マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~6人
  • 45分~90分
  • 13歳~
  • 2013年~

ワイナリーの四季Koniromann_Aさんの戦略やコツ

514
名に参考にされています
2018年04月16日 00時37分

3人プレイ時限定にはなるかと思いますが、なかなか邪道で卑怯臭い戦法を思いつきました。この戦法だと、相手は20点にも届かずに負ける事が多かったです。(カード運がやや強めなゲームなので必勝法ではないですし、戦法が被ったら臨機応変に対応が必要ですが、、、、。)

狙いとしては

『春で1勝利点に駒を』

早めに風車と試飲室を建てて

『夏に観光客と植樹で2勝利点を』

つまり、『毎ターン最低3勝利点を』稼げる体制を早めに確率する事を目標にするやり方です。ワインは一本も出荷しないです。(出荷もできたらほぼ100パー勝つと思います)

具体的な流れとしては、初手では施設よりもお金を手元に置いておいて、可能であれば7点の畑を売る。

(畑は2つで十分です)

無理なら観光客で2金。

冬で可能なら2ワーカー。最悪1ワーカーを親方を置いて作ります。

次の1シーズンではお金を稼ぐ事、樹のカードを引く事、残りのワーカーを作る事に尽力します。

そしてワーカーが揃ったら、春で1勝利点を取って(3人だと他プレイヤーはカードやワーカーに行く事が殆どだと思うので多分取れます)

夏にさっさと風車とブドウ棚を建てて、引きまくった苗木カードを植えてボーナスの一点を貰います。

他のワーカーがカードを引くならお金を、お金が取られたらカードを取って、資金繰りをしていきます。

そして、収穫→醸造をし終わったら、試飲室を作ります。

後は、春で1点、夏で親方を惜しみ無く出して2点を取り続けるだけです。

余裕があれば、ブドウの売却のところのボーナスの1点も取れると尚良いです(通常のプレイヤーはワインを出荷しないです。しようとする為、こちらの邪魔をしようとするとワインの原料を処分する羽目になったり、引くべきカードを引く暇がなくなったりします。)

ここまで来たら、夏でワーカーを全部使っても構いません。

余ったら冬の訪問者を出してお金や設備、勝利点が出れば良し、といった感じです。

冬のカードに全く恵まれないとギリギリ差し込まれたりして負けましたが、それはどの戦法でも仕方ないと思います。

欠点としては、おふざけ縛りプレイなので作業感が強く、勝ってもそんなに嬉しくない事です(泣)

オススメはしません(笑)

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Koniromann_Aさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 290興味あり
  • 530経験あり
  • 226お気に入り
  • 460持ってる
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力29
交渉・立ち回り11
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見18
作品データ
タイトルワイナリーの四季
原題・英題表記Viticulture
参加人数1人~6人(45分~90分)
対象年齢13歳から
発売時期2013年~
参考価格7,200円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Koniromann_Aさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク