マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
アクアリウム・デザイナー
  • アクアリウム・デザイナー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~5人
  • 15分前後
  • 7歳~
  • 2017年~

アクアリウム・デザイナー

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き

レビュー 3件

242
名が参考にしたレビュー
 by game_suke

先日購入してから、毎日のように子どもたち(10歳と7歳の姉妹)と遊んでいます。小学生の女の子を持つ親としては、ちょうどいい最高のゲームです!

アートワークが魅力的で、すぐに準備できてルールも簡単、プレイ時間も15分と、時間がある時にサッとできるゲームなのに、ちゃんと悩みどころ、考えどころがあって、満足感があるのが良いです。

「この色とこの色が反対ならいいのに」と悩むことも多く、また何も生物がいない一色のタイルも有効に使えるかどうかで大きく得点が変わってくるところなど、シンプルなのに各タイルのレイアウトデザインが良く調整されているなぁと感じました。

シンプルなルールゆえ、子どもたちと遊ぶ時も手加減なしで楽しめますし、また、たとえ負けても自分の水族館を作ったことで満足感を得られるのが良いですね。

なにより素晴らしいのは、子どもが自分でルールを説明して友達と遊んでいたこと。友達も面白かったと言っていたそうです。友達と遊ぶ時は、なかなかボードゲームを遊ぶことはないようですが(一番の理由はルール説明が難しい、あとはサッとできない、アートワークが取っ付きにくいなど)、YAMATO GAMESのゲームはこれからも大活躍してくれそうです。

ソロプレイもしてみました。プレイ感としては2人以上で遊んだ時とあまり変わらず楽しめました。1人用ルール作ってくれるのは嬉しいですね。

3年弱前(2018年02月03日 11時51分)
続きを読む
閉じる
113
名が参考にしたレビュー
 by ましゃ

ジャケ買いした一品です。

ゲームとしては、キングドミノの簡易版といったところでしょうか。


キングドミノと比べて配置するカードも初期カード以外に8枚と少なく、点数計算も足し算のみで掛け算がないため、初心者やお子さんでも気軽に楽しめると思います。

3年弱前(2018年02月19日 14時57分)
続きを読む
閉じる
38
名が参考にしたルール/インスト
 by 鉄仙(てっせん)

f:id:sechsmerquise:20190526164047j:plain


ゲームの準備(2~5人プレイ用)

①各プレイヤーにエントランスカードを1枚配ります。アクアリウム・デザイナー


②レイアウトカードを裏向きでシャッフルして山札にします。


③最近、水族館に行ったプレイヤーがスタートプレイヤーになります。


ゲームの目的と終了条件

 プレイヤーは同じ種類の動物が2匹以上入るように、同じ色のブロックをつなげていきます。4種類の色ごとにエンゼルフィッシュ、アシカ、イルカ、ペンギンが割り当てられており、同じ動物が描かれた色のブロックをつなげて点数を稼ぐゲームです。

アクアリウム・デザイナー

 全てのプレイヤーがエントランスカードを含めて、正方形になるように9枚のカードを並べたらゲームを終了して、点数計算をします。


ゲームの進め方

①スタートプレイヤーは、山札の上からプレイ人数分のカードをめくって、山札のまわりにカードを並べます。


②その後で、山札のカードをめくって表にします。このカードは、このラウンド(山札からカードを並べて自分の場に配置するまでの流れをラウンドと言います)では取得できませんが、次のラウンドで引けるカードの公開情報となります。

アクアリウム・デザイナー


③スタートプレイヤーから順番に、『山札のまわりの置かれたカードから好きなカードを選んで取得する』か『パスする』を選びます。全てのプレイヤーがカードを1枚取得するまで、左回りで順番が回ってきます。パスは1ラウンドに1回しか行えませんので、2週するまでに全てのプレイヤーがカードを選択することになります。

 1番最後にカードを取得したプレイヤーが、次のラウンドのスタートプレイヤーになります。スタートプレイヤーになれば、次のラウンドでは、1番始めにカードを選ぶことができます。


④カード配置ルールに従って、自分の場のエントランスカードに隣接するように配置します。カードを配置するときの向きは自由ですが、一度配置したカードを動かしたり回転させることはできません。

アクアリウム・デザイナー


⑤9枚のカードを3×3の正方形になるように並べ終えたらゲームの終了です。得点計算をして勝者を決めます。

アクアリウム・デザイナー


カードの配置方法

良い例① 配置済みのカードと一辺が隣接する(イラストの向きは自由)

アクアリウム・デザイナー


良い例② 色が繋がっていなくてもよい

アクアリウム・デザイナー


良い例③ エントランスカードは中央に配置しなくてもよい

アクアリウム・デザイナー


悪い例①  配置済みのカードと一辺が隣接していない

アクアリウム・デザイナー


悪い例② 隣接する一辺は1枚のカードとのみ接しなければならない

アクアリウム・デザイナー


悪い例③ 3×3の正方形にならない

アクアリウム・デザイナー


得点計算

 得点計算は、2匹以上の動物がいるブロックのみが対象となります。『対象のブロック数』と『そのブロック内にいる動物の数』が点数となります。


プレイヤーAの場合

アクアリウム・デザイナー

アシカ(5ブロック+4匹)=9点

エンゼルフィッシュ(9ブロック+5匹)=14点

9点+14点=合計23点 


プレイヤーBの場合

アクアリウム・デザイナーエンゼルフィッシュ(5ブロック+2匹)=7点

ペンギン(5ブロック+2匹)=7点

アシカ(3ブロック+2匹)=5点

イルカ(9ブロック+3匹)=12点

7点+7点+5点+12点=合計31点


プレイヤーCの場合

アクアリウム・デザイナー

ペンギン(9ブロック+3匹)=12点

アシカ(11ブロック+5匹)=16点

12点+16点=合計28点


プレイヤーDの場合

アクアリウム・デザイナー

エンゼルフィッシュ(4ブロック+2匹)=6点

ペンギン(6ブロック+2匹)=8点

イルカ(9ブロック+4匹)=13点

6点+8点+13点=合計27点


 上記4人の場合、31点のプレイヤーBさんの勝ちとなります。


 以上で、インストを終わります。

6ヶ月前(2020年07月29日 08時12分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,547(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 44興味あり
  • 96経験あり
  • 15お気に入り
  • 67持ってる

チェックした商品