効果カードのたぐいも無い。ピエロである意味やゲームのストーリーも無いようだし、なんか面白いテーマと絵柄があっても良かったんじゃないか、と感じた。

そして、手札の入れ替えのみを延々と行っているので、整っていく感じはいいけど、地味な作業ではある。


と言っても、考えどころはあるし、1ゲームは短いし、最初バラバラだった手札は整頓されていって気持ちいいし、だいたいは1手番ごとに着実に揃っていくので終盤はぎりぎりの戦いになるしで、退屈しない良いカードゲームと思う。

1年以上前(2018年07月13日 00時36分)
続きを読む
閉じる
113
名が参考にしたレビュー
 by 82BG@19秋GM(土日)出展


☆5

手札を並べて替えてセットコレクション

目的は手札にある数字カードを左から右へ高順にさせていくこと。
それにあたって手番でやることは単純で場にあるカード1枚選んでは手札に加えて1枚場に捨てることぐらいです。そして次の手番へ移っていきます。
特徴は
・準備で配られたカードの位置を並べ替えてはいけない。
・手札に加える位置は任意でいいのですが、場に捨てるカードは加えた位置の隣のカードどちらかを場に捨てる。

これらを踏まえて、場と手札のカードを入れ替えていきます。

面白い点は手札のカードが左から右にかけて高順になるための最速手を考える点ですね。「場にあるあのカードを入れるついでに、このカードを捨てよう」と気付いた時が気持ちいいですね。

ただ、初期手札依存な感じが否めないのと、他プレイヤーとの干渉は薄い気がしますね。
特に思う場面は邪魔がし辛いです。他プレイヤーがどれだけ手札が揃っているのか何の数字がほしいのかよくわからないので、突然終わったりして少し悲しくなります。

手札公開して遊べばいくらか改善はされると思いますが、情報が露出しすぎてこのゲームの本来の軽いテンポが失ってしまう気もしますね。

ルールも簡単でオシャレで手軽に遊べるので時間つぶしのゲームとしていいと思います。
面白い点はしっかりあるので、個人的に惜しい作品です。

遊評☆5

約2年前(2018年03月02日 09時23分)
続きを読む
閉じる
100
名が参考にしたルール/インスト
 by フクハナ


1年以上前(2018年07月13日 00時36分)
続きを読む
閉じる
94
名が参考にした戦略やコツ
 by フクハナ

全カード(=数字の幅=110)を手札枚数の12で割ると、平均的な数字の幅は9くらいになるけど、当然偏るし、その平均的な幅を目指してカード集めるのは良くない。
できるなら近しい数字は固めて持っていたほうが、他の箇所で大きな数字の開きも許容できる。


例えば、手札が20・30の並びで持っていて、場に27があれば、それを取って差して20を捨てるのはなんだか無駄になる気がするけど悪くないと思う。今後28は29が来る確率は少ないから、27・30の並びはほぼ『固定』で1枚分の感覚で持っておけるから。すると、他の箇所の開きの平均も上げることができるし、もしかしたら捨てた20を後で再び拾えるかもしれない。
そうして、4~5枚で近い数字で固まったエリアを持つことが出来たら、そこを基準に広げていく感じ。


欲しいカードより、捨てたい手札のカードを意識してプレイするのが良いか。

場にあるカードは、序盤は大雑把にそろえていくので裏になったカードを取っていっていいけど、後半は裏カードより、微妙なカードでも表になって数字が分かっているカードを取った方がいい。後半に裏カードを引いて、全く不要のカードだった、というのは避けたい。


また、全員があと何枚で終わる、というのがけっこう拮抗しているし、ゲームの終わりの雰囲気がなんとなく分かるので、ダメそうならピエロの数狙いで上がりを諦めるのも手か。でもほとんどは上がった人が最も大きい点を得るけど。

1年以上前(2018年07月13日 00時38分)
続きを読む
閉じる
67
名が参考にしたレビュー
 by トメ

手札に配られた12枚のカードにはそれぞれ2から111の数字が書かれていて、手札12枚を降順または昇順に先にソートした人が勝利。数字は連続してなくてもOK。ただし手札の並びは勝手に変えることはできず、カードの順番を変える方法は、自分のターンで場の山札から出されたカード3枚の中から任意の1枚と自分の手札を交換するのみ。ルールはだいたいこんな感じです。

パズルをやっている感じでラミーや七並べにノリが近いです。自分が交換した捨て札が相手が欲しかった数字だったりするのでそういう駆け引きはあります。相手の捨て札や取ったカードから相手が何を狙ってるか考えられる人は強いかも(私はさっぱりでした)ですが、配られたカードの並び次第で簡単に揃う場面もあり手札運が大きいので、そこはそんなに気にせず気楽に楽しくできました。カード12枚を常に手で持っていると疲れるし、カード落として順番分からなくなると困るのでカードスタンドがあると便利です。

2ヶ月前(2020年01月27日 13時48分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,500(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 28興味あり
  • 217経験あり
  • 17お気に入り
  • 120持ってる

チェックした商品