マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
たのしいアウトロー
  • たのしいアウトロー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 10~15分
  • 10歳~
  • 2018年~

たのしいアウトロー / Tanoshii Outlaw の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
みんなでたのしくアウトロー!一癖も二癖もあるならず者たちを集めて君だけのサイキョー軍団をつくろう!
  • 大野 真樹(Maki Ono)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

プレイヤーはアウトロー軍団の親分となり、他プレイヤーと激しい抗争を繰り広げます。日本の極道、イタリアの女マフィアをはじめとしたユニークなアウトロー達をドラフト指名して手札を揃えましょう。アウトロー達はそれぞれ「影響力」をもっていますが、この数値だけでは勝負は決まりません。彼らが持っている様々な特殊能力が抗争をさらに苛烈に盛り上げます。若頭に襲いかかるヒットマン!しかし身体を張って防御するボディガード!味方を病院送りにして現れる危険なアウトサイダー!颯爽と登場する謎のヒーロー!などなど、プレイするたびに血生臭く、そしてどこか笑えるドラマが生まれます。ゲームに登場するアウトローは20人。数回の抗争を体験すれば彼らの影響力と特殊能力を把握できるでしょう。二人揃うことで強い影響力補正がかかるカードは、他プレイヤーの手に渡らないように、ドラフトで懐に抱えておくのも大事ですよ。

■ゲームの流れ
①ゲームの準備
②ドラフト
③アウトローバトル
④勝敗判定

①ゲームの準備
■5枚×人数分のアウトローカードを準備します。
・4人プレイ:20枚
・3人プレイ:15枚
・2人プレイ:10枚
2-3人プレイ時に使用するカードは、自由に決めることができます。

■カードをシャッフルし、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。

②ドラフト
■プレイヤーは配られたカードから1枚を選び手札とし、残りのカードを左隣のプレイヤーに渡します。
■手札が5枚になるまでこれを繰り返します。

③アウトローバトル
■プレイヤーは手札から1枚カードを選び、一斉に場に出します。自分の場に出したカードは「味方カード」となります。
■ルールに従ってカード効果を順に処理します。
・効果の発動順は[常時]→[破壊]→[交換]→[特殊]
・同じ効果タイプは、影響力の大きい順に発動する
・[常時]はそのカードが場に出ている限り効果が継続する
・【例外】[誘発]は、条件を満たした場合に手札から即時に効果を発動できる
■効果によって病院送りにされたカードは1箇所に集めます。
■カード効果の処理がすべて終わったら、1ターン終了です。バトルを3ターン繰り返し、勝敗判定をおこないます。

④勝敗判定
■自分の場に残っているカードの影響力を計算し、もっとも多くの影響力を集めたプレイヤーが勝利です。

たのしいアウトローに2件の書き込みがあります

305
名に参考にされているレビュー
2018年05月06日 07時33分

手札から3枚のカードを出し、カードに記された「影響力」の合計値が高かったプレイヤーの勝利となるゲーム。

手札は5枚配られ、全てのプレイヤーで同時に1枚ずつ場に出します。それを3回繰り返すルールなので、非常にシンプルで分かりやすいです。


カードごとの能力を使うことで、場に出ている相手のカードを取り除いたり、自分の「影響力」を上げることが出来たりします。


今回私は2人プレイでしたが、2人プレイでも満足出来るくらいの読み合いが生まれました。

手札はドラフト(最初に配られたカードから1枚を手札にして、残りを相手に渡します。渡された4枚から、手札を1枚取って…を繰り返して手札を決める方式)で決まるので、コンボやメタを考えられるのが良いポイントです。


手札は5枚ですが、実際に使用するのは3枚というのも、このゲームを面白くしてくれています。

効果が強いカードほど「影響力」が低いので、最後の「影響力比べ」になった際には活躍出来ません。

「影響力」と「効果」のどちらを重要視してカードを出すか、が程よく悩ましかったです。


気軽に出来る対戦型のゲームで、箱もコンパクト。

いくつかボードゲームを遊ぶ時に、一番最初に遊ぶのに丁度いい度合いのゲームだと思います。

続きを読む
閉じる
163
名に参考にされているレビュー
2018年12月08日 23時51分

6/10

超お手軽ドラフトカードゲーム。

手札が5枚配られて、1枚ずつ選んでドラフト。

ドラフト終わって、手札5枚になったら、みんなで1枚伏せて同時オープン!

誰かを病院送りにしたり、コンボしたりして、それを3回やる。(つまり5枚中3枚しか基本使わない!)

そして、3回終わったら、生き残っている自分の前のカードの左上の数字(影響力)が高い人が勝ち!

カード1枚1枚に特殊効果はあるものの、即効で終わるドラフトカードゲーム。

単純ながらも、それなりにコンボもあったりして、すしゴー以来、お手軽ドラフトゲーとして、なかなかよくできていると感じた。

個人的にドラフトはカードの効果を1枚1枚把握するのが面倒なのだが、ここまでシンプルだとまあいっかと思ってしまうのがスゴい。

すしゴーは特殊効果が全然ないからいいんだけど、これは20枚それぞれに効果はあるので、そこの確認が面倒だといえば面倒かな。

でも、それをふまえても、シンプルさでそこを補っており、ドラフト嫌いな自分でも最後まで面白くできた(というか1ゲームがとてつもなく短いからだらけなくて済んだ)ので、この評価。

特殊効果とか気にしない人であれば、気軽にできるドラフトゲーとしていいと思う。

ただ、絵柄やテーマは人によって好みはあるかもね。

逆に見た目で興味もったなら、楽しめると思うので、おすすめかな。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,160(税込)日本語マニュアル付き
  • 15興味あり
  • 31経験あり
  • 3お気に入り
  • 35持ってる

チェックした商品