マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クランク!
  • クランク!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 30~60分
  • 12歳~
  • 2016年~

クランク! / Clank!: A Deck-Building Adventure の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
デッキを構築して、ドラゴンが護るダンジョンに点在するお宝を盗み出せ!
  • ポール・デネン(Paul Dennen)作

デッキを構築してダンジョン探索RPGをするありそうでなかった作品です。
プレイヤーは泥棒となって、ドラゴンが護るダンジョンに潜り、点在するアーティファクトを持って帰ってくるのが目的ですが、ダンジョンにはドラゴンの他にモンスターが居たり、部屋に仕掛けがあったりと、なかなか思うようには進めません。
物音をたてるとドラゴンにも気づかれて大ダメージを負ってしまうので要注意!見事アーティファクトを持って生還し、最も多くの勝利点(価値あるお宝)を集めたプレイヤーの勝利となります。

クランク!に4件の書き込みがあります

748
名に参考にされています
2017年04月28日 09時41分

デッキ構築ゲームだけど、デッキ構築だけがメインのドミニオンとかに比べると、だいぶんしばりがないので自由に楽しめるし、小難しいこと考えなくていいのがよい。

デッキを圧縮する方法がほとんどなくてかさんでいくばっかりなのと、あとから手に入るカードは1枚1枚違う内容でランダムで出てくるので、そのときに一番ほしいのを単純に選べばOK。

手札5枚は全公開で全能力発動(カード獲得や移動、アクションが好きな順序で制限なくできる)なので、移動系とりすぎたかな、みたいなバランスを考えることをしなくてもいい。

あと攻撃を受けてデッキをいじられることもないから、手番が回ってくるまで自分の手札で何をするか考えられて、ダウンタイムがないのも良い。


クランクっていう足音キューブを積んでいって、ドラゴンが起こるたびに袋に入れられて、何個かひかれたうち自分の色があればそれがダメージ。

袋からキューブを引くっていうと、テーベの東とかだと運要素が強すぎるように思うんだけど、そもそも足音を立てた数は手元の残りのキューブからわかって、袋に入っている数がライフより小さいと絶対死なないので、その辺も考えて動けるのがかなり良い。


チキンレースで誰かが帰還すると決められたターン数で地上に出ないと死んじゃうんだけども、急に死んじゃうんじゃなくてターン数がそれなりにあるから、理不尽さはない。


ルールは割と簡単でインストもしやすいし、気軽にデッキビルディングができるし、探険してる感もあるし、違うマップにするとまた違った感じで楽しめるから、一度遊ぶと拡張出るごとに買ってしまいそう。。


ガチで点数計算して勝ちにいく感じのゲームではないけど、お手軽なのにゲームやった感があって、かなり良いゲーム。

続きを読む
閉じる
471
名に参考にされています
2017年05月10日 17時14分

みんな経験者でクランク!スタート。

スタPはにがぴっぴ 、時計回りにまつなが 、日高さん 、sawadaさん  

今回の目標は、一番高いお宝を手に入れることにしていました。
いつも、中途半端に浅いアーティファクトを取りつつも、こんなに楽しいのに帰りたくない精神で点が伸びずにいたため、どうせ帰りたくないなら深くまで行こう!と思って。

マップは、写真を撮れていないのですが、マーケットが複数箇所に別れているほうのマップ。こちらはスタートの真下あたりに30点のアーティファクトがあります。

できたらマーケットで買い物もしたいし途中敵も出てくるし、ということで2つくらい剣のついたカードをデッキに混ぜて突入。

移動も必要なので、どたばた移動(2クランク2歩移動)も購入して移動していました。


で、勢いよく突っ込んでいったものの、なんとなくちょっと前から気づいていた不幸な出来事が。

1手番前でにがちょん に30点を取られた。。。しかもお宝も……。


急遽、ちょっと上にある20のお宝を目指して移動。

どたばた移動でクリスタルケイブの一時停止が無視できるのはいいものの、にがぴょんんの持ってる魔法のじゅうたん移動がけっこう強くてなかなか及ばず。

ほしいお宝をたいてい一歩前にしてとられていく始末。。


どうしようもないのと、どたばた移動でかなりクランクしまくっていたので、早めの退散を心がけ、無事屋上へ。


sawadaさん は他のみんなとは違って右の方の道へ行っていました。

この時点で日高さん はあと2ダメくらいで死亡の状態!

私はもう手番が回ってこないので、ただただ楽しく袋からコマを引くマンに。


結局その後、にがぴょん は無事ゴール、日高さん はあと1手番で屋上まで登れたところで無事?死亡、sawadaさん はゴール手前で移動が出ず、手番が足りずにゴールならず。


で、最終結果はこんな感じに。


20点のアーティファクト、20点のゴールボーナス、魔法の本ひとつと細々とした点数、6金で計64点(多分。右のカードの点数が4点なら)


んー。トップのにがちょん は111点でダントツ。
内容を見てみると、7点だったかのトロフィ的な、?めくったら取れるやつ2つ取っていて、カードも点数のあるのばかり。
点数のないやつは紫のカードで、デッキが膨れないようになってた。


わたし はもう4回くらい遊んでますが、1回も勝ててないので、行くところがバッティングしたとかそういう事故はあるものの、やはり運ゲーじゃなく戦略ゲームだなーと。


楽しい!

続きを読む
閉じる
455
名に参考にされています
2017年12月17日 12時02分

7/10

デッキ構築+ダンジョン探索のボードゲーム。

最初から言ってしまうと、見た目が好きな人なら、間違いなく面白いと感じるので、オススメ。

HPシステム、レベルアップするアイテム、魔法、モンスターとの戦い、ドラゴンの攻撃とデッキ構築とドラクエのようなダンジョン探索をバランスよく融合させたのは見事!

自分はデッキ構築は、ドミニオンだけで十分(しかも拡張とかもいらないし、リプレイする気もない)だと思っていたが、このゲームでデッキ構築の見方がかなり変わった。

ダンジョンのボードを見るだけで、とてもワクワクするし、システムも奥まで行くと、得点の高いお宝がわんさかあるので、行きたいのだが、奥に行きすぎると、死ぬリスクも増えるので、壮大なチキンゲームという見方もできる。

お金の流通が若干少ないとか、一部の魔法が強いとか、気になるところもないわけではないが、そんな細かいところとかどうでもいいと思わせるほど、見事な世界観。人気があるのも、拡張が出るのもうなずける。

ドミニオンの影響でデッキ構築系が溢れ出て、それにうんざりしている人も、このゲームをやると救われると思うので(自分もその1人)、プレイしてみてはどうでしょうか。

続きを読む
閉じる
399
名に参考にされています
2017年10月23日 09時35分

ボードを使うドミニオン。

いや、端的に言えばそれだけのゲームなんですが、ボードに偏りすぎず、カードにも偏りすぎず、見事に中間で融合している感じで、なんだこのバランス。

デッキがどんどん強くなっていくドミニオン的な面白さに加え、お宝獲得のためにどこまで深く潜るのか、、、というチキンレースの面白さもあるもんだからまー、面白くないわけがないですよね。

ドミニオンが好きな人なら確実に面白いかと。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,800(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
  • 129興味あり
  • 246経験あり
  • 73お気に入り
  • 102持ってる

チェックした商品