マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~6人
  • 45分~90分
  • 13歳~
  • 2013年~

ワイナリーの四季マツジョンさんのルール/インスト

267名
0名
11ヶ月前
0

サマリーではない、詳細まで網羅した完全版ルールです。ゲーム中の確認にも便利なように、冗長な部分を省き再整理しました。完全日本語版が入手できなくても、これで大丈夫カモ(訪問者カードに言語依存があります)。

※Stonemaier Games, Essential Edition, 2015英語版を和訳し、再構成しました。ソロモードは省略しています。

★PDF版はこちら↓(BGG)
https://boardgamegeek.com/filepage/231008/japanese-rules-hand


◎ゲームの概要

 あなたはワイン農園の主だ。ブドウを植え、収穫し、ワインを醸造しよう。注文に応じたワインを納品して、イタリアでもっとも優れたワイン業者を目指そう!


◎ゲームの目的

 誰かの勝利点(VP)が20点に達したらゲーム終了。VPが高い人が勝ち。主な得点源は以下。
・ゲーム中:アクション付属のボーナス、訪問者カードの効果、注文カードの充足。


◎使用物品

・共通ボード 1個
・個人マット 6個

・大カード
 ・畑カード  18枚
 ・両親カード 36枚

・小カード
 ・果樹カード   42枚
 ・注文カード   36枚
 ・訪問者カード夏 38枚
 ・訪問者カード冬 38枚

・1人用カード:45枚

・コマ類
 ・ニワトリ   6個
 ・VPマーカー  6個(コルク)
 ・収入マーカー 6個(ボトル)
 ・建物     48個(6色×各8種)
 ・親方     6個(6色)
 ・従業員    30個(6色×各5個)
 ・パート    1個(灰色)
 ・ブドウ/ワイン 50個(ガラス)

・開始マーク 1個(ブドウ)

・コイン 72個


◎セットアップ

ボード

1)小カードを種類別(緑・黄・紫・青)に混ぜる。裏向きの山として、ボードの所定枠に置く。

2)コイン、ガラスコマ、ワーカーは、それぞれ共通の山にまとめて、場に置く。

プレイヤー

1)プレイヤーは自色を決める。以下を取る。
・自色ニワトリ1個:共通ボードのプレイ順トラックの近くに置く。
・自色コルク 1個:得点トラックのスタートに置く。
・自色ボトル 1個:収入トラックの中央に置く。
・自色施設  8種:手元に置く。
・個人マット 1個:手元に置く。

2)個人マットの上方に、価値5、6、7の畑カードを1枚ずつ、左から順に、畑面を表に並べる。

3)以下の方法で、開始プレイヤーを決める。
・全員のニワトリを集め、一人の手の中に握る。1個をランダムに取る。
・その色の人が開始プレイヤーとなる。開始マークを受け取る。
・全員のニワトリを、持主の手元に戻す。

4)母親・父親カードをそれぞれ混ぜる。各プレイヤーに、母親・父親を各1枚ずつ配る。

5)開始プレイヤーから時計回りに、母親・父親カードに示された開始資源を得る。
・母親:記載のワーカー(自色従業員2人)を得る。記載のカードを山から引き、手札とする。
・父親:記載のワーカー(自色親方1人)を得る。記載の物品(現金、施設、従業員、VP)を得る。
 ・ワーカーは、個人マットの所定の場所に置く。
 ・施設は、対応するコマを、個人マットの所定の場所に置く。
・開始資源を得たら、母親・父親カードは箱に戻す。

6)以下は公開情報とする:個人ボード、ワーカー数、現金、手札の種類とそれぞれの枚数。


◎遊び方

ラウンド

1)開始マークを持つ人から、時計回りに手番を取る。

2)手番では、プレイ順トラックの空マス1個を選び、自色ニワトリを置く。

3)置いたマスにボーナスがあれば、それを得る。パートは従業員と同様に使える。


1)プレイ順トラックの順に、手番を取る。何周も繰り返す。

2)手番では、ワーカー1個を、夏エリアのアクションスペース(黄)に置く。
・従業員:すでにワーカーが置かれているスペースには、置けない(荷車を除く)。
・親方 :占有済スペースにも置ける。その場合、スペースの脇に置き、ボーナスはない。
・アクション実行できないスペースには、置けない。ボーナスは実行できなくても可。
・プレイ人数によって、同一アクションで使用できるスペース数が異なる。
 ・2人用:左端のみ、3~4人用:左と中央、5~6人用:3つとも、を使える。
・スペースのアクションは、必ず実行する。以下がある。 ※詳細後述
 a)訪問者:訪問者カードを使う。
 b)果樹 :果樹カードを得る。
 c)見学会:現金を得る。
 d)施設 :施設を建てる。
 e)売買 :ブドウを売る/畑を売る/買う。
 f)植樹 :ブドウを畑に植える。
 g)荷車 :現金を得る。
 h)耕運 :果樹カードを手札に戻す。
・ボーナスがあれば受け取る(任意)。アクションとボーナス取得の順序は自由。

4)ワーカーが尽きたとき、これ以上置きたくないときは、パスをする。
・パスをしたら、この夏には、以降の手番は回ってこない。その人を飛ばして手番を回す。
・パスした人は、プレイ順トラックの自色ニワトリを左列に動かして示す。

5)全員がパスをするまで続ける。


1)プレイ順トラックの順に、訪問者カード1枚(夏または冬)を山から取る。
・山が尽きたら、捨て札を集めて混ぜ、新たな山とする。山が作れなければ、引けない。


1)プレイ順トラックの順に、夏と同様に手番を取る。夏に置いたワーカーは使えない。
・アクションには以下がある。 ※詳細後述
 a)受注 :注文カードを得る。
 b)収穫 :ブドウを得る。
 c)研修 :新しい従業員を雇う。
 d)訪問者:訪問者カードを使う。
 e)醸造 :ワインを作る。
 f)納品 :注文カードを完成する。
 g)荷車 :現金を得る。
 h)耕運 :果樹カードを手札に戻す。

2)全員がパスするまで続ける。パスした人は、自色ニワトリを右列に動かす。


年末

1)個人マット上のすべてのブドウ・ワインの価値を、1点増やす。
・同じマスには、コマ1個しか置けない。価値点は、最大9点まで。
・ワインの中倉庫・大倉庫のマスは、それぞれの設置前には使えない。
・コマの価値点を増やせないときは、移動せずに残す。

2)すべてのワーカーを、持主に戻す。パートは山に戻す。

3)収入トラックに記載された現金を得る。

4)手札が7枚を超えたら、7枚になるよう選んで捨てる。捨て札置き場に表向きに捨てる。

5)開始マークを右隣に渡す(反時計まわり)。ニワトリをすべて持主に戻す。

6)誰かが20VP以上だったら、ゲーム終了へ。そうでなければ、次ラウンドを春から行う。

ゲーム終了

勝敗

・もっとも点数が高い人が勝ち。
・同点なら①、現金、②ワイン価値点合計、③ブドウ価値点合計、の優先順で勝敗を決める。


◎アクション

果樹

1)果樹カード1枚を、山から引く。
・山が尽きたら、捨て札を集めて混ぜ、新たな山とする。山が作れなければ、引けない。


見学会

1)示された現金を得る。


施設

1)まだ建てていない施設を1つ選ぶ。コストを払い、その施設コマを個人マットに置く。


売買

・以下いずれか1つを選んで実行する。
a)ブドウを、マット記載の金額で売る。売ったブドウは山に戻す。何個でも売れる。
b)ブドウが植わっていない畑1個を、記載の金額で売る。その畑カードを裏返す。
c)売却済みの畑1個を、記載の金額で買い戻す。その畑カードを表に戻す。


植樹

1)果樹カード1枚を選ぶ。個人マットの畑1つを選び、表向きに置く。
・すでに果樹がある畑に置くときは、下の果樹カードの価値点が見えるように、重ねて置く。
・果樹カードの価値点の合計が、畑カード記載の上限値を超えてはいけない。
・果樹カードには、所定の施設がないと出せないものがある。

受注

1)注文カード1枚を、山から引く。
・山が尽きたら、捨て札を集めて混ぜ、新たな山とする。山が作れなければ、引けない。


収穫

1)個人マットの畑カード1枚を選ぶ。同じ年に収穫した畑カードは選べない。

2)その畑にある果樹カードの、赤・白の価値点を、それぞれ合計する。

3)赤・白それぞれの合計価値点と同じ数字のブドウ桶マスに、ガラスコマ各1個を配置する。
・すでにガラスコマがあるときは、合計価値点より小さい数字マスいずれかに置く。
・果樹カードは、そのまま残す。


研修

1)記載のコストを払う。未登場の自色従業員1個を山から取り、スペース脇に置く。
・この従業員は、次の年から使える(年末に手元に戻る)。
・登場できる自色従業員は5人まで。すでに5人いたら、このアクションはできない。


醸造

1)作るワイン1種類を選ぶ。ワインの材料となるブドウを払う(山に戻す)。以下がある。
・赤ワイン :赤ブドウ1個だけを使う。(2個以上の合計は不可)
・白ワイン :白ブドウ1個だけを使う。(2個以上の合計は不可)
・ロゼワイン:赤ブドウ1個、白ブドウ1個を使う。
・発泡ワイン:赤ブドウ2個、白ブドウ1個を使う。

2)使ったブドウの合計価値点を、作ったワインの価値点とする。

3)ワインの種類・価値点に対応する倉庫の数字マスに、ワインコマ1個を配置する。
・すでにワインコマがあるマスには置けない。
・中倉庫・大倉庫の箇所にあるマスは、それぞれを設置した後でないと使えない。
・ワインコマを置けないときは、ワインの価値点よりも小さい数字マスいずれかに置く。

4)同様にして、2個までワインを作れる。2個とも同じ種類でも、違う種類でもよい。


納品

1)手札から注文カード1枚を選ぶ。

2)示された種類の、示された価値以上のワインをすべて払う(山に戻す)。

3)記載の勝利点・収入点を得る。その場で、VPトラック・収入トラックを進める。
・収入の最初の1点目は、トラック中央から数字1にコマを移動する。最大5まで進める。

4)処理が済んだ注文カードは、捨て山に捨てる。

共通

訪問者

1)その季節(夏/冬)の訪問者カード1枚を選ぶ。自分の前に、表向きに出す。

2)示されたコストを払い、効果をすぐに実行する。ワーカーは不要。
・コストを払えないときは、そのカードは使えない。
・VPをコストとして使う場合がある。マイナス5までなら、VPを下げて払うことができる。

3)使ったカードは、捨て札置場(ボードの上方)に、表向きに置く。


荷車

1)記載の現金を得る。
・このスペースには、ワーカーを何人でも置ける。


耕運

1)自分の畑に置いた果樹カード1枚を選び、手札に戻す。
・このアクションは、個人ボードのスペースから実行できる(農具が必要)。


◎アクションスペースのボーナス

果樹

・果樹カードを、もう1枚引ける。

見学会

・示された現金を追加で得る。

施設

・示された現金を追加で得る。

売買

・示された勝利点を追加で得る。

植樹

・果樹カードを、もう1枚畑に置ける。

受注

・注文カードを、もう1枚引ける。

収穫

・他の畑1個を選び、収穫できる。

研修

・示された現金を追加で得る。

醸造

・追加でもう1個、ワインを作れる。

納品

・示された勝利点を追加で得る。

訪問者

・夏の訪問者カードを、もう1枚使える。


◎施設

格子棚

・特定の果樹カードを植えるのに必要。

灌漑

・特定の果樹カードを植えるのに必要。

風車

・果樹カードを植えるたびに、1VPを得る。年1回まで。

農具

・このアクションスペースを使用可能になる。夏・冬とも、以下いずれかを行える。
a)耕運アクション1回。
b)収穫アクション1回。同じ畑からの収穫は、年1回まで。

試飲場

・見学会アクションのとき、ワインが1個以上あれば、1VPを得る。年1回まで。

中倉庫

・個人マットの、中倉庫マスを使えるようになる。

大倉庫

・個人マットの、大倉庫マスを使えるようになる。
・中倉庫を建てた後でないと、建てられない。

小屋

・秋の開始時に、訪問者カード1枚を得られる(夏・冬いずれかを選べる)。


◎バリアント

両親カードの配布

・両親カードを配るとき、母親・父親を2枚ずつ配り、各自内容を見て1枚を選ぶ。

スペースの使用制限

・アクションスペースにワーカーを置くとき、ボーナスも実行できないと置けない。
・同じアクションの他のスペースがすべて埋まっているときは、置ける。
・このバリアントは、他プレイヤーの妨害だけの目的でのワーカー配置を回避できる。



◎ゲームの全体像は、以下ブログに書きました。


この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
ワイナリーの四季
ワイナリーの四季の通販
あなたの手でワイナリーを復興させよう! ワイナリー経営がテーマのワーカープレイスメントゲーム!
残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 7,920(税込)
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 1560興味あり
  • 2484経験あり
  • 999お気に入り
  • 1817持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿