マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
バロックの変遷
  • バロックの変遷当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~4人
  • 30~45分
  • 10歳~
  • 2018年~

バロックの変遷

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
中世ヨーロッパの目まぐるしく変遷する流行をテーマに、じっくり悩めるトリックテイキング
  • 松永 彩(Aya Matsunaga)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

バロック後期、貴族の流行は次から次へと変遷し、事前にサロンでお茶会を開いて次の舞踏会の衣装を聞いておくなど、ついていくのも必死でした。

貴族たちはお互いを出し抜こうと、流行のリーダーでさえお茶会の情報とは異なる衣装で舞踏会に現れることがあります。過去の流行も参考に、できるだけ多くの舞踏会で人々の賞賛を勝ち取りましょう。

<出したカードを変更できるのがこのトリックテイキングのキモです。>

捨て札は全公開で、変更にはいくつか条件が。相手の出すカードを読み、できるだけ得点を稼ぎましょう。

レビュー 2件

509
名が参考にしたルール/インスト
 by まつなが

Colorful Spieleのまつながです。

公式情報として、ルールを公開いたします!

購入していただくと付属するルールとほぼ一緒です。簡単に説明すると、トリテです。


ストーリー

バロック時代後期、フランス宮廷のトレンドは様々に変遷していきます。

宮廷衣装にはきらびやかな装飾が施されます。
豪華な家具も職人により多く作られました。
優雅なロココ調が大流行。
他にもネオクラシックやオリエンタルスタイルといった、様々なスタイルが発達しました。

あなたは舞踏会にやってくる華やかな貴族。
前回の舞踏会でもっともトレンドをとりいれ、センスを見せつけた貴族が次のトレンドリーダーとなります。

次の舞踏会で何がトレンドになるかは、前もって調べなければいけません。
まずはサロンのお茶会で、自分がどんなスタイルの衣装を身につけるか、みんなで情報を交換しましょう。


舞踏会では、トレンドのリーダーと同じスタイルで、もっとも豪華な衣装を身につけている人が賞賛されるでしょう。
王道のロココは、トレンドと関係なく評価されます。

お茶会で情報を交換しておいたから大丈夫、なんて思っていても、貴族たちは虎視眈々とトレンドのリーダーを狙っています。
周りを出し抜こうと、サロンで言っていた衣装とは違う衣装を舞踏会に身につけてくる人も!

ああ、贅沢を尽くしたいけれど、持っている衣装の中で勝負しないといけないのはどの貴族も同じ。
できるだけ多くの賞賛を得て、バロックの変遷を乗り切りましょう。


コンポーネント

バロックカード:30枚
舞踏会で身につける衣装を表します。

表には色と数字が書かれています。
色はスタイルを表します。
黒、緑、黄です。
黒は王道のロココを表します。

数は身につけるものの豪華さを表します。
1から10までが各色1枚ずつです。

裏は共通です。


爵位カード:6枚
貴族としての位を表します。

表には0から5の数字が書かれています。
各数字が1枚ずつです。


得点記録カード:4枚
ポーン:4個
得られたポイントを賞賛を表します。

表には1から10、裏には11から20が記録できます。
赤、青、緑、黄の4色のプレイヤーカラーがあります。
好きな色のカードとポーンを1つ受け取ります。


ゲームの流れ
配られたカードを全員が使い切るまでの流れを1ラウンドとし、プレイヤー人数分のラウンドが終わるとゲームが終了します。
つまり、3人の場合は3ラウンド、4人の場合は4ラウンドでゲームが終了します。

ゲーム終了時にもっとも点数の高いプレイヤーが勝利します。
点数は、舞踏会での勝負に勝ったときと、宣言フェーズで予想した数と同じ回数勝てたときに得られます。

ラウンドは、下記のフェーズにわかれます。
1.準備フェーズ
2.宣言フェーズ
3.サロンフェーズ
4.舞踏会フェーズ
5.得点フェーズ
6.クリーンフェーズ

3から5はカードの枚数分繰り返します。


1.準備フェーズ

フェーズの概要:カードを配るなどの準備をします。

真ん中に爵位カードを6枚、表を上にして置きます。

バロックカード(以下、単に「カード」と言った場合はバロックカードのこととします)を全て、裏向きでシャッフルします。
3人の場合は各プレイヤー9枚、4人の場合は7枚ずつになるようにカードを配ります。
配られたカードは手札と呼びます。手札は配られたプレイヤーだけが見ることができます。

3人の場合は3枚、4人の場合は2枚のカードが余ります。余ったカードは、表を上にして全員が見えるようにテーブル中央に置き、カード捨て場とします。

1ラウンド目はじゃんけん等適当な方法で親を1人決めます。親というのは、ラウンドの最初にトレンドのリーダー(以下、単に「リーダー」と言った場合はトレンドのリーダーのこととします)となるプレイヤーのことです。


2.宣言フェーズ
~さあ、バロックの変遷が始まります。まずは自身の持ち物から正確に爵位を宣言しましょう。ただしそれぞれの爵位に貴族は1人ずつです。正しく爵位を宣言できればご褒美がもらえます~

フェーズの概要:手札を見て、何回勝てるかを予想します。予想した数の爵位カードを手に入れます。

各プレイヤーは手札を見て、舞踏会で何回勝てるかを考えます。※「勝ち」については、4.舞踏会フェーズで説明します。

親から順に時計回りで、予想した数が書かれた爵位カードを中央から取り、自身の近くに数字が見えるようにして置きます。
6以上の数を宣言する場合は、5と1~4の爵位カードの計2枚をとってください。5以下の数を宣言する場合に2枚とることはできません。

予想した数が書かれた爵位カードが他のプレイヤーにとられた場合は、別の爵位カードをとります。

ラウンド開始時の点数がわかるよう、爵位カードは得点記録カードの点数(ポーンの
いる場所)の隣に重ねて置きます。

誰にもとられなかった爵位カードは、このラウンドでは使わないので、端に避けておいてください。


3.サロンフェーズ
~舞踏会に向けてサロンで情報を収集しましょう。トレンドのリーダーにはきちんと誠意を見せて、ついていかなくてはいけません~

フェーズの概要:手札からカードを1枚場に出します。出せるカードには制限がありますので、必ず守りましょう。

各ラウンドの最初のサロンフェーズでは、親がリーダーになります。2回目以降は、前回の舞踏会で勝利したプレイヤーがリーダーです。
リーダーから時計回りに、手札からカードを1枚表を上にしてテーブル中央の場に出します。

リーダーはどのカードでも出すことができます。


リーダー以外のプレイヤーは、リーダーが出した色と同じ色を持っている場合、必ずその色のカードから1枚選んで出します。
リーダーが出した色を持っていない場合、「リーダーと同じ色のカードはありません」と宣言して別の色のカードを出します(嘘をつくことは許されません)。

1周し、全員がカードを1枚出した状態で、サロンフェーズは終わりです。


4.舞踏会フェーズ
~サロンで得られた情報を元に、舞踏会の装いを練りましょう。サロンでの情報なんて、ただのおしゃべり。ただし、あまりに大きな嘘は、後ろ指を刺されてしまうため、つくことができません~

フェーズの概要:サロンフェーズで出したカードを別のカードに変更することができます。

まず、サロンフェーズで最後の手札を出していて手札がない場合、舞踏会フェーズは飛ばし、サロンフェーズのカードが出された状態で次の得点フェーズを行います。

そうでない場合、サロンフェーズで各プレイヤーが出したカードと、カード捨て場のカードを確認し、全員同時に舞踏会用のカードを選びます。

リーダーは、サロンフェーズと同じ色か同じ数字のカードにのみ変えることができます。
リーダー以外はサロンフェーズと同じ条件です。

各プレイヤーは、選び終わったら選んだカードを裏が上の状態で手に持ち、手をテーブル中央に伸ばします。変更しない場合は、適当なカードを手に持ち、同様のポーズをとります。

全員が手をテーブル中央に伸ばしてカードを決めたことがわかったら、リーダーが「せーの」と声をかけます。
カードを変更するプレイヤーは、手を返し表を上に向けます。
変更しないプレイヤーは、そのまま動きません(手に持ったカードは見せません)。

カードを変更したプレイヤーは、サロンフェーズで出したカードを手札に戻して、変更後のカードを場に出します。
変更しなかったプレイヤーは、手に持ったカードをそのまま手札に戻します。

この状態で、もっとも強いカードを判定します。
まず、黒はもっとも強い色です。黒のカードが出ている場合は、黒のカードのうちもっとも大きい数字のカードが勝ちです。
切り札の黒が出ていない場合、リーダーと同じ色のうちもっとも大きい数字のカードが勝ちです。

サロンフェーズの例:席順は、準備フェーズ後の状態の図を参照してください。


舞踏会フェーズの例
Emilyは、このままでは勝てないと思い、最も強い色である黒の5に変更します。サロンフェーズでは5を出していたので、同じ数字の別の色に変更できます。

Jackは、緑の1か6しか出せないことに変わりありません。6に変えても負けると思い変更しません。

Annaは、リーダーのEmilyが黒に変えてくることを見越して、数字の大きい黒の6に変更します。

Johnは緑の10しか出せないままですので、変更しません。


5.得点フェーズ

フェーズの概要:勝ったプレイヤーは1点得ます。

勝ったプレイヤーは、1点得ます。得点記録カードでポーンを1つ進めてください。
場のカードは全てカード捨て場に並べ、いつでも誰でも確認できる状態にします。色ごとに昇順に並べておくとよいでしょう。

次のリーダーは勝って1点を得たプレイヤーです。カードがなくなるまで、3、4、5のフェーズを繰り返します。

得点フェーズの例
もっとも強い色である黒のもっとも大きい数字の6を出したAnnaの勝ちです。1点を得て、次のリーダーになります。


6.クリーンフェーズ

フェーズの概要:爵位の宣言通りに勝てたプレイヤーは2点得ます。

爵位カードの数と、そのラウンドで勝った回数が同じ(予想した回数勝てた)プレイヤーは、2点を得ます。

まだプレイヤー人数分ラウンドを行っていない場合次のラウンドに向けカード捨て場のカードを全て集めます。
次のラウンドの親は、今のラウンドの親の時計回りで隣のプレイヤーです。
ゲーム終了までに、全プレイヤーが1回ずつ親になります。

プレイヤー人数分ラウンドを行った場合、ここでゲームは終了です。もっとも点数の高いプレイヤーが勝利です。


以上です

2年以上前(2018年03月21日 15時04分)
続きを読む
閉じる
221
名が参考にしたレビュー
 by まつなが

製作者です。遊んでみた風にレビューを載せますので、雰囲気を知りたい方はぜひお読みください!
詳細なルールはこちらです:https://bodoge.hoobby.net/games/bergang-des-barocks/instructions/6838


内容物はこんな感じ。


カードの袋を開けて中を確認してみると、裏が紺色のカードが、ルールだとバロックカードって言ってるメインのカードです。黒、黄、緑の3スート、1~10。


あとはトリックで勝つ回数を宣言する用の、裏がグレーのカードと、得点計算用のポーンとカードが入ってます。


さあ、遊ぼう!

3人プレイです(まつなが赤=スタートプレイヤー、まつなが青、まつなが黄の3人です)。

えーと、まずは準備フェーズですね。9枚ずつ配って、余った3枚は捨て札になります。捨て札は公開です。


手札はこんな感じ。切り札は黒なので、捨て札にあるのを除いて8枚のうち2枚しかないことを思うと、ちょっと厳しいですね。それに、同じ数字のカードがあまりない。親になったときに数字が同じなら他のスートに変えれるので、できればあると嬉しいのですが。偏りもないしなあ。


でもまあ、なんやかんやで期待値の3くらいは取れるんじゃないの?ということで、宣言フェーズでは3トリック取れると予想。左のプレイヤーは強気、右のプレイヤーは弱気ですね。

ただ黄色さんは、宣言順が黄色が最後だったんで、2か5で迷って、仕方なしに2を取りました。


よし、最初のトリック。まずはサロンフェーズですね。

緑1。様子見。マストフォローで最初のトリックなんで、まあみなさん緑出しますね。


ここで、考える。黄色や黒の1があれば、100%勝てます。でもない。つらい。
緑の10が出ていて、可能性としては青のプレイヤーが、1と3程度しか出さないんだったら4とかでも勝てるんじゃね?って油断してきてカードを変えること。それを見越して自分が緑の9を出すか?でもそうじゃなかったとき、以降緑最強になる緑9をただ捨てるだけになる。うーん。予想を当てても2点で、普通に勝ったら1点なので、勝てるんなら毎回勝ちたい。

よし、みんな緑テイストの服着るのねー。というサロンでのおしゃべりを裏に、いろいろ考える。


よーし、舞踏会フェーズだ!舞踏会行くよ!みんなどんな服かなー!せーの!

・・・手のひらを返す人はなし。

ということで、緑の10が勝ちですね。得点フェーズで、青が1点。ポーンを動かします。


これをカード枚数分繰り返します。

さーいご、クリーンフェーズ。まつなが赤はちゃんと3トリック宣言で3取ってますね。ここからボーナス2点!青は4って言ったけど1,黄色は2って言ったけど5。2か5で迷ったとき5にしてたらすごい点数だったなあ。


ということで、次のラウンドへ!

前のラウンドまでの点数がわかるように、宣言フェーズで取った爵位カードは得点カードに重ねますよー。


そんな感じ!得点カードは裏に続いています。

簡単なトリックテイキングだけども、出し直しのようなことができるので、読みあいと捨て札置き場の確認が大事ですね。こうすると強い!っていうのはいくつか思いついていますが、どうか遊んでみて見つけて下さい~

2年以上前(2018年04月25日 13時06分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,200(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 6興味あり
  • 7経験あり
  • 0お気に入り
  • 13持ってる

チェックした商品