マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~7人
  • 15分~30分
  • 8歳~
  • 2017年~

ウォレットDさんのレビュー

217
名に参考にされています
2018年06月12日 06時14分

5つの役職に応じた条件を満たしつつ、より多くのお金を手に入れていくゲーム。

雰囲気重視の紹介をされることが多く、説明書も雰囲気重視なため、一見してルールが分かりにくいですが、1ラウンドプレイすれば勘どころが掴めるシンプルな手札マネジメント。

手札は役職とお金(と一部アイテム)で構成されていて、手番に出来ることは「(財布から)手札を1枚引く」「手札を(財布に)1枚戻す」「(所持金を払って)任意の役職を買う」「ラウンド終了を1ターン早める(早めない場合1ラウンドは6ターン)」のどれか1つ。
この基本アクションの他に、手札とは別に1人2枚の特殊能力カードが配られていて、この能力も使用することができます。

手札である役職の勝利条件を満たせているものの、その役職カード自体が手札に無いという場合には、任意の役職カードを買うという選択肢があるところや、手札の役職の勝利条件を満たして、これで勝てると思ったら、他のプレイヤーの達成前にラウンド終了となるようにターンを進めたり、そうしたプレイヤーが居たら手札交換の特殊能力でその手札を乱して妨害したり、といった駆け引きが面白いところですね。

基本の条件が「役職カード1枚」「合計金額が500以下」「お金の色が2色以下」なので、500を超えさせてバーストさせるのが基本的な妨害方法になりますが、逆に「合計金額が500以上」であることが勝利条件の役職もあるため、相手の役職を探る正体隠匿の要素もあるように思います。
そのため、各役職ごとの勝利条件を表にしたサマリーカードがあると、格段に駆け引きを楽しみやすくなると感じたので、インストをされる際には用意することをオススメします。

なお、特徴の1つでもある財布形のコンポーネントですが、無くても問題なくプレイでき、むしろプレイしやすくなるため、個人的には不要なように思えました。マフィアのボスの財布という雰囲気作りにしては、男子小学生の財布のような形状で、面白いゲームなだけに残念なところです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Dさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 20興味あり
  • 39経験あり
  • 4お気に入り
  • 33持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルウォレット
原題・英題表記Wallet
参加人数2人~7人(15分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Dさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク