マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
チーズがいっぱい / アレスケース
  • チーズがいっぱい / アレスケース当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2013年~

チーズがいっぱい / アレスケース / Alles Käse! の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ねずみ捕りトラップは避けて!チーズカードをゲットして得点を競おう
  • ミーリス・ルーヴィル(Meelis Looveer)作

場に並べられたチーズのカードをGETして得点を競う。 ただし、ウラ面にネズミ捕りが描かれたトラップカードも…。 安全を確認しながら高得点のチーズを狙え!

チーズがいっぱい / アレスケースに2件の書き込みがあります

154
名に参考にされているレビュー
2018年04月18日 22時22分

ネズミだ!ネズミだ!お前はネズミになるんだ!

白い家電の ジャングルにきょうも チーズが、並んでる♪(BYタイガーマスク)


とゆーわけで、ネズミになって、チーズを獲得するカードゲームです。


ルールはめちゃ簡単。

場にチーズのカードが6枚並べられます。

このカードにはサイコロの出目の1~6が書かれてあり、

裏面には、それが本物のチーズか、

もしくはネズミ取りが仕掛けられた罠かが描かれています。


手番ではサイコロをふり

出た目のチーズのカードを得るか、捨てるかを選択します

得る場合は、カードの裏を表にして

それが本物のチーズなら、無事、手に入れます。

その出目の数字がそのまま勝利点になります。


でも、もしそれがネズミ取りなら、点数は0点。

しかも、ネズミ取りを3つ取ってしまうと、そこでゲームは終了し

3つ取った者は優勝争いには加われず、問答無用で敗北。


これだけなら、ただのカードめくり運なのですが、

ネズミ取りのカードには確率があります。

各数字のカードは6枚あるのですが、

例えば6のカードは点数は6点と高いんですが、

6枚中、4枚までがネズミ取りになっています。

1のカードは点数は低いですが、6枚中2枚がネズミ取りです。


つまり高得点を狙えば、ネズミ取りを引いてしまうリスクが高くなる

とゆーわけです。


ただし、結局はサイコロの出目のカードを取るか捨てるかなので、

6の出目が出たら、それまでにネズミ取りを1枚以下しか持っていないなら

普通は取ります。

でも、2枚ネズミ取りを持っていたら、そこはギャンブルになるわけです。


あと、場に並んだ6枚のカードは

必ずしも数字の1~6までがそろうわけじゃないんで、

もし、サイコロの出目が並んだカードにない場合は

1枚だけ選んで、裏をこっそり見れるとゆうルールもあり、


これによって、あのカード、実はネズミ取りなんだよねー

誰か取らんかなーウッシッシってゆう感じにもなります。


6歳からとなっていますが、ルールはそんだけなので

5歳からでもプレイ可能で、家族3人でプレイしましたが、

サイコロ運が大きいので、息子が普通に勝つこともありました。


簡単ルールのわりに、テーマ性ともあっていて

ネズミ取りで絶命するのか、それとも、より良いチーズを得るのか

お手軽にギャンブル気分を味わえます。


誰もネズミ取りを3回引かなくても

山札が尽きればゲームは終わるので、サクッと終わり

結構、連続して数回してしまいます。


とにかく、単純なゲームなので

プレイする時はぜひともネズミになった気分でチューチューチュー

続きを読む
閉じる
83
名に参考にされているレビュー
2018年09月27日 02時03分

(得点的に)おいしそうなチーズは危機感を狂わせてしまう魔性のごちそう。
リスクの低いチーズをコツコツ集めるか、リターンの高さにかけるか、あなたがおいしそうなチーズの正体を見てしまっても表情に出ない自信があるならこっそりチーズの裏を覗くのもありかもしれない。
チーズを挟んで行われるかわいらしくも堅実な判断と心理の読み合いのカードゲームです。

カードは裏と表があり、裏面はチーズの絵になっていて1から6の穴が描かれています。
この穴の数がそのままカードの点数になっています。
ただこれらのカードには本物のチーズと罠のチーズが混在しています。
各カードは6枚ずつあって、1・2は6枚中4枚が本物、3・4は6枚中3枚が本物、5・6は6枚中2枚が本物で、本物のカードの場合だけ裏面の穴の数ぶんの得点カードとして扱われます。
カードの真偽は表面にチーズを持って喜ぶネズミが描かれていれば本物、罠が描かれていればニセモノだと判断します。
ゲームの進行は裏面にしたままカードを山札から6枚場にならべて置き、手番のプレイヤーがダイスをふって、出た目と同じ数の穴が描かれたカードが場になければ、並んだカードの好きな1枚を自分だけ表面を確認できます。
一方もし出た目と同じ数の穴が描かれたカードが存在した場合は、そのカードをそのまま捨てて山札から1枚新たに並べるか、自分のものとして入手するかを選択します。
自分のものとして入手することを選んだら初めてそのカードを表にして公開し、カードが本物かどうかを確認します。
本物であっても罠であっても自分の前に入手したカードを並べてください。
プレイヤーの誰か一人でも罠カードが3つ自分の前に並べられるか、山札のカードが尽きた時点でゲーム終了となり各自の合計得点の確認をし、1番得点カードの合計が高いプレイヤーの勝利となります。
もし罠カード3つ出したプレイーヤーがいた状態でゲームが終わったら、そのプレイヤーが手に入れた得点は全て無効となり、他のプレイヤーで得点の合計を競って勝者を決めます。


黄色地に穴があるだけでおいしそうなチーズに見えてくるのが不思議なカワイイカード。
表面を確認していないカードを引きいれるドキドキ感、カードをこっそり見るときの表情の変化を見逃すまいとする周囲の目、誰かが確認したカードをその人に回る前に自分のものにするのか捨てるのかの駆け引きとルールはすぐに理解できるくらいシンプルなのに、心理戦の楽しさが十分堪能できます。
デザインのかわいさで女性の反応はよかったですし、ごく短時間でぱっとやれるライトさもあって気軽にいろんな人をゲームに誘えます。
ファンシーなデザインのこのゲームでのボドゲガチ勢の真剣勝負もある意味見ごたえありそうですが、ガンガンやりこむゲームというよりは普段ゲームをやらない人と遊ぶときに提案するゲームの一つとしていい塩梅のゲームかもしれません。

余談ですが、プレイヤーの大半があまりゲームをやらない慎重なタイプが多くいるメンバーでプレイしたときには、慎重になりすぎて全体の得点が伸びず、正体がわからない捨てカードが増えてしまったせいで後半のカードが予想しにくくなってさらにカード捨てが加速していくという疑心暗鬼回になりました。
もっと気楽になごやかな感じをイメージしてただけにフォローが必要でしたね。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,620(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 7興味あり
  • 57経験あり
  • 2お気に入り
  • 47持ってる

チェックした商品