マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
マンハッタン
  • マンハッタン当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 1994年~

マンハッタン

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
わかりやすいルール、わかりやすい面白さ、分かりやすい戦略、目でわかるゲームの進行。誰にでも勧められるゲームです。
  • アンドレアス・ザイファルト(Andreas Seyfarth)作

 1994年ゲーム大賞受賞。
 世界の6都市に摩天楼を建設し、世界のビル王を目指すゲームです。
 手番になったら、手札から1枚カードを出します。カードの右上には、どの場所にビルが建設できるかが描かれてます。該当する位置に自分のビルパーツを1個置きます。
 ゲームボードには6つの都市が描かれていますが、カードに示された位置ならどの都市においてもかまいません。つまりカードに示されているのは、都市内の位置であり、どの都市に置くかは指定されていません。
 ビルパーツには一階分のものから4階分のものまで、4種類あります。1回の手番には1個のビルパーツが置けるので、一気に4階分高くすることも出ます。
 色々なひとのビルパーツが積み重ねられたビルもありますが、一番上にビルパーツを乗せている人が、このビルの持ち主となります。つまり他の人のビルの上にビルパーツを乗せることができれば、そのビルを乗っ取ることができるのです。ただし、そこにビルパーツを乗せるのには条件があります。他人が一生懸命高くしたビルをいきなり乗っ取ることはできません。
 ゲーム中に、何度か(プレー人数により変わります)得点計算のときがあります。この時点で、一番高いビルを所有していれば3点。9つある都市のそれぞれで、一番多くのビルを持っている人に2点。その他、所有するビル1個につき1点です。
 高いビルは、高得点ですが、競争がたいへんです。つまり、たくさんの人が競い合って、ビルの乗っ取り合戦になったため、高くなったのです。つまり、一番高いビルを目指すのは、高得点も狙えますが、大きなリスク(得点計算時に、他の人のものなら0点)もあるのです。
 わかりやすいルールのすばらしいゲームです。また、ゲームが進むにつれて摩天楼がどんどん出現して楽しくなるゲームです。

レビュー 7件

179
名に参考にされているレビュー
2016年03月21日 00時46分

世界の各都市に自分のビルを建て、自分色に染まった摩天楼の数によって得られる点を競うゲームです。

プレイヤーは1~4段階の高さでレベル分けされたビル駒を任意の都市の九つのエリアに建てていきます。ラウンド終了時、ビル一つにつき一点、一つのエリア内で最も高いビルなら二点がもらえ、さらに全エリアの中で最も高いビルを所有するプレイヤーにも特別ボーナスが与えられます。

ビル駒は重ねて置くことができ、それは人の駒に対しても同様です。ビルの所有者はそのビルの最上階を所有しているプレイヤーとなるため、互いに所有権を奪い合ううちに、ビルはどんどん高度を上げることでしょう。

次第に賑やかになっていく盤面は、まさにボードゲームしてる感があって良いです。ルール的にもライトなので初心者向けの中量級ゲームとしておすすめです。

続きを読む
閉じる
156
名に参考にされているレビュー
2019年01月05日 18時02分

高さ争い、エリア争い、全方位的に見渡す視野の広さを問われるまちづくりゲーム。


言語依存が全くなく、手札を出してその内容どおりにビルを置くだけのボードゲーム初心者でもわかりやすいルールに、ゲームが進むにつれてフォトジェニックになっていく盤面がリプレイ性を高めている。ただ、ビル駒を積み上げると何階層なのか若干わかりにくくなり、駒にスミ入れをするとプレイアビリティが上がると思われる。あと、ゲームの性質上、積み上げたビルは倒れやすくなるため、小さなお子様がいるシーンでのプレイはおすすめしない。

続きを読む
閉じる
139
名に参考にされているレビュー
2019年08月18日 23時11分


結構古いゲームで、なんども再販やリメイクされてる

定番ゲームなんだけど、

実は、今までやったことがなく

今回、初めて、嫁さんと7歳(小1)の息子と3人でプレイしました。


なるほど、これはオモロイ

安定した面白さ

何度も再販されるだけあるわ。


僕は、最初は

あんま、みんなとかぶらない所に置こうと

慎重にビルを建てていたのに


いつのまにか嫁さんに

めちゃくちゃビルをのっとられ

「私は悪徳業者、ここは私のモノ」とか

珍しくノリノリプレイで不敵な笑いを浮かべられ

ドンドン点数をあけられる始末


息子も最初はビル建てるだけのゲームかー、と敬遠してたけど

プレイしてると

「オレも、悪徳業者やで、このビルはオレのモノ」とか

ゲラゲラ笑いながら、嫁さんとオレのビル争奪戦に参加してきて


しかも、ちゃっかり自分は、

あるエリアにビルを建てまくり、エリア1つ独占状態


息子にも点差をあけられ

意地になって最後は一番高いビルを自分のモノにして

「見ろ、他のビルがゴミのようだ」と強がってみたものの

結局1位は嫁さんで、ドベは僕になってしまいました。


やべー、なんか楽しいぞ、このゲーム。


こーゆう簡単ルールで、感情移入できて

それでいて、色々戦略を考えれるゲームって

プレイしてると盛り上がるなー


ちなみに、10歳以上となってますが

ルール説明は早いし、

7歳の子でも十分楽しめるゲームでした。

てか、子供に負けたし。


ただ、各ビルの長さを見るのに、ちょっとわかりにくいのが難点かな

でも、慣れたら、特に気にはなりませんでした。


うちの新版には(旧版にあるか謎)上級ルールがあって、

それが各ラウンドの得点計算に、

ボーナス点が入るプロモーションカードなるもの。


これは言わば、目的カードみたいなもので

そのラウンドに、その目的を達成した者は新たな点数を得られちゃいます。


なんか、これも面白そうで、次回は入れてみようと思います。

続きを読む
閉じる
132
名に参考にされているレビュー
2017年06月19日 23時49分

やることはカードを引く→複数の地区から一つ選び、カードで支持されたところに自分のビルのフロアを立てる(積む)というシンプルなもの。

一番高いビルを他のプレイヤーと協力して立てて、ある時点で裏切ってもいいけど、そこはカードの引き運がないと厳しい。

慣れてきたらゴジラ・ミニラルールと言って、あるタイミングで怪獣が動いてビルを倒していくというものがあるのでそちらも楽しい・・阿鼻叫喚?

続きを読む
閉じる
120
名に参考にされているレビュー
2019年08月18日 16時37分

1994年ドイツ年間ゲーム大賞作品。

デザイナーは『プエルトリコ』『郵便馬車』のアンドレアス・ザイファルト。


世界の6都市にビルを建築する陣取りゲーム(エリアマジョリティ)です。


4人プレイの場合

全4ラウンドで、各ラウンド開始時、各プレイヤーはラウンドで使うビルパーツを6つ(1-4階)を選びます。また4枚の手札カードも受けとります。

ビルパーツをメインボードに配置したらラウンドが終了します。



手番でやることは2つ。


①カードを1枚出し、カードに記載されている赤い場所にビルパーツを配置する

(カードには、3×3のマス目が書かれており、その1箇所が赤くなっています)


②手札を補充する

手札の枚数は、常に4枚です。




[ビルの配置条件]


①ビルが建っていない場所

何階建てのコマでも自由に配置することができる、


②自分のビルが建っている場所

既に建てているものの上に、配置することができます。*5階にしてしまえば、もうだれもこの上に建てることはできません。


③他プレイヤーのビルが建っている場所

他プレイヤーが既に立てている階数(高さ)の合計値以上になる場合、配置することができます。



[勝利点の計算]

全4ラウンド終了後、得点を計算します。


1.最も高いビル

6つのエリア全体で最も高いビルの所有している人が3点を獲得します。


 2.各エリアで一番ビルを持っている人。

6つのエリア毎に、最も多くのビルを所有している人が2点を獲得します。


3.所有ビル数の確認

所有しているビルの数につき1点を獲得します。*上から見て自分の色のビルを数える。



他プレイヤーの動向をみながら、エリア独占や、最も高いビル、所有ビルの3つのポイントを常にに確認しながらビルを配置していくことがおもしろい。また、カードがあるためカードに書かれている場所をみて戦略を立てることも面白い。

続きを読む
閉じる
115
名に参考にされているレビュー
2017年03月27日 18時09分

一番高いタワーを目指すのに集中していると、小さくてもたくさん建てているプレーヤーに負けてしまうパターン多し。

バランスよく、その時点で誰がトップで邪魔しなければならないかを見極めるのがポイントです。

順番としては最初がかなり不利で最後が有利。手順を逆算して、上手い人ほどラストのターンで最初になるようにハンデをつけるとよいでしょう。

一番高いタワーは、当然バランスが悪い為に頻繁に倒れます。バラバラになると復元するのに大変なので、子供と酔っぱらいには気を配りましょう。

続きを読む
閉じる
50
名に参考にされているルール/インスト
2019年07月07日 03時56分


続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,800(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 154興味あり
  • 547経験あり
  • 101お気に入り
  • 319持ってる

チェックした商品