マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
オーズトラリア
  • オーズトラリア当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 30~120分
  • 13歳~
  • 2018年~

オーズトラリア

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
クトゥルフテーマの別世界オーストラリア開拓ゲーム
  • マーティン・ワレス(Martin Wallace)作

 『オーズトラリア』は、我々の世界とは別の歴史をたどった 1930 年代を舞台とした、1-4 人でプレイできる冒険と探索のゲームです。その世界は、ニール・ゲイマン原作、マーティン・ウォレス作のボードゲーム、『翠色の習作』に着想を得ています。

 復古主義戦争のあと、北半球は汚染され、飢餓状態が続いてた。大胆な冒険者たちが探検へと赴き、新たなる土地への入植を開始していた。しかし、彼らのほとんどが知ることは無かった。戦争後、生き延びた旧支配者たちと体制維持派の人類の軍がオーストラリアの荒野へと逃れ、復活の機会をうかがっていたことを......。

 プレイヤーは、港を建設し、鉄道を敷設し、鉱山を開発し、食料生産のために農場を拓くことになります。しかし、彼らの目覚めに備えなければなりません。その日が来た時、再び戦いが必要となります。ゲーム中、いかなる行動にも時間がコストとして必要です。そして時間こそは『オーZ ラリア』で最も必要とされるリソースとなるのです。ある時点で旧支配者たちは目覚め、プレイヤーとして参加することになります。彼らは姿を現し、恐るべき破壊を伴って移動します。

 プレイヤーは彼らの目覚めの時に対して、注意深く準備をしておかなければなりません。最も恐るべき存在に対しては、ほかのプレイヤーとの協力も必要となるでしょう。軍隊は目の前に潜む悪夢の存在を見つけ出し、戦い、守るために必要となるでしょう。また、ハードウェア以外にも、プレイヤーの助けとなる技術や資源をもたらす人物の協力が必要です。莫大な富とともに、冥い狂気が荒野で待ち受けています。人類は再び勝利することができるのか、それとも、旧支配者たちがその地位を取り戻してしまうのでしょうか?

 人気のクトゥルフテーマでオーストラリアを開発する、マーティン・ウォレスの新作ボードゲームです!

レビュー 3件

272
名が参考にしたレビュー
 by 異人館

オーストラリアで資源を得て、鉄道を敷設し、農場を作り、
勝利点を競うゲームです。

メインボードには表裏があり、
東部と西部のマップになっていて、
それぞれ少しルールが異なるゲームとなります。
マップはヘックスで構成され、
沿岸から奥地に3種類の地形があります。
内陸の各地にはランダムに資材が置かれます。
各プレイヤーは最初沿岸部に港マーカーを置きます。

マップに合わせて個人ボードも表裏があります。
個人ボードには数種類のアクションスペース、
資源を得る、交易して金を得る、鉄道を敷設する、
農場を作り金を得る、人を雇う、軍隊を雇う、などがあります。

各アクションスペースには時間が記されており、
実行するたび時間トラックが進み、
最も進んでいないプレイヤーが手番を行います。
時間トラックが全員一定時間に達するとゲーム終了です。

プレイは港から内陸部に鉄道を敷設し、
つながった土地の地形に合わせて、
トウモロコシ、牛、羊の農場を作ります。
ゲーム終了時に各農場が勝利点になります。
マップ上にある資材は早いもの勝ちで手に入ります。
鉄道のコストではなく得点となる資材もあります。

人物カードがあり雇用することでプレイが有利になったり、
終了時の得点が増えるものがあります。

マップには障害が置かれており鉄道敷設を妨げます。
このために数種類の軍隊を雇いこれを除去します。
除去したものは得点となります。





こう書くと普通の鉄道系開発ゲームですね。
ただ障害がクトゥルフで、
徐々に個々の障害が明らかになってマップ上を
農場に向かって移動して破壊して回り、
除去するために攻撃をするが反撃を受けてプレイヤーが死亡、
または港が破壊されてゲーム終了になることがあるのです。

約1年前(2019年11月17日 22時47分)
続きを読む
閉じる
173
名が参考にしたレビュー
 by winterkoninkske

二人プレイ時の感想を書きます。

並行世界の地球で、オーズトラリアと呼ばれる大陸を開拓する重量級ゲームです。

アクションできる総量が決まっており、それを個人アクションボード上で消費しながらアクションを選択していきます。手番はアクションコストを一番使っていない最後尾のプレイヤーをアクショントラックから見て判断し、行います。全てのプレイヤーがコストを使い切ったらゲーム終了です。

鉄道を敷き、発掘して資源を得て、そこに農場を開く。農場まで拓くと勝利点。また強力な特殊能力を持った人物を雇うことで、自分の目標を有利に進められます。ここまではシンプルな開拓ゲームという感じ。

しかしある時を境に、「旧支配者」と呼ばれるクリーチャー(クトゥルフなどの神話生物)がアクショントラック上に乱入します。

プレイヤーと同じようにトラックの最後尾になると動き出し、オートでランダム化された規則に従い移動して、農場を破壊して進みます。

旧支配者を放っておくと得点源を破壊されたり、場合によっては港を破壊されてゲーム終了という事態にもなるため、プレイヤーはある程度協力もしながらこれらの敵を撃退する必要性が出てきます。

開拓の合間に軍隊を編成して、敵に攻撃する。こちらは完全ランダムの戦闘判定が用意されていて、きちんとコストをかけて準備さえすれば、倒せなさそうで倒せる絶妙なバランスのスリリングな戦いが楽しめます。

そして敵を倒すと勝利点も得られます。


さて、このゲームではプレイ人数によって行動指針が変わって来ますので、二人での利点と問題点を説明します。

まず戦闘の判定は面白いですが個人で行うため少し長く回数も多いため、プレイ人数が増えるほどダウンタイムが格段に延びてしまいます。この点二人だとそれほど長く感じないため、60分強で程よい重さが利点のゲームとなります。

問題はプレイヤーに対する敵の量で、これはプレイ人数によって変わらないので、つまりプレイヤーが少ないほどたくさんの敵を相手にしなければならない事になります。

敵は適度に放置しても自陣の壊滅こそ避けられるものの、ゲーム終了時に「敵側も勝利点を計算する」というフェーズがあるため、NPCが勝ってプレイヤーが全員敗北という展開もあり得ます。

というか私も初回プレイ時には敵の殲滅に手間取り、たった4体の裏面の敵タイル(攻撃を仕掛けなかった裏面のタイルは敵に二倍の高得点)に勝利点を追い越され、二人で敗北してしまいました。

次のプレイで敵を優先的に倒す効率化に成功しますが、後半は開拓要素どころではないほど戦いに明け暮れることになり…なかなか思ったようなバランスのプレイになりませんでした。

正直なところ3人プレイくらいの方が、敵も倒しながら開拓できて、時間も長くなりすぎない丁度良いバランスなのかなと思います。

ただ、戦闘自体がスリルで面白いこともあって、二人でもつまらないわけではなく、軍備寄りの鬼退治ゲームとしての楽しみ方でも十分に機能します。協力プレイルールやハードモードも用意されているので、新大陸の制覇をプレイヤー同士で分かち合う達成感を得るゲームとしても非常に魅力的であります。

コンポーネントは開拓ゲームらしい土臭くて渋いデザインなのも良くて、ジャラジャラと金や木炭コマをいじくるのも楽しいです。

メインボードは両面仕様になっていて、裏面では更にハードなルールで遊ぶことも出来たりと、一緒にプレイする人や人数によって色んな楽しみ方を考えられるのも、このゲームのひとつの魅力かなと思います。

2ヶ月前(2020年10月04日 21時09分)
続きを読む
閉じる
56
名が参考にしたレビュー
 by ナギツキ

少し重たいが慣れてくると楽しいゲーム。

戦闘がカードをめくられるだけと少し物足りない。

無理に攻めずに撤退しよう笑

すぐに全滅しちゃうよ笑

約2ヶ月前(2020年10月08日 15時33分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 10,450(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 58興味あり
  • 53経験あり
  • 11お気に入り
  • 71持ってる

チェックした商品