マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~6人
  • 45分~90分
  • 13歳~
  • 2013年~

ワイナリーの四季マツジョンさんのレビュー

406名
0名
9ヶ月前
0

収穫や醸造の仕事に励みつつ春夏秋冬を過ごす、小規模ワイン屋さんワカプレ。さあ、買うべきか、買わざるべきか? 子供ボードゲーム購入検討。


★ゲーム内容の確認
20211105zv01.jpg

1)テーマ

・年代:近代
・場所:イタリア・トスカーナ地方
・プレイヤーの立場:ワイン製造業者
・目的:有名なワイン製造業者になること。
・行うこと:
 ・ブドウの苗を植えて、収穫する。
 ・ブドウからワインを作る。
 ・ブドウやワインを熟成し、価値を高める。
 ・ワインの注文を受け、納品する。
 ・見学会を開き、収入を得る。
 ・新しい従業員を雇う。
 ・さまざまな訪問者から助力を得る。


2)ルール

○基本システム

・ワーカープレイスメント。
・個人ボードへの建設(パラメータ増強・能力解放)。
・セットコレクション(勝利点獲得)。


○大まかな手順

1)ラウンド制。春夏秋冬と年末の5フェーズがある。

2)春フェーズ:
 ・開始マークを持つ人から、時計まわりに手番をとる。
 ・手番では、プレイ順を選んでコマを置く。
 ・夏以降は、このプレイ順で手番を取る。

3)夏フェーズ:
 ・手番では、以下を順に行う。
  i)ワーカー1個をアクションスペースに置く。
  ii)そのアクションを実行する。
 ・全員がパスするまで、何周も繰り返す。

4)秋フェーズ:
 ・各自、訪問者カードを1枚ずつ取る。

5)冬フェーズ:
 ・夏フェーズと同様に行う。
 ・夏に使ったワーカーは、冬には使えない。

6)年末フェーズ:
 ・全ワーカーを手元に戻す。
 ・ブドウ・ワインの価値を更新する。定期収入を得る。
 ・開始マークを反時計まわりに渡す。

7)誰かが20点以上取るまで、ラウンドを繰り返す。


○勝敗

・勝利点が高い人が勝ち。主な得点源は以下。
 ・アクション付属のボーナス。
 ・訪問者カードの効果。
 ・注文カードの充足。


○アクション

・夏アクション:
a)果樹 :果樹カードを得る。
b)植樹 :個人ボードに果樹を植える。
c)施設 :個人ボードに施設を建てる。
d)売買 :ブドウを売る/畑を売買する。
e)見学会:現金を得る。
f)訪問者:訪問者カードを使う。

・冬アクション:
g)収穫 :果樹からブドウを得る。
h)醸造 :ブドウからワインを得る。
i)受注 :注文カードを得る。
j)納品 :注文カードを充足し、勝利点を得る。
k)研修 :追加ワーカーを得る。
l)訪問者:訪問者カードを使う。


○特徴的な要素

・開始資源は、2枚の初期カード(母親・父親)で決まる。
・春:後のプレイ順を選ぶほど、強いボーナスを得られる。
・ワーカーは夏・秋で共用。夏に使ったワーカーは、冬使えない。

・以下の順にプロセスを踏んで、ワインを作る。
 1)果樹カードを得る。
 2)果樹カードを、個人ボードの畑に置く。
 3)畑の果樹から、ブドウを収穫する。
 4)ブドウからワインを作る。

・ブドウ・ワインには、価値がある。
 ・果樹カードの種類・数によって、ブドウの価値が決まる。
 ・価値の高いブドウは、所定の建物がないと作れない。
 ・ワインの価値は、ブドウの価値で決まる。
 ・価値の高いワインは、所定の建物がないと作れない。
 ・ブドウ・ワインの価値は、ラウンド終了時に上がる(熟成)。

・注文カードの充足で、勝利点を得る。
 ・カードには、必要なワインの種類・価値が記載されている。
 ・記載を満たすワインを払い、勝利点を得られる。


★考察:「ワイナリーの四季」の魅力と懸念点

◎魅力を感じた点

  • ワイン作り。ブドウの苗木を買って、畑に植え、収穫して、ワインを作るというプロセスをたどる。収穫したブドウや、完成したワインは、個人ボードの倉庫に貯まっていく。自分のワインを作っている、という実感が湧きそうだ。高い価値のワインをたくさん作れれば、達成感がありそう。
  • ワーカー。夏と冬で、ワーカーは共用。限られたワーカーを、夏と冬でどう配分するか、悩ましく楽しめそうだ。春のプレイ順トラックの決め方も、先手をとるかボーナスを取るか、ジレンマが味わえそう。


◎懸念点

  • 終了条件。誰かが20点を取ったら終了。いよいよこれから、というところで、急に終了になってしまうと、無念さが残りそう。ハイスコアを目指す我が家では、サドンデス方式は不評では。(同様に所定点を取ったら終わる「カタン」が、我が家では不評です。)
  • 何故にワカプレ。個人ボードの畑で収穫やワイン作りをするのに、なぜか共通ボードにワーカーを置いてアクションする。それぞれ別の畑で、じっくりワインを育てるのなら、個人ボードでのワーカー配置が素直に感じる。なぜ共通ボードで先着順になるのか、違和感がある。違和感を感じつつプレイするとなると、十分に楽しめないと思う。
  • プレイ時間。計画を立てても、ワカプレなので、他プレイヤーの動向で、まるまる考え直しになることがある。さらに、カード(果樹・訪問者・注文)が、すべて裏向きの山から引くルール。完全ランダムなので、引いてから作戦の練り直しになることもあるだろう。プレイ時間が長引く要素ばかりだ。長考ぞろいの我が家では、おそらく2~3時間コースでは。


★判定結果:「ワイナリーの四季」は買うべきか?

 以上を踏まえて、「ワイナリーの四季」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※今すぐ買う/ぜひ買いたい/うちには必要ない、の3段階評価。

 春夏秋冬に渡り作業を行い、じっくりと自分のワインを作り上げる楽しさを味わえそうです。ただ、ランダム性が高く計画立案をじゅうぶん楽しめそうにないのと、一定得点で強制終了となるのが懸念点です。絵柄も好みでなく、購入は見送ります。

 入手性、リプレイ性など、さらに詳しい検討は、以下ブログに書きました。


この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
ワイナリーの四季
ワイナリーの四季の通販
あなたの手でワイナリーを復興させよう! ワイナリー経営がテーマのワーカープレイスメントゲーム!
残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 7,920(税込)
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 1559興味あり
  • 2483経験あり
  • 999お気に入り
  • 1816持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿