マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
京都ダンガン
  • 京都ダンガン当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

京都ダンガン / Kyoto Dangan の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
きょう いこか。京都のダンガンツアーを制す!
  • 菅沼 正夫(Masao Suganuma)作
  • 熊谷 佳樹(Yoshiki Kumagai)作

 あなたは日帰り観光のために今日とに訪れました。目的地は6箇所。

 スタート地点となる京都駅から他の誰よりも早く全ての目的地に到達すると勝利となります。

 目的地に向かうにはタイルを置いて道を作る必要があります。

 しかし、あなたの作った道はライバルも利用できます。

 目的地を回るルートを見極め、時にはライバルの道も利用してダンガンツアーを制しましょう!

京都ダンガンに3件の書き込みがあります

266
名に参考にされている戦略やコツ
2019年02月17日 04時03分

実はこの「京都ダンガン」。競争ゲームに見えて、途中までは緩い協力ゲームです。

このゲーム、必ず一か所京都の端っこに行かなきゃいけないのですが、端っこにも近い遠いの差があって、比叡山延暦寺に行きたい人は、なんとかうまいこと右大文字や銀閣に行こうとしている人を見つけて「銀閣まで行きたいんだろ?手伝ってやるから、俺が延暦寺に行くの邪魔しないで」的なアクションを起こさないと到底ほかの人に追いつけません。

2人~4人と書かれていますが、2人ではその辺の妙を味わえないかな、と。3~4人ぐらいでボードのサイズに圧倒されながら楽しみましょう。目先の名所だけでなく、次の、さらに次の名所に行く最短経路は?としっかり十字路やT字路を使っていくゲームです。

続きを読む
閉じる
219
名に参考にされているルール/インスト
2018年12月31日 08時42分

ゲームの準備

1.京都マップ2枚を並べます。(相当な広さが必要です)


2.道路タイルを全て裏向き/見えない状態にしてよく混ぜます。(カルカソンヌよりも小さなタイルのため、布袋などに入れておくと手間が省けます)


3.各プレイヤーはランダムに名所カード5枚、「端っこ」カードを1枚、道路タイルを2枚受け取ります。これらは他のプレイヤーに見せないようにします。そして、プレイヤーコマ1つをマップ上の京都駅に置き、到達マーカー6個を脇に置いておきます。


ゲームの流れ


各プレイヤーの手番で行えることは次の3つ。これらのアクションは重複してもよく、1回や2回でも問題ありません。

  1. 道路タイルを1つ置く。(すでに置かれている場所や黄色で囲まれている名所には置けません)
  2. すでに置かれている道路タイル1つを回転させる。(自分や他のプレイヤーのコマが置かれている場所でも回転させることができます)
  3. 道路タイルに沿って移動する(止まることができるのは道路タイルが置かれている場所か名所のみです)

目的地までの移動はプレイヤーのコマがいる位置と目的地が道路でつながっている必要があります。

タイルの配置/回転は1回ずつですが、移動に関しては「道路がつながっていればどんなルートでも一瞬でたどり着くことができます。(道があれば叡山延暦寺→伏見稲荷といった移動も一瞬です)

自分の目的地に止まった場合、そのカードを公開して名所の上に到達マーカー1つを置きます。


他のプレイヤーが配置した道を通ることも可能ですし、目的地をあえて通過することもできます。(その場合、目的地を公開することができず、到達マーカーを置くこともできません)

また、他のプレイヤーが通るであろう道を回転させてあらぬ方向へと誘導させる戦略も時には必要です。

自分の手番が終わったら、タイルを常に2枚になるよう、補充します。(タイルをすべて使い切った人は2枚、1枚/2枚残っているプレイヤーは1枚/0枚を補充します)このとき、タイルは裏向きのまま引き、引いた後は他の人には見せないようにします。

その後、次のプレイヤーの手番が時計回り順に巡っていきます。


誰よりも早く「端っこ」を含めたすべての目的地カードを公開し、到達マーカー6個をそれぞれの目的地においたプレイヤーが勝者となります。

(誰も目的地6つに到達できず、道路タイルが尽きた場合はゲームが終了し、一番多く目的地に到達しているプレイヤーが勝者です)

続きを読む
閉じる
145
名に参考にされているリプレイ
2019年02月12日 19時12分

道路タイルを置ける場所の個数に比べて道路タイルは圧倒的に少ないです。半分くらい?

それでもやってみると「いや、どう考えてもそんなところには道路は敷かんやろ」的な場所が多々あり、割と普通に、結構な数タイルを残して6か所ダンガンされてしまいました。

もっと積極的に道を回転させて妨害すべきだったか…。でも、それやってると自分が名所にたどり着けないんだよねこれ。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,700(税込)日本語マニュアル付き残り1点
会員のマイボードゲーム情報
  • 14興味あり
  • 19経験あり
  • 6お気に入り
  • 23持ってる

チェックした商品