マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
メトロックス
  • メトロックス当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~99人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2018年~

メトロックス

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
路線図をモチーフにしたマップシートを全員に配って書き込んでいくゲーム
  • 林 尚志(Hisashi Hayashi)作

『メトロックス(Metro X)』は路線図をモチーフにしたマップシートを全員に配って書き込んでいくゲームです。

全てのプレイヤーが駅マスの書かれた地下鉄マップを持ち、全員がカードで指示された数の駅マスに〇を書いていきます。
しかし、各路線ごとに書く回数は限られます。
また、たくさんの路線が乗り入れる駅マスはぜひ交差駅ボーナスを適用して高得点ゲットを狙いたいところ。

東京マップと大阪マップの2つのマップが入っています。

また、1~6人が推奨人数ですが、何人でも同時にプレイすることが可能です。

レビュー 3件

824
名が参考にしたルール/インスト
 by にゃも

製品版に同梱予定の、大まかなクイックスタート用ルール説明です。
詳しいルールは、公式サイトで公開予定の説明書をご覧ください。


①このゲームでは、プレイヤー全員が同じマップを選択し、1枚ずつ手元に持ってスタートします。


②マップには何本もの路線と、書き込めるようになっているマスが書いてあります。それぞれ以下のように呼びます。


③プレイヤーの中から1人、カード引き役を決めます。この人が引いた指示カードを全員が見て、自分のシートに書き込んでいきます。


④指示カードには以下の種類があります。
・数字の場合

・丸数字の場合
・☆の場合
・フリー○の場合

⑤カードが引かれ、全員がシートに記入し終わったら毎回、各路線ごとに終点まで全てのマスが埋まったか確認します。
最初にその路線を埋めたプレイヤーは王冠、それ以降のプレイヤーは◆マークに書いてある点数を得ます。


⑥全ての指示マスが埋まったらゲーム終了です。
路線完成ボーナスと、★カードで得た交差駅ボーナスを足し、空白のマスの数に応じたペナルティをマイナス点として計算し、最終スコアを計算します。

約2年前(2018年03月01日 14時54分)
続きを読む
閉じる
198
名が参考にしたレビュー
 by YON

箱がかわいいから気になってました。

紙に書き込み式のゲームです。

 

全員同じ条件で、カードの指示に沿って、

路線図を〇を埋めていくだけで、

インストもそんなにかからないし、

ブラフが無理な友人にもできそう!って思いました。

 

インタラクションはないけど、

意外とギャーギャーする感じです。

 

交差ボーナスがつらいですね。

ボーナスっていう名前なのに、

さほど喜ばしくない。

逆に邪魔っていうのがおもしろいなと思います。

 

私はカウンティングが苦手なので、

いつリシャッフルになるかわからなくて運任せなのが、

効果的だなーと思います。

ガチガチ戦略ではない揺らぎがあるのが好きです。

 

軽すぎず、重すぎず、これは購入したいなー。

2年弱前(2018年06月26日 00時11分)
続きを読む
閉じる
170
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 3歳児の昼寝中に、1人でプレイした感想です。

 オカズブランドのデザイナー林 尚志さんによる、地下鉄の路線図を用いて、どこまでつなげられるかを競う紙ペンゲームです。

 ルールは、ルール欄に詳しく記載されていますので、そちらをご参照ください。

 ソロプレイしてみて、良くできた紙ペンゲームだなぁ、というのが初プレイを終えたときの感想です。

 東京版だと、日比谷線や東西線など、路線が長いものはカードを3回まで書き込めますが、銀座線や副都心線など路線が短いと2回しか書き込めません。

 また、交差点ボーナスもその中で書き込まなくてはいけないので、どこに書き込むか相当悩みます。

 また、路線全部の駅を書き込めるとボーナスがあり、どこの路線を伸ばして、どこの路線を切り捨てるかの判断に迫られるなど、ジレンマたっぷりです。

 これが気軽に楽しめるので、私的には買って本当に良かったと思えるゲームです。

 なお、5回プレイして、最高が40点だったので、もう少し精進したいと思います。

1年以上前(2018年08月03日 06時28分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,420(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 32興味あり
  • 167経験あり
  • 18お気に入り
  • 116持ってる

チェックした商品