マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ニックネーム
  • ニックネーム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 10~15分
  • 8歳~
  • 2019年~

ニックネーム

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
友達のニックネームを呼んで、どんどん仲良くなろう
  • 工藤七菜作
  • 工藤良樹作
  • 永尾純一作

プレイヤーには役割が割り振られ、対応するアイテムを周りのプレイヤーから集めなくてはいけません

周りのプレイヤーに呼びかけをするときは、ニックネームを呼んで聞いてみましょう!

レビュー 5件

364
名が参考にしたレビュー
 by Coma Planet

簡単で、誰とでも楽しく遊べるゲームです。


自分がほしいニックネームグループの<もちものカード>を、他のプレイヤーの誰が持っているか推理し、自分の番が回ってきたときにプレイヤーを指名してカードをリクエストします。

推理が当たれば、その<もちものカード>を手に入れることができ、同じニックネームグループの<もちものカード>を四枚集めたら<ニックネームカード>を一枚もらえることができます。

一番多く<ニックネームカード>を集めた人が勝ちです。



ゲームルールは単純ですが、<もちものカード>をリクエストする時は、そのもちものカードの所属するニックネームグループに対応する敬称をつけて「ニックネーム」で指名相手に呼びかけなくてはいけないというルールがあります。

また、呼ばれた人はそのニックネームにふさわしい人物になりきってカードを渡さなくてはいけません。

例えば、「○○社長、高級外車をください」と言われたら「うむ、わしの愛車をやろう」と社長になったつもりでカードを渡します。これが楽しいけれど、初めは少し恥ずかしいです(笑)



このゲームの魅力は、なんといっても、どんな相手とも・どの場面でも楽しく遊べるところ!


名前の下に敬称をつけ、ニックネームで呼び合うというルールがあるため、プレイヤー同士は強制的に名前を呼び合うことになります。

そのため、初対面の人や気心の知れていない仲でも、ゲームが終わる頃には自然と名前を覚えることができます。


また、仲の良い人や毎日会う人とプレイして、いつもと違う敬称で呼んで<もちものカード>をおねだりするのも楽しい遊び方のひとつ。


ニックネームグループは「ちゃん」や「くん」などスタンダードなものから、「空前絶後の萌えアイドル・○○にゃん」や「天下を治めるお殿様・○○どの」などのユニークなものまで幅広く揃えられているので、このゲームの中では普段接している人とも違う関係性で遊ぶことができます。


上司にむかって、呼び捨てして「100万円くれよ」なんて合法的に言えるのはこのゲームの中だけなのでは(笑)



ゆるい絵柄のかわいらしいカードに一見単純なルール。

ゲームの序盤は、とても和やかな雰囲気で進みます。

この時点では、<もちものカード>を集めるのに必要なのは運のみなので、ニックネームでの呼び合いやなりきりを楽しみながらカードのやりとりをすることができます。


しかし、それだけでは終わらないのがこのゲームの面白いところ。

「リクエストできるのは、自分が持っている<もちものカード>と同じニックネームグループのカードのみ(自分が1枚も持っていないニックネームグループの<もちものカード>はリクエストできない)」という絶妙なルール設定により、ゲームの中盤頃からは、どのカードを誰が持っているのかという推理が可能になってきます。


例えば、「今、自分が持っているのは<ネコ耳>と<ドレス>。

**さんが☆☆さんに<サイン>をリクエストしたということは、**さんが持っているのは<マイク>だ!」というような推理をしていくことで、自己紹介がメイン要素の和やかな運ゲーという最初の雰囲気から一転、中盤以降の「nickname」は記憶力と考察力が必要なガチンコ勝負へと変化します。



カードを確実にゲットするためには、自分の手番のやりとりだけではなく、他のプレイヤー同士のやりとりを観察し、各プレイヤーの返事やカードの行き先を覚えていなくてはいけません。


せっかく<もちものカード>を3枚まで集めても、残りの1枚を持っている人物の予測を間違えると、

一瞬にしてすべて取られてしまうという事態も発生してしまうことに…!



上の写真は、実際のプレイ中のもの。

ここから、「(私)どの、着物をいただけないでしょうか?」「(私)どの、拙者、草履も履きたいでござる」「(私)どの、伝家の宝刀もいただいてもよろしいでござるか?」と身ぐるみ剥がされてしまった時の無念さは、本能寺の変の時の織田信長に匹敵するレベル。リクエストする側は、こちらの手札についての推理がすでに完了しているので、ノリノリでリクエストしてくるところがまた憎い(笑)


ゲームの終盤になると、どのプレイヤーもなりきりの照れを忘れてしまう程に白熱してしまいます。

最初は「○○どの、草履をください…///」という風に恥ずかしがっていた人も、ゲームの最後では「○○どの、ちょんまげを賜りたいでござる!!!」と大声で叫んでしまうほど(笑)

推理が当たり、<もちものカード>が揃って<ニックネームカード>を手に入れることができると、満足と達成感による快感で満たされます♡


一番多く<ニックネームカード>を手に入れた人は、集めたニックネームカードの中から好きなニックネームで一日呼んでもらえるというご褒美ルールで、ガチンコ勝負は幕を閉じます。

熱くぶつかりあった後も和やかにゲームを終えられるこのルールに、お友達想いの考案者さんの優しさを感じました。



誰にでもわかりやすい簡単なルールのため、世代や性別を選ばずに遊べることが魅力の「nickname」。


初対面の人が多い場面で自己紹介を兼ねて遊ぶのもよし、気心知れた仲で遊ぶのもよし。

知り合いだけど「ニックネーム」で呼び合う程の仲ではない人と遊ぶのもよし。

記憶力と考察力のガチンコ勝負をしたい人にも満足の一品。

どの関係性の相手でも、どんな場面でも楽しく遊べる最強のゲームだと思います。

どんな集まりに持って行っても、老若男女で楽しめるはず!

特に、ボドゲオフ会の一発目にプレイするゲームとしておすすめです!

ボードゲーム好きなら、一家にひとつ、いや、一人ひとつは持っていて損のないゲームです!!

約1年前(2019年09月03日 09時17分)
続きを読む
閉じる
342
名が参考にしたレビュー
 by Masayuki Kunimitsu

ドイツの一般的なカードゲームの「カルテット」をベースにして、遊びやすくしたカードゲーム。

ベースのルールは全く「カルテット」と同じ。1グループに4枚のカードをがありますので、その同一グループの4枚のカードを集めていき、集めたグループの総数が多いプレイヤーが勝利。

ドイツのカルテットでは同一グループのカードがa1、a2・・・などと数値化されており味気ないものですが、このニックネームではキャラクターの持ち物に変更されており非常にわかりやすくなっています。

カードが欲しいときに持ち物を指定して、そのカードを持っていそうなプレイヤーを指定するのですが、「プレイヤーの名前」+「そのキャラっぽい役職」で呼びかけをしなければならないのがミソ。

例えば、山本さんに社長の持ち物である高級外車を持っていないか尋ねるときは、「山本社長、高級外車を持っていませんか?」と尋ねることになります。

その役職による呼びかけが思いのほか楽しく、気が付けば「なりきりごっこ」始まります。

ゲーム会では初対面の方がおられるときは、自己紹介を兼ねたスターターとして使いやすく、気心の知れたプレイヤーでのプレイでは「なりきりごっこ」が加速されて、笑顔があふれるテーブルとなるでしょう。

実際のゲームはゴリゴリの記憶ゲームですので、真剣に考えないと勝利はおぼつかないゲームですが、そんなことはどうでもよくなる楽しいゲームです。

1年以上前(2019年06月19日 16時46分)
続きを読む
閉じる
86
名が参考にしたレビュー
 by みなみん

いとこの小学生の子に買ってあげた良ゲーム!
ゲームとしてもですが、コミュニケーションを取るのに苦労する今の時期とか特に重宝する!
ニュースなどにも取り上げられ、たしか中学生の子がこんなゲームあったら良いなとお父さんと協力して作った話題のゲームでしたが、もっと広い場に普及してもらえれば、コミュニケーションで悩む子供たちの助けになる良作!

面白いゲームは沢山あれど、面白い上に友だちと仲良く呼び合えてるゲームって素敵です。

日本のボードゲーム市場は伸びてきてはいますが、この手の市場を大人がもっと応援して普及していくのが、この先のボードゲームの普及につながると思います。

ぜひ、家族や親戚の子供などに買ってあげてあげたくなるゲームです。

7ヶ月前(2020年04月15日 18時26分)
続きを読む
閉じる
78
名が参考にしたレビュー
 by サイコロサーカス

初顔合わせから少し経ち名前ぐらいは覚えたけど深い話とかは未だ全然・・的な小集団の中で威力を発揮するコミニュケーションゲーム。コワモテ男性に女子が「山田にゃん。サインちょーだい」とねだったり、普段まじめで寡黙な人が「おい佐々木、1000円出せよ」とカツあげしたり、かと思うと満面の笑顔で「吉田社長。うちの秘書を返してくれませんかな?」「うう・・・チクショウ!くれてやるよ」などというやり取りが普通に繰り広げられ、内気・口下手な人でも自然と豊かな表情になれたり調子に乗って小芝居じみてきたりするアンチコミュ障アイテムです。老若男女向けとはこのゲームのことかも。

8ヶ月前(2020年03月07日 12時55分)
続きを読む
閉じる
54
名が参考にしたレビュー
 by スエ

カードを集めるゲームです(^^)

「〇〇様!貴方の王冠を頂きたい!」「ねぇ、〇〇にゃん、サインちょうだい(笑)」などのニックネームでおねだりをする!口調も自然と変わって楽しいヽ(*^^*)ノ✨


家族で、友人で、初対面同士で!

老若男女問わず楽しめるお気に入りの作品です° ✧ (*´ `*) ✧ °✨✨

5ヶ月前(2020年05月26日 18時57分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,540(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 57興味あり
  • 172経験あり
  • 35お気に入り
  • 133持ってる

チェックした商品